2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

和式刃物総合スレ 04

1 :◆KUSU/IrBdQ :2007/05/30(水) 20:35:11 ID:E5eG8g/I
和式刃物総合スレ 04

和式刃物について語りませんか?
和式ナイフ、鉈、和包丁から鉋、鋏まで、和式刃物なら何でも語りましょう!

前スレ
★★ 和式刃物を語ろう! ★★
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/knife/1091257578/
和式刃物総合スレ 02
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/knife/1112456588/
和式刃物総合スレ 03
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/knife/1144009446/l50

関連スレ
民族刃物総合スレ 01
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/knife/1102501115/l50
日本刀スレ 弐拾弐代目
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/knife/1174232071/l50
鉈 ナタ 山刀 2本目
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/knife/1163674762/l50

2 :名前なカッター(ノ∀`):2007/05/30(水) 22:31:58 ID:pr4Vmqsi
>>1
乙っー

3 :名前なカッター(ノ∀`):2007/05/30(水) 22:43:22 ID:kY+j6qgj
佐治の丹波山刀は木製の柄を古風な感じに仕上げてあって魅力的なのだが、あれって自分でもできますか?
ホームセンターで買える安い大量生産の鉈に手を加えて、平安時代頃に農民が使ってた鉈を再現したいです。
佐治の遊遊鉈を朽ち果てさせた感じで。何が必要でしょうか?

4 :名前なカッター(ノ∀`):2007/05/31(木) 02:13:28 ID:EaEmtru9
丹波山刀は確かステンオイル仕上げとかじゃなかったっけ
よくわからんけど

5 :名前なカッター(ノ∀`):2007/05/31(木) 19:32:43 ID:kpO990o8
>>1
モツカレー

>>3
赤黒っぽく色を付けたいなら、刃から外して油に漬け込む
>4氏のでもいいし、菜種油でもいい
単に劣化させたいなら腐葉土の中に埋めて水かけて数ヶ月放置しとけば簡単

6 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/12(火) 12:21:35 ID:HOq7LyM5
初めて佐治の山野小刀かった。
実売一万以下でも、いい仕事してるね。

切れ味は、箱だしのまま研いでないから
なんともいえないけど、見た目で満足した。

同価格帯のスパイダルコよか、満足感あり。


7 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/12(火) 16:03:51 ID:1UquSVS+
佐治の剣鉈を初めて買いました
使う前に研ぎは必須ですか?
保管や手入れなどアドバイスいただけませんか


8 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/12(火) 16:33:14 ID:nfDYjm2/
お好みだよね
使ってみて満足できないなら、研ぎ直すのが良いよ
保管や手入れに関してはそんなに敏感になる必要ないとおも
水気に注意しとけば防錆油を塗らなくても錆は浮かないよ
利器材だから錆びにくいしね

9 :7:2007/06/12(火) 17:28:54 ID:1UquSVS+
>>8
即レスありがとうございました!
休みにさっそく使ってみます
枝払い山菜岩魚さばきです
楽しみ

10 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/12(火) 17:49:27 ID:kh5Oohkq
>7
錆に関してだけど佐治武士作のだと木鞘でなく革シースの物が有るけど
そっちじゃないよね?
革シースの場合は濡れたりした物を そのまま突っ込むなんていうのは御法度です。
木鞘のほうが不格好に見えるけど和式には一番吉。

11 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/12(火) 18:27:02 ID:RZzWxb1k
若干スレ違いだけど日本刀の折れたやつ剣鉈にしたら違法かな?
形は全く剣鉈なんだけど。逆に剣鉈を白鞘に仕込んだりハバキ
付けたらイカンのかな?
 

聞いてばかりですみません。

12 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/12(火) 20:12:30 ID:3i/3s/0/
違法にはならないけど、加工は個人じゃ無理だと思うよ
鉄工所並みの設備が無いと難しいと思う

白鞘やハバキみたいな物を自分で作って付けるのはOK
実際に出来るかどうか、は又別の話

13 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/12(火) 20:18:30 ID:1ptLDMdY
違法合法以前に切っ先に鋼が廻ってない以上する意味が無い
必然的にでかい肥後守みたいな整形の仕方以外役立たず

14 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/12(火) 20:42:41 ID:RZzWxb1k
>>12さんきゅ!
>>13茎側残欠じゃなくて切っ先側なんだが。
塩化第二鉄で腐食してみたところ、焼き刃は有る。


15 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/12(火) 21:06:45 ID:SN8LXmU2
>>8
利器材は錆びにくいのか? なんで?

16 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/12(火) 21:36:59 ID:IgrAjkDv
短刀もって山で切りまくっても「山菜取ってました」で通用するときは
するし、マシェットやククリ大量購入して家においておいただけで捕まる
時は捕まる、そんな気がしてきた。
場所や人相にもよるだろうけどね

17 :7:2007/06/12(火) 22:45:16 ID:1UquSVS+
>>10
木鞘のタイプです
皮のが見た目よいかと思ってました
結果的に良かったです!

渓流釣りやキャンプに持って行っても平気ですよね…
せっかく買ったのに不安になってきました
鉈は大丈夫って見聞きした覚えがあったのですが

18 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/12(火) 22:45:24 ID:JlZCEbY+
俺にレスしたやつには今週中に可愛い50代の彼女ができる

19 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/12(火) 22:45:29 ID:b+0Rw0Pv
    ○         ○, -- 、
   ,r─-、 \\     ///     }
  {     ヽ ││___/ / /    |
  ヽ.      V-─- 、  , ' ヽ /  ,'
    ヽ  ヾ、     ヽ_/   ゙、 /
     \ l           Y
       j     ・  。 ・     !
       l      ___      }
       ヽ.     ヽ´       /
      (ヽ、  ヽ、_______ ,/ ,-、
      )   ̄´´´   ノ/`'ー-' <
    r'/,   _..   //  l、、、ヽ_)
      ゝ(_/_ノ´ /ヽ_ノ/  __,l ヽ)_)‐'
         {` ーニ[二]‐ク′
           〉   /  / __
         /   ´ ̄ ̄`ヽ   ヽ
          (_____ ノ ─ '


20 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/12(火) 22:45:37 ID:34zlGt7C
>>18
んなわけねーだろ

21 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/12(火) 22:45:39 ID:8i1X1sw3
ttp://1.jpg ttp://2.jpg ttp://3.jpg ttp://4.jpg ttp://5.jpg ttp://6.jpg ttp://7.jpg ttp://8.jpg ttp://9.jpg ttp://q.jpg ttp://w.jpg ttp://e.jpg ttp://r.jpg ttp://t.jpg ttp://y.jpg ttp://u.jpg
ttp://i.jpg ttp://0.jpg ttp://o.jpg ttp://p.jpg ttp://a.jpg ttp://s.jpg ttp://d.jpg ttp://f.jpg ttp://g.jpg ttp://h.jpg ttp://j.jpg ttp://k.jpg ttp://l.jpg ttp://z.jpg
ttp://x.jpg ttp://c.jpg ttp://v.jpg ttp://b.jpg ttp://n.jpg ttp://m.jpg ttp://11.jpg ttp://12.jpg ttp://13.jpg ttp://14.jpg ttp://15.jpg ttp://16.jpg ttp://17.jpg ttp://18.jpg
ttp://19.jpg ttp://20.jpg ttp://21.jpg ttp://22.jpg ttp://23.jpg ttp://24.jpg ttp://25.jpg ttp://26.jpg ttp://27.jpg ttp://28.jpg ttp://29.jpg ttp://30.jpg ttp://31.jpg ttp://32.jpg
ttp://33.jpg ttp://34.jpg ttp://35.jpg ttp://36.jpg ttp://37.jpg ttp://38.jpg ttp://39.jpg ttp://40.jpg ttp://41.jpg ttp://42.jpg ttp://43.jpg ttp://44.jpg ttp://45.jpg ttp://46.jpg
ttp://47.jpg ttp://48.jpg ttp://49.jpg ttp://50.jpg ttp://51.jpg ttp://52.jpg ttp://53.jpg ttp://54.jpg ttp://55.jpg ttp://56.jpg ttp://57.jpg ttp://58.jpg ttp://59.jpg ttp://60.jpg
ttp://61.jpg ttp://62.jpg ttp://63.jpg ttp://64.jpg ttp://65.jpg ttp://66.jpg ttp://67.jpg ttp://68.jpg ttp://69.jpg ttp://70.jpg ttp://71.jpg ttp://72.jpg ttp://73.jpg ttp://74.jpg
ttp://75.jpg ttp://76.jpg ttp://77.jpg ttp://78.jpg ttp://79.jpg ttp://80.jpg ttp://81.jpg ttp://82.jpg ttp://83.jpg ttp://84.jpg ttp://85.jpg ttp://86.jpg ttp://87.jpg ttp://88.jpg
ttp://89.jpg ttp://90.jpg ttp://91.jpg ttp://92.jpg ttp://93.jpg ttp://94.jpg ttp://95.jpg ttp://96.jpg ttp://97.jpg ttp://98.jpg ttp://99.jpg ttp://01.jpg ttp://02.jpg ttp://03.jpg
ttp://04.jpg ttp://05.jpg ttp://06.jpg ttp://07.jpg ttp://08.jpg ttp://09.jpg ttp://qq.jpg ttp://q1.jpg ttp://q2.jpg ttp://q3.jpg ttp://q4.jpg ttp://q5.jpg ttp://q6.jpg ttp://q7.jpg
ttp://q8.jpg ttp://q9.jpg ttp://q0.jpg ttp://w1.jpg ttp://w2.jpg ttp://w3.jpg ttp://w3.jpg ttp://w4.jpg ttp://w5.jpg ttp://w6.jpg ttp://w7.jpg ttp://w8.jpg ttp://w9.jpg ttp://w0.jpg
ttp://e1.jpg ttp://e2.jpg ttp://e3.jpg ttp://e4.jpg ttp://e5.jpg ttp://e6.jpg ttp://e7.jpg ttp://e8.jpg ttp://e9.jpg ttp://e0.jpg ttp://r1.jpg ttp://r2.jpg ttp://r3.jpg ttp://r4.jpg ttp://r5.jpg
ttp://r6.jpg ttp://r7.jpg ttp://r8.jpg ttp://r9.jpg ttp://r0.jpg ttp://t1.jpg ttp://t2.jpg ttp://t3.jpg ttp://t4.jpg ttp://t5.jpg ttp://t6.jpg ttp://t7.jpg ttp://t8.jpg ttp://t9.jpg
ttp://t0.jpg ttp://an.jpg ttp://ao.jpg ttp://ap.jpg ttp://aq.jpg ttp://ar.jpg ttp://as.jpg ttp://at.jpg ttp://au.jpg ttp://av.jpg ttp://aw.jpg ttp://ax.jpg ttp://ay.jpg ttp://az.jpg
ttp://a1.jpg ttp://a2.jpg ttp://a3.jpg ttp://a4.jpg ttp://a5.jpg ttp://a6.jpg ttp://a7.jpg ttp://a8.jpg ttp://a9.jpg ttp://a0.jpg ttp://ba.jpg ttp://bb.jpg ttp://bc.jpg ttp://bd.jpg
ttp://be.jpg ttp://bf.jpg ttp://bg.jpg ttp://bh.jpg ttp://bi.jpg ttp://bj.jpg ttp://bk.jpg ttp://bl.jpg ttp://bm.jpg ttp://bn.jpg ttp://bo.jpg ttp://bp.jpg ttp://bq.jpg ttp://br.jpg
ttp://bs.jpg ttp://bt.jpg ttp://bu.jpg ttp://bv.jpg ttp://bw.jpg ttp://bx.jpg ttp://by.jpg ttp://bz.jpg ttp://b1.jpg ttp://b2.jpg ttp://b3.jpg ttp://b4.jpg ttp://b5.jpg ttp://b6.jpg
ttp://b7.jpg ttp://b8.jpg ttp://b9.jpg ttp://b0.jpg ttp://ca.jpg ttp://cb.jpg ttp://cc.jpg ttp://cd.jpg ttp://ce.jpg ttp://cf.jpg ttp://cg.jpg ttp://ch.jpg ttp://ci.jpg ttp://cj.jpg
ttp://ck.jpg ttp://cl.jpg ttp://cm.jpg ttp://cn.jpg ttp://co.jpg ttp://cp.jpg ttp://cq.jpg ttp://cr.jpg ttp://cs.jpg ttp://ct.jpg ttp://cu.jpg ttp://cv.jpg ttp://cw.jpg ttp://cx.jpg
ttp://cy.jpg ttp://cz.jpg ttp://c1.jpg ttp://c2.jpg ttp://c3.jpg ttp://c4.jpg ttp://c5.jpg ttp://c6.jpg ttp://c7.jpg ttp://c8.jpg ttp://c9.jpg ttp://c0.jpg ttp://da.jpg ttp://db.jpg
ttp://dc.jpg ttp://dd.jpg ttp://de.jpg ttp://df.jpg ttp://dg.jpg ttp://dh.jpg ttp://di.jpg ttp://dj.jpg ttp://dk.jpg ttp://dl.jpg ttp://dm.jpg ttp://dn.jpg ttp://do.jpg ttp://dp.jpg
ttp://dq.jpg ttp://dr.jpg ttp://9m.jpg ttp://8m.jpg ttp://7m.jpg ttp://6m.jpg

