2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

後味の悪い話その80

1 :本当にあった怖い名無し:2007/12/14(金) 11:41:30 ID:BkmlkeOF0
■注意■
・ネタバレ必須です。 既出上等。
・知らない人にも内容がわかるように紹介して下さい。(>>2-5あたり参照)
・ageよりsage進行でおながいします。
・映画や小説、漫画、ネットの噂などのネタやコピぺも可です。
・1回で投稿しきれない長文は、投稿前にメモ帳でぜんぶの文章を書き終えてから、連続投稿してください。
・漫画ネタを見たくない人は「漫画」「まんが」「マンガ」「アニメ」をNGワード登録しておくと快適にご覧いただけます。

聞いた後に何となく嫌な気分になったり、切なくてやりきれない夜をすごしてしまったり、
不安に駆られたり、体中がむず痒くなるような話を語り合うスレです。

★重要!
【次スレは950を踏んだ人が立てて下さい。】
 ※950が立てられない場合は早めに申告して下さい。
  次スレが無いのに埋める荒らしが居るため、スレ立ては最優先でお願いします。
  950を超えたらネタの投下は次スレまで待つぐらいが良いでしょう。

前スレ 後味の悪い話その79
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1195127237/

過去ログはこちらからどうぞ
「後味の悪い話 まとめサイト」
http://badaftertaste.web.fc2.com/

2 :本当にあった怖い名無し:2007/12/14(金) 11:42:12 ID:BkmlkeOF0
ネタの書き込みの悪い例

644 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2005/07/04(月) 00:30:22 ID:zO++YlwT0
>>639
普段のゲーマーっぽくまとめてみた。

マウントスノーの村が後味悪い。老人は酔った勢いで口を滑らせただけなのに、
50年間たっても許されない。

でも主人公たちが頼んだら許してくれて、よかった・・・と思ったら老人は
若返らず、友達や知り合いにも、あの爺さん誰? とか
言われてる。
しかも女王は「自分だけ50年の歳月が流れている。それが本当の罰です」とか
言ってるし。じゃあ今までのは罰じゃないのかよ! と・・・orz

3 :本当にあった怖い名無し:2007/12/14(金) 11:43:32 ID:BkmlkeOF0
ネタの書き込みの良い例

638 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2005/07/03(日) 23:17:30 ID:jOuzepYG0
既出かな。

ゲームのネタでDQ6の雪国の山奥の村の老人の話。
細かいことは覚えてませんが、だいたいこんな話。

主人公たちがやってきた雪深い山奥の村は、住民が氷漬けにされていて、
生きて動いているのは一人の老人だけ。

昔、若者だった老人は山奥で、氷の女王に遭遇してしまう。
絶対に私と会ったことを口にしてはいけないと口止めされたにも関わらず、
老人は酒場で酔った弾みに友達にそのことを話してしまう。
気づいたら老人だった若者以外みんな凍りついていた。

罪の意識を感じた老人は、無人の村で孤独に50年過ごす。

主人公たちは女王様に会いに行って村にかけた呪いを解いてもらうように頼む。
女王様は彼ももう十分苦しんだでしょうからね・・ってあっさり呪いを解いてくれる。
呪いが解けて活気が蘇った村で、酒場で50年前の続きをやっている友達や知り合いに、○○(老人の名前)の部屋にいるあのジイサン誰だろうな?って言われる老人。
老人が若返ったりする救済無し。

「周りがあの時のままなのに、自分だけ50年の歳月が流れている。それこそが彼に対する本当の罰です」
このイベントの後に女王を尋ねると、↑みたいなことを言っていた気がする。

結果的に彼の不幸によって主人公たちは伝説の剣を手に入れられるんだけど。
後味悪い。

4 :本当にあった怖い名無し:2007/12/14(金) 11:45:00 ID:BkmlkeOF0
立てた
何か間違ってたらごめんな

5 :本当にあった怖い名無し:2007/12/14(金) 11:46:20 ID:4c+Bnmm70
乙。

6 :本当にあった怖い名無し:2007/12/14(金) 12:07:03 ID:6kcE6LdZ0
前スレ
>>996
実は今までのことがすべて劇でしたというエンディングがとても後味が悪かったです。
そう、ワンサも母ちゃんも全部役者!!。子供心には理解不能で後味が最悪でした。
次の日の幼稚園でもワンサの最終回の話題は全員頭に?マークをつけた状態で話題になりました。

7 :本当にあった怖い名無し:2007/12/14(金) 12:43:43 ID:KBmsB6ThO
ほんとかどうか知らんけど、手塚治虫の漫画に登場する人物は役者なんだそうな。
だからひげおやじとかいろんな作品にいろんな役ででてる。
そういうのをオチに持ってきたんじゃね?舞台劇的な漫画ってことで

8 :本当にあった怖い名無し:2007/12/14(金) 12:47:15 ID:4c+Bnmm70
>だからひげおやじとかいろんな作品にいろんな役ででてる。
それはスターシステム。
昔の漫画家はよくやってた。

9 :本当にあった怖い名無し:2007/12/14(金) 13:12:46 ID:Xo+pNi/H0
手塚君が作者かどうか忘れたけど火の鳥。
なんか、息子のクラスの学級文庫として入っていたので
思わず、借りてきて読んじゃいました。
そして、その主人公がむごい。
何シリーズかあるひとつの話。長いのではしょるけど。
人類が絶滅した後も、神として無理やり生かされる主人公。
その後、ナメクジを進化させた。(勝手に絶滅。)
で、やっとのことで、また人類が復活したところで
死亡と言うか超細胞に変化させられた感じで やっと
心の安楽が。そこで恋人にあえてよかったね。って全然ハッピーエンド
じゃねーよ。
だけど、たった一人で、何千年 何万年過ごすって
どんな罰ゲームだ。

10 :本当にあった怖い名無し:2007/12/14(金) 13:32:08 ID:ACaYfYCyO
これはまた強いゆとり臭が。

11 :本当にあった怖い名無し:2007/12/14(金) 13:50:47 ID:rysqnN1F0
>9 手塚治虫のその手の話だと「クレーター」だったかな

宇宙飛行士の主人公は月面調査の作業中に噴火口のアナボコに落っこちてしまう
そしてチューブが途中で引っかかり宙づりのまま誰にも見つけてもらえず死んでしまう

と思ったら生き返った 
アナボコがたまに火山活動するとき放出されるガスに人体蘇生作用があるようで
宙づりのままガスが途切れるとまた死んでを繰り返す主人公
時は流れて生死を繰り返しミイラ状態になってまた生き返った主人公は
地球のロケットが着陸したのを目にする
どうにか自力で穴から脱出しロケットの乗組員に会いに行くが
乗組員の話を聞によればいま地球では世界を二分する戦争が起こっていて
彼らも敵を殺すべくウラニウムを採りに来たのだと言う

そして穴から離れたためガスの効き目が切れてきた主人公は急いで穴に逃げ戻る
ロケットも飛び立ち地球に帰るのは諦めてただひとり月から地球を眺め続ける主人公は
ある日地球のあちこちで光が発せられてるのを見る
核爆弾で地球は滅びたのだ
おれはただひとり月にひとりぼっち…    終わり


12 :1/2:2007/12/14(金) 14:00:17 ID:/aAKu7f+0
百鬼夜行妙という漫画の一編。

主人公(主婦)の養父が惚けて入院してしまい、たくさんの鉢植えが残される。
養父のために鉢植えの手入れをしていた主人公も、いつの間にか手入れが趣味になっていた。
ある日段ボール詰めの土が送られてきた。養父宛になっている。
入院前に養父が注文したものらしい。ガーデニングによさそうな栄養豊富な土だった。
その土を使い出してから鉢植えは異常な成長速度を見せた。
トマトもキュウリもさくさく実が付いたが、どうも野菜には見えない。
どの鉢植えも同じような実が付くばかり。人の顔に見える気持ち悪い実もあった。

その間も土は送られ続けてくる。差出人は不明のまま。
箱には時々手紙が入っていた。「どこの土かわかるだろう?」「早急に金を振り込め」
「息子や嫁に知られたくないだろう?」「まだ時効になってないぞ」
脅迫に見える手紙に不安を募らせる主婦。
夫に相談し、二人で養父の元に話を聞きに行くが惚けてしまって要領を得ない。

13 :2/2:2007/12/14(金) 14:01:01 ID:/aAKu7f+0
一時帰宅が許され、養父が帰ってくるが庭の鉢植えを見て暴れ出す。
「許してくれ」「掘り返さないでくれ」「見つかるじゃないか」「金は払ったじゃないか」
夫の母親は昔家を出て行方不明になっていた。
元々夫婦仲が悪かったため、母親は出て行ったと言われて何の疑いも持っていなかった。
夫は、母は再婚して幸せに暮らしていると信じていた。

鉢植えの実はいつの間にかはじけて無くなっていた。
娘がベランダで人影を見たという。祖母だったという。
「お家に入りたいんだって。でも今は足がないから歩けないんだって。
お手々もないから窓が開けられないの。だからまだ入ってこないんだよ」
ますます不安になる主人公。
やがて最後の実がなり弾けた。祖母は身体を取り戻し、窓を開けて帰ってくる。

14 :本当にあった怖い名無し:2007/12/14(金) 14:01:39 ID:/aAKu7f+0
養父は取り憑かれて殺されるっぽい終わり方で自業自得だけど、残された息子夫婦が悲惨。
養父が人殺し、妻殺しと判明して今後どうしろというのか。
祖母が祖父を取り殺して気が済むならいいけど、この後どうするかわからんし。
祖父が不審死しても怖いだろう。

補足すると、送られてきた土は祖母の死体が埋められていた場所の土。
その土で植物を育てるとどんな植物でも祖母の身体の一部がなるという変わった土。
送っていたのは養父の昔の競馬仲間。
金をもらって死体の処理を手伝っていた。
時効間近になり、追加の金が欲しくて土を送りはじめた。

15 :本当にあった怖い名無し:2007/12/14(金) 14:06:11 ID:/aAKu7f+0
>>11
なぜか「嘔吐した宇宙飛行士」を思い出した。

新人宇宙飛行士が鬼教官に大食い対決を挑み勝利する。
が、翌日は宇宙空間での訓練だった。
体調最悪のまま参加した新人はルートを間違えて遭難する。
誰かが助けに来てくれると待ち続けるが、誰も来なかった。
新人が遭難している間に基地は爆破して消滅していた。

絶望的になった新人を更に危機が襲う。昨日食べたものがこみ上げてきた。
宇宙服の中でゲロゲロし、ゲロまみれで宇宙を漂う新人。
そのままゲロの中で死んでしまい宇宙を漂流し続ける。
やがて新人は大量の塵にまみれて巨大な彗星となった。
多くの星々で「ゲロの宇宙飛行士」として崇められ、宗教にまで発展する。
そして新人はいつまでも宇宙を跳び続けるのだった。

16 :本当にあった怖い名無し:2007/12/14(金) 14:06:15 ID:OHH0L+Lu0
>>11
おお、そういう話は好きだ。


宇宙もので思い出すのは『度胸星』という漫画。

火星への宇宙船に乗り込む為、過酷な訓練を乗り越える主人公とその友人。
タッチの差で、乗組員の座は友人がGET。
意気揚々と火星に降り立った友人(と、その他の乗組員)は、3次元の枠を超えた超生命体と遭遇。
その生命体により、地球へ帰還することも通信すら出来なくなってしまう。

そして、友人を救うため主人公は火星へと向かう・・・そして「打ち切り」
超やりきれない。

この漫画を連載していたのが「週刊ヤングサンデー」
この雑誌、編集長が交代すると
それまでの連載漫画をいきなり打ち切ることが多いんだよな・・・

17 :本当にあった怖い名無し:2007/12/14(金) 14:39:05 ID:rysqnN1F0
>15 とりみきの漫画みたいだw

>16
その漫画家、「デカスロン」って十種競技のスポーツ漫画書いてて、結構好きでうちにある。
wkipeでちょっと見たけど主人公がトラック野郎wデカスロンも主人公が牛乳屋だった。
打ち切りを悲しむ人が多いみたいね。

18 :本当にあった怖い名無し:2007/12/14(金) 15:14:01 ID:EqFIHDMhO
手塚ものは後味悪い…というか、やりきれないものが多いね。
安野モヨコだったか、小学生のころ大ファンの手塚先生にサインをもらえる幸運に恵まれた。
手塚先生に『何のキャラを描こうか?』と尋ねられ、
何を描いて貰えっても嬉しい…という意味のつもりで
『なんでもいいです』と答えた。
すると先生は途端にご立腹。
『なんでもいいとは何事だーー!』と小学生相手にマジ切れだったそうだ。

神様の自制心の無さといい、
子供とはいえ自分が言葉足らずだったゆえに招いた事態なのに笑い話のネタにする安野といい、 
なんだかなあ…と思った。

19 :本当にあった怖い名無し:2007/12/14(金) 15:14:34 ID:SQOtK2t60
前スレ>>995と似た話聞いた。

大学のとき授業中帽子被ってた子がいたので先生が注意してから話し出した。
「いやね、中国だかの話なんだけど授業中女の子が帽子を被っていて、
 先生が注意すると帽子を取ったんだが、
 その子は薬の副作用で髪の毛が生えていなかったんだ。
 この話聞いてから注意しにくいんだよね、帽子。」

先生はそんなつもりのない素振りだったが
思いがけず皮肉みたいな話になって教室全体が気まずかった。
 

20 :本当にあった怖い名無し:2007/12/14(金) 15:34:44 ID:OHH0L+Lu0
髪の毛のない子供って、どの学校にも必ず一人いるような気がする。

21 :本当にあった怖い名無し:2007/12/14(金) 16:20:37 ID:m1Q+7AVcO
>>16
「度胸星」講談社が復刊したよ。モーニングで再開するという噂もあるので期待。

既出かもだけど
「女か虎か」という話
ある国には罪人のための闘技場があり罪人はそこにある2つの扉のどちらかを開けなければならない。
1つには狂暴な虎が1つには絶世の美女がいて、虎ならば殺され美女ならば無罪放免で結婚。
ここに一人の若者が連れ出された。彼はこの国の王女と身分違いの恋が露見したのだ。
王女は苦悶した。虎ならば殺されてしまうが美女に渡すのも許せない。そこで手を尽して虎と美女がどちらの扉にいるのかをつきとめた。
そして闘技場に立つ若者にそれとなく合図を送り、若者はその扉を開いた。扉の中は女か虎か。
こんな話。


22 :本当にあった怖い名無し:2007/12/14(金) 16:21:59 ID:ujSro/2k0
火の鳥生命編っだっとと思うが、
クローン動物をしとめれば賞品という番組の視聴率が悪いからクローン間を標的にしたい、
でもクローン人間は法律で禁止されてる、ではどうしたらいいか、
人間ではない部分が一箇所でもあれば(奇形なら)人間ではないから法律上問題は無い、上司「君は天才だ!」
てのがあった
読んだときは消防低学年くらいだからなんとも思わなかったけど、
今思うとムチャクチャヤバイな。いくら昔でも問題にならなかったんだろうか
物語自体はこの提案した男のクローンが大量生産されて、
しかもオリジナルがクローンの中に紛れてしまいクローンとして殺される、
その後クローン人間を狩る番組からなんとか逃げ出したクローン(記憶はオリジナルと同じ)が
15年後クローン人間工場を自分ごと爆破するという正統派後味スッキリなんだが

23 :本当にあった怖い名無し:2007/12/14(金) 16:23:56 ID:nrzOXBoi0
髪の毛が無い…で思い出した小学校の頃の話。

クラスの人気者のAは家庭環境が複雑だった。
だけどAは性格がよく、明るく礼儀正しく、挨拶もきちんとする子で
クラスメイトだけじゃなく、先生や親からも評価が高かった。

そんなAは中学に上がっても、やっぱり皆の人気者だった。
生徒会長を務めたりと、Aのまわりには男女問わず、いつも人がいた。
2年だったかの冬休み明け、Aは顔が真ん丸になっていた。
Aは「餅の食い過ぎだよw」と笑っていたが、ちょっと異様な太り方だった。
すると、今までAにくっついていた人間が手の平を返した様に「Aはデブw」
「自己管理出来てねえw」などと叩き始めた。Aは気にしていない様子で、
いつも通り明るく学校に通い続けていた。

その内、Aの髪の毛が抜け始め、やがて白いネットを被って通学する様になった。
益々加速するA叩き。Aは理由を話そうとしなかった為、訳の分からん噂が立ちまくった。
徐々にAのまわりから人が減って行った。

実は、Aは白血病かガンか何かの病気にかかっていたらしい。
けどAはその事を、本当に仲のいい人にしか言っていなかった様だ。
Aは卒業を迎えるころには、仲のいい人間しか寄せ付けなくなっていた。
明らかに暗くなってしまったAを見ると悲しかった。
自分は中学からクラスが別になり、疎遠になっていた所為か
話しかけても無視される様になっていた。
(むしろAの周囲が人を遠ざけていた。興味本位で近づくな!と言う感じだった)

最近、Aは今では立派なDQNになってしまったと聞いた。

24 :本当にあった怖い名無し:2007/12/14(金) 16:28:10 ID:OHH0L+Lu0
>>21
本当に再開してくれたら、すげーうれしいな。


>>23
切ない話だな。
人間って、心と体のバランスが崩れると弱いよね。
心身ともに健康でいることは難しい・・・

25 :本当にあった怖い名無し:2007/12/14(金) 18:23:28 ID:RiNfmZPi0
>>23
中盤まで読んでて、Aはそのまま若くして亡くなったのかと思ったのに
ラスト1行で本当に後味悪くなった

家庭環境もあったのかね……

26 :本当にあった怖い名無し:2007/12/14(金) 19:44:39 ID:8QXu4FjbO
>>23
よかった
病気で亡くなった子供はいないんだな
生きてりゃ挽回もあるさ

27 :本当にあった怖い名無し:2007/12/14(金) 19:45:34 ID:LYR4/HBk0
ああ……小学校の頃、病気を理由に裏切った奴らへのお礼参りとかな。

28 :本当にあった怖い名無し:2007/12/15(土) 00:05:42 ID:lVEiYV7bO
>>22逃げ切ったのはクローンじゃなくオリジナルだろ

29 :本当にあった怖い名無し:2007/12/15(土) 01:36:51 ID:9HrUlHkjO
子供は正直だからやっぱり見た目が気持ち悪くなったらハブっちゃうよね

30 :本当にあった怖い名無し:2007/12/15(土) 06:03:32 ID:zSP+SaCw0
>>28
オリジナルの指が一本切られて、それがクローンの元になった。
クローン完成後に指が一本無い者が自分はオリジナルだと主張するが
笑われた挙句に殺される。

31 :本当にあった怖い名無し:2007/12/15(土) 07:34:20 ID:KUv6yPEW0
【ネット】 “ゴキブリラーメン”書き込み騒動で、バーミヤン激怒…問題の大学生の父親「あいつ、また何かやったのか…」★7
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1197624432/


32 :本当にあった怖い名無し:2007/12/15(土) 08:21:53 ID:HGTBWuePO
>>29
大人でもあるからな、最近は

33 :本当にあった怖い名無し:2007/12/15(土) 10:00:36 ID:S6xEFh230
>>31
吉野家、ケンタッキーでさんざん騒がれて
問題の学生は退学までしたってのに
なんでわざわざ自分から炎上するような事書き込むかな・・・。
「俺は大丈夫」とか勘違いしちゃうのかね。
馬鹿だなほんと。

34 :本当にあった怖い名無し:2007/12/15(土) 11:58:08 ID:H12q/z7X0
>>33
想像力ってもんがないんだろう。
これが一回目だったら「ネットで個人は特定できねーよwwww」と
勘違いしてる可能性があるが、すでに先例があるのにやるってのは
他人の失敗から何も学べないんだろう。

怖いと思うよ、ほんと。
こいつら言葉が通じないのと同じだろう。

35 :本当にあった怖い名無し:2007/12/15(土) 12:06:09 ID:3+RbWdrPO
>>15
そして考えるのをやめた。


36 :本当にあった怖い名無し:2007/12/15(土) 12:20:15 ID:exr0uDwtO
その後普通に帰還するんだけどな

37 :本当にあった怖い名無し:2007/12/15(土) 13:34:06 ID:Y0E/hVaC0
初井言榮さんが生前、かなりお歳を召してから12歳年下の方と結婚して、
徹子の部屋に夫婦そろって出演した時。

新婚ホヤホヤで浮かれてて、ついのろけてしまったのだとは思うが、
二人で『強姦ゴッコ』をするのが趣味、と言っていた。

いやはや…それ聞かされた方はたまらんぞ。悪夢を見るというか。
強姦ゴッコは確かに楽しいけど、自分はそれ以後出来なくなってしまった。
何かスレチの事書いてしまったかな?


