2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

秀吉の朝鮮征伐を明の観点からの考察

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/29(金) 18:07:04 ID:VJiQZeWp0
秀吉の朝鮮征伐を明の観点から考察するするスレッド。

朝鮮征伐の各板の関連スレッド
軍事板
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/army/1203686918/
世界史板
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1204066393/
日本史板
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history/1150604376/
戦国時代板
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/sengoku/1195992731/


2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/29(金) 18:18:46 ID:ZeJaAj5L0
2get!
九卿科道會議!

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/29(金) 18:59:45 ID:+QaSJCWv0
何だか重複っぽいのもあるけど、一応、関連スレね

【日明戦争】文禄・慶長の役【万暦役】
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/chinahero/1182128954/

秀吉頑張れば中国に王朝立てれたって
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/chinahero/1164125822/

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/29(金) 19:19:25 ID:f+US2DGiO
ただでさえ周辺異民族に悩まされていたのに、
まさか海の向こうからまでやってくるとはな。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/29(金) 20:33:20 ID:e9oiKkQdO
考えてみりゃ明からすれば碌に朝貢もしやがらない、その癖倭寇みたいな益体もない事をしてきた島が
総出でお前ん所、征服したるぞ!と襲い掛かってきた訳だから堪らんわなー…

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/29(金) 20:52:37 ID:PzmkDG0SO
北京まで攻め上がれば良かったのに

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/29(金) 20:53:10 ID:1R5ziaui0
>>4-5
軍事板のスレッドでそのような意見を述べてきたら?

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/29(金) 21:30:37 ID:lPhiy9xg0
明は皇帝も幼いし軒並み優将が死んだ後だし
「おいおい、やめてくれよ」ってかんじだったろうね

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/29(金) 21:36:11 ID:2yCwBXZQ0
>>9
?

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 03:42:03 ID:HnjAsu790
明あんまり活躍してねーよ
兵もほとんどおくってねーし。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 05:06:04 ID:kTl4jPmD0
朝鮮に派遣された明軍は、最大事でも十万人を超えていないと言われているね。
江南にも攻め込んで来るという噂があったみたいで、そっちの防備も一応固めてはいる。

>>6
北京へ進むのに最大のネックは遼東の荒野じゃないかな。
補給線も延び切ってしまうし、
最低でも朝鮮を完全に領土化してからでないと難しいと思う。
北側から攻め込んだ場合、北京周辺はかなり防備が厳重だし。




12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 06:11:54 ID:p+WSBYcY0
島津にフルボッコされた明wwwwwwwwwwwwwwwwww

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 06:46:35 ID:ete5RfRd0
立花宗茂の方がすごいぞ。
般丹の戦いで立花軍8百に対して高策軍は2万2千もいるのにやられてるw

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 12:22:05 ID:MDN+7GZr0
>>10
明軍も寡兵と厳しい補給のなかで
良くやったと思うが、水軍の勝利したって
明軍の功績に帰して当然だったはず。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 14:27:36 ID:FoFKJaHK0
寡兵とは言いがたい。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 15:42:41 ID:vilUztd50


17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 15:48:05 ID:LZziYsJd0
とりあえず「明史」な
http://guoxue.baidu.com/page/c3f7cab7/index.html

「日本伝」は第三百二十二巻
http://guoxue.baidu.com/page/c3f7cab7/321.html


18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 19:01:54 ID:ZneM660/0
age

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 00:41:46 ID:j4FZytxz0
いろいろ中国語のサイト見ても、この戦役に対する明側の関心が低いな。
本土が直接巻き込まれた訳じゃないから仕方ないけど、
一応16世紀の世界で最大級の武力衝突だったんだし。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 01:02:45 ID:9caaBRV50
当時の皇帝が、中国史上、劉禅と並ぶ迷君では盛り上がるまいよ

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 04:07:30 ID:UhFnG95Q0
劉禅って、明の時代に生まれれば
部下に支えられてた感もあるが普通にそこそこの君主だよな。
三国志の蜀の皇帝に生まれたばかりに、中国皇帝最低に地位になってしまった

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 10:02:38 ID:E0dOLwny0


23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 12:29:45 ID:BhNaJDK80
>>21
劉禅ごときでは、中国史上最低皇帝の座は掴めない。
下には下がいるものだよw

特に明朝の場合、劉禅程度の能力があったら、
まあまあの皇帝として評価されたかも知れないw



24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 13:24:20 ID:RzaX0oQj0
劉禅は諸葛亮の前でわがままを言っていたこともあったが、粛清はしなかった

それを実行したのは明の皇帝
崇テイ帝は諸葛亮の再来といわれた袁崇煥を凌遅刑らした。
明が滅んだ原因の中で一番致命的なことをやっている。


劉禅はそれなりに散財したが、恨まれるほどのことはしていない
それをされたのが明の皇帝
万暦帝は散財で農民の怒りをかい、李自成の乱で捉えられ国民になぶり殺しにされた

明の皇帝がせめて、劉禅だったら

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 14:21:27 ID:sC8A6zhe0
劉禅?