22 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/12(火) 22:45:41 ID:Ke/tvotK
毎度おなじみVIPでございますご要望ございましたら以下にご連絡をwwwwwwwwwwwwwwwww
http://wwwww.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1181651510/

23 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/12(火) 22:45:42 ID:vFGdFeKN
>>18

なんたる。。。!それはない


24 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/12(火) 22:45:48 ID:/3/+Ze84
>>18
やめろよ

25 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/12(火) 22:45:52 ID:J5qJg5pM
>>18
根拠あんのか

26 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/12(火) 22:45:52 ID:QVI2RPLE
>>18
レス乞食乙

27 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/12(火) 22:45:59 ID:EddFzrtX
>>17
だめって聞いたけど

28 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/12(火) 22:46:12 ID:zMKECDed
>>18
んなわけねーだろカス

29 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/12(火) 22:46:26 ID:75uCqnKI
>>18
そんなわけねーだろ

30 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/12(火) 22:46:31 ID:JGlf5u1E
              _  切れて無いわぁ
             ,'´r==ミ、
       ,_ _ _   卯,iリノ)))〉 _ _ _ Λ Λ
     /   `."-|l〉l.゚ ー゚ノl/   /⌒ヽ )
    '"'⌒`~"'" ''|!/'i)怒iつ=[]===|   |==>
            ''y /x lヽ     | | ∪
           l†/しソ†|     ∪∪
           lノ   レ

31 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/12(火) 22:46:57 ID:HYwfbwc1
>>18
できるわけがない

32 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/12(火) 22:47:10 ID:endmV+9s
>>17
だめじゃない

33 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/12(火) 22:47:38 ID:1NEtkfEh
>>18
嘘つき><

34 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/12(火) 22:47:51 ID:6LMClf2F
神になる
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1181464505/

35 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/13(水) 00:27:36 ID:gqk21fDm
可愛いなら50代でも全然おk

36 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/13(水) 16:10:57 ID:8mx1woJD
魚捌きや山菜料理などで使うのに
漁師マキリ欲しいんだが
おすすめある?
所有者のレポ聞かせて

37 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/13(水) 16:52:30 ID:M7IDoi7L
ここは実用品で安い。ケース別売りだったりなんで御注意。
http://esearch.rakuten.co.jp/rms/sd/esearch/vc?sv=6&v=2&e=0&s=0&sid=212513&sn=%BF%CF%CA%AA%C0%EC%CC%E
ちゃんと研いでおきゃ大丈夫。
本来は純粋な実用刃物。
アイヌマキリは別な刃物。

38 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/13(水) 18:46:40 ID:+5utz6pr
自分が60代以上になったら50代の彼女が欲しいかもな
相手があまりに若いとスタミナも話題もついていけないから

39 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/15(金) 15:43:29 ID:avT1XrRq
剣鉈で指切った
修羅場だった


40 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/15(金) 16:46:09 ID:NzoicH/H
今ヤフオクにマキリが出てるお

41 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/17(日) 02:29:59 ID:3IGK0EER
ところで、実際に山に行った場合の話なんですが、
斧や腰鉈に比べ剣鉈のメリットは何ですか?
格好いいので、一振り欲しいと思うが、作者の伝統工芸士の刃物は
やたらデコラティブでふと疑問が沸いたもので。

42 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/17(日) 02:49:15 ID:X6aTNlyC
魚でも獣でもいいが動物系捌く用でも無けりゃ「何も無い」と言って問題無い
有れば有ったで使いようはあるだろうが必須ではない

43 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/17(日) 02:49:36 ID:TkF0UhCP
山に行って何をするのか による


44 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/17(日) 15:39:51 ID:twnfd6H+
>>41
俺は山奥に釣りに行くときは剣鉈持って行ってる。
魚の腸が出せるし竹や木を切ってきて串も作れるから便利。
俺の父親は狩猟のときに持って行ってる。


45 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/18(月) 00:09:01 ID:UD5ZMKxa
ハラワタ引きずり出すのか。

ふっふっふ。

46 :41:2007/06/19(火) 22:46:48 ID:Y6wF9ahw
ありがとう。猟や漁をしない場合は不要な訳ですね。


47 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/21(木) 18:33:00 ID:aTiN8Lox
いやいや
藪こぎ枝払い
ビバーク時の屋根造り
骨折時の添え木作り銛作り
杖作り
獣に対して反撃
凶悪人襲撃の護身
なんにでも使える

48 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/21(木) 18:52:32 ID:VaEG4GAC
「突く」か「特定条件下で刳る」場合以外剣鉈ゆえのメリット=必然が無い
それらも(特に刳る場合)小刀等の別刃物携帯が(数が増えるデメリットを差し引いてなお)上手

本当に必要な人間は「一々言い訳じみた理由付け」や「使い道を人に訊ねる」様な真似はしない
何も言わず勝手に入手し有効に使う

49 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/21(木) 23:18:52 ID:4uAp4EiX
>>47
藪こぎ枝払い
ビバーク時の屋根造り
骨折時の添え木作り銛作り
杖作り
以上は普通の鉈で可。
獣に対して反撃 →素人が剣鉈ごときで襲ってくる獣に勝てる訳がない。
第一熊や猪に襲われるより蜂に襲われる可能性やマムシに遭遇する方が
はるかに高い。蜂多数に刃物は無効、マムシはこちらが気付かないので
意味なし。
凶悪人襲撃の護身→山で凶悪人に遭遇は考えられないし、
俺は人に刃物は向けないので、意味なし。



50 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/22(金) 10:53:25 ID:IX7yaZ6a
鉈使いたい奴は鉈使えばいい
洋式ナイフ使いたい奴は使えばいい
俺にとっては剣鉈あれば全てストレス無くこなせる
それだけだ

51 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/22(金) 11:29:33 ID:sn+hUYgs
>それだけだ
質問者を無視しているなw
突く場合以外剣鉈ゆえのメリット=必然が無い
猟や漁をしない場合は普通の鉈でおk


52 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/22(金) 11:54:15 ID:xUamsh0k
剣鉈のメリットだけを考えるとして、刃渡りを同じ位と想定する。
薄い。全長が短い。よって軽い。
取り回しが容易。
同じタイプの木鞘に収めたとしても携行が楽。
先端部形状からくる汎用性の拡大。

53 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/22(金) 14:08:26 ID:8Axda9Uj
剣鉈と狩猟刀を混同してないか?
剣鉈は切先形状以外は両刃の角鉈と変わらんぞ

54 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/22(金) 21:04:47 ID:p/81N+8v
でも、そんなのますます使い難くなってない?
猟には狩猟刀、蒔割りには斧、枝打ちには短めの腰鉈、
下草刈りには鎌、藪払いには大鎌が最適だと思うが、
一本で無理やり全部やろうとすると大型の剣鉈になる訳か?

55 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/23(土) 00:01:47 ID:N9MtbEGi
>>53
普通ホムセンで売ってる角鉈の、先だけ尖ってるのか?
そんな不細工な剣鉈見たことないぞ。
リンクでいいから具体的にあげてみろよ。
剣鉈・角鉈でググって見ろよ。どんな形が多いかすぐ判るだろ。
竹割りの頭を尖らせれば剣鉈になるが
竹割と一般的な角鉈は違うだろ。


56 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/23(土) 19:38:13 ID:x1H8sOyq
角ナタでググればどれほどバリエーションがあるのか判りそうなモンだがなぁ・・・
ホムセンで売ってる角ナタしか見た事無いのか?

57 ::2007/06/23(土) 21:22:08 ID:tGZzlueX
腰鉈にも細めの物があるし、鉈と鋸のセットで売っている鉈だと
細めだったりする。
角鉈って書いたから誤解があっただけで、
切っ先があるだけの鉈と書いていれば間違いは無かったかと思う。

>>54 剣鉈は何かに特化している訳でも無いけど
切っ先があるのは汎用性が高くなるし、見た目や心的なメリットもある。
山で使うには西洋ナイフ系の刃物より鉈が良く、それに切っ先をつけて
ナイフ的な汎用性をプラスしたと思えば
趣味で使う刃物としては良いものだと思うよ。

ただ、私としてはしっかしとした角鉈のような鉈を持って、
切っ先が必要な作業にはフォルダーを持っていくほうが自分のスタイルに合っているw

58 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/24(日) 20:00:15 ID:KfN3rN69
いまのところ、剣鉈を生臭に使用する以外の
具体的なメリットらしきものはすべて否定されている。
漏れにも趣味性以上のメリットはわからない。
誰か、他のメリットを挙げてみてちょうだい。

>>56
それを言ったらおしまいじゃん、つらない。

>>57
ぽまひの言うしっかりした角鉈ってどんなやつだい?

59 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/25(月) 04:08:30 ID:GjFAS/ds
頭悪そう

60 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/25(月) 11:35:31 ID:aC7fnpYW
そもそも中〜大型ナイフの切先って狩りのトドメか料理にしか使わないもんな
料理なら小型ナイフ(フォールダー含む)を別に持ってそっちでやったほうが楽だし衛生的
趣味として「1本でなんでもこなす」に挑戦するならご自由にどうぞだけど

61 ::2007/06/25(月) 21:56:19 ID:m7fJvfkY
>>58 この場合、私がどんな鉈を使っていようと
文章からすれば関係が無いはずだけど、、「しっかし」って書いてるよw
あと「、」も入れておくべきだったかな。

62 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/26(火) 09:32:33 ID:2lhiaG5O
佐治武士氏の渓流刀磨240mm(白紙)
土居良明氏の細身剣鉈8寸(青紙)
で迷ってます

どちらが切れますかね?


63 :62:2007/06/26(火) 10:13:01 ID:2lhiaG5O
上記の二本にナガサも加えた三本の中でどれがよく切れるでしょうか?
またどれが凡庸性高く使い勝手がよいでしょうか?
最初の一本なので迷ってます
アドバイスお願いいたします。

用途は山遊び全般です

64 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/26(火) 10:21:24 ID:gYucOqpu
>63
だと ナガサだな、と思うのだが、余り誰も指摘しないがナガサの木鞘は変わったサイズで
出っ張りの部分が大きいため 市販の革バンド木鞘用は使えない。
これ案外大事なポイントで、今どき腰ひもで木鞘を吊るか?
佐治武士氏と土居氏のものには言うほどの差はない。
好みで選んで問題ないと思う。

65 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/26(火) 11:14:07 ID:jPhCu/g1
切れ味を含めた使い勝手は職人の腕の差よりデザインで多くが決まる
(ユーザーを使い方を考えて適切にデザインするのも腕だけど)
重量バランスとか刃長とか刃の厚みとか片刃/両刃とかだな
ナガサは鉈のようにトップヘビーで薪割りとか枝打ちに向いてる
渓流刀は刀身はそんなに重くなくナイフに近い
細身剣鉈がどっち寄りかは知らない
どんな用途が多いかによって決めてくれ
用途や筋力によっては8寸がベストとも限らない
デメリットを理解した上で趣味性を取るならそれでもいいけどね

66 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/26(火) 13:17:32 ID:Sken0m7F
>63
比較的大きめサイズに思えるが 実際に使うとなると4.5寸が自分では一番出番が多い。
しかもサイズ上価格が押え目なもんで 良い物が安く入手出来る。
ま、長いのも一本欲しいんだろうけどね、俺もそうだったんだけど。
ナガサの4.5寸は木鞘の出来がイマイチではある。

67 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/26(火) 18:18:59 ID:oFxMCNIN
佐治の剣鉈は二本もってるが、9寸と6寸?ぐらい。
きれ味はいい
ハマグリ刃の削りは上手いんだが、先端がとがりすぎでうすく、刺してえぐるような
使い方ではやや弱いような気がする。モデルによるんだろうけど。

あと高いものは表面処理がいいせいか予想より錆びにくい
安いやつは並だな。普通に錆びる

68 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/27(水) 00:41:24 ID:ja7xO03T
佐治武士氏のは角鉈が 中々優れものです。
本来が鉈鍛冶だから 重心の取り方とか握り安さとか良く出来てる。
ただ案外売ってないんだ。
ttp://www.frkw.com/index015.html
安いお。

69 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/27(水) 15:31:06 ID:yLlYzYkc
皆さんレスありがとうございます!!
佐治武士氏の渓流刀磨240mm購入してみます!
たくさんのアドバイスありがとうございました!