38 :本当にあった怖い名無し:2007/12/15(土) 13:45:58 ID:UaNq10nO0
↑死ねレイプマン

39 :本当にあった怖い名無し:2007/12/15(土) 15:18:16 ID:4zWkB9QE0
>>31
親が経営してるコンビニで、
おでんにつば入れてるって書いてた学生もいたな。
ファミマから通告が来ても大喜びして今度はゴキネタを披露。
へたしたら親まで失業するだろう。
どーするんだか…

40 :本当にあった怖い名無し:2007/12/15(土) 16:45:28 ID:J/Wz9x9i0
何年か前に見た外国版世にも奇妙な物語みたいなドラマの話。
見たのがもう何年も前なので細部かなり間違ってると思うのですまん。


主人公の男は弟との待ち合わせ場所のカフェに向かう途中、電話に気をとられて
男の人にぶつかってしまう。その弾みで持っていた飲み物を相手にぶっかけてしまい
思わず謝るが、その男はひどく怒って聞いたことのない外国語のような言葉を
主人公に投げかけ去っていってしまった。
カフェに行き、先ほどこんなことがあったと弟に話すと「呪いでもかけられたんじゃねーのか」
と言われる。弟と話をしてる途中ふとウェイトレスの自分に対する態度が異常に悪いことに気づくが
かまわず弟と話をしていると何故か段々と弟の態度も豹変していく。

会社に行くと上司に何の理由もなく突然クビにされ、怪訝な気持ちで帰宅する途中主人公は誤って
工事現場に入り込んでしまう。すると工事現場の作業員に「作業の邪魔しやがって!」
と異常な剣幕で怒られ工具で殺されそうにまでなってしまう。
慌てて逃げ出した主人公は近くにいた警官に工事現場に間違って入り込んでしまっただけで
殺されそうになったことを訴えるがまったく相手にされない。警官曰く、主人公の話してる内容は
最近ベストセラーになってる小説の内容とまったく同じものだという。
諦めずに食い下がる主人公だが「警察をからかうな!これ以上しつこいと撃つぞ!」と脅され
仕方なくその場を去る。

先ほどの警官の言葉が気になり、本屋に立ち寄る主人公。
そしてその小説を見つけた主人公は愕然とする。その小説の表紙の男が自分にそっくりな上に
その小説の主人公の名前まで自分とまったく一緒、小説の内容も今までの自分の体験が
そのまま書かれていた。
あれは本当に呪いだったんだと主人公は確信する。更に読み進めていくとその呪いは
周りの人間の憎悪を掻き立て、すべての人間に憎まれるというものだというのがわかった。

愕然とした気持ちで家に帰ると妻が「今日面白い本を見つけたの、ほらこれ見て、
表紙の男の人があなたそっくりで名前まで一緒なのよ」と嬉しそうに話かけてくる。
主人公は驚いてその本は駄目だ、その本は捨ててくれ、と今まであった経緯を話すが
まったく信じてもらえない。

41 :本当にあった怖い名無し:2007/12/15(土) 16:46:02 ID:J/Wz9x9i0
段々と激しい言い合いになりそのうち妻も「あなたことなんか前から嫌いだったのよ!
もううんざりだわ、殺してやる!」と言って拳銃を持ち出し主人公に襲い掛かってくる。
もみ合いになるうちに誤って妻を撃ち殺してしまった主人公は、これもすべて小説の作者のせいだと
作者の家に押しかける。
ちょうどその小説の続きをパソコンで書いている作家に銃を突きつけ、今までの経緯を話し
お前のせいで俺の人生はめちゃくちゃだ、小説を書き直せ!「すべて夢だった、目が覚めたら
いつもどおりの朝で隣には妻がいつものように眠っている」と書き直すんだと要求する。
「夢オチはありきたりじゃないだろうか…」とブツブツ文句を言いつつも主人公に銃を突きつけられ
仕方なく作家はラストを書き直す。
「よし、それでいい」と言うと主人公は持っていた銃で自分の頭を撃ち抜き自殺した。

場面は変わってバーのようなところで作家がインタビューを受けてる場面になる。
「それで、ラストは夢オチにしたんですか?」
「まさか、彼が死んだ後ちゃんと元通り書き直したよ。たまにいるんだ、
ああいう熱狂的なファンというか主人公に対する思い入れが強すぎて
妄想と現実の区別がつかなくなってるような人が」
バーのテレビではホラー映画の宣伝が流れてる。作家はそれを見て
「私の作品はああいう単純なパニックホラーとは違うんだ、
あんな一ファンに私の作品を汚されてたまるか」とインタビュアーに答えた。
インタビューが終わり、バーから出ようと出口に向かって作家が歩いていると男とぶつかってしまう。
男の手から原稿用紙がバサバサと落ちる。作家はそれを気にせず外に出た。

42 :本当にあった怖い名無し:2007/12/15(土) 16:46:49 ID:J/Wz9x9i0
車で帰路につく作家。カーラジオからは「凶悪な殺人犯が何人も人を殺して逃走中、付近の住人は
気をつけてください」といった内容のニュースが流れているが作家はそれを聞き流していた。
すると突然車が止まる。エンジントラブルかと思い、車から出てボンネットを開けると中に
くしゃくしゃになった原稿用紙が挟まってるのを見つけた。
怪訝に思いながらそれを開くと「ちゃんとラジオを聞いていれば作家は死なずにすんだのに」と
書かれている。そして作家の背後から斧を持った殺人鬼が近づいてきて…
作家の後ろで斧を振り上げる殺人鬼の影、振り向いて悲鳴を上げる作家、その構図が
テレビで宣伝してたホラー映画のポスターの構図と重なってEND。

43 :本当にあった怖い名無し:2007/12/15(土) 17:20:26 ID:ugOqHpQeO

昨日佐世保市であった銃乱射事件は後味悪かったなぁ…



44 :本当にあった怖い名無し:2007/12/15(土) 17:27:00 ID:gdwRsULYO
>>43
教会で自殺とか、教会を警察が取り囲んでたのも映画のワンシーンみたいだった

45 :本当にあった怖い名無し:2007/12/15(土) 17:30:16 ID:UBgMBFEU0
宇都宮病院事件がすさまじい。
ベッド数900を超える大病院だが、
医師免許を持った医者は院長だけ。
他は看護師も全員無資格。
不要な検査をして荒稼ぎし、
患者を治療と称して農作業に使い、収穫した作物を売った金は自分のもの。
患者をリンチして殺した後は「容態が急変した」と言って誤魔化した。
さらに患者が死ぬと勝手に脳みそを取り出して大学病院に売っていた。
不審死した患者の数は実に200人以上。

判決は懲役4年、執行猶予3年。

これだけやってもこんなもんなのか…

46 :本当にあった怖い名無し:2007/12/15(土) 19:37:48 ID:HymLU9WyO
実体験を一つ。

小学生の頃、同級生に親父さんが事業で失敗、激貧になった友人aがいた。

俺んちも貧乏だったが毎月貰えるこずかいで、駄菓子屋へaを連れて麩菓子買って半分づつ分けて食べたり、仲良く遊んだりしてた。

何年かして、aの親父さんがいつまでも挽回できない現状に絶望して自殺。aは親戚に預けられ転校。

高校の時、部活の大会で再会すると、有名高奨学生で成績は学年トップだと言う。苦労しながら良く頑張ったと凄く感激して『昔は麩菓子半分づつ分けて食べっけ。』と懐かしんで話をすると、
『自分より哀れな奴に恵んでやるのは気分良かったか?』

そんなつもりじゃ無かったのに…


47 :本当にあった怖い名無し:2007/12/15(土) 20:01:40 ID:RRR5kRT/0
>>46
ぐおぉぉぉ…
歪んじゃったんだな…

48 :本当にあった怖い名無し:2007/12/15(土) 20:30:12 ID:/MPSgB6V0
最後の一言まではいい話だったのに・・・

49 :本当にあった怖い名無し:2007/12/15(土) 20:42:44 ID:3GyJ7BLp0
ごめん、どうでもいいのはわかってるんだけど、
こづかい…。

50 :本当にあった怖い名無し:2007/12/15(土) 21:04:35 ID:bWgl8C3uO
ナイス後味悪…

51 :本当にあった怖い名無し:2007/12/15(土) 21:16:29 ID:eV3tUZMT0
本人にそんなつもりはなくても
心の奥底には無意識にそういう気持ちがあって
友人にはそれが透けて見えてたのかもね

52 :本当にあった怖い名無し:2007/12/15(土) 21:17:40 ID:6T89CCeN0
うわぁぁ。嫌な奴ダー。
さっさと忘れるしかないね。

53 :本当にあった怖い名無し:2007/12/15(土) 21:34:18 ID:YQ7v+vkT0
周りからいじめられてる人にやさしくしている人がいて、
「何であの人に優しくしているの」と聞いたら、
「いつか恩を返してくれるかもしれない」または「だって恨まれたらいやじゃん」と答えたって話なんかの作品でありそうだよね。

54 :本当にあった怖い名無し:2007/12/15(土) 22:13:28 ID:gdwRsULYO
>>45
死刑でも良さそうなのに…

55 :本当にあった怖い名無し:2007/12/15(土) 22:27:38 ID:HGTBWuePO
>>46
このスレ的には作家の話より秀逸な話だ。

56 :本当にあった怖い名無し:2007/12/15(土) 23:51:22 ID:HymLU9WyO
>>46です…

この一件があってから、人に親切にするのが凄く怖くなり、なるべく人に関わらない様になった。

親しい友人からは『最近、元気無いし何か暗いよ?』と、心配してもらったが、aの言葉が頭にこびり付いてたせいもあってか
[お前ら、俺を可哀想だと哀れんだ振りして優越感に浸ってんだろ?]
と、思う始末。

が、楽天家な性格も幸いして立ち直れたけど。

社会人になってから、小学時代の先生が定年迎えるので仲間内でご苦労さん会を企画。この先生が思いやりの塊みたいな人で、先生を見習ってaに優しくしようと思った。

続く


57 :本当にあった怖い名無し:2007/12/16(日) 00:04:18 ID:9YICJHVxO
「麩菓子分けて食べた」がaには恩着せがましく聞こえて
昔の劣等感が蘇ったのかなぁ。
奢った方はなんとも思ってなくても向こうは引っ掛かってたとか。
懐かしトークだけしてればお互い無難に済んだのかもね。

58 :本当にあった怖い名無し:2007/12/16(日) 00:41:26 ID:1/mSNaQYO
続き

当時、先生はaの事を凄く気に掛けており、良く勉強を見てあげていた。

その会に他の友人が
『aも来いよ』
と、声を掛けてあったらしく、開始に少し遅れてaが来た。

有名企業に就職したらしいと噂で聞いていたが、パリッとスーツを着こなして立派だった。

先生はそんなaを見て
『辛い時代もあったけど、全てがお前の肥やしになった。立派になったお前を見れてこんなに嬉しい事は無い』と、目を潤るませながら話し掛けるとaも
『先生のおかげです』
と深々と頭を下げた。

『皆が俺を可哀想な奴だと見てくれたお陰で今の俺がいる。惨めな思いを全て“今に見ていろ”と言う気持に変えて今日まで来た。』
aよ。それが恩師を目の前にして言う台詞か?

59 :本当にあった怖い名無し:2007/12/16(日) 00:50:27 ID:T0sWiGgf0
貧乏で歪んでしまう事もあるもんなぁ
100%aを否定できない…後味悪いね

60 :本当にあった怖い名無し:2007/12/16(日) 00:51:19 ID:0gZmEDkf0
生前の親父とか、預けられた先の親戚とかに
どんなことを聞かされてaがそう育ったのか、
ということに思いを馳せると実に後味が悪い。

61 :本当にあった怖い名無し:2007/12/16(日) 01:12:49 ID:Hk3DAfRO0
『皆が俺を可哀想な奴だと見てくれたお陰で今の俺がいる。惨めな思いを全て“今に見ていろ”と言う気持に変えて今日まで来た。』
って言ってるのを見ると実は小学生の頃からすでに歪んでたんじゃないかとか考えてしまう

62 :本当にあった怖い名無し:2007/12/16(日) 01:20:25 ID:M74uLa/A0
>>61
記憶って後付けできるからさあ、自分の才覚に気づき始めた頃に
「あの時の俺、ミジメだな……ちくしょう。」
「あいつらを見返すんだ!」
って気持ちが強く芽生えれば、それを抵抗無く受け入れていた過去の
自分を否定するために、どんな言葉でも上乗せできるものだよ。

「自分はできる奴なんだ」と知る前から、心の拠り所を拒否できるほど
子供は強くないし、深く考えもしないと思う。

>>46
はその時なんて言ったんだろう?

     ____
   /__.))ノヽ   
   .|ミ.l _  ._ i.)  
  (^'ミ/.´・ .〈・ リ   そうだ、お前はわしが育てた。
  .しi   r、_) |  
    |  `ニニ' /       
   ノ `ー―i´

63 :本当にあった怖い名無し:2007/12/16(日) 01:23:15 ID:Ke7zGvYAO
貧乏は割と簡単に性格歪めるよ
だからこそ後味悪いんだけど……

64 :本当にあった怖い名無し:2007/12/16(日) 01:31:16 ID:mfyDIHEb0
とにかく、性格が歪んでいる奴でも優秀な学校に進学できる現在の教育システムが間違っているな。
進学・就職・結婚・引っ越しなどの、あらゆる機会で性格診断テストをおこなって、
性格が歪んでいると判断された奴は収容所にでも隔離しておくべきだな。

65 :本当にあった怖い名無し:2007/12/16(日) 01:35:32 ID:LQpYUBYnO
お前も間違いなく収容所いきだぞ

66 :本当にあった怖い名無し:2007/12/16(日) 01:38:50 ID:M74uLa/A0
>>64
分割すれば負けん気とか、独立心とか、警戒心とかって
言えるものだから、一概に性格悪いとも言えんでしょう。
そういう性格を評価する企業や組織もたくさんあるだろうし。

67 :本当にあった怖い名無し:2007/12/16(日) 01:42:05 ID:Hk3DAfRO0
この世に性格のいい人間なんていません

68 :本当にあった怖い名無し:2007/12/16(日) 03:09:31 ID:fbn/ZVTD0
今週の「SP」はあれで事件終わり?
後味悪い…つーか隣人は静かに笑うみてーじゃん

69 :本当にあった怖い名無し:2007/12/16(日) 03:14:04 ID:M74uLa/A0
・ネタバレ必須です。 既出上等。
・知らない人にも内容がわかるように紹介して下さい。

70 :本当にあった怖い名無し:2007/12/16(日) 03:47:44 ID:yXMnfKqBO
>>64
能力の高さと人柄はまったく関係ないからな。

71 :本当にあった怖い名無し:2007/12/16(日) 05:04:12 ID:tY8YIvq9O
>>68
・「SP」って何ですか。
・どういうお話ですか。
・どうして後味悪いと感じましたか。
・隣人は静かに笑うとは何ですか。
・それはどういうお話ですか。

72 :本当にあった怖い名無し:2007/12/16(日) 05:08:31 ID:/oX3Vhx70
>>68
確かにショッキングな幕切れでした。
単なるアクションものと舐めてました。次回にも期待が高まりますね。

73 :本当にあった怖い名無し:2007/12/16(日) 05:54:45 ID:9YICJHVxO
68じゃないが、SP(踊る大捜査線の監督のドラマ)は
ダラダラ3週も引っ張る話じゃねぇだろ、と思ったよ。
某ホリ○モンとかライブ○ア事件を彷彿とするような設定の証人を警護するSP警官たちの話。
証人が風呂で事故死に見せ掛けて殺される。
口を割られたらいろいろ困る黒幕が、指示しているらしい。
法を破り、散々悪どい事やって莫大な金を稼いでいたもう一人の証人も
口封じで殺されるかも、っていうんで警察でそいつを警護することになるのだけど、
この証人が態度悪い。悪びれず金持ちアピール、SPの仕事を馬鹿にし、守って貰ってるのに
感謝もなく、我が儘言い放題。けど奥さんや娘に会いたいよぅ、と家族愛はあるところが
始末におえない。
SPは殺し屋を格闘の末逮捕したり、爆弾が仕掛けられてるのを見破ったり、
活躍するんだけど、結局警察は事件から手を引くことになり、警護も打ち切り・撤収命令が出る。
SPの係長は最後まで仕事やらせろと言うが警察組織で上からの命令は絶対。
信頼関係が築きかけられてた証人からも「守ってくれ、金はいくらでも出す」と
懇願されるが民間の警備会社を紹介することしかできない。
SP手強いなぁ、と思ってた殺し屋たちはSPが撤収したと知って、
「じゃあまた風呂で死んで貰おう」とか言ってる。

おわり。

話の後味悪さというより、こんなオチの話をダラダラした展開で3週もかけてやるのが後味悪い。
1回でやったら神だったのに。

74 :本当にあった怖い名無し:2007/12/16(日) 06:07:58 ID:M74uLa/A0
>>73
まってまって。それで完結なわけ?来週に続くとかじゃなくて?

なんかジャンプの打ち切りみたいだな。

75 :本当にあった怖い名無し:2007/12/16(日) 07:04:53 ID:9YICJHVxO
>>74
エピソード1・2は要人を守り切ってたし、あえてバットエンドの
リアリティのある話(警察組織のね)をやりたかったんだろうけどね…
証人が2度襲撃されてる時点で殺人未遂だろうと。
なのに、犯人捕まってないけど被害者放り出しちゃう警察とか、
主人公の持つ超能力設定とか、そんな話なのに…
変なとこだけリアリティを狙ってる感じ。
納得いかないSPたちの心情は次回から生きてくるのかもしれないけど、
それにしても3週かけてやる話じゃなかった。

76 :本当にあった怖い名無し:2007/12/16(日) 07:08:49 ID:9YICJHVxO
× バットエンド
○ バッドエンド

77 :本当にあった怖い名無し:2007/12/16(日) 08:00:21 ID:1/mSNaQYO
>>62さんへ

>>46です。

その場でaに何かを言う事は出来ませんでした。
俺達がaの為に、としてきた事が全て負の方向に働き、今のaを形成してしまったと思うと。

先生が可哀想でした。転校してからも、ずっとaを心配してましたから。

書き込み後、当時の友人から電話があり、何と無くaの話になりました。

尊敬していた父親の挫折、自殺による逃避を経験したaは、それでも父親を尊敬し、愛していたんだと思う。
故に“父親の失敗で貧乏強いられて可哀想に”と同情される事が辛かったんだろう。
親類からは
『お前の父親のせいで迷惑してる。お前は私に迷惑をかけるな』
と、常に言われてきたらしい。
その為に勉強して奨学金を貰い、卒業して有名企業に。

噂、推測の域を出ませんが、こんな感じらしいです。
感受性の高いときに負の要因を多く経験して、変わらざるをえなかったのか、基からこうだったのか。

どちらにせよ、現在のaを見るのが辛いですね…

78 :本当にあった怖い名無し:2007/12/16(日) 08:18:25 ID:sGHWex5uO
>>77
aも可哀想なやつだな。
でも同時にKYなやつでもあるな。
なにも同窓会の場で言わなくても。

79 :本当にあった怖い名無し:2007/12/16(日) 09:51:18 ID:TtcEQxzzO
いやaは空気読んでると思うよ。
後味悪さを味あわせるのが復讐なんだから、ある意味成功。
でもそうせざるを得ないaは、数々のステイタスがついた今も不幸なんだろうな。

80 :本当にあった怖い名無し:2007/12/16(日) 10:04:59 ID:mfyDIHEb0
まったく、奨学金を貰うために勉強するという底意地の汚さに加えて、
わざわざ周りに見せびらかそうとするかのように有名企業に就職する自己保身の権化のaとは・・・
普通ならコンビニ店員になって、お世話になった人たちへの感謝の気持ちを表すもんだろ?
ほんとに不幸な人間だよaってやつは。

81 :本当にあった怖い名無し:2007/12/16(日) 10:21:40 ID:aPoWS7ic0
「金を持ってないと不幸せって思ってるやつは
 金持ってても不幸せだよ」という言葉を思い出した。

aは不幸なまま行くんだろうな。人生振り返ったときに後味悪い思いをするといい。

82 :本当にあった怖い名無し:2007/12/16(日) 11:48:50 ID:WwczZDI40
いやよくはねーだろ
後悔して改心しやり直せる時間があればなんと後味のいい話に

83 :本当にあった怖い名無し:2007/12/16(日) 12:00:10 ID:awRYM7Cs0
>>70
それはひしひしと感じる。
たまに突出した才能のあるやつがいるが、
だいたい人格および社会能力は破綻している。
他の業界には絶対に移れないし他の仕事もできない。
ひたすら一分野の才能だけが磨かれているやつがいる。
ただし自分が関心&才能を持ってる分野への興味と探求心は並々ならない。
才能ある分野では努力もしてると思う。
他が壊滅的に終わってるが。

天才ってそうだよな。
性格よくて世間標準から見て私生活幸せで作品も評価されて…って天才少ないんじゃね?