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 14:55:04 ID:BhNaJDK80
>>24
李自成の乱の時には、万暦帝はとっくに死んでいるよ。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 18:48:27 ID:Rg03nKKq0
清正は?

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 23:38:15 ID:7sV3CaE20
何が清正なのか分からんけどw
とりあえず百度百科「加藤清正」
http://baike.baidu.com/view/193004.htm

明史に加藤清正って何か記述あったっけ?

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 01:47:11 ID:UXqiDj3/0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%87%E6%9A%A6%E5%B8%9D
万暦帝

>>26

国家にとって不可欠な出費を惜しむ一方で私的な事柄には凄まじい贅沢をした。
例えば鄭貴妃の子である福王朱常洵を溺愛し、
その結婚式のために30万両という金額を使っている
(張居正が政治を執っていた十数年に国庫に積み上げた金額が400万両である)。
このことで民衆の恨みを買い、後に福王は李自成軍に捕らえられた時に残忍な殺され方をしている。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 09:03:15 ID:OIXKSd7X0


31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 23:06:25 ID:1uE/CGzK0
>>29
でも親と子といえど別人は別人だから
>>万暦帝は散財で農民の怒りをかい、李自成の乱で捉えられ国民になぶり殺しにされた
この文章がおかしいのに違いは無いよ

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/04(火) 14:48:54 ID:LvKZtR5L0
>>28
今の中国人で、加藤清正とかの日本の戦国武将を知っているのは、
歴史からではなく、
戦国無双とかのゲームからの知識だからなあw

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/05(水) 00:22:39 ID:px9QxNh/0
それは日本人も同じこと

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/05(水) 18:47:12 ID:evrGREnW0


35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/06(木) 22:50:45 ID:8oGMOqlV0
明に伝わった情報では、
平秀吉が明の征服を宣言して、朝鮮から五十万人、江南へ五十万人が攻め寄せるっていうような話だったらしいな。
それで江南の防備も固められた。



36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 12:59:24 ID:zu2QWaXN0
>>35
合わせて100万か・・・実際の5倍以上w
そこまで誇張しないと援軍出してくれないような状況だったのかな?

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/09(日) 01:44:43 ID:Jn9sQJwc0
どこから引いてきた話かな?

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/09(日) 09:16:26 ID:hq3/avHo0
ソースは?

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/09(日) 11:05:29 ID:cuxyjNVr0
陳申は福建の船商であるが、たまたま琉球で日本軍の挙兵のことを聞き、この年の四月、琉球の長官とはかって、進貢使に
密報を託したのである。それによれば、
「日本の関白は下層から身を起こし、群雄を征服して既に六十六州を平らげたが、更に琉球朝鮮を席巻し、明をも平らげる計画
で、昨年三月に琉球に使者を向け、朝貢するよう迫った。聞けば関白自らこれを天授とし、来春三月を期して二百万の兵を率い
て大挙攻め入り、北京を攻める隊は朝鮮人を先導とする。福建広東浙江に入る隊は明人を先導にしようとしている。朝鮮は既に
船を造って戦いの計画を援助し、日本に入港中のシャムやカンボジアの商船に対してはも全て検束を行っている」
 というのであった。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/09(日) 14:45:29 ID:r3HJ5ME70
>二百万
また話がデカクなっとるwww

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 23:34:38 ID:57DW1swL0
敵の数が多いほど、たくさんの予算が出そうだしねw
特に武官にしてみれば、敵の数は多く言っておいた方がいろいろと得w

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/02(水) 21:50:37 ID:fYqNuT45O
>>24
袁崇煥は今張飛と明史に書いてあると2ちゃんで見たけど…。
崇テイ帝は遺言から察するには立派な人に思えるのにねぇ。


日本軍の兵力の水増しは李如松もやっていると直木三十五のエッセイで
読んだ。
柳成竜が文句をつけたら「お前のところのやつがそう言ったんだ」と
怒鳴り返したとか。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/04(金) 22:41:13 ID:u1zuHngZ0
明自身が下層出身の洪武帝という恐怖の豪傑をw生み出してるから同じような出自の秀吉をそういう風に見てたのかも

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)