70 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/27(水) 23:44:53 ID:FAVO1MQu
佐治さんのは初期のタイプはなかなかよいが…

71 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/28(木) 13:49:28 ID:YBgJ9NtJ
>>69
用途は?
240mmなのは趣味?

72 :71:2007/06/28(木) 17:24:38 ID:y0VmYW5X
用途は山遊び全般です
最後は見た目の好みで決めました
趣味の道具だから好みも大事かなと
240mmにしたのは
ナガサの240mmを知人に借りた時に
自分にはしっくりくる長さだったので…
枝払いには鉈
薪割りには斧
渓流魚捌きには小型ナイフ
山菜とりには山菜ナイフ
と専門の道具がやはり便利なのでしょうが
色々試してみたいです


73 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/28(木) 17:35:54 ID:qW7UeS7z
まあナガサは片刃だから研ぐのも使うのも癖あるし最初に持ったら
潰しちゃうかもね。
はぁはぁするのにもそっちのがいいんじゃね

74 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/29(金) 23:29:22 ID:EqX6tHrb
>>70 同意。
今でも、実用品は悪くないと思うけど、装飾品に吊られて値上げしすぎだ。


75 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/01(日) 00:19:48 ID:+0qNghM9
>>74 
 刃物のそれぞれ特性を知って使えば、青紙でなくて白紙でよい。
注文打ちでは使い方を訊かれて、鍛冶屋から黄紙かSK5鋼ほう
が実用性では変わらず、多少安く仕上がるしどうかと逆に言われ
た。黒打ちが流行りだから仕上げはそれでいいかなどとも訊かれ
た。何度もメールやら電話くれた気のいい職人さんいるもんだな…

76 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/01(日) 07:06:09 ID:pQryxfYv
出来合いのもので、いいものがあれば、注文打ちは逆に高くなりませんか?
別の職人の話ですが、家にあった錆身の刀剣を使って、鉈を作ってもらった際、
地金は刀剣、刃は青紙スーパーをお願いしてたのに、出来上がったのは、
錆を落としただけのもの。
刀に刃がついていて、それを落とすのはもったいないとか言っていたけど、
ナイフみたいな小さいものは不要だった。
うちの刀の3/4はその職人の別誂え玉鋼刃物に変わってる訳ですな。

77 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/01(日) 07:12:16 ID:KtraoeZc
用途、目的が先にあり、それに見合う「いい品物」が無ければ注文打ちしか選択肢が無い
作ってもらった物を使わなきゃ、出来合いだろうが注文打ちだろうが高くなる

78 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/01(日) 07:17:15 ID:4E6ahI7A
>地金は刀剣、刃は青紙スーパーをお願いしてたのに
刃金に刃金割り込めって・・・・・・バカ?

79 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/01(日) 07:55:42 ID:pQryxfYv
>>78 日本刀は刃の部分だけが刃金で、後は軟鉄と極軟鉄ですよ。


80 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/01(日) 08:13:54 ID:4E6ahI7A
うわ、真性だ
甲伏せも知らねえでやんの

81 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/01(日) 10:34:30 ID:eJN7NNN2
刀を切って叩いて別の刃物にするならともかく、地金として使う意味はないだろ
内部構造の分からん材料を使うのは問題がある
割れや歪みが予測できないし、出来上がっても地金に残ってる鋼の部分が研ぎにくい

>ナイフみたいな小さいものは不要だった。
欲しい物のイメージが伝わってないのは注文主の問題

82 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/01(日) 18:39:50 ID:L5vWqAQW
絵を書くなり、似た形状の刃物の画像を印刷して見せるなり、木型を作るなり
イメージを伝える方法はいくらでもあるのだしな、もちろん口頭でも伝わるだろう

職人の側も客を選ぶ事が出来るのだから当然の対応だろう

83 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/01(日) 18:47:53 ID:4E6ahI7A
古い残欠錬って皮金に
刃金は青紙スーパー
芯と背は任意で四方詰めの剣鉈
刃渡り1寸あたり3万で受けてもらえるかねえ
こんな手間のかかる仕事

84 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/01(日) 19:36:13 ID:L5vWqAQW
3cm三万は暴利だとオモ

85 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/01(日) 19:40:17 ID:pQryxfYv
>>80 えええ、甲伏せって、表面に軟鉄、中に極軟鉄が来るんじゃないの?
>>81-83 鉄を銑?まで溶かして打ち直すことはしてくれない訳ですね。
かなり高い授業料でしたが、いい勉強になりました。

86 :◆KUSU/IrBdQ :2007/07/01(日) 23:41:01 ID:etPF+xrs
>>85 炭素量で言えば一番多いのは皮金、
次に刃、次に峰、それで一番やわらかいのは芯となります。

あなたの言うような、鉄を溶かしてもう一回形にするのは
普通の鍛冶屋では無理で、刀鍛冶でもやりたくないような作業です。
しかも刀をそのように潰すのは非常にもったいなく
作業も鉄屑を使えるようにする作業に近いこともあり、
私はその鍛冶屋さんの判断は正しかったと思います。

87 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/01(日) 23:43:45 ID:eJN7NNN2
>>85
わざわざ刀を溶かしてその鉄(当然炭素量はばらつく)で刃物を作るメリットなんてない

>表面に軟鉄、中に極軟鉄
どこに刃金があるんだそれは
http://homepage1.nifty.com/saga-t/kappa/katana/katana-tukuri.html
http://www.yamahide.com/custom/customitem/redorca/tukuri.gif
甲伏せではU字型の皮金が刃金
半年ROMってろ

88 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/02(月) 00:13:17 ID:lSm0wqV+
客の無知を笑ったらイカン

ダンベエは大事にしないとなw

89 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/02(月) 00:22:05 ID:ttdr1W2Z
あれ?図解と名称の組み合わせが逆だぞ
甲伏せとまくりが

90 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/04(水) 04:57:55 ID:3iG2MT/r
すみませんがご存知の方教えてください。

長年使ってて、裏透きが浅くなって先端寄りの裏透きが無くなって
しまった切出しがあるんですが、裏透きを綺麗に入れなおすには
どうすればいいんでしょう。 愛着があるので失敗したくありません。
上手い方法があれば教えてください。m(__)m

91 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/04(水) 08:04:17 ID:4qnvt0H1
なあ買い直すっていう選択肢は無いのか?
現実低に焼き入れし終わったものを「すく」のは不可能に近いぞ。
現代技術の粋を持ってすれば出来ない事ではなかろうが ベラボウな手間と金がかかる。
千代鶴是秀翁のでもなきゃ新品を買え。

92 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/04(水) 08:59:46 ID:CYJbp7NO
>90
私も89と同意見、そこまで使って貰えた切り出しも満足だと思うよ。
心置きなく新しいモノを購入するほうが吉。

93 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/04(水) 14:03:34 ID:4qnvt0H1
そこまで使い切ったら道具としても満足だと俺も思う。
きちんとウラスキのしてある切り出しだから元値も結構したのかな?
そこまで使ったら やはり買い替えて今までの物は定年退職で吉だと思うな。
(熱処理後の鋼にウラスキをやり直すのは不可だと思うぞ)

94 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/04(水) 14:52:11 ID:Kt3IaNYZ
美観的に完璧というわけにはいかないが、根気よく丁寧に砥石で擦ってやれば
実用的には問題の無いウラスキは入れ直せるぞ。
切り出しではやったことないが、鉋ではよくやるよ。

裏の研ぎは最小限に留めるのがウラスキを長持ちさせるコツだが、そうすると
ウラスキが刃先にかかって刃線に出るのでウラ押しをしなければならない。
鉋や切出しなどを使い続けるにはウラスキやウラ押しを避けて通ることはできないので、
この機会に習得するといいね。

95 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/04(水) 15:04:08 ID:+XRJpYJc
裏スキの存在意義は「砥ぎ勝手の向上」
「無くなったら入れ直す」ものではないしその必要も絶無

96 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/04(水) 19:19:10 ID:XvfzvDgL
あれ?裏スキは切り離れを良くするため、平面を出しやすくするため、じゃ無かったけ?
研ぎ易さの向上にはならないと思うんだが・・・
裏スキは鍛冶屋に持っていけばセンで入れなおしてくれる所もあるよ
今は金額に見合わないから買い替える人が多いけど


97 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/04(水) 22:44:58 ID:gVcB2q2m
>>96
「木に学べ」にはそう書いてあったな。
法隆寺を作り直した最後の宮大工が実践しながら語った
言葉だから、反証がない限りまずそっちを信じるつもりだ。

ただ、西岡棟梁の語っていた刃物の裏スキはおそらく
エッジ間際まで来ていたんだろうと思う。

そのへんの切り出しなんかの「なんちゃって裏スキ」だと
研ぎは全然ラクにはならんわな。

98 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/05(木) 00:32:03 ID:ttr3PQb2
裏自体がほとんど研がないんだから研ぎやすさもなにもないもんだ

99 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/05(木) 01:34:45 ID:40VQ6FQp
俺は日立の電子ルーターでやったな、スキ直し。 小さいけど高かった・・・。
回転下げても火花がちょっと出るので、水を刃に乗せる感じで・・まあ、すぐ飛んでくけど。
肝心の刃先が研げねえからイラついて、ふっと思いつきで・・・ 
きれいには出来無かったけど、まあ研ぎはマシになったです。




100 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/05(木) 06:17:04 ID:gXZiP1zy
味噌は気持ちわる過ぎる

101 :90:2007/07/05(木) 21:22:46 ID:b2AlXZYw
>>91-99
ありがとうございます。
やっぱ裏透きが減って来ると切出しも合砥石も面も崩れやすいので、
端をマスクして冷やしながらリューターを試してみます。

102 :99です・・・:2007/07/05(木) 23:41:31 ID:40VQ6FQp
>>101
すいません・・・リューターでしたね・・・ごめんなさい。
リューターで削った後、1センチ以下の厚みになった金剛砥のカドで
気長にこすってみたりもしました。地金がのぞいたらイヤだなと思いつつ・・。
鍛冶屋さんなら地金を工夫しながら叩いて、鋼側に反らせる事ができるのかな・・。

103 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/05(木) 23:43:47 ID:wbeLP1HY
読み方の違いだから、リューターもルーターも同じ。

104 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/05(木) 23:55:35 ID:Rbc7jUQ1
トンカチで叩くだけ>>>裏出し

105 :90:2007/07/06(金) 00:07:19 ID:bmP2rKgv
>>102
ありがとうございます。
まず失敗しても悔しくない安物で色々試してからやってみます。

>>104
鋼の薄い鉋はそれで裏出しできるけど、鋼の厚い切出しは無理っぽいです。

106 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/09(月) 04:38:00 ID:+UEg9K3x
現代の名人は誰、過去なら、ノミにおいては国弘、鉋においては義廣
他には、千代鶴、石堂、教えて下さい

107 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/09(月) 09:33:14 ID:jz2M/T9J
何々は誰それが一番うまいと分かったとして、誂えで注文できる環境にあるのかよ
行ける範囲の刃物屋で相談しろ

108 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/09(月) 09:35:09 ID:1MltuOw1
やっぱりマキタかリョウビだんべー

さてもおいちょうガンガンベー

109 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/09(月) 13:07:51 ID:Sc2BmLe9
>106
「打刃物職人」というナイフマガジン別冊のムック本買った方が早いよ。
1905円、ISBN4-8465-2467-1で発注出来る。
貴君の知りたい情報全てきれいな写真付きで出てますよ。

110 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/16(月) 00:22:52 ID:ovpTrFZv

佐治武士
津保川150
にて

竹でコップ作ろうと竹の外皮削ってたんですが…

切れ味悪い?
のかわからないが
とにかく力いれなきゃ削れない
もっと一定の力で
すぅーっと切れる刃物ありませんか?