84 :本当にあった怖い名無し:2007/12/16(日) 12:01:28 ID:NiaviB2a0
46や恩師みたいな人がいるならそのうちaも「俺はいったい何を考えていたんだー」
ってなるかもしれないし。
まぁお疲れ様。

85 :本当にあった怖い名無し:2007/12/16(日) 12:14:52 ID:6q7MBbag0
aは昔より今の方が可哀相と思われている事に早く気付ければいいね。

86 :本当にあった怖い名無し:2007/12/16(日) 13:04:52 ID:5ucrYckI0
まぁaみたいな奴でも女ができたら180°考えが変わったりするもんだて。

87 :本当にあった怖い名無し:2007/12/16(日) 14:51:37 ID:TtcEQxzzO
自分も昔はブサキモヲタクで
聞こえるように「ブス」とか「キモイ」とか「サモハンキンポー」とか言われたり
私の机に触っては「○○菌ついたー!」と擦り付けあわれたり、
家に「不細工」ってわざわざ電話かけられたり
変な似顔絵描かれたり
黒板の日直の名前書くところに「ミギワさん」と書かれたり色々あった。
就職してから、漫画の「カンナさん大成功です」ばりに整形して見返してやろうと頑張ったら
仕事に夢中になりすぎて体重激減。
痩せても顔は並だけど化粧練習して彼氏もできた。
…そしたら昔の恨みつらみ全てどうでもよくなったわw
同窓会でも「綺麗になったね」って沢山言われて
(半分お世辞だろうし)「ありがとう」って適当に流せた。
まあ本当に恨みはないけど学生のときの話はしたくないね。
愉快な話題はないし。

88 :本当にあった怖い名無し:2007/12/16(日) 15:44:39 ID:zbKmRuU8O
サモハン…°・(ノД`)・°・
(・∀・)キンポー!

89 :本当にあった怖い名無し:2007/12/16(日) 16:12:06 ID:zr5WPDVH0
87みたいな話聞くと、やっぱりaは成功してもいまだに幸せにはなってないんだろうと思えるね。

90 :こむぎやき:2007/12/16(日) 16:30:35 ID:LvF9p2rbO
過去の辛さに囚われ続けるのは、幸せな事じゃないよな。
辛い体験も笑って話せるようになって、初めて乗り越えたと云えるんじゃないかなと思う。


91 :本当にあった怖い名無し:2007/12/16(日) 17:10:39 ID:padJHB1KO
>>87
たまに湧くお前みたいな自分語りの腐女子はなんなんだ?スレタイも読めないの?
スレチな自分語りをKYで語り出すからブスなんだよ。

92 :本当にあった怖い名無し:2007/12/16(日) 18:08:10 ID:/c/Pw0j60
>>91
うるせえな馬鹿
死ね現役ブスデブ

93 :本当にあった怖い名無し:2007/12/16(日) 18:08:29 ID:EgnKS+l30
>>91
うるせえな馬鹿
死ね現役ブスデブ

94 :本当にあった怖い名無し:2007/12/16(日) 19:28:01 ID:kfvPeByXO
クソワロタ

95 :本当にあった怖い名無し:2007/12/16(日) 19:49:12 ID:LQpYUBYnO
ここはデブスの多いスレですね

96 :1/2:2007/12/16(日) 21:00:39 ID:PzlrRQ4z0
タイトル忘れた。箱庭だったか?短編小説。

宇宙の彼方にやってきた主人公一行。
未開の惑星に降り立ち調査を始める。
原生林を切り開いて進み植生を調べ、原住民を見つけて異文化を調査する。
しかしやがて奇妙な現象に気づくようになる。全てがうまく行き過ぎるのだ。
困難は全て探検隊の意欲をかき立てるものばかりで、必ず解決策が見つかる。
そんな中、問題は起こった。

主人公の恋人が突然心変わりをし一行のリーダーとくっつく。
何の前触れもない事態に動揺する主人公。
更にもう一人恋人が現れ主人公を愛しているという。
何がなんだかわからないが主人公は調査に乗り出し惑星の主を見つけ出す。

97 :2/2:2007/12/16(日) 21:01:52 ID:PzlrRQ4z0
この星には高度な文明があった。
文明の限界まで発達した彼らは肉体を捨て、死ぬこともなく永遠に生き続けた。
そして不死に飽きた。
以降は各星系に情報を飛ばし、宇宙飛行できそうな文明を見つけてはおびき寄せた。
やってきた探査隊には快適な環境を用意し、彼らの行動を見て暇つぶしをしていた。
人間が観賞魚を楽しむように。
探検したい一行のために未開の惑星を用意し、冒険したい航海士のために海を用意し、
異文化を調べたい学者のために原住民を用意し、恋人に片思いしていたリーダーのために恋人を複製した。
しかし次々と望みを叶えたために矛盾が起こってしまった。

主人公は彼らと交渉し、無事に地球に返すよう説得する。
探検隊員には事情を明らかにし帰還が決定した。
ひどい目にあったが収穫はあったし、全部水に流そうと前向きに地球を目指す一行。
だが恋人は不安だった。あれだけリアルな嘘を見せられたのだ。
今地球に向かっているこの船は本物なのか?判断がつかない。
主人公と二人きりになった時に不安を打ち明ける恋人。
主人公は否定せず真実を打ち明けた。この船も偽物だ。自分たちは今も惑星に捕らわれている。
交渉したが帰ることは許されなかった。
それならと一行が真実に気づかないよう矛盾のない仮想現実を望んだのだった。

一生ペット扱い決定の主人公達。
主人公は納得済みだけど他の人はそれでいいのか?このまま放置したら犠牲は増える一方じゃないか?
しかし何でもできる宇宙人相手にはどうしようもないし…で考え込んでしまった。

98 :本当にあった怖い名無し:2007/12/16(日) 22:27:11 ID:+1EVkn500
>>96-97
分り易いまとめ乙です。もやもや感がいいですね。
リアリティTVを思い出します。在欧ですが、ビッグブラザーといって
人々を完全密封の家に3ヶ月押し込んで、その人間模様をみて楽しむ番組があります。
その中に、ジェイド・グッディーというデブスの女の子がいたのですが
いじめ、影の悪口、IQがモロ低い会話などと話題に事欠かなく
始めは新聞でも叩かれていたのですが、あるコメディアンを始め
ネタとして使って持ち上げる人が増えると、どんどん人気キャラになってしまいました。
そして、ブラザーハウスから出た後もTV出演、香水発売と数年調子良かったのに
今度はセレブ版ビッグブラザーに出演、そこでインドの有名女優をいじめ
外交問題になり、一般民も手のひらを返したようにさんざん叩き
今は消えてしまいました。
視聴者が、彼女の人生を弄んでいるようです。
未来には>>96-97の話も本当になるかもしれない、と思うと後味悪いです。

99 :本当にあった怖い名無し:2007/12/16(日) 23:39:31 ID:V3zfrNzU0
>>98

>毎日素人の全裸シーンがあるのかと思うと、人選には慎重になって欲しいものだと思わずにいられません。

ググッたら一番上にこんなのが出てきた…

100 :本当にあった怖い名無し:2007/12/17(月) 01:19:58 ID:54vALig5O
デブスの全裸とか生物兵器だ

101 :本当にあった怖い名無し:2007/12/17(月) 05:27:05 ID:aHvPADtsO
俺はaさんみたいな生き方も、今は否定できんなあ。
コンプをモチベーションにしたときの強さもあるしね。昔だったらみんなと同じ感想だったが。
>>46さんが辛いのはわかるけど。

102 :本当にあった怖い名無し:2007/12/17(月) 07:03:18 ID:/PWFxQgI0
aはもともと回りを見下してたんだろう
金持ちだからか親父さんの事業がうまくいってたからか知らんけど
見下げてた連中に感謝するなんて屈辱的なんでしょ。
だから逆恨みしてたんじゃ?
なにも貧乏から這い上がるためにそうなったわけじゃないと思う



103 :本当にあった怖い名無し:2007/12/17(月) 08:46:21 ID:POpVlTPdO
a、可哀想だな…
今の方が昔よりもずっと。
自分を含め、名前も素性も分からない他人に同情されるaを思うだけでも本当後味悪い。
>>46乙。

104 :本当にあった怖い名無し:2007/12/17(月) 10:03:46 ID:96C8pEQd0
まあ、有名企業に就職したといってもまだまだ人生の4分の1程度でしょ?
80年生きるとしたらあと60年は残ってるんだから
これからもっと色々あるのが普通だし、ホント、これからだよ、いくらでも
彼も変化すると思うけどな。
逆境から悔しさをバネにして這い上がって、マジ凄いと思う。
先生の事は可哀想に思わなくていいんでは?
立派な大人なんだから、十分長い目で見れると思う。

105 :本当にあった怖い名無し:2007/12/17(月) 10:44:50 ID:EJVG7TrXO
まったく、おまえらって
会ったこともない他人に対して
よくこんなに同情できるよな
その同情ははっきり言ってな


´;ω;)ブワ
…スレ違いなんだよ!

106 :本当にあった怖い名無し:2007/12/17(月) 11:42:17 ID:enFbKrE4O
>>105はいい子…。

そういや『過剰な苦労は人間を歪ませる』
とバアチャンが言ってたな。

107 :本当にあった怖い名無し:2007/12/17(月) 13:38:55 ID:dE/iP2WhO
スイーツ(笑)って何?

108 :本当にあった怖い名無し:2007/12/17(月) 13:42:23 ID:u5wcz6wN0
http://www.google.com/search?num=50&hl=ja&lr=lang_ja&q=%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%84%28%E7%AC%91%29

109 :本当にあった怖い名無し:2007/12/17(月) 13:44:33 ID:Liy2K3RG0
>>107
ググレカス(Gugurecus, 生没年未詳)を検索するが吉。
今日のラッキーカラーはミントグリーン。
本屋で素敵な出会いの予感。物怖じせずにアタックよ!

110 :本当にあった怖い名無し:2007/12/17(月) 14:45:52 ID:yaqYrFVo0
どっかのサイトで読んだ記事。うろ覚えだけど。

人気テレビ番組にゲストとしてシングルマザーの女の人(一般人)が呼ばれる。
実は番組側と元カレが、番組内で公開プロポーズを計画していた。
指輪を持って女の人へプロポーズをする男。
…ここまでなら、よくあるドッキリだったのだが。

女性は何故か困った顔をしている。「嬉しいけど戸惑っている」訳ではない様だ。
男は何度も何度も愛を告げるが、女性はついに「うん」とは言わなかった。

自分で望んだとは言え、全国に晒し者になった挙げ句、振られた男。
これだけでもものすごく後味が悪いのに、
数日後、男が女性を殺害したと言うニュースが。

実は男は暴力的な人間で、過去に女性に暴力を振るった所為で
裁判所から「接近禁止」を言い渡されていたとか。
番組側は知らなかったそうだが…。

他にも似た様な話はあるらしく、サイトの中では
アメリカのテレビ番組内で自身がゲイであることをカミングアウトし、
知人に告白した男性が告白した相手から殺害された事件、
公開おとり捜査に偶然引っかかった地位の高い男性が自殺した事件、
子供が行方不明になった際、マスコミに犯人説を流された母親が
自殺した事件などが紹介されていた。

最後の事件なんか、日本でもいつ起きてもおかしくないよなー

111 :本当にあった怖い名無し:2007/12/17(月) 14:47:21 ID:yaqYrFVo0
あ、ちなみに詳しく書かれていなかった(と思う)ので
真相は不明だけど、母親が犯人、と言う証拠は無かった様だ。
怪しいから叩け!って感じだったのかね。

112 :本当にあった怖い名無し:2007/12/17(月) 15:56:11 ID:HSGE49vT0
>>110
ジェリー・スプリンガー・ショーみたいなのかね?

アメリカのA&Eで放送された、Family Forensicsってのが、
後味が悪い所の話じゃなかった。
一般の家庭を犯罪現場のように捜査し、家族の秘密をあばくというもの。
CSIの人気にあやかったような感じ。
一話目を興味本位で見たのだが、まずその依頼をしたのが母親で、
他の家族はそんな企画があることを、毛ほども知らない。
家族旅行に出かけようと扉を開けると、科学捜査官と司会とTVクルーが
総勢で待っていて、あなた方の留守中に、家を徹底捜査すると説明する。
家族は渋るが、母親と司会者及びその他に押されて、
そのまま用意されていたリムジンに押し込まれてしまう。
この時点で、忘れ物と称してなにかを持ち出そうとしても、
荷物を改められるという徹底さ。
自分なら、こんなの絶対同意しないなと思いつつ、
サプライズ・アタックを受け混乱中なら、
周りに押されてなにがなんだか解らないうちに流されてるかもと思った。

この母親、もう20にもなる次男が、最近自分に疎遠だとかいう理由で、
この依頼を出したというが、単に子離れできない母親の
ストーカー行為みたいで、気持ちが悪かった。
捜査に当たるのは、本物の科学捜査官と犯罪心理学者、
あともう一人なんちゃら言う肩書きの人の3人。
まず次男の部屋を調べだし、ベットのシーツに体液を発見。
で、その体液が精液だ、次男のPCを調べたらアダルトサイトに
アクセスしてる……この辺でもううんざりして、チャンネルを回した。

113 :本当にあった怖い名無し:2007/12/17(月) 16:06:53 ID:eFuQ9Tbi0
マジかよ・・・
そんなのTVで流されたら
母親殺して自殺するだろ お前ら

114 :本当にあった怖い名無し:2007/12/17(月) 16:06:56 ID:HSGE49vT0
驚いたのが、本物の心理学者がこんな悪趣味な番組に出ていること。
こういうことを自分がされたら、まず絶対にこれに応募した家族を許さないし、
どうしても埋められない亀裂が出来、
下手をしたらかなりのトラウマになるだろうと思う。。
なにせ、自分のプライベートが一から十まで勝手にTVでさらされるのだ。
そこまで考えて、あ、そうか、そんなことも解らないから、
まともな患者を相手にする精神科医でもカウンセラーでもなく、
犯罪心理学者なのか、と思った。

A&Eは結構見るTV局なんだが、このシリーズは第2話以降、
ぜんぜん見なくなった。やっぱり悪趣味すぎたんだろうなw

と、思ってたら、UKで似たような番組が、結構人気を保っているらしい。

115 :本当にあった怖い名無し:2007/12/17(月) 16:08:15 ID:JVgh80UB0
日本の素人番組はヤラセが多いと叩かれるが、
こーいうの見ると趣味悪い番組はヤラセでやった方が無難だな。
洒落にならねーよ…

116 :本当にあった怖い名無し:2007/12/17(月) 16:09:46 ID:HSGE49vT0
>>113
だよなぁ。殺すまでは行かなくても、
二度と口きかねぇよな、と思ったよ。

117 :1/2:2007/12/17(月) 16:21:43 ID:JVgh80UB0
って書いてたら思い出した。

少女漫画の一エピソード。
主人公は非人間の殺し屋で、友人は夢に入り込んで悪人を退治する夢使いや
100%的中する女性占い師など人外ばっかり。

で、女性占い師の常連客に金持ちのおばさんがいた。
おばさんは女性占い師の助言に従ったおかげで夫と離婚してうまくいったり
金持ちになった実績があるので、何でも女性占い師を頼っていた。
今の心配事は一人娘の素行。
年頃になって反抗期になり、母親の言うことを聞かなくなってきた。
女性占い師は的確に娘が悪い男に引っかかってるなどとアドバイスをするが、
同時に娘の行動に口を出すなともアドバイスする。
口を出しすぎると人生が狂うと言われてしまう。

118 :2/2:2007/12/17(月) 16:22:48 ID:JVgh80UB0
それでも娘への干渉を辞めない母親は、「あなたがつきあってる男はろくでもないのよ。
占い師の先生がそう言った。だから別れなさい」と口に出す。
昔から友人や服装、趣味、行動に至るまで何もかも口出しされ続け、
今度は恋愛まで嗅ぎ回っていたと知った娘は激怒して家を出て行った。
動揺した母親は女性占い師に相談するが、子離れしろ干渉するなと言われてしまう。
自分の娘を心配して何が悪い!と逆切れした母親は、こんな占いはインチキだと女性占い師を信用しなくなる。
その後は怪しい宗教にはまったり母親に何でも同意してくれる占い師を渡り歩いて金を散財していた。

家出した娘は付き合っていた男と結婚して子供を産んだが、やっぱり男はDQNだった。
ヒモになった男に愛想を尽かしたが、子供を抱えてどうしようもなくなり実家に帰る。
母親は大喜びで「だから言ったでしょ!」とますます娘に干渉しだした。
厄介になっているんだからと我慢していた娘だったが、母親の干渉が子供に及んだ時に限界を迎えた。
このままでは息子の人生がボロボロになる。
決心した娘は主人公の殺し屋に母親殺しを依頼するのだった。

119 :本当にあった怖い名無し:2007/12/17(月) 16:24:51 ID:DZf0WSxR0
日本でやったら、それ依頼する家族もみんなヤラセ(あらかじめ
台本が用意されてる)になるよ

120 :本当にあった怖い名無し:2007/12/17(月) 16:30:35 ID:aHvPADtsO
さんまのからくりテレビなんて、台本なかったとしたら老いて認知症気味の人と真性基地害を観察する番組だもんなあ。

121 :本当にあった怖い名無し:2007/12/17(月) 16:34:13 ID:HSGE49vT0
>>117
親の過干渉は不健康な関係だよなー。

>>119
なんつーか、やらせだったらまだしも救いがある。
「家族もみんな俳優で、これが全部やらせであってほしい」って、
あるブログのコメントに書いてる人も居た。

122 :本当にあった怖い名無し:2007/12/17(月) 18:24:56 ID:sO8Hmt090
>>121
アメリカの放送もやらせじゃないのか?
本物の科学捜査官っていったって、それが本当かどうかは確認取れないんだし。

123 :本当にあった怖い名無し:2007/12/17(月) 19:24:03 ID:3+zmvGhuO
でもアメリカはその手の番組で
結構自殺者とか出してるしなあ

124 :本当にあった怖い名無し:2007/12/17(月) 20:41:06 ID:54vALig5O
姉の体液なら暴きたい

125 :本当にあった怖い名無し:2007/12/17(月) 20:55:58 ID:J/L5qMdS0
日本でも、ワケワカラメな告白番組があるよなー

前に、ニューハーフの男性(手術済)が外国人男性と真面目な交際?を
しているが、彼にはまだ自分が男性である事を打ち明けていない、
ついてはこの番組で思い切って打ち明けたい・・って、趣向で応募。

相手男性は何も知らずに呼び出されると、いきなりテレビクルーに
囲まれて、状況が飲み込めないうちに、いきなり恋人のから「男性告白」されて
呆然、つうのがあって、見ているこっちが相手男性に同情したよ。

ふつー気持ち的に「男同士でやってた」なんて知らされただけでも
ショックなのに、それを断りなく顔出しで放送されるなんて耐えられないな。
彼女?がこういう番組で公開告白なんてやる理由が判らん( ´・ω・`)
(男性の雰囲気からたぶん振られそうな感じで終了していたと思う)

あと、家族を捜す番組で、幼いころに養護施設に預けられて育った男性が
自分の両親を捜して欲しい・・って応募して、出てきた親がテレビでお馴染みの
大家族だったっていう皮肉もあったね。

夢見た両親が、自分を捨てた後、ガバガバ子供を産み、それを売りに有名に
なってる家族で、自分の事は完全に忘れ去られていた事実に何ともいえない
顔をしている息子と、今の今まで連絡もしないで放っておいたくせに
「お前のことは忘れた事はなかったよ〜、あ、会いたかった〜」なんて
空々しいセリフで泣いているDQN両親に周りもどっちらけ!という雰囲気だったな。

126 :本当にあった怖い名無し:2007/12/17(月) 21:57:21 ID:JVgh80UB0
素朴な疑問だけどセックスして
相手がニューハーフと気づかないってあるの?
工事してても穴は作れないよね?

127 :本当にあった怖い名無し:2007/12/17(月) 22:24:32 ID:DkOnk6xq0
みんなスゲー後味の悪い話知ってるなー。
なんだか暗い気分になってきたよorz

128 :本当にあった怖い名無し:2007/12/17(月) 22:51:43 ID:bNgLnizi0
亀だけど
>>46の話読んだらこれ思い出した
ttp://ameblo.jp/yohsuken/entry-10023001946.html

129 :本当にあった怖い名無し:2007/12/17(月) 23:06:37 ID:RK+nkJ4Z0
>>126
造膣手術は古代3世紀からあるよ。

130 :本当にあった怖い名無し:2007/12/17(月) 23:26:41 ID:7HPHCxZ+O
素人番組なんかみんなやらせだろ。
でなきゃ、JAROは仕事しなさすぎだろう。

131 :本当にあった怖い名無し:2007/12/18(火) 01:10:02 ID:wVeqr5EZO
絶対クンニさせなかっただろうな性転換彼女

132 :本当にあった怖い名無し:2007/12/18(火) 04:10:20 ID:zsb+eqvb0
本当にテレビに出たくないなら拒否するでしょ

133 :本当にあった怖い名無し:2007/12/18(火) 09:19:46 ID:O1Nps9id0
性教育世代の女性ベッキーが小学生をチンポロ強制2
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/tv/1195001076/

日本でもこういうのがある
スレ内の画像は加工されてて、実際は勃起していないけど、モザイクもかかっていない
あと裸を映されたのは三人
別の番組で三年ぐらい前に、10歳くらいの少女が全裸で踊るってのもあったと思う
どちらも児ポ法施行後のはずなのに…

134 :本当にあった怖い名無し:2007/12/18(火) 10:27:23 ID:MqG5v+lA0
>>131
今の技術だと、ちょっと見ただけじゃ区別できないくらい
上手く整形できるらしいぜ。

薄暗い部屋だったら、ナニをしていても気付かない男
結構多いんじゃないかな。


135 :本当にあった怖い名無し:2007/12/18(火) 10:28:48 ID:pY8xbUgk0
>>125
施設で育った若い男性の親を探したら、巨デブの大家族母だったの、私も見た。
「こんなに立派になって!弟達がまだ小さいから援助してね!」
やっぱり図々しいわ。超逃げてー!って思った。

136 :本当にあった怖い名無し:2007/12/18(火) 10:50:17 ID:Vzahv/0S0
ミリオンダラーベイビーばりに子どもを食い物にする自分を
省みれないババアですね。後味悪い。

137 :1/2:2007/12/18(火) 14:30:28 ID:+pLu/0xY0
DSのADVゲーム「おさわり探偵小沢里奈2 1/2」

基本的にはかわいい絵柄のシュールコメディADVシリーズ、2作目。
昔ながらの、怪しいところを調べたり話を聞いたりして話を進めるゲーム。
章仕立てで、話が進むにつれて、移動できる場所や話しかけられる人が
増えていくシステム。キャラクターや台詞に魅力があり、なかなかの佳作。

1では、住人が住んでいたアパートの2階が、2では拡張工事をしている
ということで入れなくなっており、終始工事している音がしている。
もといた住人達は、実家に帰っていたり他の場所に移り住んだりしていた。
当然、話が進むとアパートの工事が終わり、住人は帰ってきて、さらに住人が
増えたりと、展開の広がりと新キャラ登場を期待していた。

が、しかし、エンディングを迎えても、一行に工事は終わらない。ずっと
工事していたままだった。最初は製作の都合による場所の削減かと思って
落胆していたが、それだけで終わらなかった。

138 :2/2:2007/12/18(火) 14:30:52 ID:+pLu/0xY0
このゲーム、本編とは別に、町人達から様々な依頼を受けてこなすという
おまけモードがあるのだが、その中のクエストの一つでアパートの大家から
工事がなかなか終わらないので、様子が知りたいというものがあった。
今までずっと2階に上がることが出来なかったのだが、このクエストでは
どうやら2階に上がれそうだったので、期待を胸に階段を上がった。

すると、工事の音はしているものの、2階は1作目となんら変わった様子も
なく、「あれ?」と思っていると、廊下の真ん中にぽつんとラジカセが……。
それを調べると、当然工事の音も止まる。そして、本編に出てきた詐欺師
キャラが現れ……。

というものだった。散々期待させておいて、このどんでん返しは正直賞賛に
値すると思ったが、ネタにしてはあまりにも手が込みすぎていて、唖然と
してしまった……。ゲームで大声を出して驚いたのは後にも先にもこれだけだ。

139 :本当にあった怖い名無し:2007/12/18(火) 14:43:16 ID:1dxsNCpC0
なんつーかストーリーだけ見るとフーンとしか言いようがないな。
ゲームをプレイしていれば思い入れもあって後味悪いんだろうが。

140 :本当にあった怖い名無し:2007/12/18(火) 15:40:09 ID:NbUkEFSK0
主婦向けマンガ雑誌に載ってた話が後味悪かったです。
記憶違いがあるかもしれないけど、大体こんなあらすじでした。

大学を卒業し就職したA子は、同期のB男と恋に落ちる。
しかしA子は妊娠。それを知ったB男は、今は結婚できない、堕胎してくれと懇願するのみ。
絶望したA子は会社を辞めて田舎に帰った。
B男には堕胎したと告げたが、おなかの子供を殺すことはどうしてもできない。
やがて娘が生まれ、A子はシングルマザーとして生きる決意をする。
さまざまな苦労が続いたが、数年後
すべてを受け入れて自分を愛してくれる男性と出会ったA子。
よき夫、よき父親である彼のもと、A子は初めて心休まる日々を過ごす

二十年余りが過ぎ、美しく優しい女性に成長した娘の結婚が決まった。
しかし娘は、「嫁ぐ前に、本当の父親がどんな人なのか知りたい」と言う。
そのことだけが、ずっと心に引っかかっているというのだ。
そのころA子は、昔の同僚のC男から
B男がガンを患い、余命いくばくもないのだという話を聞く。
(つづく)

141 :本当にあった怖い名無し:2007/12/18(火) 15:43:36 ID:NbUkEFSK0
逡巡のすえ、A子はB男に会い、娘に会ってもらえないかと頼む。
自分に娘がいることを初めて知ってショックを受けたB男は
「会う資格など、自分にはないのではないか」と悩んだが、結局同意した。
父と初めて会った娘は、B男の人柄を知って安心し、長年の心のわだかまりを解くことができた。
結婚式には来なくてもいいと言い渡されていたB男だが、
当日、式場の片隅には病を押して駆けつけ、ひっそりとたたずむB男の姿があった。
「これであの子は幸せになれる」A子はそう確信し、安心するのだった。
(もう1回つづく)

142 :本当にあった怖い名無し:2007/12/18(火) 15:45:34 ID:NbUkEFSK0
しかし・・・実は娘はB男の子ではない。
A子は、彼氏がいないと恥ずかしいという理由でバカ男と付き合い妊娠したものの
相手の男には結婚する気などさらさらなくて、あっさり捨てられてしまったのだ。
そこで同期のB男に目を付け、付き合いだした。
「あなたの子ができたのよ」と言ったら当然結婚してくれ、
B男の子として赤ん坊を生めると思ったのだ。
残念ながら失敗してシングルマザーになってしまったが
幸い生活力のあるお人よしの男と出会って、好きじゃないけど結婚したA子だった。

A子は、娘が本当の父親について知りたがる日がくることを恐れていた。
なぜなら、本当の父親はその後犯罪者になっていたからだ。
そこで、いざとなったら本当の父親としてB男のことを伝えるつもりでいた。
そのために、元同僚C男を通じて、B男の消息をそれとなく伺っていたのだ。
伺うついでにC男とはW不倫もしている。

そんなわけで、ベストのタイミングで娘をB男に会わせることができた。
すべては娘のためなのだ。
C男との不倫は続けているが、夫と別れる気など全くない。
何も知らない夫はA子と子供たちを大事にしてくれるから。
女は死ぬまで嘘をつくことができるのよ(はあと)と思うA子であった。

ーーーーーーーーー
お涙頂戴的な話かと思っていたら、
最後にいきなり主人公が糞ビッチって結末で唖然としました
しかも、作者としては「強い女の感動的な話」のつもりらしいのが後味悪かったです

話まとめるの下手くそでごめんなさい。

143 :本当にあった怖い名無し:2007/12/18(火) 15:55:10 ID:9gSEYDSW0
まあ罪の無い娘が幸せならいいかな…

144 :本当にあった怖い名無し:2007/12/18(火) 16:29:48 ID:zsb+eqvb0
ホント女って馬鹿だな

145 :本当にあった怖い名無し:2007/12/18(火) 17:01:09 ID:AEkJ7xqG0
確かにどうしようもないクソビッチだけど
計画が破綻したあとも
子供を堕胎せず殺さず
健全に育て上げたことだけは偉いと思う

146 :本当にあった怖い名無し:2007/12/18(火) 19:15:32 ID:VdEjTAqk0
確かに主人公は糞だけど誰も不幸になってないからそれほど後味悪くないなぁ。
なんかのきっかけでイモヅル式にばれちゃったりしたら壮絶だろうけど。

147 :本当にあった怖い名無し:2007/12/18(火) 19:20:56 ID:GcZ7XT7Y0
なってるだろ・・・・
ばれなければそれでいいわけない

148 :本当にあった怖い名無し:2007/12/18(火) 19:37:12 ID:hytzKn+H0
本当の父親に遺伝的な病気とかあったりしたら色々問題だろだろうし
そういう事ってやっぱり本人(娘)に話す勇気を持つ方がいいような気もするし
もやもやするから、やっぱり後味悪いね。
>>140-142 乙!!

149 :本当にあった怖い名無し:2007/12/18(火) 19:39:16 ID:12/coG9V0
「A子に堕胎させた」と長年思い続けたであろうB男が
トータルで一番不幸な気がする。
身に覚えはあったにしても・・・。

150 :本当にあった怖い名無し:2007/12/18(火) 20:07:09 ID:zsb+eqvb0
いや旦那が一番不幸でしょ。こんな糞ビッチと知ってたら
結婚なんてしないし。

151 :本当にあった怖い名無し:2007/12/18(火) 21:03:36 ID:dH7b4jgd0
旦那も娘も真実を知らずに死ねるといいね。
A子が半端なタイプだと「もう黙ってるのが辛い」とか言い出して
全てぶっちゃけてさらに後味の悪い展開になったと思う。

152 :本当にあった怖い名無し:2007/12/18(火) 23:00:24 ID:c7uzibhnO
リアルのない話はいくら内容が酷くても
後味が悪くならないから不思議だ。


153 :本当にあった怖い名無し:2007/12/18(火) 23:11:34 ID:F+Uml7uPO
>>152
生ゴミ、生米くらって餓死免れた! 鬼母に遺棄された5歳の「地獄絵」(J-CASTニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071218-00000004-jct-soci
ならばこのニュースはどうだろ?

概要
一月の間、実子二人を部屋に置き去りにした母親(21)のニュース
飢え死にを目的とした置き去りで、母親が戻ったのも立ち退きを命じられたから
逮捕された時も認識していて、次男は窒息死

154 :本当にあった怖い名無し:2007/12/18(火) 23:12:33 ID:F+Uml7uPO
>>153
認識→妊娠


155 :本当にあった怖い名無し:2007/12/18(火) 23:20:37 ID:vCk/LM390
一ヶ月後二人とも死んでると思って帰ったら、上の子(3歳)が生きていて
「ママ遅いよ」と駆け寄るも蹴り倒したそうな。

156 :本当にあった怖い名無し:2007/12/18(火) 23:34:29 ID:c7uzibhnO
>>155
3歳だと自分で水が飲めるか微妙かもなぁ。
基本的に衰弱してるから駆け寄るのも困難か。
だいたい3歳児は置かれた状況を的確に話せないだろうから
発見時の状況から適当に記事書いたんだろうな。

まあ、そんなのは俺が言いたかったリアルとは違う部分な訳だが。
フィクションかどうかはどうでもよくて
その中にあるリアルが足りないんだよなあ。


157 :本当にあった怖い名無し:2007/12/18(火) 23:47:03 ID:xX/LppsdO
福岡の市職員飲酒運転→子供3人殺した事件、危険運転致死傷罪が適用されなさそうだね。
事故後逃亡・水がぶ飲みでアルコール度下げた悪質な犯人が
過失致死なんて最高に後味悪いだろうな・・・

アホか福岡地裁。

158 :本当にあった怖い名無し:2007/12/18(火) 23:50:52 ID:F+Uml7uPO
最近の事件は作り話より後味が悪いと思う
下手すると創作臭いくらいに

159 :本当にあった怖い名無し:2007/12/19(水) 00:18:42 ID:KA0zfnIL0
事故後の行動で危険運転致死傷罪になるべきか業過になるべきかの判断をしているアフォが
ネットでうようよしていることに驚く。

160 :本当にあった怖い名無し:2007/12/19(水) 00:22:21 ID:1YLWbOUU0
>>153
ヌー速+のスレで見たんだけど、この犯人の女
逮捕後におなかの子の父親に「認知しない」と告げられて
「無責任だ」って怒ったそうで・・・

確かに創作を超えてるね


161 :本当にあった怖い名無し:2007/12/19(水) 00:23:31 ID:uox+SW6d0
ひき逃げも事故後の行動だけど、罪重くなるんじゃなかったっけ?

証拠の隠滅が明らかなのに、それに左右されるってバカだと思うけどなぁ

162 :本当にあった怖い名無し:2007/12/19(水) 00:29:42 ID:5g/zWIS+0 ?2BP(111)
>157
この事故もどうかと思う。
例の無い、同一案件で3回の不起訴不当議決 検察はどう動く
2007年12月17日

2002年12月に岡山県岡山市内で発生した死亡交通事故について、岡山検察審査会は
13日までに不起訴不当の議決を行った。この事故で不起訴不当の議決が出るのは
今回が3回目。同一案件で3回の不起訴不当議決は過去に例がないという。

問題の事故は2002年12月21日の午後10時45分ごろ発生した。岡山市横井上付近の市道を
帰宅するために自転車で走行していた19歳女性に対し、後ろから走ってきた軽乗用車が衝突。
女性は頭部などを強打したことが原因で死亡した。

クルマを運転していたのは18歳(当時)の女子高校生。呼気からは酒気帯び相当量の
アルコール分が検出されており、2003年8月に道路交通法違反(酒気帯び運転)で
罰金20万円の略式命令が出た。だが、業務上過失致死については「被害者の自転車が
斜め横断していた可能性がある」として不起訴処分にしている。

これに納得できない被害者の遺族は、死亡した女性が事故当時に乗っていた自転車の
鑑定を民間の調査機関に依頼。この結果、加害者のクルマは自転車の後部から追突した
可能性が高いと判断され、遺族はこの結果を基に不起訴不当の申し立てを岡山検察審査会に訴えた。
そして過去2回に渡って不起訴不当の議決が出たが、検察は「加害者の過失を立証するに至らない」
として、いずれも不起訴としている。

今回の不起訴不当議決は3回目となるが、調書は加害者の一方的な主張に基づいて作成されており、
いわば“死人に口なし”の状況。最初の1回を含め、過去3 回の不起訴はいずれも事故当時の
捜査資料を基に判断されたが、これは「事故当時の捜査資料をもって加害者の過失を判断するのが
難しい」ということでもある。

なお、この事故については民事訴訟でも判断がなされており、裁判所は加害者に事故の責任が
あると判断。多額の賠償支払いを命じている。公訴時効まで残すところ約1週間となっており、
検察がどのような判断を下すのか注目される。

163 :本当にあった怖い名無し:2007/12/19(水) 01:10:11 ID:p40Mx63uO
無免許&飲酒運転だろ
不起訴とか信じられん

164 :本当にあった怖い名無し:2007/12/19(水) 01:16:41 ID:1YLWbOUU0
>>155
3歳じゃなくて5歳ね。
5歳だとけっこう記憶が残るから・・・つらい人生になるだろうな

165 :本当にあった怖い名無し:2007/12/19(水) 01:18:36 ID:BcodIcACO
>>159
福岡市職員の友人乙

証拠隠滅行為が危険運転にならないのがおかしいなんて
書いてないのに、すごい読解力だなぁ
そういう卑劣な行為をする奴が主張している「酔ってなかった」に
沿うのがおかしいと言ってんじゃないの?

岡山のも加害者の女子高生は有力者の娘かなんかで
検察に友達でもいるのか?って展開だね・・・

166 :本当にあった怖い名無し:2007/12/19(水) 01:38:49 ID:3Fj39McC0
そういえば交通事故で人殺した女子大生が
「留学」と称して海外逃亡した事件もなかったっけ。

167 :本当にあった怖い名無し:2007/12/19(水) 01:55:40 ID:MHMIXDDm0
携帯見ながら事故起こしたやつだっけ?しかも事故を起こした時間に
携帯を使ってない、と主張し提出した携帯は実は母親の携帯ってやつ

酒飲んで酔っ払ってるのに車を運転した時点で、正常な判断が
出来てないんだし危険運転致死傷罪にすりゃ良いのにな。


168 :本当にあった怖い名無し:2007/12/19(水) 02:28:32 ID:yzfjwZEoO
>>153
記事では長男(5)と三男(1)ってなってるけど、次男はどうしたんだろう。
>>153には窒息死って書いてるけど、母親が殺したの?
こんな記事を読むと、無計画に子供5人も産んで、金ない金ないって煙草吸いながらパチンコしてる友達でさえ、一応育ててるって点では感心するよ。

169 :本当にあった怖い名無し:2007/12/19(水) 02:48:35 ID:hG7PmTSLO
>>168
次男は事故死扱い(0歳の時にうどんを食べさせた為)
多分、殺してるだろうね

3男の死体を長男の目の前で、ガムテ縛りにして遺棄したりしてるし
長男が将来、凶悪犯罪者にならない事を祈るばかり
ちなみに懲役は15年だそうな

170 :本当にあった怖い名無し:2007/12/19(水) 03:21:44 ID:4y/TejT90
子供への犯罪は刑務所内でも物凄く嫌われるらしい。特に子持ちに
そこに限れば女子刑務所のほうが辛いかもしれない
今回だけは女の陰湿さに期待

171 :本当にあった怖い名無し:2007/12/19(水) 04:02:01 ID:qh7YJZb7O
>>170
女囚には「おかあちゃん」も多そうだしなー
いびり倒されりゃいいんだ

172 :本当にあった怖い名無し:2007/12/19(水) 05:25:44 ID:I6io7ZGR0
死刑に出来ないなら
せめて子供が産めなくなる年齢まで刑務所に閉じ込めといて欲しいよ

そう言う意味では下手すりゃ10年程度で出て来れる無期刑じゃなく
懲役15年ってのは法の範囲内ではいい判決だと思う

福岡と岡山の案件はひどいね
こんなのが法治国家だなんて笑わせるよ むしろ痴呆国家だ

173 :本当にあった怖い名無し:2007/12/19(水) 08:51:18 ID:CLkDZG/iO
俺の友達(男)から聞いた事あるんだが
レイプ等で入ってもかなりイジメられるみたいだよ

174 :本当にあった怖い名無し:2007/12/19(水) 09:57:10 ID:s9+xXinC0
強盗や殺人は
「そういうことをしなければならない状況にあったのかもしれない」
と思うことができるけど、レイプはそうは思えないからな
幼い子供殺しも、だから周りから責められるんだろう
「その子がお前に何をした」ってな感じで

175 :本当にあった怖い名無し:2007/12/19(水) 12:14:55 ID:Rsodu/Jc0
捕まったレイプ犯が出所後に「お前が訴えたせいだ」と
被害者を逆恨みして襲った事件があったね。
結論:屑は刑務所に入れたって更正しない。

教えられてわかるようなもではないと思うんだよな。
人を傷つけちゃ駄目、人の物をとっちゃ駄目、人を殺しては駄目ってのは。

176 :本当にあった怖い名無し:2007/12/19(水) 12:36:56 ID:hm36WfzA0
>>151
どっかのまとめブログで読んだ話で、
結婚したばかりの夫がある日妻から
「実はあなたと付き合っていた時、40代のおじさんと不倫してたんだーw
もう夫婦なんだから隠し事は良くないと思うから今言って謝っちゃうねw
ごめんなさいwあーすっきりしたーw」
と、衝撃の告白を受ける。夫ぽかーん後激怒。
「なんで?素直にあやったのに!?」
「そういう問題じゃないだろ!!」
「じゃあ、ずっと隠したままだったら良かったの!!(逆ギレ)」
「だからそういう(ry」
その後両家の親に事情を知らせた後離婚になるのだが、
自分の父親に殴られても、母親に泣きながら責められても妻は「私は悪くない!」の一点ばりだったという

177 :本当にあった怖い名無し:2007/12/19(水) 13:26:05 ID:N4vQ1Cr50
何だろう・・・すげえ既視感が

178 :本当にあった怖い名無し:2007/12/19(水) 14:20:57 ID:BcodIcACO
>>172
でもさ、懲役って半分過ぎたとこで仮釈放申請出来るんじゃなかった?
模範囚で申請がうっかり認められたら子供が多感な時期に
出てくる可能性がないか?