111 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/16(月) 00:34:33 ID:z5uPZeit
剣鉈(及びその派生系刃物)は竹削りには凡そ向かない
そもそもが鈍角に過ぎる
食い込ませやすいよう片刃、しかし負荷に耐えるべく一般的なものより鈍角
刃裏側から糸刃引きしてこじり耐性強化

具体的には安い(切り出しもしくは横手)小刀買い
40度程度で小刃付けして
刃裏を10度程度立てて糸刃引きする(蛤ぎみにできればその方が良し)
持ちを考えれば青紙か焼きの良い白紙が欲しいところだが
刃付けでそこまで気遣えば安物でも大概なんともない

112 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/16(月) 22:36:30 ID:2iDMxcNC
野外で食品を切る時や、食器を作る事とか考えると、刃物には普段何の油を塗っとけば
良いだろうか?
なにかオススメあったら教えて下さい。
 
今使ってる刃物用椿油ってヤツは変な匂いがしてダメ。(刃物屋やホムセンで売ってるヤツ)

113 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/16(月) 22:47:56 ID:90+EtqvZ
亜麻仁油、オリブ油とかの食用油を塗っとく
長期間使わない場合はWD40


114 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/16(月) 22:50:43 ID:pFperU9f
シリコーンオイル
天ぷら油に添加されてたりする

115 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/17(火) 02:38:34 ID:UIFol9lx
オリーブオイルって酸化しにくいんだよな。


116 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/17(火) 05:13:28 ID:6hy+niN+
一日二日の持ち出し時の事なら食用油でもかまわない
酸化安定の点では(入手が容易な部類では)オリーブオイルかゴマ油がベター
ただし匂いが微妙
どちらにせよ長期保管に塗るのは絶対×
酸化=酸性化により錆の元
半乾性油だとさらに粘着物質化して腐臭を放つ
持ち帰ったら確実に洗浄の上、何も塗らずに乾燥環境に保管
長期保護第一なら食品加工機械用(経口安全性保証)シリコンオイルがベスト
一般市販ではクレのフードシリコンスプレーぐらいか
100%要取り寄せだが入手は可能

今の御時世そんな気遣いより料理刃物は別持ちでステンレスって方が間違い無いけどな
料理に使わないならその分には刃物用油で良いんだから

117 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/17(火) 09:38:36 ID:1+iQ99gA
品質のよい潤滑油で石油系の成分が入ってなければ大抵は大丈夫

いわるゆる刃物油で流動パラフィン等の表記のあるもの=食品添加物との明記あり=おそらく99%大丈夫
クレのフードシリコンスプレー=100%無害保証
国産(これ重要)のシリコンスプレー(ただし石油系の成分の入っていないもの)=97%大丈夫

WD40も石油系成分が入っているが、メーカーより「ほぼ人体に無害」との見解が出ている

毎度の55-6はほぼ100%石油系成分だし、鉛や硫黄が出たという話があるので食品に触れる物に使わないのが無難
最近安くで出まわっている中国製のシリコンスプレーも何が入っているのか見当もつかないので使わないのが無難

118 :112:2007/07/18(水) 07:57:44 ID:ZXDDPhXr
>>113>>117
ありがとうございました。参考になりました。

ちょっと気になっているのが、薬局なんかに置いてあった「ベビー・オイル」
なんですけど、これはどうでしょうか?
赤ちゃんに使うぐらいだから無害とは思うのですが、刃物にはどうかな?
質問ばかりですいません。


119 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/18(水) 08:14:32 ID:rZhxYtY0
>110
遅くなりました。竹を削るような作業でしたら肥後守か片刃の切り出しが和式なら向いています。
両方ともコレクターが存在する為 はまりこまないよう御留意下さい。

120 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/18(水) 11:45:33 ID:DKtoY9ON
我が一族は古来より「ウメガイ」で全てをこなす。

121 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/18(水) 11:53:26 ID:Fr6nmDUc
竹なんざ、鉈でおおまかに形を作ったらあとはヤスリで削るのが手っ取り早い。
普通の木と違って柔らかい基質に極めて硬い繊維が含まれている構造になっているから
切出しで滑らかに正確に削るのは案外難しい。

122 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/18(水) 12:21:09 ID:nyWp4DDX
>121
たしかに相当技術がいるね。

しかし、ヤスリはなぁ。趣味だからこだわるだろう。

木の仕上げは切れるカンナ。ヤスリ使うとだいなしでしょ。
それと同じかと。


123 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/18(水) 18:39:38 ID:AwJLQ3vw
茶道具の竹製品の高いやつ、茶筅や茶杓とかは木賊他、ヤスリ類をバンバン使ってるけどな

>>118
成分表記を見て見れば判ると思うが・・・
商品名はオイルだが厳密には乳液だよ

124 :112:2007/07/18(水) 22:45:21 ID:ZXDDPhXr
>>123
今日買って使ってみた。製品名「ベビーオイル N 無香料 無着色」
主成分はミネラルオイルと書いてある。 透明で匂いも無く、普通に使えそうな気が・・・

ただ今、このミネラルオイルについては調べ中です。
まあ、これは肌用の製品だから、ひょっとしたら木工製品の艶出しぐらいにはいいかもw 

125 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/18(水) 23:04:27 ID:83zaGqiL
ミネラルオイルつまり鉱物油

126 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/19(木) 00:24:09 ID:uPxB6BjH
IKEAで売ってる、まな板等木製食器用メンテナンスオイルは
ミネラルオイル100%だ。
いいのか、それはw

以下説明書きより抜粋

・・・木製品のお手入れ及び保護の目的のみに使用してください。
決して食品として使用しないで下さい。少量のオイルを飲み込んでも
身体に危険はありませんが、下剤として作用する場合があります。
多量のオイルを飲み込んだ場合には、必ず医師に相談して下さい。

127 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/19(木) 01:15:40 ID:Txgb1E1y
人体に極めて消化吸収されにくいので
毒にはならないが下剤的作用を及ぼす

128 :112:2007/07/19(木) 21:26:21 ID:PpTWw9h1
う〜ん、ミネラルオイルってヤバイのかな・・・? 
鉱物油っていうと変質しにくそうなイメージは有るけど、それがイイのか悪いのか・・
しかし油って本当に種類が多い・・・ 調べる程、頭痛い。
食品関係に使う刃物に限っては、油は塗らない様にしようかな。

129 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/19(木) 21:33:17 ID:zpLehpcH
ベビーオイルの「ミネラル」は鉱物じゃないと思う。
----------------------------------------------
[英]mineral
[同義語] 無機質
人体を構成する物質のうちミネラルの占める量は体重の数%に過ぎないが,生命活動に必要な生理作用,酵素作用,代謝調節作用などに密接な関係をもっており,
これらの適正な摂取は,他の栄養素とあいまって健康の維持・増進や疾病の予防に重要な役割を果たす。
これらの所要量については,所要量が定められているもの(カルシウム,鉄),科学的知見が乏しく目標摂取量を示したもの(ナトリウム,リン,カリウム,マグネシウム),
あるいは亜鉛,銅,マンガン,ヨウ素,セレンなどのように必要量については今後の研究に待たねばならないものもある。
医学辞典から引き写しです。

130 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/19(木) 21:43:47 ID:uPxB6BjH
別に危険な物質ではないんだから
無理に気にする必要はないんじゃない?

例えば、色々な軟膏薬の基剤になっているワセリン。
あれだって石油由来の物質だよ。
普段全く気にせず塗り塗りしてるけど。

なんとなく嫌だというなら、使わなければよし。自分の思うままに。

131 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/19(木) 22:27:47 ID:fQ/f5m09
どっかのサイトにあったけどたとえ石油由来の鉱物油であってもちゃんと精製されていれば危険性は少ないらしい。
逆に植物油とかは未解明な成分の割合が高いから一概に安全とは言えないみたい。
ベビーオイルは石油由来の鉱物油がベースらしいえど、安定してて肌への刺激も少ないから問題ないらしいよ。

132 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/20(金) 10:06:40 ID:gN5Q3qhO
>>129
そのミネラルは鉄分とかの栄養素の意味で、ミネラルオイルは鉱物油だろ
植物油なんかの生物由来のと対比で

133 :112:2007/07/23(月) 23:56:08 ID:cSKVNRn/
みなさま、ありがとうございます。 いろいろ勉強になりました。
買ったベビーオイル(300ml)は、ホムセンで売ってたスプレーボトルに
詰め替えてみました。
せっかくだから、まあちょっと使ってみようかなという感じです。(貧乏性)


134 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/23(月) 23:58:52 ID:IAbmr+3N
そして、可動部で固まりエライ事に

135 :名前なカッター(ノ∀`):2007/07/24(火) 01:00:12 ID:ZHWxV3k2
ミネラルオイルは「石油精製品」
それも「単一種成分純度99%以上」の
酸化性ほとんどゼロ、常温で使う限り固まる事はまず無い油
人体には完全にと言って良いほど吸収されないため
多量に経口摂取してしまうと腸の吸収阻害を起こして下痢になる(下剤効果がある)

136 :名前なカッター(ノ∀`):2007/08/10(金) 21:45:50 ID:opOLXDme
昔は片刃の鉈で薪割りから枝払いまでこなしたものですが、両刃鉈で薪割りするのと何が違うのでしょうか?
片刃鉈しか使ったことありません。

137 :名前なカッター(ノ∀`):2007/08/10(金) 23:44:31 ID:xX31Ga3t
通常の「鉈でこなす仕事」だったら、どちらでも特に変わらないでしょ。
いろんな部分で使用者の慣れは必要だろうけど、それだけだと思う。

138 :名前なカッター(ノ∀`):2007/08/10(金) 23:52:35 ID:OsbhoP35
和式はやっぱ水焼きの片刃に限る。それ以外は認めない。

139 :名前なカッター(ノ∀`):2007/08/11(土) 00:19:36 ID:DSJnazmN
石うすとセットで和室に飾るべく、佐治氏の遊々鉈購入を検討してます。
素朴で味のある外観に惹かれました。使う物ではないので性能はあまり気にしませんが、所有されてる方がいれば感想を聞きたいと思っています。

140 :名前なカッター(ノ∀`):2007/08/11(土) 00:27:51 ID:CnU1EkvS
遊々鉈に限らず、刃物なんか飾ってるとドン引きされるだけなので止めた方がいいな

141 :名前なカッター(ノ∀`):2007/08/11(土) 00:39:12 ID:DSJnazmN
そうか。。
遊々鉈だけは他の刃物と違ってオシャレだと思てた。

142 :名前なカッター(ノ∀`):2007/08/11(土) 02:12:29 ID:e5NxzVON
>>138
鋼材にもよるが油(天ぷら油とか)で焼入れしてる職人もけっこういるけどな
現場の見学して無駄に職人の選別がんばってくれ

143 :名前なカッター(ノ∀`):2007/08/11(土) 03:08:43 ID:kG1CFOoz
>>138みたいのって、スペック厨なんかと同じ部類に見えるなあ
まぁ、こだわるトコは人それぞれって事だわな

144 :名前なカッター(ノ∀`):2007/08/11(土) 19:34:12 ID:CnU1EkvS
趣味なんでムダな拘りもアリっちゃアリだけどな

買った後、実は油焼きとか、利器材でした、とかで暴れ出さなければ、ね

145 :名前なカッター(ノ∀`):2007/08/12(日) 11:05:00 ID:4ZKuMDMj
>買った後、実は油焼きとか、利器材でした、とかで暴れ出さなければ、ね
それで有名鍛冶屋の粘着アンチになるとか、すごくありそうだな……

146 :名前なカッター(ノ∀`):2007/08/12(日) 11:09:50 ID:OBRQf1a2
>>145 有名鍛冶屋自体が粘着している罠

147 :名前なカッター(ノ∀`):2007/08/13(月) 16:44:20 ID:IYZWSpZZ
>>143
他を認めない人って,他をあんまり知らないことが多いよね.

全体には手が届かない,全体を見ることをあきらめたところで
そういう自分を正当化したいから決めつけ強弁する.

色んなモノを見てきて「これしかない!」てのを見つけた人も
無論いるが,そういう人は自分の見解を他人に押し付けない.

148 :一(inネットカフェ:2007/09/01(土) 15:01:22 ID:f6bYe+mX
ひそかに叉鬼山刀を買おうと500円貯金を始めた俺・・・・・・
早くほしい

149 :名前なカッター(ノ∀`):2007/09/01(土) 16:58:30 ID:b3LkmcqG
ネットカフェ難民が銃刀法違反しようとしてます!

150 :名前なカッター(ノ∀`):2007/09/01(土) 20:26:51 ID:IYqX7hRo
袋ナガサって、枝を払うと寺の鐘みたいに「カーン」って良い音する。

情緒的じゃん…と、思った。

151 :名前なカッター(ノ∀`):2007/09/25(火) 13:40:10 ID:EkF39pH3
最近全然話を聞かないと思ったらレッドドルカが廃業したって本当ですか?