179 :本当にあった怖い名無し:2007/12/19(水) 15:05:46 ID:MHMIXDDm0
どっかの部屋に生ゴミと一緒に監禁して2ヶ月程放置したい

180 :本当にあった怖い名無し:2007/12/19(水) 15:19:03 ID:N4vQ1Cr50
>>178
規定では「刑期の1/3を経過したら」らしいな
実際の運用では2/3を超えないとめったに許可はされないらしいが
どっちにしろ駄目だ
模範囚を演じれば子供が10才から15才くらいで出て来るわ

母親まだ21だから満期まで閉じ込めといても36で
まだまだ妊娠可能だしな
こう言う鬼畜生はもうマンコ縫い閉じといて欲しいよ
マジで

181 :本当にあった怖い名無し:2007/12/19(水) 15:55:38 ID:25I306480
>172
>下手すりゃ10年程度で出て来れる無期刑
都市伝説だよ

>無期刑には仮釈放の可能性があるが、仮釈放は刑の終了を意味するものではなく、
無期刑の受刑者は、仮釈放が許された後も、恩赦などの措置がない限り、刑の終了自体はなく、
一生仮釈放のままである(終身保護観察に付される)。そのため、仮釈放中に何らかの犯罪を犯せば、
仮釈放は取り消され、刑務所に逆戻りとなる(このような刑罰のことを「相対的終身刑(相対的無期刑)」ともいう)。
つまり、日本の無期刑は、終生という刑期の途中で仮釈放によって社会復帰できうる刑罰である。

>仮釈放を許された者の在所年数については、以前は平均20年前後で推移していたが、2005年は平均27年2ヶ月と
なっており、また、1996年と2000年と2004年には仮釈放者の分布全体が長期化の方向にシフトしていて、
特に2000年以降では、在所20年以内で仮釈放を許可される者は例外的となっており、2000年以降では
20年以内の仮釈放者は3名のみ、最近3年間では仮釈放者全員が在所20年以上であった。

182 :本当にあった怖い名無し:2007/12/19(水) 17:21:17 ID:BcodIcACO
>>181
へ〜そうなんだ。
しかし欧米の終身刑よりやっぱユルイような気がするなぁ。
もしも身内が殺された時、殺した奴が模範囚を装い20年くらいで
出てきて、その実なんの反省もしてない上、普通に社会生活をして天寿を全う
なんてケースだったらたまらん…

183 :本当にあった怖い名無し:2007/12/19(水) 18:48:56 ID:pc65DQ83O
そうね。終身仮釈放、保護観察処分と終身刑務所服役ではやっぱ全然違うとおも。

184 :本当にあった怖い名無し:2007/12/19(水) 19:36:29 ID:3enZF7Hr0
犯罪番組で欧米だけどシリアルキラー(特に10人以上殺人してる犯人)に
精神学者がインタして心理をなんとか知ろうとするのがあったんだけど。
5人程にインタビューしてたが、全員なんらかの虐待(性的虐待)経験者だった、、。
大きな怒りが内にあって、殺人の瞬間にそれが開放され、その感覚が忘れられないそうだ、、。
負の連鎖、というか、やりきれない気がした。

185 :本当にあった怖い名無し:2007/12/19(水) 19:40:27 ID:3enZF7Hr0
実際、性的虐待経験者でも殺人なんかしない人が殆どなんだし
だからどうだ、とは言えないけど一言で言える問題じゃないと思った。

186 :本当にあった怖い名無し:2007/12/19(水) 20:08:35 ID:25I306480
>184で思い出したが自分も中学生のときに父親に胸触られたことあったな。
あと小学生のときに「生理はまだか」いわれたのも思い出した。
どれくらいやられると性的虐待になるんだろうか。

187 :本当にあった怖い名無し:2007/12/19(水) 20:16:34 ID:Rsodu/Jc0
テレビ番組がやった調査(それも5人だけ)でどうこう言われたくはないな。
犯罪犯した人間・犯罪を犯してない人間の双方調べて
どちらに虐待経験者が多いか統計とったってんならまだ納得いくけど。
不幸経験したやつは他人を不幸にして平気だと決めつけられるのは愉快でないなあ。

漫画のセリフだが「不幸の盾と過ちの剣」ってセリフがあった。
不幸はさ、いいわけにならんよ。

188 :本当にあった怖い名無し:2007/12/19(水) 20:20:46 ID:21t0/8Xn0
シリアルキラーの「被虐待体験」は妄想(というかデッチアゲ)も少なくないらしいけどね。

189 :本当にあった怖い名無し:2007/12/19(水) 20:44:01 ID:rZGYrnlEO
自分の体験。

同じ中学の出身者が一人もいない高校に進学した。
幸い中学時代に同じ塾に通ってた子がいたので話しかけ、彼女と友達になった。
そこから彼女の友達や知り合いと交流し、友達を何人も作る事ができた。
ところが、友達同士の交流の中で、次第に彼女が置き去りになっていった。
彼女は「一対一なら話せるが、グループの中になると話せなくなる」子だったようだった。
それに気付いた私は出来るだけ彼女に話しかけたり、グループでの会話でも彼女に話をふったりしたのだが、
二学期の中盤、とうとう彼女は学校に来なくなった。
心配で彼女の家を尋ねたが、彼女は私に会ってくれなかった。
彼女のお母さん(彼女が不登校になる前に話した事があった)から彼女の事を聞くと、彼女は
「○○ちゃん(私)が友達をみんな奪っていった」
と言っていたらしい。
お母さんが
「○○ちゃんがそんな子だとは思ってない。○○ちゃんのせいじゃないよ」
と言ってくれたのが唯一の救いだった。
その後も彼女と話がしたくて何度か尋ねたが、会う事すら出来ないままだった。

高校三年になってすぐ、彼女は自殺した。
お葬式には行けなかった。まだお墓参りにも行けていない。
いまだにあ

190 :本当にあった怖い名無し:2007/12/19(水) 20:46:20 ID:rZGYrnlEO
すみません、途中送信しました。

いまだにあの時どうしたら良かったのか、どうしたら彼女が死ななくて良かったのか考えている。

191 :本当にあった怖い名無し:2007/12/19(水) 21:08:24 ID:3enZF7Hr0
>>186
胸を触る、性的言葉をかける、などはハラスメントの気もしますが
虐待なのかもしれないし、どうなのだろう。
TVでインタビューされてた殺人者達は、定期的(毎週など)に近親者(親、兄)から
関係を強要され続けた、などでした。全員男性でした。

192 :本当にあった怖い名無し:2007/12/19(水) 21:52:51 ID:2OJzSrp30
>>189-190
正直、彼女自身が歪んでいたとしか思えない。
冷たいようだけど、あなたに何かができたとも思えない。
必要だったのは、医者やカウンセラーみたいな、専門家の手なんじゃないかな。

あなたが、彼女のことをずっと覚えていることも大事なことだよ。

193 :本当にあった怖い名無し:2007/12/19(水) 22:08:11 ID:8ofaHoS40
>>176
修羅場スレの52だね

194 :本当にあった怖い名無し:2007/12/19(水) 23:53:19 ID:rzR3k3xTO
>>164
人生を決め付けるのはどうかな?
苦労は多いだろうけど。


みんなは囚人には反省を求めたり
より多くの罰を求めるんだね。


195 :本当にあった怖い名無し:2007/12/20(木) 00:07:28 ID:y9bJXhy30
>>176>>193
修羅場スレでそれ読んだなぁ。
後味良い話になっちゃうけど、似た設定の少女漫画思い出した。
出来心で浮気をした夫。
だが奥さんの妊娠が分かり、旦那のためにと家事を頑張り
「元気な赤ちゃんを産むね!」と健気な妻を見てるうちに、
罪悪感で一杯一杯になる。
それで本当に後悔して、その浮気を奥さんに告白・土下座で懺悔して
謝りたいと思うんだけど、それってどう思う?と
友人に相談する。
その友人は「黙ってろ」と激怒。
「そんなこと妊娠中の奥さんが聞いて嬉しいと思うのか。
 彼女がどんだけショック受けるかわかんねーのか。
 謝りたいのは、彼女に許してもらって自分が楽になりたいって
 お前の勝手な都合だ。お前はそれなりの事したんだし
 奥さんに対して本当に申し訳ないと思うなら、二度と浮気はせず
 一生黙って罪の意識を抱いて苦しんでろボケ」
と、いうような事を言う(うろ覚え)。
夫は余計な事は言わず、奥さんをより大事にしようという
気持ちになって帰る。

上のは漫画だけど、修羅場スレのそれ読んで告った女に対して
ああ・・・と思ったよ。

196 :本当にあった怖い名無し:2007/12/20(木) 00:49:54 ID:OTQ0sozD0
友人GJ!!だな

197 :本当にあった怖い名無し:2007/12/20(木) 00:56:06 ID:Zoz1Kd8/O
>>189-190
あたしも一対一が理想、複数会話は苦手なタイプなんだが、結局自分自身の問題だと思うな。
あなたは気を使ったりとかしたんだしね。

198 :本当にあった怖い名無し:2007/12/20(木) 01:06:28 ID:uveD87+G0
薔薇のために思い出した

199 :本当にあった怖い名無し:2007/12/20(木) 01:24:44 ID:DW3do0NTO
>>171亀だけど。
自分が会いたくて会いたくてしょうがない存在を殺してるんだもんね。
性的犯罪を犯した人も刑務所で苛め倒されるって聞いた事あるなー。
スーフリのヤツとか、酷い目にあってて欲しい。

200 :本当にあった怖い名無し:2007/12/20(木) 01:29:14 ID:DW3do0NTO
>>172
連投ごめん。
逮捕された時も妊娠中だったんだよね?
おろせとは言われないだろうし、刑務所内で楽出来そうだから、自分でも中絶しなさそう。
中絶するのは良くない事だけど、産まれた瞬間から辛い人生だとわかってるなら、産まれない方がいいと思う。

201 :本当にあった怖い名無し:2007/12/20(木) 01:39:15 ID:I/MIaTOh0
>>200
生まれる前から子の人生を予見できるというのは、
大人の傲慢だよ。孤児でも、親がロクデナシでも
大成した人は居るし。
だいたい、自分の思い通りに生きられるヤツなんて
いない。そう思えば生まれに左右されずに努力次第で
手に入る幸せなんていくらでもあるのだから、
いいじゃないか。

親が連続強姦殺人魔なら、子に飛び火もするだろうが、
今回の件では同情しか集まらんのじゃないかな。

202 :1/2:2007/12/20(木) 01:49:37 ID:l0oV5FLB0
「女囚にいびられる」で思い出した。「明日があるなら」という昔の小説。

主人公は田舎暮らしの平凡な女だったが、DQNに婚約者と母親を殺される。
DQNは街の有力者だったため警察は当てにならず捕まりもしない。
思い詰めた主人公は自らの手で復讐しようとDQN家に乗り込むが、返り討ちにあってレイプされる。
さらにDQNが不法侵入されたと訴えたため、不法侵入および殺人未遂で逮捕された。
刑務所送りになった主人公は身体を隅々まで調べられる屈辱的な検査を受ける。
ぶちこまれた監房では女囚達に暴力を受け、またレイプされた。

そこに至って主人公は「ぜってーDQNぶっ殺してやる」と決意する。
主人公は女囚のボスを味方につけ、刑務所の情報を把握して脱獄する。
何はともあれ金が必要だった主人公は詐欺師になった。
天性の詐欺師だった主人公は次々に大ばくちを打って大金を手にしていく。
詐欺の才能を利用してDQNを地獄に陥れた主人公は、やがて詐欺組織に目をつけられた。
詐欺組織に属した主人公は相棒をつけられる。相棒は男だった。

203 :本当にあった怖い名無し:2007/12/20(木) 01:50:50 ID:l0oV5FLB0
「二度と男は信用しねー」と用心する主人公だったが、
相棒は主人公を上回る詐欺師だった。あっさり騙されて金を奪われる主人公。

実は相棒もまた「女はビッチビッチくそビッチ!死ね!」な男だった。
愛してる女と結婚して幸福に暮らしていたが、幸せと思っていたのは相棒だけだった。
妻は結婚する以前から浮気三昧のくそビッチで、結婚後は相棒の友人達と寝ていた。
妻の行状を親族達も知っていて裏で相棒をあざ笑っていた。
全てに絶望した相棒は、妻と親族を詐欺にかけて全財産奪って姿を消した。

似たような二人は結局恋に落ちる。
もともと「好きな女と子供と一緒に幸せに暮らしたい」願望を持つ相棒は、
犯罪から足を洗って二人で静かに暮らそうと説得する。
最初は迷っていた主人公だが、最後は決心した。
二人は別々に組織から逃亡し落ち合う約束を交わして一時別れる。

約束の場所へ向かう途中、主人公は一人の男と出会う。
そいつはかつて主人公が獲物と狙って偶然が重なり騙せなかった男だった。
相棒との約束は頭の隅に放り出し、主人公は獲物に近づいていった…

相棒、女見る目なさすぎるよ…orz

204 :本当にあった怖い名無し:2007/12/20(木) 02:15:39 ID:kG0x7gyyO
またしても裏切られたのか

205 :本当にあった怖い名無し:2007/12/20(木) 02:34:29 ID:OTQ0sozD0
つーか、最初のDQNというよりカスはどうなった

206 :本当にあった怖い名無し:2007/12/20(木) 03:17:43 ID:Z3VnejWi0
地獄に陥れたってあるぞ

207 :本当にあった怖い名無し:2007/12/20(木) 05:56:16 ID:iMDXWWHp0
>>202-203
読み易いまとめ、乙です。
小説とか映画って一般的に一度でも犯罪を犯したキャラは
幸せになれない、なっちゃいけない、みたいな暗黙ルールあるじゃないですか。
この話の主人公相棒も、境遇が不幸で凄い可哀想なのに
詐欺という犯罪をしまくったから、不幸フラグがたっちゃったんですね。

208 :本当にあった怖い名無し:2007/12/20(木) 06:53:34 ID:nfEGau+z0
主人公は組織から逃げるのを辞めたってことなら、
相棒は主人公の居場所がわかるってことだよな
物凄いことになりそうだなw

209 :本当にあった怖い名無し:2007/12/20(木) 07:51:40 ID:GJRpB4rJO
>>199
> 性的犯罪を犯した人も刑務所で苛め倒されるって聞いた事あるなー。

残念ながら伝説。女の話は武勇伝。ズリネタ。

210 :本当にあった怖い名無し:2007/12/20(木) 09:01:18 ID:ZWJJm5kP0
深夜、窓際の机で、勉強をしていた。晩春で夜気が快かったので窓をあけていた。
通行人が窓から「すみません。今何時ですか? 終電に間に合わなかったらタクシーにしようかと思って」ときいてきた。
夜中だし突然でびっくりしたのでつい「わかりません」と答えてしまった。
通行人は「そうですか、失礼しました」と去った。自分は再び勉強に戻った。

しばらくしてから、
普通携帯ぐらい持ってるだろ。携帯で時間みろよ」と思った。


もうしばらくしたから「夜だし、酒でも飲んるうちに、
携帯無くしちゃったのかもな。時間を教えてあげればよかった」と
自分の不親切ぶりにちょっと後味の悪さを覚えた。





そして、よく考えてみたら自分が勉強していたのは二階だった。


211 :本当にあった怖い名無し:2007/12/20(木) 09:13:29 ID:eYogpRQKO
ずいぶん背が高い人だな。

212 :本当にあった怖い名無し:2007/12/20(木) 09:14:41 ID:I/MIaTOh0
ただの鼠小僧だろ。

213 :本当にあった怖い名無し:2007/12/20(木) 09:56:51 ID:PaKvJFit0
待て待て
家がものすごく低いって可能性も・・・

214 :本当にあった怖い名無し:2007/12/20(木) 10:05:18 ID:6WWMToma0
家の玄関側から見れば二階家だけど、裏側は崖が迫っていて二階部分が一階の位置にあるというw

215 :本当にあった怖い名無し:2007/12/20(木) 10:18:16 ID:CWUmRvPF0
豪雪地帯の春だったんじゃね?

216 :本当にあった怖い名無し:2007/12/20(木) 10:22:41 ID:qzPbl+cUO
なにこの必死な怖がり屋さん集団




窓の外にトランポリンがあったに違いないよ

217 :本当にあった怖い名無し:2007/12/20(木) 10:44:01 ID:I/MIaTOh0
豪雪地帯にものすごい低い家があり、さらに裏手は崖が迫って
二階が一階の位置にある。その裏手の窓の下にトランポリンが
設置してあり、ものすごい背の高い鼠小僧が春の夜に通りがかり
「すみません。今何時ですか?」

218 :本当にあった怖い名無し:2007/12/20(木) 11:09:26 ID:kagOfZTn0
>>217
2chの恐ろしさを実感した

219 :本当にあった怖い名無し:2007/12/20(木) 11:34:08 ID:JJUtvxVx0
>>217
逆に怖いよ

220 :本当にあった怖い名無し:2007/12/20(木) 15:46:29 ID:Pg3IIs5A0
これってかなり有名な怪談じゃないか?

221 :本当にあった怖い名無し:2007/12/20(木) 16:16:35 ID:jp+xgcss0
声だけなら十分聞こえるじゃん

222 :本当にあった怖い名無し:2007/12/20(木) 16:51:26 ID:Wcp5B78U0
俺も同じような事あったよ
違うのは、自分が勉強していたのは1階だったってことだな。

223 :本当にあった怖い名無し:2007/12/20(木) 23:12:38 ID:UJFS8whJ0
というか知らない家の人に窓開いてるからって話しかけるか?
それだけで物凄く怖いよ

224 :本当にあった怖い名無し:2007/12/20(木) 23:18:24 ID:HAJMSl7A0
>>156
5歳だったような

225 :本当にあった怖い名無し:2007/12/21(金) 01:21:41 ID:nvYr9cDeO
>>224
事件当時が3歳で、今5歳じゃなかったっけ?