152 :名前なカッター(ノ∀`):2007/09/25(火) 13:55:49 ID:scR9NOlZ
>151
おいおい それってマジ?
マジだとオクに出てる赤鯱の価格が上がるぞ。
多分ここをチェックしてる赤鯱の社員の方、本当なの?

153 :名前なカッター(ノ∀`):2007/09/25(火) 15:54:00 ID:CsTCC6xG
廃業以前にどこだよ
レッド「ドルカ」って

154 :名前なカッター(ノ∀`):2007/09/25(火) 15:58:48 ID:scR9NOlZ
当て字でも伏せ字でもねえけど解るからイイじゃん。
ttp://www.ikariya.com/red_orca/
廃業どころか盛業中ってなかんじだけどなあ。
悪評も有るけど信奉者や固定ファンも多いんで悪口言う気は全然無い。
でも高いとは思う。

155 :名前なカッター(ノ∀`):2007/09/25(火) 16:10:16 ID:MYm7Kiee
若旦那が元暴走族とかの噂があるけど
商品のネーミングといい、四国だしねぇ








                       現役だったりしてw

156 :惹句座立派 ◆YKfdGKG/M2 :2007/10/17(水) 15:18:33 ID:e6N4lBNy
ついにというのか佐治武士氏までもが「甲伏せ」ナイフを作ってしまった。
ttp://www.ehamono.com/washiki/saji/ichimonji.html
の一番下。白紙で芯金を包んだとのこと。

157 :名前なカッター(ノ∀`):2007/10/17(水) 15:35:28 ID:eQCA/JuO
ちなみに「甲伏せ」は当て字で本来は「かぶせ」と読む。
無知なイカリヤとレッド・オルカが揃って「こうぶせ、こうぶせ」と連呼するもんだからその読み方が定着してしまった。
「こうぶせ」と読んでも間違いではないが、「砥石」を「とぎいし」と読むのと同じぐらい変。

158 :惹句座立派 ◆YKfdGKG/M2 :2007/10/17(水) 17:02:17 ID:e6N4lBNy
>157
勉強になりますた。あれ そうなんだ。
ついに佐治武士氏まで赤鯱の軍門に降ったみたくて やな感じ。

159 :◆KUSU/IrBdQ :2007/10/17(水) 18:03:29 ID:HP00CLNl
え?甲伏せは「こうぶせ」じゃないの?

160 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2007/10/17(水) 18:26:08 ID:KvXsBNlJ ?2BP(1000)
>>159
一時期ある刀剣研究者が「かぶせ」だと主張していたが、結局のところあまり普及しなかった。

刀匠や刀剣関係者のほとんどが「こうぶせ」と読んでるね。
戦前の本でもそうふりがなが打って有るしね。
「かうぶせ」と打って有るのも有るが。

君の本にはふりがな無かった?


161 :名前なカッター(ノ∀`):2007/10/17(水) 18:31:17 ID:jzxZbxgT
>>159
製法から来た呼び方なので「かぶせ」ですね。
誰も彼もが「こうぶせ」と呼ぶので定着してしまっているけど、本来的には「かぶせ」と呼ぶのが筋だと思います。

>>158
現代では赤鯨しか造れない製法だ!みたいな感じで宣伝してますけど、古来から普通にあった製法なんで。
別に佐治氏が赤鯨を真似たわけでも何でもないんで。
デザインセンスの良さはさすがに佐治ですね。どことなく馬鹿刃物っぽい赤鯨とは違って魅力的ですね。

162 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2007/10/17(水) 18:41:48 ID:KvXsBNlJ ?2BP(1000)
「かぶせ」→「かうぶせ」→「こうぶせ」なのかな?

163 :◆KUSU/IrBdQ :2007/10/17(水) 19:05:44 ID:HP00CLNl
>>160 少なくても「かぶせ」は始めて聞いたから載ってなかったはず。
ちょっと24冊を確認するのは難しいので曖昧だけどw

赤鯱の人はここを見てるし、他の人を否定をしたくないので
知識だけを語ると。。。

いま話題に出ている剣鉈の甲伏せは
どちらも(たぶん佐治さんも)割り込みを逆にやったもので、
日本刀の「甲伏せ」「逆甲伏せ」「まくり」とは別のものになります。
だからある意味新しいし、ある意味古くからある製法ともいえます。

基本的な断面はどれも同じになるんだけどね。

164 :名前なカッター(ノ∀`):2007/10/17(水) 19:17:56 ID:PxPlyqbZ
>>163
>いま話題に出ている剣鉈の甲伏せは
>どちらも(たぶん佐治さんも)割り込みを逆にやったもので、
>日本刀の「甲伏せ」「逆甲伏せ」「まくり」とは別のものになります。

赤鯱自身が「日本刀と同じ製法でつくってる」って宣伝してるんだけど・・・・????
法螺とか誇大広告の類ですか???
本人が見てるのなら直接回答をもらいたい。答えないなら赤鯱はヘタレ。

165 :名前なカッター(ノ∀`):2007/10/17(水) 19:18:08 ID:nHadwHUV
吉原義人先生と少しだけお話し出来た時も「こうぶせ」って言っておられた
そんな中で「かぶせ」とは言えないよ
そっちのが正しいとしてもね

166 :◆KUSU/IrBdQ :2007/10/17(水) 19:43:48 ID:HP00CLNl
>>164 写真と製法が公開しれているから仕方が無い。
http://www.ikariya.com/red_orca/history.html

違いの説明は文字数が多くなるので自分で調べてw

「日本刀と同じ」なんて数多の刃物会社が使う宣伝文句だし、
何が同じかなんて線引きできないので
日本刀と同じと言っても間違いじゃないと思います。

この話も別に赤鯱を否定したいのではなく、知識を書いただけで
ああやって刃文を入れる事を前面に押し出したメーカーは無かったので
着眼点は面白いし、それこそアイデア勝負なので良いと思うよ。

167 :名前なカッター(ノ∀`):2007/10/17(水) 19:45:17 ID:eQCA/JuO
> 吉原
そんな遊郭や売春窟と同じ名前の人間が何を言おうが知ったこっちゃないさ

168 :名前なカッター(ノ∀`):2007/10/17(水) 19:54:07 ID:dnTgjQ3u
オマエの苗字は他人を茶化せるほどご立派なのかよw

169 :赤鯱  ◆6oeP8Jc2Ug :2007/10/17(水) 20:59:13 ID:rIm60zh8
違いとか云々は私のブログに書いてありますから一度よく見てくださいね

それでも納得できない場合は電話してきてくださいヨ

よろしくお願いします



170 :◆KUSU/IrBdQ :2007/10/17(水) 22:17:40 ID:HP00CLNl
本物!Σ(´д`;)

本当に悪気はないです申し訳ないです。

171 :名前なカッター(ノ∀`):2007/10/18(木) 03:14:29 ID:wYsKUANU
木南は赤鯱になんか弱みでも握られているのか?
態度が不自然すぎる。

172 :名前なカッター(ノ∀`):2007/10/18(木) 08:22:27 ID:dIoKc2i7
以前、鍛造について議論してて、この板にデビューしたての楠が赤鯱へ
「俺は刀匠だ!たかが鍛冶屋ごときが生意気な口聞いてるんじゃねえぞオラ。」 って啖呵を切ったんだよ。
でも逆に理路整然とやり込められた。それから楠は赤鯱に頭が上がらないだよ。
あの頃は楠も青かったなw



173 :名前なカッター(ノ∀`):2007/10/18(木) 19:44:12 ID:XMr1R0lA
 造りが甲伏せの日本刀は優れているかが問題?
割込みや三枚合わせよりよいところはどこ?

174 :名前なカッター(ノ∀`):2007/10/18(木) 20:46:31 ID:xMXICAPx
>造りが甲伏せの日本刀は優れているかが問題?
いや、作りに拘ってもそのスペックを発揮出来る使い道が無いのが問題じゃね?今のご時世
ホムセンの2000円台の鉈と比較して作業効率、作業能率で
価格差に見合うだけの差が出るような作業をするのか、だと思うが?

眺めてハァハァ出来るための理由付けやバックボーンを求めてるなら

一部ナイフの「特殊部隊使用」「○○軍制式採用」みたいな

検索すればゾロゾロ出て来ると思うがな>甲伏せ

175 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2007/10/18(木) 22:06:22 ID:MeZuovvG ?2BP(1000)
甲伏の利点は
錆び難いと言う事と、ミラーフィニッシュに近づける事が容易で、血糊や油がこびりつき難く、獣の解体に向く

かつ、鉈としてもつかえる強度を持つ

って、所だと思う。

176 :赤鯱  ◆6oeP8Jc2Ug :2007/10/18(木) 23:21:31 ID:dGoo9gLl
>172さん
そんなコトがあったんですか?
記憶にないなぁ・・・

楠さんとは一度、現実にお会いしてますから
また会う事もあるでしょう・・・
そんな感じでお気になさることは無いですよ楠さん
「ヘタレ」に反応して書き込んだだけですから(イイマキエデシタ)

明後日、刃物祭りなもんでこのへんで失礼します

おやすみなさい

177 :◆KUSU/IrBdQ :2007/10/18(木) 23:33:08 ID:D84YD/we
いや>>172は嘘ですからw。誰が見ているかわからない掲示板で
なおかつかなり顔が割れているコテで啖呵を切ることは殆ど無いです。

刃物と関係ない仕事に転職した今の方がむしろ、
「ちょっとマズイ事でも書き込めるのでは?」と思い
甲伏せのことを書き込んだけど「やっぱ駄目か」と反省した次第であります。

178 :名前なカッター(ノ∀`):2007/10/19(金) 13:19:20 ID:qGkv80kb
>>172普通に考えて二十歳の刀加治なんているわけないだろ。
自称特殊部隊員の妄想レスなら読んだことあるけど

179 :名前なカッター(ノ∀`):2007/10/19(金) 23:05:05 ID:CnmKmC6a
http://upup.s13.dxbeat.com/up/up2544.jpg

180 :名前なカッター(ノ∀`):2007/10/20(土) 13:32:53 ID:x5s6G0gm
実は40Kの柘植アタックサバイバルより3Kの鉈のほうが強力って最近知った。
つーか柘植買う前に2ちゃん知ってればあんなもん買わずに済んだのに。

181 :名前なカッター(ノ∀`):2007/10/20(土) 14:33:08 ID:oe4X+450
>>180
wwww

182 :名前なカッター(ノ∀`):2007/10/30(火) 04:22:52 ID:eelU1bgo
c

183 :名前なカッター(ノ∀`):2007/10/30(火) 08:13:53 ID:iwU29DMu
柘植アタック新品40`は高くね?

184 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/10(土) 18:52:46 ID:oFOeUJGe
鉈のほうが強力、という表現はどうかと思うが。

185 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/12(月) 15:37:35 ID:mT7M3ivG
剣鉈買おうと思ってるんだけど、ミガキと黒打ちで迷ってます。

黒打ちの渋さに惹かれているんだけど、
錆の出やすさや、錆が浮いちゃった場合のメンテはどっちが楽なんだろ?


186 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/12(月) 19:13:27 ID:Nhf2CidH
使った後洗いもぜずほったらかしにするなら、黒皮付き、皮無し関係無く錆びる
錆びが浮くまで手入れが出来無いような使用条件が前提なら、そもそも炭素鋼は候補から外した方がいい

眺めてハァハァするための物で普段は引出しに仕舞い込むなら
半年に一回くらい油塗り直せばば錆びないからキニスンナ

187 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/12(月) 19:25:06 ID:39xXZb/i
塗るなら刃物椿にしとけよ
サラダ油とかでは半年スパンなんて言ったら逆効果だ
乾燥剤と一緒に密封できる樹脂タッパーにでも入れておく方が余程気が利いている

188 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/12(月) 20:45:36 ID:6xXdgagh
>>186
>眺めてハァハァするための物で普段は引出しに(ry

そんなもんなのか。もっと錆びるもんかと思って、買うのをためらってたよ。
ハァハァ用に一本買ってみっかねー。
ハンドルも日本っぽい感じのがいいな。経年劣化であまりボロボロにならん奴が。

189 :185:2007/11/12(月) 22:05:01 ID:0Q9Dm6Qq
>>186,187
使った後は、ちゃんと手入れして乾燥した状態を保てという事ですな。

しかし1回油塗れば半年ぐらい平気とは、おいらも思わなかった。
仕事で使うわけじゃなく、たまにしか使う事無いから、その程度でいいなら
逆に安心して買えるわ。

今まで使っていた安売り刃物がすぐに錆びたからちょっと心配だったのよ。
まぁろくに手入れもしてなかったんですけどね。


190 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/13(火) 18:00:06 ID:pcDJEDMs
黒打ちは、ライフルや拳銃の仕上げと同じく防錆処理

表面保護のため人工的な黒錆なので黒い部分はさびない
(それに似せた塗装の場合があるかもしれないが、その場合はさびる可能性がある)
まず有名どころや伝統的なメーカーならその解釈でよい

191 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/13(火) 18:15:56 ID:5xw6tUKP
黒打ちの黒皮は製法上有利ゆえ残されてるだけで完璧な物ではない
磨き仕上げより有利とはいえ扱い悪けりゃ確実に錆びる
ステンレスのように自己不動化するわけじゃなく傷が付けばそれでおしまいな皮膜だからだ

192 :◆KUSU/IrBdQ :2007/11/24(土) 21:33:49 ID:70opGUiu
気になる和式ナイフがあったので
ちょっとレポートしてみた。

http://blog.livedoor.jp/kusunoki_hamono/archives/cat_50022566.html

下のほうの記事から順番に読んでください

193 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/24(土) 21:46:57 ID:HxgM3YEg
2chでボロクソにレポートをけなしてボコボコにして欲しいのか?マゾ?