226 :本当にあった怖い名無し:2007/12/21(金) 02:48:13 ID:mZXsHpyP0
【社会】 「ネットの“プロフ”に悪口書かれた」 女子中学生ら9人、男子2人を殴り、全裸にし、土下座させ、タバコの火押し付け…東京
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1198121170/

227 :本当にあった怖い名無し:2007/12/21(金) 03:00:54 ID:7r3TcsTfO
くだらねえなあ
昔だったら「好きな子にちょっかい出す」程度のことだろ

228 :本当にあった怖い名無し:2007/12/21(金) 03:43:17 ID:rMDc7T520
けど、数十回書き込みしたってよ。
20回なのか90回なのかわからんけど、結構な数じゃね?
荒らしが数十レス書き込んだら流石にうざいだろ。

229 :本当にあった怖い名無し:2007/12/21(金) 03:55:01 ID:OJF9GLQL0
今朝6時ごろ自宅から1kmの程のところにある畑へ行こうとした所
ザク2機をはるか上空に確認。
なにか、嫌な予感がした私は急いで畑へ向かった
すると、先ほど目撃したザクが私の農作物をビームライフルで焼き払っているではありませんか
私も、もちろん畑の所有者なので、近くに捨ててあったヤングジャンプを投げて応戦しましたが、全く歯が立ちません
それどころか、バーニアの部分から展開中の火で首の後ろに火傷をおってしまいました
これは、ジオン公国からの警告でしょうか
他のみなさんも畑周辺に、ザクを見かけたら避難しましょうね

230 :本当にあった怖い名無し:2007/12/21(金) 04:07:29 ID:G6JvLhJt0
畑焼かれるのは泣き寝入るしかないのか・・・後味悪い。

231 :本当にあった怖い名無し:2007/12/21(金) 04:31:27 ID:iGoBHUOQO
>>229
俺この戦いが終わったら嫁と結婚式を挙げるんだ

232 :本当にあった怖い名無し:2007/12/21(金) 05:23:56 ID:9U23oEie0
バぁぁぁぁニぃぃぃぃぃぃ〜〜〜〜〜〜

233 :本当にあった怖い名無し:2007/12/21(金) 06:44:44 ID:2+Xka6HK0
>>229
これは懐かしいw

234 :本当にあった怖い名無し:2007/12/21(金) 09:39:19 ID:f4qiviSKO
ザクはビームライフル使えないよ。
知ったかぶりおつwww

235 :本当にあった怖い名無し:2007/12/21(金) 10:10:22 ID:5sSypKGj0
装備していないだけで
使おうと思えば使えるんじゃね?

236 :本当にあった怖い名無し:2007/12/21(金) 11:24:35 ID:GtBohksE0
>>234
相手の知ったかぶり云々以前に、得意げにそういう空気読めないレスをするからガノタは
馬鹿にされるんだぞ。

>>235
スレチだから詳しく書かないけど、ザクにはエネルギーCAPを解放するための初期電力
を供給するコネクターやサーキットがないので使えない。
ゲルググなんかのライフルもザクでは使えないそうな。
その辺のガノタに訊いたらたっぷり一時間以上かけて説明してくれるよ、きっと(;´Д`)

237 :本当にあった怖い名無し:2007/12/21(金) 11:46:04 ID:5sSypKGj0
>>236
そっか、よくわかんないけど
この場合は、納得しておいたほうが良さそうだw

238 :本当にあった怖い名無し:2007/12/21(金) 11:49:52 ID:aElwjnv/0
>>236
ガノタ乙

239 :本当にあった怖い名無し:2007/12/21(金) 14:32:16 ID:WQm5bVwGO
>>236
どうみてもガノタ乙

240 :本当にあった怖い名無し:2007/12/21(金) 15:24:18 ID:FyCnC2Gk0
小河原良乃です。将来の夢はネイルアーティストと美容師になりたいです
http://atashi.com/webarchives/2007/05/07/00/14/47/s_20070505_Jet_Coaster_of%20EXPO_Land.jpg

241 :本当にあった怖い名無し:2007/12/21(金) 15:27:02 ID:jbPGrmxvO
>>240
こう言う書き込み自体と、後味悪いって思う自分が後味悪い

242 :本当にあった怖い名無し:2007/12/21(金) 15:53:15 ID:G6JvLhJt0
>>236
スキウレだと思うお

243 :本当にあった怖い名無し:2007/12/21(金) 17:35:19 ID:CpHRMtZd0
最近はビームライフルを使えるザクもいっぱいいるらしいぞ。

244 :本当にあった怖い名無し:2007/12/21(金) 17:49:06 ID:5FT5oBP60
さあお前たち
後味スレに戻すぞ
ザクの話はよそ行ってやっとくれ

245 :本当にあった怖い名無し:2007/12/21(金) 17:57:49 ID:Xed7v/bb0
ケンタッキーフライドちんちん

246 :本当にあった怖い名無し:2007/12/21(金) 21:19:44 ID:nsUsDcgu0
>秋田県藤里町の連続児童殺害事件で、殺人と死体遺棄の罪に問われた無職畠山鈴香被告(34)の
>第12回公判は21日午後も秋田地裁(藤井俊郎裁判長)で、公判で精神鑑定を担当した
>生協さくら病院(青森市)の西脇巽名誉院長の証人尋問が続いた。
>被告が公判開始後の10月、豪憲君殺害に対し「ほとんど罪悪感はない」などと日記に
>書いたことについて、西脇氏は「思っていなければ書けない」と指摘。西脇氏が被告に尋ねると
>「豪憲君の家族と比べて、自分の置かれた状況があまりにもひどいので書いた」と答えたという。
ttp://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2007122101000538.html

>精神鑑定を行うにあたり、西脇医師が鈴香被告に書くよう求めていた日記の中に、
>「後悔や反省はしているが、罪悪感はほとんど感じない」「米山さんがなんで怒っているのか分からない。
>まだ(子供が)2人残っているではないか」などと記述していた。
ttp://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/071221/trl0712210858002-n2.htm

すげえ。自分が一番可哀想なのか。ありえん…

247 :本当にあった怖い名無し:2007/12/21(金) 23:34:26 ID:CpHRMtZd0
永遠の月曜日っていう短編。

主人公の女子高生、朝倉はなんとなく中学を卒業してしまい、好きな男子にも告白しなかったことをずっと後悔していた。
月曜日のある日、親友から「過去にあんた(朝倉)をシカトしろって触れ回ったことがある。ごめん」と謝罪されたり、
同じクラスの男子から告白されたり、皆が今まで言えなかったことを言ったことで勇気をもらったと思い、学校を飛び出して好きだった男子に告白し行く。
すれ違いや入れ違いを繰り返してなかなか想い人に会えない朝倉。
しかし出会う人々がみな快く協力をしてくれ、その日の夕方に二人のちょっとした思い出の場所である河原で再会。
その場で告白、お互い両想いであったことを確認し抱き締めあう二人…

ここで朝倉の回想が入る。それは今朝のニュースの内容だった。
「たった今、地球に向かっている巨大彗星の向きを変えるために発射された人類最後の希望のミサイルがその任務に失敗しました。
みなさんありがとう、そしてさようなら。地球は日本時刻の月曜日17時47分に消滅します」

248 :本当にあった怖い名無し:2007/12/21(金) 23:51:11 ID:w8MaLDxz0
財務省内定(?)の現役東大女子大生(2004年ミス東大)高島美紀子がインド人乞食を侮辱★22
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/news/1198244019/

249 :1/3:2007/12/22(土) 00:23:31 ID:MAswvb3r0
>>247のタイトルで思い出した少女漫画の短編。

明日から夏休み。小学生の主人公は友達と一緒に大はしゃぎしている。
幼なじみの女の子から無理矢理天体観測の約束を
取り付けられたのは気が重かったが、夏休みがはじまる嬉しさにはかなわない。
帰り道、クラスメイトが事故で死んだ。
目撃した主人公達が呆然としている中、クラスメイトの母親が駆けつけて泣き叫ぶ。
「早く早く生き返らせて!この子を今すぐ生き返らせて!」
母親に寄り添った大人達が慰める。「明日まで待つんだ。明日になれば戻るから」
意味がわからず注視する主人公の視線を感じ、大人達はそそくさと去っていく。

夜半。昼間の出来事がショックで眠れない主人公。ふと窓の外を見ると大人達が丘へ向かっている。
どうせ眠れないんだし、とこっそり大人達のあとをつけた。
丘の上には村中の大人達が集まっていた。
見つかって追い返されそうになるが、主人公の姉が取りなしてくれる。
そして主人公に全てを打ち明けてくれた。

250 :2/3:2007/12/22(土) 00:24:04 ID:MAswvb3r0
明日、大きな彗星が流れる。幼なじみと見に行こうと約束した彗星だ。
彗星はこの惑星に落ちてきて村は消滅する。
超能力を持つ姉は村の壊滅を予知した。
慌てて逃げようと言う主人公に、姉は首を振る。この星のどこにも逃げ場はない。
ただし一つだけ助かる方法がある。姉にはタイムトラベルの力もあった。
今日が終わる寸前に、村全体の時間を一日だけ戻す。
それで「明日」は来なくなる。

姉はそうやって毎日時間を戻し、村を破滅から守ってきた。
時間を戻すことで少しずつ変化が起きる。
クラスメイトが事故にあったのもその一つだ。本来なら彼が事故に遭う「明日」はなかった。
いつか彗星が衝突しない「明日」が来るかもしれない。
姉はその日まで時間を戻し続ける。
このことは村中の大人が知っていたが、子供達には伏せられていた。
子供達は夏休みを楽しみにして眠り、翌日終業式に赴く。
主人公も「明日」になれば全てを忘れる。

251 :3/3:2007/12/22(土) 00:26:10 ID:MAswvb3r0
全てを打ち明けた姉は、主人公に帰るよう促す。
ショックを受けた主人公はとぼとぼ歩き、途中で幼なじみの家に向かった。
窓を叩いて幼なじみを起こして「今から星を見に行こう」と引っ張り出す。
「約束したのは明日だ」とぼやく幼なじみを急かしながら、手を引っ張る。
明日は来ない。二人で星を見る明日は来ない。
それを覚えていられるのも今日が終わるまで。
だから今日二人で星を見に行きたかった。

窓を乗り越えた時、時間が戻っていく。

252 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 00:55:40 ID:RRZ68PLL0
感動した。読んでみたい

253 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 01:07:43 ID:vsVJyNe20
>>249-251
萩尾望都のファンタジー短編だよね?

254 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 01:22:14 ID:MAswvb3r0
>>252
原作はまとめの10倍くらい面白いよ。
すげー短いのに話が濃密。

>>253
そう。文庫「阪神」に入ってたけどタイトル忘れた。
阪神も書いたけど、こっちはもっと難しいな。

255 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 01:22:47 ID:MAswvb3r0
阪神じゃねえよ…orz

半身です。スマソ。

256 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 01:23:35 ID:MAswvb3r0
違うよ馬鹿だよ何してるんだよorz
半分の神様で半神です。
ほんとスマソ。

257 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 01:27:07 ID:CO4WpeKqO
>>254
煽りじゃなくて、なんで漫画スレ住人はそこまで伏せ字にこだわるのか教えてくんない?
そう書かれるとあの世界が大阪弁で翻訳されてしまう…


258 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 01:28:16 ID:CO4WpeKqO
ごめん、携帯厨でごめん

259 :1/3:2007/12/22(土) 01:30:07 ID:MAswvb3r0
もう一つ思い出したので。
>>249と同じ文庫に収録されていた短編。こっちは「半神」というタイトル。

主人公はベトちゃんドクちゃんの姿で生まれた双子。
妹と身体がくっついているので、いつでもどこでも一緒。
人々の反応もいつでもどこでも一緒。
愛くるしい顔、豊かな金髪、天使のほほえみを持つ妹を見て大人達も微笑む。
「なんて可愛らしいのかしら!」
そして主人公を見て口をつぐむ。
まばらに生えた髪、落ちくぼんだ頬、老婆のようにしわがれた肌、やせ細った手足。
しばらく無言の後、大人達は言う「…お利口そうなお嬢さんね」

幸か不幸か、主人公は頭はよかった。
大人達が見た目だけで妹を可愛がり、主人公を哀れんでいるのを知っていた。
両親も例外でないと知っていた。

260 :2/3:2007/12/22(土) 01:31:35 ID:MAswvb3r0
妹は微笑むだけで全てが許される。
見た目は美しいが脳内は赤ん坊の妹は、成長するに従って主人公の手に負えなくなっていく。
健康的な妹が暴れ出すと、やせ細った主人公には押さえられないのだ。
それでも大人達&両親は言う。「お姉ちゃんなんだから妹を見てやってね」

ある日医者が両親に告げる。
妹の体内には栄養を作る機能がない。妹は主人公の栄養を奪って生きている。
このままでは、いずれ二人とも死んでしまう。
主人公一人では大人二人をまかなう栄養は作れない。
妹は一人では生きられない。主人公だけでも助けるために、二人を分離するしかない。
両親は悲嘆にくれるが主人公は光が差したようだった。
妹が今まで栄養を奪っていた。妹を切り離せば私は普通の子供になれる。
手術には危険を伴ったが、主人公は手術を望んだ。

261 :3/3:2007/12/22(土) 01:32:17 ID:MAswvb3r0
数年後。主人公はみるみる健康になっていった。
バラ色の頬に豊かな髪、天使のほほえみ。鏡に映るのはまるで妹。それが今の主人公。
学校に通い勉強をして、友達を作りデートもした。
普通の女の子として生きていた。

帰宅すると母親が泣いていた。妹がもう長くないという。
見舞いに行く主人公。
病室のベッドの中、昔の主人公がいた。
がりがりにやせ細り、髪もなく、頬は落ちくぼんだ老人のような妹。
妹は主人公を見て嬉しそうに笑った。昔と同じように笑顔で主人公に甘えてきた。

数日後、妹がなくなる。
その後主人公は幸せに暮らすが、時折鏡を見て涙を流した。
誰よりも憎んで誰よりも愛していた。私の半神はこの世にいない。

262 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 01:35:37 ID:stI301RRO
少女漫画の世界はいいな。美しいよ。
青年漫画で世界が明日で終了となったら、レイプや暴力沙汰が頻発し
阿鼻叫喚!ってな展開になりそうだもんな。

そういう自分も明日世界が滅亡となったら愛する人たちと穏やかに過ごすか
憎いあの糞野郎をこの手で殺しに行くか悩むわ。

263 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 01:53:19 ID:dIpu/Gqe0
代紋take2がそんな感じだったな
まあ最終回でリセットされたわけだが

264 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 05:52:57 ID:Cck9W9AaO
ヤクザ漫画だよね
そんなファンタジーな展開に?

265 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 07:02:31 ID:bJf/c8xp0
>>254-258
流れにワロタw

266 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 07:18:58 ID:eE3Uo3Zg0
>>264
まぁ簡単に要約すると、
一度死んだヤクザが過去に戻って死ぬ前の記憶を利用してウッハウハしようとするが
やっぱりいろいろと問題が起こって最後にまた殺される。んでまた過去に戻る。

と思ったら実は全部ヤクザを題材にしたファミコンゲームの中の話で、主人公はゲームのキャラだったというオチ。
死ぬ=ゲームオーバーで過去に戻る=リセット。

267 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 10:31:44 ID:Hu8J0MjO0
>>249-251
少し訂正させてもらうと

・クラスメイトが亡くなったのは帰り道じゃなくて夜中
・時を戻すのは一日ではなく、一年

余計な事だったら御免。

268 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 12:29:05 ID:EJwYI4eZ0
萩尾は、タイトル忘れたけど、母親に閉じこめられてた女の子の話も(このスレ的に)良かった
以下、細かい所はかなりうろ覚えのあらすじ

主人公は11才の女の子。
とても大きな家に母親と2人で暮らしをしていて、
毎日同じ家の中の“先生”の所に通って勉強を学んでいる。
ある日、その途中でふといつもの廊下を外れて、カギの開いていた小部屋に入ってしまった。
そこの窓から見える外の景色に心を奪われたが、
いつも母親に外を見たら目が潰れると教え込まれていた少女は強い恐怖にかられ、
急いで先生の所に行って懺悔をした。
先生は眼鏡をかけた白髪のおばあさんで、母親よりもおだやかで落ち着いた人だった。
ルールを破った少女にショックを受けたようではあったが、
母親が厳しすぎるせいで少し羽目を外してみたくなったのだろう、
と理解を示してくれる。
「リボンの上を通るカブトムシを見ました」
そう話す少女に、そのくらいなら目は潰れないから大丈夫だと慰めた。

次の日の朝、思いがけないごちそうが少女を待っていた。
「誕生日おめでとう。おまえは12才になったのよ」
「でもママ、まだ私の誕生日じゃないわ」
「神様が早めてくれたの」
誕生日のプレゼントとして、少女は毎年家の中の部屋を1つずつ開放されていた。
8才の時は先生の部屋、9才の時は美しい美術品が飾られた部屋、というようにだ。
今回の誕生日では、その先生の部屋の前に続く昇降機を使えるようになった。
一瞬で上の階に着くなんて魔法のようだ、と驚く少女に
週に1回はこれを使って勉強に行っていいと母親は許可を与えた。
16才になったらこの家の全てが少女のものになるのだとも母親はよく言っていた。

269 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 12:29:42 ID:EJwYI4eZ0

その後、変わらない日々が続いたが、ある朝それは一変する。
目覚めると、母親が倒れていたのだ。いくら呼びかけても目を開けない。
どうしていいかわからず、少女は先生のところへ助けを求めた。
しかし部屋の中には誰もおらず、先生をさがす内に少女は奇妙なものを見つける。
先生がいつもかけているメガネと、白髪のかつら。さらに、母親の部屋へと繋がる昇降機だ。
先生は、母親が変装していたのだと少女は気付く。そして今は母親も動かない。
少女は錯乱状態で、出たら死んでしまう、と言われていた家の外に出た。
信じていた世界が崩壊して、いっそのこと死んでしまいたいと思ったのだ。
長い長い森を越えて、やがて門にたどり着く。
そこからさらに外に出ても、何も恐ろしいことは起こらなかった。
目に映るのは、通りを歩く大人や子供。遠目からカブトムシに見えたのは、道路を走る車だった。
誰も住んでいないはずの屋敷から出てきた少女に、気付いた警官が声をかけたが、
「私は死んでしまったのよ。死んでしまったんだわ」
少女は笑いながらそう言って、ふらふらと町の中に歩いていった。

270 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 13:09:47 ID:wXTK1VQXO
>>268
なんで母親がそんなことしたのかは分からないの?

271 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 13:34:15 ID:zcD4mLg60
中吊り広告が黒く塗り潰されてた件はチャバイっつーか後味悪かったな

272 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 14:56:28 ID:kHurWDvVO
>>270
レイ・ブラッドベリが原作。原作は男の子が主人公。確か母親は愛するご主人を交通事故で亡くした。それ以来外の世界を憎んで、なまじ大金持ちだから、少女を洗脳して二人きりの完璧な世界を創ろうとしてたように覚えてる。

273 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 15:22:36 ID:jXHuiFmJ0
>>272
おお、それは知らなかった ありがとう
箱庭系の話って基本的に後味悪い結末しかないけど、
この話は母親が娘を外の世界と隔離する以外はまともで
娘のことも大事にしてるからなんか切ない
優しい先生ときつい母親でバランスとってるとこあるし

274 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 15:30:20 ID:MAswvb3r0
>>266
すごいな。ちょっと読んでみたい。

ヤクザものでぶっ飛んでると言えばDEAD OR ALIVEって映画。
哀川翔と竹内力のヤクザ映画。
娘が死んだりチンピラ争い繰り返して、ラストで二大巨頭の一騎打ち。
背中から取り出したロケットランチャーを構える哀川翔と、元気玉で迎え撃つ竹内力。
激突。爆発。
余波は日本を巻き込み地球へ広がる。
完。
ぶっ飛びすぎて驚いた。

>>267
フォローd。記憶曖昧でした。スマソ。

275 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 15:31:09 ID:9t+dNliU0
宇宙飛行士だった父親が太陽に落ちて死んでから
昼夜逆転の生活をするようになった母子の話もあったよね?

276 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 15:31:43 ID:MAswvb3r0
ブラッドベリで思い出した。短編。「10月はたそがれの国」収録だったかな?

見せ物小屋で働く少女は、毎日来る客が気になってる。
小人の客は毎回ミラーハウスに閉じこもって遊んでいく。
こっそり様子を覗いた少女は、客がミラーハウスで普通体型に写る自分を見て喜んでる様子を見た。
客は来るたびにマジックミラーについて聞き、何か言いたそうにして帰って行く。
少女はぴんと来た。マジックミラーが欲しいのだ。
客に同情した少女は匿名でマジックミラーを贈った。
それを知った同僚男は不愉快になってちょっとした悪戯を思いつく。
ミラーハウスの鏡を変えたのだ。大きく写る鏡を小さく写るように。
いつも通り遊びに来た客は、現実以上に小さく写った自分を見て悲鳴を上げて逃げ出していった…

277 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 16:00:01 ID:kHurWDvVO
>>275
ロケットマンです
>>276
その後、同僚のイケメンが鏡を見るとそこには醜く縮んだ自分が映っていた。女は悲鳴を上げる。結末は読む人によって、罰が当たり本当に縮んだのか、イケメンの心の醜さが映っていたのか考えさせられるよ。

278 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 16:06:04 ID:jeLYwOQB0
>>274
おもしろいけど60巻以上あるよ。しかもEDのせいで後味よかったw

279 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 19:28:39 ID:mQzP17lW0
>>240
19歳当時の写真は、頑張ったであろうダイエットも成功してて結構美人なのに、
報道がこぞってダイエット前の写真を使うのが後味悪いわ('A`)

280 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 20:10:11 ID:stI301RRO
>>278
代紋take2ってタイムスリップやり直しヤクザの話らしいとは
知っていたんだけど、そんなオチだったとは。衝撃。

281 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 21:01:44 ID:YCUdo4ZtO
>>272
現実に似た話があったのを何処かで読んだな…
同じく母娘の二人きりで家に隔離、娘は18ぐらいで救出?されたが、
(知的障害じゃないのに)小学生程度の知能しかないらしい。
母親は亡くなったんだったかな?素直な性格の娘で虐待のあとは見られないとか。

282 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 21:19:26 ID:bfeZhZ+g0
>>281

補足すると、アメリカの話。
母親は、障害者。(確か、話せないか、目が見えないかどちら。)
娘は、別に障害がなかったが、父親が障害者だと勘違いして
おりに閉じ込めてペットのような生活をさせた。
母親は、少女が13歳くらいで、やっと家を逃げ出し助けを求める。
その後、少女は施設に入ったが、言葉等全然教えてもらっていないので
いまだに施設生活で自立できずいる かな?(教育関係の学者が、興味深いケースと言うことで
研究対象にされているらしい。)

283 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 22:44:42 ID:wH8jPdHD0
>282と>281は違う話なんじゃないかな。
>282の話はテレビで聞いたけど、その少女は国に散々研究された後に養女に
出されたけど、やはりコミュニケーションが上手くいかずに義理親に虐待され、
施設に入れられたと記憶している。詳細をググりたいんだけど、
その少女の名前を知ってる方、いますか?
児童虐待の話って、リアルで後味悪いよね・・・

284 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 00:25:13 ID:KjhqilJ6O
>>282
ごめん全然別の話だと思います。
にしてもその女の子可哀相すぎる。
一生不幸じゃないか…。
人の人生を台なしにする奴らは最低だぁ。

285 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 00:32:41 ID:38G0nn4P0
>>280
オチ自体はありがちなんだが、そこまでの過程が…
一応複線もあるんだが、
例えば医龍やのだめカンタービレの
こんな才能や幸運ありえねーだろ、まあドラマだからなー、
いえドラマではなくゲームでした。ゲームっぽかったでしょう。そんな感じ
またそのゲームってのが…
もう後味がいいとか悪いとかをブッチギリで超越したラストだったw

286 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 00:48:34 ID:cVSlrI7D0
>>282で思い出した。
日本でもえぐい実話がある。

両親ともに真性電波、子供達も親の影響で電波。
しかし唯一次男だけはまともだった。
ただしそれは世間から見ればの話。
全員電波の家族内では次男が狂ってると見られて家に閉じこめられる。
学校に行きたがったり、親の被害妄想を信じないために監視される。
虐待もあったため何度か病院に収容されている。
次男が助かる機会はあったものの、親が引き取りに来るとそのまま引き渡してしまった。
その後の詳細は不明。
ただカルテだけが残った。

↓の「7.フォリアドゥと家族」に詳細がある。
ttp://homepage3.nifty.com/kazano/folie.html

287 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 01:26:39 ID:Owzh9mvg0
痛いニュース(ノ∀`)「こじきのくせに」と差別発言、元ミス東大の高島美紀子のブログが炎上
http://ime.nu/blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1070206.html

288 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 02:34:17 ID:Jvlv+4rF0
別に何とも思わない
騒ぎすぎな連中の方が意味不明で寒気がすんだけど

289 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 03:07:23 ID:zfWJ38MzO
公園のハトみたいなのを期待してたんだろうなぁ、くらい
皮膚病の患者の悪口を言って炎上したとか、テラ豚丼とか、ゴキブリとか、おでんとか、その辺りはアレだったけど

290 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 04:42:26 ID:fCsE89oZ0
「機械の数は限られてる」と「女は産む機械」が同じ意味にされちゃう国だからね
男も女もバカばっか

291 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 04:59:18 ID:87Z3gu3bO
>>290
釣り堀は他をあたってください

292 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 05:40:21 ID:Ohz9n2/D0
その話を何とも思わない人間には後味の悪い話なんか無いでしょ

293 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 07:41:33 ID:hkAqgl7Q0
>>287
後味が悪いというよりは、胸糞悪いと言う方が適切じゃない?
しかし、世間一般がどう思うのか考え付かないのかな東大生の癖に。

294 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 09:02:10 ID:2Vfrnyo10
他人がどう思うかを思慮するのはむしろ他人との交流の中で経験として蓄積すべきスキルだろ。
学歴は一切関係ない。

295 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 12:23:41 ID:92ucE94r0
731 :名無しの心子知らず:2007/12/22(土) 20:51:57 ID:LmjgvRns
>>730
女児置き去り 手紙に「お願いします」熊本

 熊本市のデパートで20日夜、小学生とみられる女児が置き去りにされているのが
見つかり、児童相談所に保護された。

 置き去りにされているのが見つかったデパート「鶴屋」などによると、
閉店後の20日午後8時過ぎ、東館5階の子供服売り場に小学校低学年とみられる
女児が1人でいるのを店員が見つけた。女児は「母親を待っている」と話したが、
母親は店内では見つからず、警察に届けた。
女児はその後、熊本県中央児童相談所に保護された。

 女児は「育てられないので、よろしくお願いします」という内容の手紙を持っていて、
デパートでの質問の際には自分の名前を言い、質問には淡々と答えたという。

 児童相談所では「こんなケースは過去になかった」と話している。

ttp://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn/20071222/20071222-00000036-nnn-soci.html


296 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 12:24:36 ID:92ucE94r0
736 :名無しの心子知らず:2007/12/22(土) 22:13:31 ID:mZcFyXle
>>731
やや詳報
「この子をよろしく」 デパートに女児置き去り:熊本日日新聞:20071222
二十日午後八時ごろ、熊本市の鶴屋百貨店で、閉店後の店内に小学校の低学年とみられる女児が一人でいるのを店員が見つけ、熊本北署に届け出た。
女児は、「育てられないので、この子をよろしくお願いします」などと書かれた手紙を
持っており、同署は親に置き去りにされた可能性もあるとみて調べている。
女児は県中央児童相談所に一時保護された。

同署などによると、女児が見つかったのは、東館五階の子ども用品売り場。
女性店員が声を掛けたところ「お母さんを待っている」と答えたため、一緒に母親を
捜したが、見つからなかったという。

女児は自分で七歳と説明しているが、名乗った名前や住所などに該当者は見つかっていない。
女児は「十五歳になればお母さんが迎えに来るから、それまで頑張る」と落ち着いた様子で話しているという。

県中央児童相談所によると、同相談所が二〇〇二(平成十四)年度から〇六年度までに一時保護した十八才未満の子どもは年間百四十九人から百九十人に上っているが、虐待や経済的な理由などによるものが多く、小学生が置き去りにされたケースはない。


297 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 13:07:56 ID:8i/yb8tC0
>>296
こういう場合って親が見つかっても罪にはならないのかな

298 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 13:17:45 ID:JyDgYC5D0
>>296
>「十五歳になればお母さんが迎えに来るから、それまで頑張る」
こういうのを素直に信じて
健気に頑張ろうとしてるところが泣ける・・・

母親も目を覚まして
迎えにいってやって欲しい。

299 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 13:22:59 ID:hHdHLn5a0
>>295
この一報を聞いたときに、もしかしたらこの母親は死ぬ気じゃないかなと
心配になったよ。

こんな大きい子なら、無国籍児でもない限り捨てても子供の身元など
すぐ特定されるだろうし、単に育てられないのなら、子供が言っているように
「大きくなるまで施設で育ててもらう」手続きをすればいいだけなのに
こんな手の込んだ?捨て方をしなくてはいけない理由がない。

だからもしかしたら、この母親は親子心中をするつもりで、子供を連れ出したものの
道連れをギリギリで留まって、とっさに子供だけに「大きくなったら迎えに来るから」と
言い含めて、自分だけで死ぬつもりで立ち去ったのでは・・・と、すごく心配。

どういう理由があるか推し測れないけど、とにかくこの母親には生きていて
欲しい、自分の心配が杞憂でたんなる馬鹿親の捨て子騒ぎであって欲しいと思うけど。

300 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 14:09:44 ID:fKdUbjjI0
>>299
子供が邪魔だからに決まってるじゃないか。

真剣に子供を心配してたら百貨店に放置なんてするかよ。
へたすりゃ誘拐されたり変態に殺される可能性だってあるんだぞ?
子供をひとかけらでも心配する気持ちがあったらできるわけねー。
施設に入れるのマンドクサ、詮索されるのも身元特定されるのも嫌、
捨てちゃえってなもんだろう。
子供が7才にしちゃ冷静で利口すぎるってのが裏付けてる。
親がくそだと子供は早くに大人にならざるを得ない。

301 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 14:16:05 ID:ErgAu10W0
>>299

いい人だな。

302 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 15:45:53 ID:t4WAfFmp0
>>294
学歴っつーか、東大に入れるくらい頭いいならその頭を
ちょっと使えば良いのにって話だろ。なに「一切関係ない」とか
過剰反応してるんだよ。学歴コンプのあるやつか?

303 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 16:36:58 ID:2Vfrnyo10
>>302
頭のよさってのは一元的な物じゃないよ。東大生だからって何もかもできるわけじゃない。
学歴ってのはあくまで指針でしかないし。それを誤解してるから書いたまで。
まあ、一切はいらなかったな。

というかなんでそんなに煽り口調なの?

304 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 17:09:25 ID:pYR66UoB0
痛いニュース(ノ∀`)亀田史郎が興毅に贈った感動の手紙、「侍ジャイアンツ」の丸パクリと判明
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1043697.html

305 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 17:11:40 ID:WMiQw85b0
>>297
保護責任者遺棄、辺りが該当するんじゃないかなあ
保護義務は必ずあるし

306 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 18:48:07 ID:lTQ0K1uU0
記憶力さえ優れてれば、今の日本の学校の勉強は出来ちゃうからねえ。
オックスフォードケンブリッジとか、なんともない写真見せられて
モンティパイソンばりのジョークが言えないとダメらしい。
そんなん、今の東大でテストやったら、まあ、90パーは落ちるだろうな。

307 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 19:12:51 ID:gjG4Tm1/O
勉強できなくても頭の回転がよくて立ち回りが天才的にうまい人っているよね

308 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 19:31:08 ID:FE79flyZ0
そんなのは偏差値低い奴の妄想です

309 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 20:27:22 ID:i0wylN6o0
吹いたw 確かにそれは否定しない

310 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 20:55:08 ID:2Vfrnyo10
>>307
運悪くダメな教師に当たったり、家庭の事情で勉強できなかった人もいるしね。
自分の興味のある事以外は能動的に勉強したがらないのもいる。

>>308
>>307みたいな人がいないことの証明はできないよね?w

311 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 21:39:20 ID:8uOnhmBa0
元職場にいたDQN、「勉強できなくても頭の回転がよくて立ち回りが天才的にうまい人」だったな
万引きしても絶対に捕まらないタイプというか…
不良時代の名残で礼儀は知ってるし
ただ職場を一歩出れば目合った人に因縁付ける

312 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 22:35:40 ID:87Z3gu3bO
職場に東大出の人がいるのだけど、なにかというと「東大では…」が口癖。
ところが、ハーバード大卒の人が入社してきた途端、言わなくなったw
もちろんハーバード出の人は「ハーバードでは」とかは全く言わない。
でも時々回りに対する気遣いとか気の効き具合は普通大出のオッサンな部長の方が上、
と思うことがあるなぁ

313 :本当にあった怖い名無し:2007/12/24(月) 03:14:26 ID:9L+ht7nd0
結構昔だけど実際に起こった鉄道事故。

小学生の女の子三人(ぐらい)が一緒に下校していた。
途中、踏切を渡っている途中、一人の女の子の足が、線路と線路を埋めてある地面の隙間に挟まってしまい抜けなくなってしまった。
一緒に居た女の子達はその子の足を引き抜くべく懸命に引っ張っていたが
どうしてもその足は抜けず、そのうち遠くから電車が近づいてくるのが見えた。
女の子達は必死にギリギリまで頑張ったが、轟音を上げて走り迫ってくる電車を目の前にして
その子を置き去りにして逃げるしか手段は無くなってしまった。

線路と彼女から離れた女の子達が耳にしたのは
「私まだ死にたくない!」というその子の叫びと、通過する電車の轟音だった。

この話を母から聞かされた時はホントガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブルで
しばらく踏み切りを直視する事が出来なかった。
この事故で亡くなった女の子は勿論気の毒だが、彼女の最期の叫びを聞いた女の子達は
一生この言葉が耳にこびりついて離れないんだろうな・・・。

314 :本当にあった怖い名無し:2007/12/24(月) 03:35:13 ID:xPd12urdO
>>313
うわぁー嫌だ嫌だ。気分悪くなるわ。
あの声が頭の中でリフレインするんだろうな。

315 :本当にあった怖い名無し:2007/12/24(月) 04:25:50 ID:IsgjY2bQ0
学歴高い=人格者ではないからねえ…。
>>312が言う様な気遣い云々は、社会に揉まれて身につくんだろう。

「東大では〜」とか言っちゃうタイプは
学歴しか自慢出来る事が無いんじゃないかなあ?
学歴だけでも自慢出来るのは素晴らしい事だし羨ましいけれど。
自分に自信がある人は、おおっぴらな自慢はしない様な気がする。

316 :本当にあった怖い名無し:2007/12/24(月) 07:05:41 ID:u+OIYnX/0
>>313
乙。鬱過ぎる…。

彼女たちがいつか自分を許してあげられる日がくることを願う。

317 :本当にあった怖い名無し:2007/12/24(月) 07:47:16 ID:fUx9ep7M0
>>316
何で女の子が自分を許すの?
悪くないじゃん。

318 :本当にあった怖い名無し:2007/12/24(月) 08:11:42 ID:NhNf3VhvO
岐阜県の団地の火事で四階から
投げ下ろされて重体になってた
二歳の女の子が亡くなったみたい。
女の子はもちろん、下にいて
受け取れなかった人たちも可哀相…。

319 :本当にあった怖い名無し:2007/12/24(月) 08:17:23 ID:K2d00xTGO
>>317
普通の神経の持ち主なら
何であの時助けられなかったのだろう?
何か手段は無かったのだろうか?
何で逃げてしまったのだろうか?
と自分を責め立てるものだよ


この間の佐世保の乱射事件で生き延びた人や福知山線の事故で無事だった人も
何で自分だけ生き延びてしまったんだろうと思っている人がいるそうだ




320 :本当にあった怖い名無し:2007/12/24(月) 09:04:15 ID:uXuartP50
とっさにそんなことできないかもだけど、可能な限り体を
外に出せば片脚切断だけで命は助かったかもな。

321 :本当にあった怖い名無し:2007/12/24(月) 09:59:36 ID:AaFxTsmg0
緊急停止ボタンの存在を知っていれば…。鬱な話だ…。

322 :本当にあった怖い名無し:2007/12/24(月) 10:27:58 ID:1nH/qe+UO
間際にまだ死にたくないって結構冷静だな

323 :本当にあった怖い名無し:2007/12/24(月) 12:27:59 ID:dZon8T7o0

・・・なんじゃこりやぁぁぁぁ!!・・・・




死にたくねぇよぉ。

324 :本当にあった怖い名無し:2007/12/24(月) 12:38:32 ID:PzxHHLh00
御免なさい
私の記憶が間違っていなければ、被害者は小学校の一年生で、入学してすぐの
出来事。(20年近く前の事だから、脳内創作が入っている可能性有り)
下校時時間が早かったせいで、通りかかった人もいなかったはず

その後、すぐに踏切の線路の隙間に硬化ゴムが入れられて、子供の足が落ちな
いようになりました。
こっちの対応は早かったのは確かです。


325 :本当にあった怖い名無し:2007/12/24(月) 12:41:40 ID:5Q8c96zN0
>>319
佐世保事件のその記事は正直ウソくせーけどなw

326 :本当にあった怖い名無し:2007/12/24(月) 13:27:49 ID:kr77tayf0
石の微笑という映画を見てきた。
「私を愛しているなら木を植えて。詩を書いて。誰でもいいから殺して」
という宣伝文句が面白そうじゃん。と思って見に行ったが
メンヘル女とその女に振り回される男の気の毒な話だった。


327 :本当にあった怖い名無し:2007/12/24(月) 13:32:46 ID:oncZ5U7Q0
>321
大人だって、急に目の前で子供がそんなことになったらパニクってしまって、
緊急停止ボタンの存在なんて頭から飛んでしまうかも。ってか、自分が
そうならないって自信がない orz
踏み切りの事故で思い出したけど、お母さんが1歳前くらいの子供を抱っこして、
4,5歳くらいのお兄ちゃんを連れて踏み切りを渡っている時に抱っこしてる
子のサンダルが踏み切り内に落ちてしまい、お兄ちゃんがサンダルを取りに
戻って電車に轢かれた話が鬱だ。2チャンでその時、通りがかりのおばさんが
「ほら、サンダル落ちたよ」と言ったせいでお兄ちゃんが踏み切りに戻って
轢かれちゃったんだって話を聞いたんだけど、ほんとなら更に後味悪い。

328 :本当にあった怖い名無し:2007/12/24(月) 13:36:49 ID:qzMfwCQc0
>>319
福知山線で実際事故にあって、重傷で入院していた知り合いがいるけど
自分が助かったのはほんの偶然で、事故の時に多くの人を犠牲(クッション)に
した形で今の自分の命がある、事故の直後、気がついたら人の中にひと固まりで
片方に寄っていて、息ができずに苦しさで目の前にあった動いていた人の
腕を自分の顔で押しのけもしたし、救助を待っている間は無我夢中で周りの
人の生死よりも「はやくこいつら除けて助けろよー!!( ゚Д゚)ゴルァ!!」ってことで
頭が一杯だったんだって。

あの時は仕方なかったって自分でも判っているけど、これからは事故の後遺症と
一緒に、自分の奥底の醜さとも向き合って生きていく・・って、お見舞いに行った人に
話していたらしい。

329 :本当にあった怖い名無し:2007/12/24(月) 16:15:18 ID:q46z2pa/0
>>322
推測だけど、たぶん女の子達が自分から離れた時に思わず叫んだのではないだろうか。
いずれにせよ鬱な話だ・・・


330 :本当にあった怖い名無し:2007/12/24(月) 18:35:29 ID:K5AqjOUY0
>>328
つーか、そうやって自分が助かったことや他人を助けられなかったことに罪悪感を感じてしまうことが
一種の後遺症なんだよね。
あの状況では仕方ないって第三者なら言えるんだけど…。
時間が解決してくれるのを待つしかない。

331 :本当にあった怖い名無し:2007/12/24(月) 19:15:49 ID:uR4TuhCJ0
>>328
それってさ、結局自分が助かったからこそ言えるキレイごとだよね。
甘いんだよ。
他人を犠牲にして助かった、こんな自分の醜い部分と向き合うことになって欝、なんてさ。
もともとあんたは、自分がそんなに素晴らしい人間だと思ってたのか、っつーの。
思い上がりもいいとこ。

332 :本当にあった怖い名無し:2007/12/24(月) 19:39:35 ID:AaFxTsmg0
素晴らしい人間とまでは思ってなくても、
自分の予想の範疇を超えた自分を知ってしまった、てことだろう。
想像力ないな。

333 :本当にあった怖い名無し:2007/12/24(月) 19:49:09 ID:FOwSEo7m0
>>331は常日頃『私は自分が一番可愛い!イザという時は他人の命などどーでもいい!』と
宣言して生きてるの? 友達っている?   
もしくは紛争地帯でゲリラでもやってた?