流石に
>ナイフだけでログハウスを建てられますが
は無理だよ(w
斧でログハウス作るのは有名だけど

194 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/24(土) 21:55:12 ID:9e312RiY
>流石に
>>ナイフだけでログハウスを建てられますが
>は無理だよ(w

いや、π鯖一本でロッキー山脈の中にログハウスを建ててクマと格闘しながら生活できると思っていた奴は多いのだよ。
π鯖はパイプハンドルで中に鯖キットが収納できると信じられていた頃の話だ。

195 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/24(土) 21:59:02 ID:9e312RiY
>>192
レポを読んだけど、別の剣鉈を持っていなかった?
前にオフ会で刃こぼれガタガタになったと読んだ希ガス。
あれは良くないの?

196 :◆KUSU/IrBdQ :2007/11/24(土) 22:13:33 ID:70opGUiu
やりましょうか?ログハウス。
比喩で使った表現なので、どんなナイフでもできるワケではありませんが、
大型ナイフで木を倒してノッチを作る事くらいならレポートできますよ。
流石にこのナイフでは辛いと思うwそれでも頑張ってみるのも面白いかもしれませんw

>>195 あれは後にベタに研ぎなおして使ってみましたが、
柔らかい木を切っただけで刃がこぼれるので
今のところ使っていません。
もしかしたら私の腕が悪いのかもしれませんが、
この野村さんのナイフの例とか他のナイフを考えるとどうも、、

それが不良品なのか、それが仕様なのかはわからないので
メーカーにメールして聞いてみようかと思っています。

197 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/24(土) 22:21:48 ID:HxgM3YEg
>この野村さんのナイフの例とか他のナイフを考えるとどうも、
その剣鉈は焼きが堅くハマグリか小刃付けて二段研ぎで使う前提の物なのだろう、どんなのかは知らんが
野村さんとやらのナイフは焼き戻しをかけて硬度を落として靭性を優先している、ってコトでしょ
ドラム缶みたいな物なら、実用硬度から外れてなければ硬度低くても問題無いから

198 :◆KUSU/IrBdQ :2007/11/24(土) 22:35:54 ID:70opGUiu
トヨクニの白紙の剣鉈です。
http://bbs.avi.jp/photo/380633/51186
写真のように、既製の状態では弱いハマグリでしたが
使った結果はこのような感じです。

この結果の是非が、
物が悪いのは私が下手なのかはわかりません。

199 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/24(土) 22:41:24 ID:HxgM3YEg
鍛接線見る限りじゃ利器材の数打ち物のメーカー刃付けでしょ
クラインダー削りのバフ仕上げじゃ無い?
ならそんなモンでしょ

200 :◆KUSU/IrBdQ :2007/11/24(土) 22:48:12 ID:70opGUiu
http://www.toyokuni.net/syuryou/syu6.htm
この商品です。

同じオフに持っていたホームセンターの3000円の鉈に
とくに問題が無かったという一種の悪夢。
和式は最初の刃が脆い事があるので、研ぎなおしたら良くなると思ったけど
研いでもダメだったからなんともならん。

201 ::2007/11/24(土) 23:08:33 ID:z/eT3OrG
まあその、自由と言うのは、手抜きも自由と言う事で……

202 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/25(日) 02:13:49 ID:SnW6wAQX
ぶちゃけポヨクニはハァハァシコシコの妄想鑑賞用。
実用する者はいない、せいぜい紙を試し切りする程度と見積もって
硬度最優先の目茶苦茶な堅焼きになってる。
楠みたいに本当の実用をしたらボロボロになるよ。
なんならまた高度計測を依頼してごらん?
ヲタが歓喜して失禁するような数値が出るよw

ある意味でユナイテッドのランボーと同じジャンルの商品=ポヨクニ剣鉈

203 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/25(日) 08:05:12 ID:XXYpDJcq
 確かにトヨクニの白綱包丁も良く切れるが刃欠けしやすいなあ。それは
それで良いけど。

204 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/25(日) 19:38:10 ID:ItVgdoz+
>>203
「刃欠けしやすい」のどこが「それで良い」のか詳しく説明してくれ

>>197
「焼き戻しをかけて硬度を落として靭性を優先している」
からは「和式刃物は硬度を優先して焼き戻しをしない」という文意が取れる。
同じく説明してくれ。

正直、自分とこの商品の欠陥を屁理屈で護摩化したい業者の戯れ言かとオモタ。

205 :203:2007/11/25(日) 21:42:52 ID:XXYpDJcq
>>204
 刃欠けしやすすいというのは不適当だったかも知れません。天然砥石の異物
に当たると他の包丁より大きく欠けるんです。通常の使用では欠けません。切
れ味が良いので実は気に入っています。
 

206 :ドラダイです。(0_0):2007/11/27(火) 22:19:17 ID:KNBssRYs
夏の沖縄で使うのと冬の北海道で使うのとでは違うかもよ?
土佐は暖かいから硬いとか?
地域によって好みの硬さが有るのは日本刀でも顕著だと。


でもあれは使えねw天麩羅揚げる温度で衣つけてカラっと揚げチャイナ!


207 :彫刻刀マニア:2007/12/02(日) 13:39:27 ID:XtGH9Rce
彫刻刀最高です…(´д`*)

そんな方いませんか?

208 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/02(日) 14:22:00 ID:HyIfid6y
砥ぎのお題としては面白い

コレクションしようとは思わんが・・・・・・手元に5セット有ったw

209 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/03(月) 12:50:17 ID:z0A2em/1
高知へ行くと、道の駅に土佐刃物コーナーがあったりする。
この前行ったところは露店みたいな感じで土佐刃物売ってた。
安ければと思ったんだけど、肥後の守で3000円だったのでスルーしちゃった。

210 :ドラダイです。(0_0):2007/12/07(金) 19:20:34 ID:BdSZAXOj
高知行くなら土佐山田と日曜市は行くべし!


211 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/21(金) 21:07:22 ID:RcyO5+TM
和式刃物に詳しく無いのでどなたか教えてもらえますか?
よく「青紙〇号」とか「白紙〇号」等がありますが、この「青紙・白紙」とは、どういう意味なのでしょうか?
お願いします_(._.)_

212 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/21(金) 21:09:44 ID:rZMqBufg
>>211
その刃物に使っている鋼材の名前です。


213 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/21(金) 21:58:19 ID:RcyO5+TM
>>212
有り難うございます!鋼材の名称ですか。和式刃物には結構でてくるので何かと思いまして。後、特徴とかも教えて頂けますでしょうか?

214 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/21(金) 22:00:16 ID:rcdtTbYl
>>211
日立の商品名で正しく熱処理された場合の性能は同じくらいだと思うけど、白紙の方が熱処理が
難しいと言う話。炭素鋼は確かに気持ちよく切れるけど、メンテを考えると二の足だね。ヤフオクとかで
白紙、青紙を使った包丁が結構安く手にはいるからそれで色々試してみるのもいい手だと思う。
正しく研げば、切れ味は抜群です。

215 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/21(金) 22:13:06 ID:d+nKoqhU
安易に聞く前に自分で調べるって出来ないのか?
例えば「青紙」で検索すると
一番上にあるのが
「日立金属>特殊鋼ってなに>青紙」
一番上だぞ!
己が愚問をしていると早く気が付け!バカ!!!
その他
ttp://www.hitachi-metals.co.jp/hagane/s_hm.htm
ttp://www.toyokuni.net/hagane/hagane4.htm

216 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/21(金) 22:16:13 ID:rZMqBufg
>>213
日立金属の炭素鋼。
錆びやすいけど焼入れが上手ければ非常に良く切れる鋼材。
白紙と青紙は多少、成分が違い青紙の方が原価が高い。
青紙は白紙にタングステンとクロムを追加したもの。
鍛冶によって好みは異なる場合が多い。



217 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/21(金) 23:48:47 ID:RcyO5+TM
>>214
解り易い説明を下さり、有り難うございます!早速、入手して試してみます!
>>215
》自分で調べろ
》一番上だぞ
確かにその通りでした!一番上に記載されてました。無能さを痛感したました!>>
216
突き詰めれば個人の好み、に繋がるのでしょうね。有り難うございます!皆さん、本当に有り難うございました!

218 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/22(土) 01:26:25 ID:4xiOgR8J
切れ味の話なら白紙の方が評判が良い。喰い込む感じらしい。
刃持ちなら成分的に青紙の方が良い、、、はずw

ただし有名鍛冶屋でも個体によりデキのバラツキがある。
一本の刃物でも研いでる内に良い組織と悪い組織が出るもの。

確かに鍛冶屋や鋼材に優劣がある。
でも優秀と評判の鍛冶屋で優秀と評価の鋼材を指定して注文しても
自分の買う個体が品質誤差の範囲で外れの可能性がある。

調理人なら包丁を何本も持っていて使っている内にオキニの数本が絞られてくる。
でも和式ナイフや鉈の場合、そこまで真剣に使われてはいないと思う。
つまり鍛冶屋・鋼材による優劣とは単なる自慢話・与太話の類い。

個人的には鉈の場合「ウチは青紙スーパーを使ってる凄い鍛冶屋だ」と宣伝している所より黄紙を使っている鍛冶屋の方が良いと思う。
ただし竹細工用には白紙を使う鍛冶屋。
つまり白紙を扱える技術が有って、鉈には粘り重視で黄紙を選ぶ職人さん。
それに黄紙の方がデキのバラツキが少ないはず。

一般論として>>215のトヨクニのHP「和鋼のランク」が解かり易い。
ただし上記のように製品になった時の性能とは別。

とか言いながら、武田の常連の私w

219 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/22(土) 02:09:15 ID:yQ1JjXaC
>武田の常連の私w
ヒドスw

ところで、豊国と武田、同じASでも大差があるような・・・・

220 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/22(土) 09:15:20 ID:f/0+QJCC
俺は何気に佐治氏の実用刃物愛好家。
工学で派手な剣鉈が目立つけど、1マソ以下の腰鉈の方がよっぽど使える。
と思う。

>>218
1号を正確に焼き入れる技術があって、粘り重視で3号を選ぶ・・。
だと思う。
それに安来は純粋な工業製品だから、適温を保てば、一定以上の品質が
得られるはず。それが難しそうですが・・・。

221 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/22(土) 20:55:46 ID:0dUKN/8W
俺も佐治氏の作品は良いと思う。熱処理も問題ないし。
ただ最近は有色ダマスカスだの蛇の革をまいたものなど
実用からはかけ離れた作品が多いな。
なんか下品な感じがする。



222 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/22(土) 21:04:07 ID:YNpPNkVz
この人の間切ってなんで一万オーバーなのって思ってしまう。青紙でも2k位で買えるのに・・・
品質は確かだけど、少々商売に走り杉かなと思う。

223 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/22(土) 21:05:03 ID:YNpPNkVz
確かにケバイものが増えていると思う。もっと素朴で使いやすい物を出して欲しい。

224 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/22(土) 21:08:53 ID:v2Sx6nw5
>>215
基地外自治厨は恥を知れ!

225 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/22(土) 22:13:59 ID:yQ1JjXaC
>>223
いや、伝統的な素朴なものは、量産しているが、流通経路が違うので
目に付かないだけかと。


226 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/22(土) 22:18:06 ID:G65iIWh0
>>215はツンデレ娘

227 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/23(日) 07:44:44 ID:Eu7B/JjZ
>>226
そう!その「ツンデレ」って、何の意味なの?

228 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/23(日) 10:19:44 ID:NPUbcEYC
考えるな!感じるんだ!

229 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/23(日) 11:09:20 ID:IBGiIhhY
>>227
だから、聞く前にググレ。

230 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/23(日) 12:40:50 ID:Eu7B/JjZ
>>228>>229
ググったら一発で出たよ。いつも有り難う!

231 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/23(日) 13:31:52 ID:1d7K74g9
刃物板来てすぐのころは、
青紙・白紙・黄紙とか
青棒・赤棒とかは2ch語だと思ってたな。

232 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/27(木) 19:03:59 ID:9sVa1GRr
多層鋼と割り込みって値段違うけど見た目以外に切れ味とか刃持ちに関係あるの?

233 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/27(木) 19:21:58 ID:DwngM8BD
関係無い、見た目に金を払うのも趣味ならアリでしょう

234 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/28(金) 05:50:44 ID:sulkEexc
>>232 多層鋼とかダマスカスが出た時は、曲がらず、折れにくくなる・・・
とか聞いたけど、普通の地金に比べ強度が少し増すぐらいだと思う。
多層鋼の場合、利器材が多い気がする。
切れ味に関しては、運だと思う。同じ鍛冶屋で同じ鋼材でも当たり外れがある。
買う時に研ぐ訳にもいかんから使ってみないと判らない。
ただ、個人的な経験としては、刃物が折れるほど、激しく使っていないので、
多層鋼と割込み、利器材の強度の違いはわからない。

235 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/30(日) 18:37:52 ID:ikyO5O3f
甲伏の剣鉈使ってる香具師いる?
ちょっと興味あるが、研ぎにくそうなのと
すぐに刃鉄がなくなりそうなので未購入。
メリットはあるのか?

236 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/31(月) 00:53:17 ID:AThfO4+3
甲伏の剣鉈 作ってる 香具師
ここ見ているよ。
もっと具体的に聞いてみたら?

作ってる人はメリットはあると思っているから
「HPの説明をよく読め」と思っているだろうね。

237 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/31(月) 09:56:27 ID:ay5/jHtX
読んだが、日本刀と同じような製法ということと、
傷が付き難いこと、ミラーフィニッシュできること以外の
メリットが見つからない。
作ってる人にすれば、付加価値が高いことと技術を
アピールできることかな。
趣味で使うので、少々高くてもいいが、使える物が欲しいので・・・。

238 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/31(月) 10:33:17 ID:j+TbAEC0
実用的には、全鋼部分焼入れと大差なかろう

239 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/01(火) 11:00:43 ID:sqE49Boq
単位が銭

240 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/01(火) 11:01:40 ID:sqE49Boq
新年誤爆しましておめでとうございます

241 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/01(火) 17:44:12 ID:Nph11D6Y
本物の日本刀でも短刀つまり一尺以下のものは全鋼がほとんど
また正宗の短刀など小さな刀ほど上物名作が多い
これは刀鍛冶が技術をこめるのに大きいものは難しかったためだ。
有名な虎鉄の石灯籠斬りは短刀による伝説

虎鉄入道がある金持ちにうちあげた刀を渡すさい
あまりに無骨な作風に相手が「これが有名な虎鉄か。姿が悪いな」
と難しい顔になったため「お気に召さぬか」といいすて
その短刀をぬいて庭に走り石灯籠にきりつけ
すぱりと食い込んだ切れ味に相手は蒼くなり、謝罪して買い求めたという。
その刃には刃こぼれひとつなかったという。

現在のタクティカルナイフのようだが、短刀は通常より厚みがあり
ましてや自分のうった刀は折れず曲がらず強いということが
絶対の自信だった虎鉄入道は、あえてこのような行動をしたらしい。

242 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/01(火) 17:52:49 ID:pUJa2QiR
石灯籠切って刃こぼれ一つ無しってZDPでも無理でしょw

243 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/01(火) 18:04:03 ID:Nph11D6Y
石灯籠斬りは諸説あるが

@石灯籠を一刀両断した(ネットにも多く流布された説)
A本来は木の枝をきるつもりが石灯籠にあたり3寸も食い込んだ
B木の枝をきったあと石灯籠に当たっただけ

どうもAかBが真実に近く、どんどん上のように脚色されていったようだ。
斧のような鈍角なら、刃こぼれなしは可能と思うがどうだろう。




244 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/01(火) 22:22:50 ID:Bh7b/NXw
石灯籠が砂岩質の柔らかい物だった、って可能性もあるな(w

そもそも、そんなエピソードは無く販売側のリップサービスか講談の話が一人歩きした
辺りがホントのとこじゃね?



245 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/01(火) 23:14:19 ID:P/4Zu+Ks
>>241
石灯籠斬りは短刀ではなく磨り上げの刀だよ。その虎徹は現存している。
ちゃんと石灯籠斬りって切り付け銘がある。


246 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/02(水) 00:06:29 ID:Qstlgqan
むかし読んだ本には短刀とかいてあったな。

247 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/02(水) 00:53:35 ID:YAVzwVJs
まあ、なんだな、何に斬り付けたかは知らんが
>磨り上げの刀
という事は、一度ポッキリいってるか、大きく欠けたと
その時点で名刀失格かと

248 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/02(水) 01:10:20 ID:7P8WunD4
後の所有者が石灯籠斬りって切り付け銘を見て試してみた。
大きく欠けた
磨り上げの刀になった。


249 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/02(水) 01:21:05 ID:a23hoN7J
>>247
お前磨り上げがどういうものか理解できていないだろ?
磨り上げとは後の所持者が自分の体格にあわせて茎の方から詰めて寸法を短くすることだ。
ごく稀に折れた刀を短刀に直したものを見かけるが石灯籠斬りと切り付け銘のある虎徹は
茎を数センチ詰めて区を送ったただけ。だから絶対に折れてはいない。

250 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/02(水) 01:40:52 ID:Qstlgqan
それも断言はできない。
ナゼかというと通常は捨てる物でもモノスゴイ名刀になると強引に直すこともあるからだ。
大阪落城のとき秀吉の集めた名刀が多く焼け身になったが(もうそうなると捨てる)
ケチな家康は命令して打ち直し研ぎなおし・焼き入れから直させた。
完全に別の物になるが、銘は同じだから

それとコテツといえば偽者と思え、ということわざがあるくらいなので
ぶっちゃけその刀が本物かどうかという問題もある。

誰かがかってに石灯籠斬りと銘を切り、売りつけた可能性もある。
正宗も偽者が多いが、大名とか旗本など権力者に伝来した刀はお抱え学者もにせとは
断言しずらい。
同一人物の作とはおもえぬ刀が多く、刀工の存在が疑われたことがあった。


251 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/02(水) 02:26:24 ID:a23hoN7J
まず磨り上げを理解してくれ

252 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/02(水) 05:45:21 ID:e2Gfh4Na
>>250
中途半端な知識で語るなよ
見てて恥ずかしいぞ
磨り上げの事も再刃の事もよくわかってないんだろ?

最低限の知識ぐらい付けてから物言え

253 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/02(水) 09:01:59 ID:YAVzwVJs
>>252
虎鉄の石灯籠斬りは現存しているのか?
だったら、それは短刀なのか?

まずそこを、はっきりさせないと議論にならないかと


254 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/02(水) 11:28:22 ID:e2Gfh4Na
>>YAVzwVJs
わざと馬鹿なフリしてるのか
本当の馬鹿なのか
どっちだ

現存してるし短刀でもない
上で違う奴も言ってるだろ
信用できないならググれよ

255 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/02(水) 12:10:46 ID:YAVzwVJs
ふう〜ん、そうか
で、上の方で、虎鉄自身が斬ったというのは本当なの

256 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/02(水) 12:14:45 ID:e2Gfh4Na
さぁ知らん

お前の読点の付け方2chぽくないな

257 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/02(水) 12:31:19 ID:YAVzwVJs
ググって見た

乕徹の作に「石灯籠切」と添え銘のある刀があります。これは旗本の久貝稲葉守の愛刀でした。
稲葉守は愛刀家で,乕徹の名声を聞き及び一刀を注文しました。やがて出来あがってきた刀を見
ると,いかにも姿が悪く,やや不満の色をみせました。刀を持参した乕徹はそれを見て,出来あがった
刀を手に庭に駆け下り,松の大枝を切り落としました。その時に,力あまって松の木の下にあった石
灯籠も真っ二つにしてしまいました。それを見て,稲葉守は自分の不明を詫び,その刀に「石灯籠
切」と銘をいれさせて秘蔵したと伝えられています。

てのが有った。
このとおりなら磨り上げ(短刀)という事は無さそうだね。

258 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/02(水) 12:55:09 ID:e2Gfh4Na
>>257
わざと言ってるのか知らんが、磨り上げ=短刀じゃないぞ?
つか、もしかしてお前本当に馬鹿なのか?

>>249のレス読んでも理解できないの?
石灯籠切りは茎を詰めて(磨り上げて)んだぞ?
磨り上げっていうのは、基本的に茎を詰めてサイズ直しする事で短刀に作り直す事じゃないぞ?

259 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/02(水) 14:35:53 ID:Qstlgqan
まずネットの文章は「石灯籠も真っ二つ」が怪しい。
それは信用しないほうがいいな。

もうひとつ現物が磨り上げ磨り上げとうるさいやつがいるが
現存してるのが本物の石灯籠斬りという証拠は何もない。


260 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/02(水) 16:39:48 ID:o+GXtH/r
>>259
仮に
「石灯篭のカドにブツけちゃったら、屋根んとこのカドが
ポロッと取れたのよ。だけど刀は大丈夫だったんだよね」

というようなエピソードがあったとして、その刀匠が後に
ビッグな存在になったとしたら・・・

石灯籠斬り伝説の誕生だ!

261 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/02(水) 17:53:45 ID:YAVzwVJs
>>258
もし
257が正しければ注文打ちの刀が、納品時点で磨り上げって事は無いんじゃないの




262 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/02(水) 19:53:51 ID:6McA27JL
注文打ちのフルオーダーなら、打ち上がった物を鍛冶屋研ぎまでやり注文主に見せて
こんな感じにし出来上がりますと、仕立て服の仮縫いみたいな
OKがでたら歪み取り、ナカゴの整形と仕上げ研ぎをやり、白鞘に入れて納品する

>257を読む限りじゃ、刃の付いていない鍛冶屋研ぎの状態で松の枝に切りつけた事になると思われる
鍛冶屋がそんな事をする訳も無く

263 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/02(水) 20:20:28 ID:e2Gfh4Na
>>261
お前本当に馬鹿だな
納品時点で磨り上げ?
誰がそんなこと言ったんだ?
というかお前の頭は大丈夫なのか?

264 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/02(水) 20:41:20 ID:a23hoN7J
>>261
俺が上の方で
「後の所持者が自分の体格にあわせて茎を詰め区を送ったものが磨り上げ」
と書いているだろ


265 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/02(水) 21:12:26 ID:HNex52ok
「菊門を締め上げ」って何ですかそれわぁ?

266 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/03(木) 10:15:28 ID:KOd8UD+t
>>263
>>264
なんか熱くなってるようだけど、
このスレの住人のほとんどが日本刀の掟なんて知らないと思うよ


佐治マンセーな安物好きばっかなんだから察しなよ

267 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/03(木) 10:51:38 ID:UjpdZS69
>このスレの住人のほとんどが日本刀の掟なんて知らないと思うよ
そもそも日本刀スレじゃないんだから当然だな。

268 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/03(木) 12:03:42 ID:jcWbX8TR
掟の前に 日本語w

269 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/03(木) 14:54:58 ID:bv9J1lf/
掟とかいってるけど偽の可能性は無視なのねw

そもそも天下5剣のうち一本を伝来した前田家が
当主しか触らせないという家法を盾に
登録のために提出しろという警察に対して
どれだけ渋ったか、それすらしらんのかとw

270 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/07(月) 23:57:48 ID:J2BMawqC
今Yahooオークションで出ている
http://page15.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/t27572804
見た目は中々麗しいんだけど10万円〜って そんだけの価値が有る物なのかどうか 諸兄のご意見を
承りたく........まーさーかー利器材ってこたあないっすよね?

271 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/08(火) 09:31:29 ID:LMWEFWUy
出品者に聞けよw

272 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/08(火) 21:18:17 ID:6hwwSTT1
>>270 その手の派手な奴は、利器材の可能性高し。

273 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/10(木) 20:50:12 ID:mcniZ56N
東日本大型OFF会の場所について
詳細■●刃物ニュース速報&雑談スレ 07>>753
神光臨も期待したいので
●横浜線と中央線の三角地帯を目安に
もっと良い場所を知っている方がいれば
教えてください。
レスは
■●刃物ニュース速報&雑談スレ 07 へ

274 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/11(金) 21:40:59 ID:hhYrlM3O
 和式刃物の定義が「鉄を鍛造して作った刃物」だとしたら、ZDP-189三層鋼や
ATS-34で形だけまねしても和式とは言わないよね。自分でも作れそうだし、実
用性もありそうなので作ってみようかと思っているんだけど。

275 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/11(金) 21:48:02 ID:Vmi7y1JK
>「鉄を鍛造して作った刃物」
んなもん世界中でやってる事じゃん
逆に、洋式刃物はどうやって作ってるのが定義なんだ?

276 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/11(金) 22:22:54 ID:d9Uhk0+p

臭い議論はほどほどに

277 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/12(土) 12:43:39 ID:DKnPyFR4
海外製の鋼、地鉄を使っても和式刃物だよな。


278 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/12(土) 13:22:07 ID:Wu5mBsmP
ナイロンやレーヨンで作っても着物は和服
刃物も同じ
ステンレス刃物鋼プレス抜きで作っても腰鉈は和式

279 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/12(土) 15:33:18 ID:m85bVv6T
鍛造とごっちゃになっとるな
洋式便所と和式便所を考えてみれ
木製だろうが陶製だろうが和式便所は和式便所だろ

280 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/12(土) 17:57:21 ID:f4fc5hhg
 決めました。ステンレスでも作ります。

281 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/20(日) 02:11:55 ID:NdlguKXT
ヤフオク常連出品者の大祐ってどうなんだろ?ハンドルの作りがモダンで
ブレードを手間のかかるミラー仕上げにしてる等センスは感じさせるが
実際の性能や使い勝手はどこまでのレベルなんだろ。

282 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/20(日) 02:22:28 ID:S3kWhcBT
正直あまりセンスを感じないな・・・
オリジナリティと言うかデザインが今市垢抜けない。
和物に限らず日本人で優れたモダンナイフ・デザイナーはいない。

和式の技術とモダンナイフのデザインを融合させるのに誰も成功していないと思う。
和式のままで洗練されていると感じるのは良明を含めて数名かな。
日本の鍛冶屋は腕は世界一なんだから、デザインも工夫して欲しいと思う。

283 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/20(日) 05:09:20 ID:rmMq6gF8
俺は和式には鍛冶のオリジナリティは不要だと思ってる。
剣鉈とかはボウイを意識しているんだろうが、コレクション用としか思えない。
実用を突き詰めていって、なおかつ仕上に凝ったものが、洗練だと思う。
理想は岩崎氏の鉈「富士に月」とか・・・。

284 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/20(日) 14:37:53 ID:VRix93Wr
>岩崎氏の鉈「富士に月」
これが花鉈だったならベストに近いと思うけど

285 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/27(日) 01:53:55 ID:53o01y2z
日本の風流そのものだね。

286 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/27(日) 08:11:11 ID:NkRi/lHp
>>284
いいやむしろ彼はあえてそれを避けたと思う、細身の花鉈なれば
富士見西行の刃文で折れた刀みたいな半端な感じだ。


287 :包丁初心者:2008/01/27(日) 10:58:03 ID:MFDzRD5i
京都の刃物鍛冶をいくつかまわったが、有次、菊一文字以外にも安重(元は宮内庁御用達の看板をもった刀鍛冶、
現在は花挟みが有名、包丁はスウェーデン鋼のみ使用、京都で制作)、定義(京都の料理人の多くがここの鱧切りを
使っているとのこと、京都で制作)、重春(鉋が専門だが、包丁も全て作っている。青鋼をメインに使用、京都で制作)、
近年創業した若い鍛冶や祥啓(完全に一人で制作、白鋼使用)というのがあって、どれも良かった。誰か使い込んでいて比較
のできる人いないか? 刃物といえば堺と思っていたが、京刃物も奥が深い。
一説に寄れば、有名なメーカーは完全に堺での生産と聞いたが、有次(京都)とか菊一(京都)
も堺だろうか。(悪いということではないが)

288 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/27(日) 12:30:03 ID:JaEtdGsR
堺の包丁で数出るものは
土佐で打って整形して熱処理した状態で一本2000円前後で堺に届く
堺で仕上げて銘入れて箱に入れると2万円ぐらいになる
って聞いたことがあるんだけどどうなんだろう

289 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/27(日) 13:49:00 ID:47mFLxpT
堺は分業制だそうだから、そんなもんじゃないか

290 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/29(火) 13:55:49 ID:mcqUn5fn
すみません 質問なのですが専門サイトにも記載が無いので失礼します。
華道で使う小形の(刃渡り15cm位 片刃)鉈があるのですが これはベタ研ぎなのか
それともハマグリで研ぐのが正解なのか御存知の方はいらっしゃらないでしょうか?
友人の奥様の物を研ぐハメになったのですが以前研いだ人間は下手だったのか
「なりゆき蛤刃」になっていて どちらが正解なのか判らない有り様です。

291 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/29(火) 15:50:51 ID:TSx0UGIP
専門サイトにも記載がないんならどっちでもいいんじゃね?

292 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/29(火) 18:55:25 ID:JS+F0L+3
>>290
刃付けの角度にもよるけど、ベタに研いだ後30度位の小刃を付けた方が無難ではなかろうか。
ちなみに手持ちの物は、2丁はベタ研ぎでもう1丁はゆるいハマグリになっている。

293 :290:2008/01/29(火) 22:41:42 ID:oVopMGLg
292氏サンクスです。友人の関係上 適当ってわけにも行かず困ってました。
しかし華道ってのは鉈も使うわ切っ先とサイドがベタの切り出しみたいなのとか正体不明のモノが
多い趣味ですねえ。

294 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/05(火) 23:26:34 ID:9Lvsis70
枝の整形には花鉈やノコギリを頻繁に使うし、ハサミだってリンゴ農家が使ってそうな
ごついやつを使って太い枝を豪快に切ったりする。
展覧会で大掛かりな作品を作る時はチェーンソーまで出てくる事もあるそうだから
華道って一般人が想像する以上に豪快で荒々しい世界でもあるようだ。

295 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/07(木) 02:12:27 ID:IHK/AYq3
お花の師匠さんにはSの人が多いよ。いわゆる「女王様」
溜まったうっぷんやストレスを奴隷を踏み付けたりウンコ食わせて殴ったりで
発憤するようなハードSの人もいる。
おとなしい女の子が入門すると師匠に目をつけられて食われちゃう事も
あるらしい。
ただムチ蝋燭浣腸棒モノまでで絶対に針や刃物は使わないって言ってた。
刃物がその辺にごろごろある商売だから、刃止めが効かなくなるのが
怖いってさ。

296 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/19(火) 01:46:08 ID:uVKCajmN
「鉈 ナタ 山刀 2本目 」を使い切ったから上げてみる。
この2つのスレを利用者は使い分けていないと思う。
どちらかに統一した方が過疎らないで良いのではないか?

しかしどちらも伝統あるスレではある。

297 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/19(火) 10:06:02 ID:7nwl72C5
向こうの3本目がエロゲースレになったから、こっち本スレで統合でいいんじゃないか?

298 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/19(火) 14:17:16 ID:uA0+mVya
オークション終了したので訊いてみる。 和田俊次って有名なひとなの?
http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r43679086
http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h54818248


299 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/19(火) 19:17:28 ID:hS+onoo+
>どちらかに統一した方が過疎らないで良いのではないか?
以前同じような意見を出した人が居て、鉈スレは2が立たなかったが
そのうち必要だよ、と言う人が出てきたので立った

現状では使い分けしてる人は居ないだろうね、オレもだが

300 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/19(火) 20:30:52 ID:mMCRXwe6
>>298
俺も興味有ったけどあの金額は出せないな。
作為が強く出すぎていると感じた。
鉄味も作りもいまいちみたいだから、
それほど腕が立つようには思えなかった。

301 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/20(水) 05:43:46 ID:GkJwYNdK
>>298
俺も全然知らない人だ。
結構いい値段が付いてるね。


302 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/21(木) 23:44:21 ID:DofJt/7L


303 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/24(日) 20:32:02 ID:L4HF0v7P
今、ナガサ出ていますね。入札しないから関係ないけどいくらまで行くかな?

いくら切れ味が良くても、デカイナイフは手入れが大変だ。行くところまで行ってくれ!

304 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/25(月) 11:59:51 ID:tKzLqkHn
>>303 秋田県男鹿 米田作 ?

305 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/25(月) 22:29:33 ID:ehY4XxJc
>>304
ttp://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m53336123

これって当代?それとも先代?

いずれにしろ買わないし、あっても使わない宝の持ち腐れだからどうでも良いのですが・・

306 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/25(月) 22:37:56 ID:0ma+hw2j
この鞘は当代のに付いてるヤツじゃね?たしか

307 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/25(月) 23:31:47 ID:L6iBjAn6
フクロナガサって実用的なのか?グリップに対して刃が片方に寄ってる感じだし力のかけ方が難しそう…玄人向き?
あと格好が良いのはわかるが手元がまんまじゃ怖いな…使う時ビニールテープを巻いたりするんだろうか

…叩かれるの覚悟で言うけど移植小手と包丁をくっつけた様な外観だな

308 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/26(火) 00:13:10 ID:oDZwGllo
それよりもハンドルがパイプなのが厳しいと思う。特に木の枝を払うとき、アレだと衝撃を吸収できない。
鋼材は戦前のモノを使っていて云々と言うけど、大きすぎる刃物は手入れが大変だしいらない。

309 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/26(火) 01:33:43 ID:G/jVZLqc
フクロナガサって、商標も一軒だけでとってるし、いわゆる伝統刃物とはなんか違うよね
昭和初期の田舎の発明品って感じがする

310 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/26(火) 02:09:02 ID:bEioQss3
>>309
>昭和初期の田舎の発明品って感じがする

たぶん昭和か大正に発明されたもの。
昭和30年代の新聞にはフクロナガサの写真が載っていたはず。


311 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/26(火) 02:13:28 ID:aixuTQxm
先代の弟さんに寄れば、あれは先代がバイキングの西洋映画を見て自分で思いついたもの。
もちろん古くから似たようなフクロ槍があったのは否定しないがね

先代の意見によれば「フクロナガサ」という刃物自体は自分ひとりの発明だそうな。

312 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/26(火) 02:38:31 ID:bEioQss3
フクロ槍というか矛は何千年も前からあるよね

313 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/26(火) 04:08:31 ID:G/jVZLqc
そういう歴史は知らなかったけど、やっぱりそうなんだ
見た目に昭和初期の空気があるよね
特に柄の作りが和洋折衷で、時代を感じる
刃付けも昭和初期の和バサミの和洋折衷感がある

和式ナイフの元祖みたいな感じで嫌いじゃないけど
伝統刃物として売っているのはなんか違うよね

で、フクロ槍はありゃ別物でしょ

314 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/26(火) 04:23:49 ID:aixuTQxm
西根さんはさいしょ短剣タイプを提案したが、それは法律上まずいということで
没になり、堂々と売れるものとして考え出されたのが、片刃のフクロナガサ

315 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/26(火) 06:56:01 ID:BaiFHkEd
この種の袋柄タイプは他でも作ってる所はいくつかあるようで(特にイノシシ
猟の盛んな九州や南西諸島には多いらしい)中にはこういうダガータイプも
こっそり作られてる。
http://park12.wakwak.com/~moritaka/photo/knife_031_m.jpg

316 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/26(火) 09:19:26 ID:A7eMUEOs
フクロ槍はアフリカにもあるぐらいだからなぁ

317 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/31(月) 20:15:38 ID:cBO8ndSX
>>315間違えただろ

古墳・奈良時代以降は矛は無くなって槍ばかりだぞ
猟師も槍を持っていたぞ
フクロナガサは槍を持てなくなった近代からじゃないか?



318 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/13(日) 21:52:42 ID:10rfTCdF
レッドオルカの黒打小刀(大/両刃)を購入。
元々は優美な曲線を描く刃を、自分好みに研ぎ直してる。

切っ先を三角に尖らせ、刃部分を真っ直ぐに研ぐと一回り小さくなる位研ぐので
購入時と異なる刃紋が出てくるが、割り込んだ鋼の厚みに結構ムラの出る物がある。
大体、鋼の部分は刃から5mm位の幅なんだが、軟鉄が刃近くで鋼の幅が1mm程度の
物や、刃の部分に軟鉄が来てる物等あった。
半分以下のサイズになるまで研いだが、納得いく物が出るまで3本を廃棄。

佐治武士の熊落しや笹の葉とか刃長が10cm以上の肉厚ナイフだと大丈夫なんだが
10cm以下の小刀はこんな程度なんだろうか?値段の割に出来が・・・。



91 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)