…と煽ってみる

ギリギリの時、他人を気遣えるような人ってたまにいるからなぁ。
そんな状況にならなければ、自分がどんなものか分からないよね。

334 :本当にあった怖い名無し:2007/12/24(月) 19:59:44 ID:O92sgCKO0
ギリギリの時に、家族を犠牲や踏み台にして、
他人様に「イイカオ」をする亭主、ってのはよく聞くw

335 :本当にあった怖い名無し:2007/12/24(月) 20:49:16 ID:A6+tXsBpO
そういう話を聞いて、醜いな、浅ましいな、俺はそんな人間にならないようにしよう、と
思う人が、イザって時に咄嗟に自分本位な行動を取ってしまい
あああ(´Д`)ってなるという話だろ
生死にかかわるような事態の話だし

336 :本当にあった怖い名無し:2007/12/24(月) 23:36:18 ID:K9mcW3gB0
羽衣伝説をもとにしたレディコミなんだけどいい感じに後味悪かったので紹介

漁師のクマドの暮らす海は、数年前に隕石?が落ちて以来、
奇形の魚しか捕れないようになっていた。
ある日クマドは天女たちが水浴びをしているのを見つける。
クマドは一人の天女の羽衣を奪い、犯して妻にする。
天女はハネと名付けられた。ハネは優しく慈悲深い女で、
養父母に虐待されながらそだったクマドは初めて愛情を感じる。
ただ、ハネはいつも張り付いたような笑みしか浮かべていないのが気になった。

ハネは美しかったので、村の男たちは次々とハネに手を出した。
女たちはハネが男たちを誘惑したのだとハネを折檻した。
ある日、養父がハネを犯しているのを知ったクマドは怒りのあまり養父を殺し、海に投げ捨てた。
嫌ではなかったのか、と聞くとハネは「あなたにされたのと同じことですから」と笑みを浮かべる。
クマドは何も言えなかった。
やがて、ハネは子供を産んだ。誰の子かはわからない。ただ、眼は飛び出しそうなほど大きく、
頭ばかりが大きくてガリガリに痩せている奇形の魚に似ている子だった。

ある日、クマドの村の近くに落ち武者の集団が流れてきた。
慈悲深いハネは彼らの手当てに一人むかう。
手負いの獣と化していた武者たちは、美しく優しい彼女に襲いかかった。
クマドがあわてて駆けつけた時には、彼女はボロボロにされ瀕死の状態だった。
クマドはなんとかならないかと、土に埋めて隠していた羽衣を掘り返した。
羽衣はすでに朽ちていた。それでもそれをハネにかけてやると、彼女は傷一つない天女の姿にもどった。

「天に帰らないでくれ、子供もいるんだ、おれのことを愛してくれているんだろう」
クマドはそう呼びかけたがハネは菩薩の笑みで答える。

「あなたのことは憎んでいません 愛してもいません 何とも思っていません」

クマドは絶望のあまり絶叫した。
天女は天に昇りながら、ただ暗い地上で愛憎にまみれて生きる矮小な人間たちを憐れんで涙をこぼした。

337 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 00:22:03 ID:iIepNgux0
自分は拉致して強姦しといて
愛されてるとでも思ったのか
アホが

338 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 00:30:32 ID:8+q+yKTz0
クマドがマクドに見えた。
腹減った。

339 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 00:34:10 ID:GGhMqy160
なるほど、クマド=ドナルドか。

340 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 00:45:41 ID:hau8J5Xz0
おまえらのせいで白塗りのアフロが絶叫してるとこしか思い浮かばなくなった。

341 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 00:47:58 ID:jr0jRu56O
ドッドッドナルド、らんらるんる〜んっ♪

342 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 01:00:34 ID:GGhMqy160
><無理心中>100歳父刺され死亡 70歳長女も重傷 宮崎
>24日午後2時半ごろ、宮崎市吉村町中原甲、斎藤正行さん(100)方で、斎藤さんと長女(70)が
>血まみれで倒れているのを帰宅した長女の夫が見つけ、119番通報した。斎藤さんは死亡し、
>病院に運ばれた長女も重傷。宮崎北署は、介護に悩んだ長女が無理心中を図ったとみて調べている。
>近所の話では、斎藤さんは今年7月、市や老人会から100歳の長寿の祝いを受けた。まだ足腰は丈夫で、
>最近は家人の目を盗んで徘徊(はいかい)することが多くなり、その度に長女が心配して探し回り、
>手を引いて連れ戻していたという。長女が外出するのは、斎藤さんが家で落ち着いている時だけ。
>ほとんど四六時中、斎藤さんに付き添い、その献身ぶりは近所でも評判だった。
>今年になって、長女は心労が重なり通院したが、代わりに県内に住む姉妹や、長女の娘たちが斎藤さんの
>世話に来ていたという。今月初めに体調の回復した長女と会った人は「おじいちゃんが相変わらず
>『時計が盗まれた』などとありもしないことを言っている」とこぼすのを聞いたという。
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071224-00000054-mai-soci

70才が100才を介護っつーから天涯孤独かと思ったら、姉妹や孫達いるじゃないか。
限界来るまで知らぬ顔した結果がこれか…

343 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 02:55:08 ID:WD9L47C9O
>>336
いい話だね。
紹介するタイミングもバッチリだし。
紹介文も分かり易い。

みんな幸せに成れるかもな。

344 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 04:19:18 ID:PxQWFk9b0
>>342
長生きはするもんじゃないな。

345 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 10:47:45 ID:/mI7ua5G0
心と体、セットで健康じゃないと
長生きしても、あまり幸福じゃないよな。

PCみたいに、ベストな状態をバックアップしておいて
いざとなったら(ボケてきたら)、復旧できるといいのにな。


346 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 10:56:39 ID:QOyN3eFM0
幸せディスクをインストールしわすれました

347 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 11:02:03 ID:/mI7ua5G0
>>346
初期化してください

348 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 12:52:43 ID:tjIXeNqx0
なんでちょっと前の人間は、
長寿を幸せなことだなんて思ったんだろうな?
不思議でならない。

349 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 12:58:00 ID:sHzWBPyy0
生きることが幸せと思ってたからじゃないかな

350 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 13:04:08 ID:/mI7ua5G0
平均寿命が短かったし
延命措置なんてなかったしね。
「長生き=健康でみんな仲良く」 って感覚だったんだな。

今は
「長生き=ボケ、寝たきり」のイメージが大きいかもね。

351 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 13:18:53 ID:KrXs/R4QO
単純に難しかったからだろうな。

いい大人でも風邪こじらせただけで死ぬ世界だ。
栄養もとらなきゃいかんから財もある程度ないとだめだし、自己体調管理など努力もいる。
そしてなによりも幸運でないとだめだ。

352 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 13:42:40 ID:cxHNVO0D0
長寿で有名な沖縄の島だかなんだかわすれたけど、
ともかくその土地は裕福でもないし、恵まれた人たちが住む場所でもない。
ただみんな陽気というか、能天気というか、
あまりくよくようじうじ悩まない性格だと言う。
別の土地に引っ越したり、嫁入りしたりすると、
平均寿命は下がる。
ストレスの悪影響はすごいね、という話をおもいだすました。

353 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 13:56:51 ID:WLe8aGNP0
昔は健康や好運に加えて、衣食住の全てが揃わなければ長寿は無理だった。

つまり長寿を甘受できるのは、ごく一部の恵まれた特権階級のみで
当然、そういう階級だから一族に長寿のものが出れば、それにあやかりたいと
お祝いもしたし、また長寿のお年寄りの面倒を見る人間には事欠かなかった(使用人の仕事)

それに加えて、昔は寝たきりになったら自然に体が弱って遠からず亡くなっただろう
自力で栄養が取れなくなったり、自然呼吸ができなくなった時点で寿命だったので
周りを地獄に道連れにするような形の長寿はなかったと思われ。

もっとも、だからといって、当時のように食べていけなくなったり面倒みられなく
なったものが野たれ死ぬのはしょうがないというのもナンだしねw


354 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 14:10:42 ID:/mI7ua5G0
安楽死は必要だ!という結論になりそうだなw

355 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 14:40:16 ID:OHhCWQYd0
実際、今の一般庶民の暮らしって、昔の特権階級の人から見ても、
さらに夢のような御殿の暮らしなんじゃないか?
衣食住はほぼまかえて、冷暖房完備、蛇口をひねればお湯が出て、
おいしい食事や面白い娯楽は手ごろな値段で手に入る。
使用人がいないってだけで、それ以外の贅沢な暮しは、
現在の一班庶民レベルで手に入っているんだよね。

大昔とまではいかずとも、毎年年末年始になるたびに思うんだ、
便利になったなあ…って。
ふた昔前くらいの正月の風景って、31日までに買いもらしがあったら、
最低で1月4日まで補給が断たれた籠城戦に近いところがあった。
ほぼ全ての小売関係が完全に止まってたあの頃。
今は正月からコンビニ・スーパーが稼働して、お菓子でも食事でも
トイレットペーパーでも足りなかったらすぐ買いに行ける。

356 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 15:12:34 ID:ZPU1F3ic0
>>355
年末年始もなく働いてる人もいる、ってことも忘れないでね

でも本当御殿だと思うわ

357 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 15:22:23 ID:wgiC3NwrO
「ひもじい」って言葉を文学的表現としてしか知らないもんなあ。
じいさんばあさんの世代は実感として知っていた言葉なんだよな。

なんか申し訳ないような気がするなあ。

358 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 15:44:51 ID:VHFNf0Ll0
「七人の軍隊」とい昔のドラマ。
家族に老人ホームに入れられた孤独な老人たちが横暴な暴力団に憤り
軍隊時代を思い出し七人で戦いを挑む。
ユーモラスなタッチで進んでいたのに終盤で老人たちは殺されてしまい
最後は一人生き残った老人が入水自殺をするシーンで終わってた。

359 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 15:59:37 ID:/mI7ua5G0
>>355
ドラえもんで、そう考えたのび太が
現代の道具を持って、過去の農村部に行く話があった。
(自慢&尊敬されたかった)

しかし
マッチは濡れ、ラジオは電波がなく(当たり前w)、缶詰は缶きりを忘れ
やっぱり役に立たないのび太であった・・・

360 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 16:30:16 ID:WLe8aGNP0
>>359
そういえば昔のマンガで
ハルマゲドンが始まると予想した男が、毎日食べるものも削って
地下室を手作りし、缶詰を買い続け、周りの者が馬鹿にするのを
「けっ!何にも知らない馬鹿どもがw」とせっせと籠城の準備を整えて
いたとことろに待望?の核戦争が始まった。

俺様を馬鹿にしていた連中、ざまーみろpgr
さぁ、戦争をおかずに缶詰でも食おうか



わーーん ・゚・(つД`)・゚・
缶切り忘れたぁぁぁぁ−−−−−!



てのがあったなw

361 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 16:36:39 ID:ann9nBky0
>>358
何それ、せつねぇ。

362 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 16:56:47 ID:UmvYt5ha0
丘板的には微妙なんだけど後味の悪い話を思い出した。
サギの手口?みたいな再現ドラマだったと思う。

年金暮らしのお年寄り夫婦のアパートに 突然、孫を名乗る男がやってくる。
孫など居ないと言い張る夫婦ではあったが、毎日のように尋ねてきて
果物などを買ってきたり、冬には腹巻を置いていったりする男に
夫婦は次第に心を許し始め、家にあげて晩飯を作ってやったりするようになる。

聞けば、男の職業は銀行員だと。
「利回りの良い定期を扱っているから年金を毎月積み立ててあげる」
男は言葉巧みに老夫婦をだまし、毎月まとまった額の現金を受け取るようになる。
もちろん、サギがばれないようにと優しい言葉はかけるし
肩を揉んでやったり、爺さんと一緒に風呂に入り背中を流してやったりもする。

そんな関係が数年も続いた頃、孫を名乗る男は別のサギで逮捕された。
警官がアパートにやってくる。
警官「あの男は孫を語る手口の詐欺師です」
夫婦「わかっていました・・・。でもでも・・・
   私たちにはあのコだけなんです。お金はあげたものです。あのコは悪くないんです・・・」

と、警官の足にすがり付いて号泣する婆さんの姿でEND。


金を巻き上げられ続けていることを承知の上で孫として可愛がってた夫婦の切なさが
好きな子におごり続け、貢ぎ続ける俺とダブって

すげー後味悪い。


363 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 17:03:34 ID:GGhMqy160
>好きな子におごり続け、貢ぎ続ける俺とダブって
これが言いたかったのかw

364 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 17:15:49 ID:WCsUaQ3E0
社会心理学の実験で、「5ドルくれた人間」と、
「5ドルあげた人間」の好感度を調べたところ同じだという結果が出た。
5ドルあげたのだから、この人は5ドルの価値があると心理的補正が
かけられるらしい。自分を頼りにしてくれたというのも喜びになるらしい。
自己存在を肯定されて、自己のプライドが満たされ幸福になるそうだ。

だから男はキャバクラの女の子に貢げば貢ぐほど好きになっていく。
ホストに貢ぐ女もしかり。
かなしいねぇ。

365 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 19:41:37 ID:Bbx6CoA20
何の理由もなく5ドルくれるやつの方がよっぽど気持ちが悪いと思うんだが…

366 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 21:12:05 ID:wBQK41Qn0
もらおうがあげようがシチュエーション次第だろ

367 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 22:52:39 ID:ann9nBky0
>>362
その老夫婦も貴方も、承知の上で
お金で人間関係を買っているのだから
それこそ風俗と同じで、別に後味悪くない気がする。

368 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 22:59:35 ID:EQ8pw/uX0
>>367
入れあげてた風俗嬢がポリに連れて行かれたら後味悪いだろうが。

369 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 23:14:05 ID:CT1CP2c00
>>358
それでは全然内容伝えてないだろ。
リーダーは森繁、老人たちが悪に立ち向かう話のように
思わせといて、実は森繁が他の老人たちを死なせ、
保険金を独り占めして女(八千草薫 当然当時すでに
老女)と幸せに暮らそうと画策していた事が分かるが、
実は女が一枚上手で金を持ち逃げされ、森繁は
「突撃〜!」とか言って海に入っていくシーンで終わり。
新聞の投書でも「老人いじめにしか見えなかった」と
叩かれてた。

370 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 23:17:58 ID:I8ABcFM70
>>358
なんか小説で前半だけ読んだような気がする。
老人ホームにボランティアで来てた優しい娘を孫のように思っていたのに、
暴力団がその娘をレイプだか輪姦だかして、娘が死んだのがきっかけだった
かな。

そんな結末だったんか。
小説の中でくらい、暴力団だのヤクザだのは苦しんで恥辱の果てに滅びれば
いいのに。
つか現実でも死ね。

371 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 23:18:52 ID:I8ABcFM70
うわあ、全然違った。

372 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 23:33:06 ID:EpjJDmOn0
>>364
イイ事教えてくれてありがとう!

俺、明日大好きな子に
「百万くれ」って言ってみるよ!

373 :本当にあった怖い名無し:2007/12/26(水) 00:03:09 ID:xMapTXEm0
>>372
その寒いジョークのセンスからすると君には1円の価値もないと思うが。

374 :本当にあった怖い名無し:2007/12/26(水) 01:07:56 ID:cuu6tqPz0
>>372
いきなり100万だと拒否られるので、最初は1円から、毎日1円ずつ増やして
いくと、彼女の抵抗もないんじゃないかな。1年で365円、10年で3650円。
君の価値はこんなもんじゃないだろうか。

375 :本当にあった怖い名無し:2007/12/26(水) 01:25:17 ID:XQUz+I090
うん、一日毎に一円ずつ増やしていくんだね。
それなら無理なくできるもんね。わかった。
もちろんあなたからも一円頂戴ね。
私には一日毎に倍にしてくれたらいいから。
私を好きならできるよね。

376 :本当にあった怖い名無し:2007/12/26(水) 01:27:13 ID:cuu6tqPz0
>>375
いやお前のこと嫌いだから無理
金くれるなら好きになってやる

377 :本当にあった怖い名無し:2007/12/26(水) 01:32:33 ID:XQUz+I090
ありがとう、実は私もあなた嫌いなの。
一生近寄らないでね。

378 :本当にあった怖い名無し:2007/12/26(水) 01:47:10 ID:KDyC2v/iO
一日目は一円、次の日から倍にしていくと、一年でいくらになるの?
私バカだから計算の仕方すらわからない。

379 :本当にあった怖い名無し:2007/12/26(水) 01:57:00 ID:5IdRtx7gO
>>378
関数電卓で2^365を計算する……で良いのかな?
一月でヤバい事になるはず

380 :本当にあった怖い名無し:2007/12/26(水) 08:24:10 ID:/Xxkqggy0
>>374
うるう年が入ってないのが後味悪い

381 :本当にあった怖い名無し:2007/12/26(水) 09:25:33 ID:x+4ZdUeJ0
>>379
初日は一円だから2^364では?
来年のことを言ってるならスマソ
ついでに最初の一ヶ月、総額は1073741823円になる
そんなのをポンとくれる人がいたらホラーだな

382 :本当にあった怖い名無し:2007/12/26(水) 10:15:25 ID:w9lujmGH0
ってことは
一円から初めて、次の日から倍々に貯金していけば
一ヶ月で、総額1073741823円も貯金できるってことだな。

いい事を聞いた、さっそくはじめよう。

383 :本当にあった怖い名無し:2007/12/26(水) 10:18:50 ID:diETin+50
金のかかる恋人がいると、何か嫌な事があっても
「あれだけ金をつぎ込んだと思うと別れるのは惜しい」
という心理が出てくると聞いた事がある。

384 :本当にあった怖い名無し:2007/12/26(水) 11:10:01 ID:Cx3AvB5Y0
>>383
恋愛にしろ何にしろ、間に金をからめるからおかしなことになるんだよな。
ということは、金がなければ万事うまくいくわけだ。
よし、お前らの金、俺がまとめて処分してやるから全部よこせ。

385 :本当にあった怖い名無し:2007/12/26(水) 11:24:11 ID:w9lujmGH0
>>384
つD

386 :本当にあった怖い名無し:2007/12/26(水) 11:38:50 ID:J80wH9/x0
>>384
つ@@

387 :本当にあった怖い名無し:2007/12/26(水) 12:07:04 ID:5IdRtx7gO
>>381
うん、引き忘れだ
一ヵ月でも凄いな

388 :本当にあった怖い名無し:2007/12/26(水) 12:33:45 ID:MkbX8HbG0
「百万頂戴」
「はい。どうぞ」
ってくれても怖いなw

389 :本当にあった怖い名無し:2007/12/26(水) 19:29:40 ID:Cj6vpijUO
年末になるといつもよりいっそう金が欲しくなる…

390 :本当にあった怖い名無し:2007/12/26(水) 19:31:43 ID:g0cjlHrZ0
なんだよこの流れw

391 :本当にあった怖い名無し:2007/12/27(木) 01:30:33 ID:xnJWeZRp0
足し算を忘れていると思うが、マジレスよくないと思うし

392 :本当にあった怖い名無し:2007/12/27(木) 03:30:41 ID:XGY1idyBO
3万でいいからくれ

393 :本当にあった怖い名無し:2007/12/27(木) 04:57:51 ID:j/TGyKMf0
ひとつだけちょうだい

394 :本当にあった怖い名無し:2007/12/27(木) 05:40:35 ID:UR0P6p+50
>>381

2^0+2^1+2~2+…+2^(n-1) = (2^n)-1

ひと月後は(2^31)-1=2147483648-1=2147483647円じゃないの?


395 :本当にあった怖い名無し:2007/12/27(木) 05:46:21 ID:+nNucrL90
>>394
数式の一部が顔文字に見える……orz



396 :本当にあった怖い名無し:2007/12/27(木) 06:09:15 ID:UR0P6p+50
>>394
一部おかしいので訂正↓わかってる人にゃどうでもいいけど。

2^0+2^1+2^2+…+2^(n-1) = (2^n)-1

というか30日計算でした、っていうならスマソ>>381

>>395
1=1 ^ 0 ^ 1=1

397 :本当にあった怖い名無し:2007/12/27(木) 08:42:54 ID:nsb8EhKnO
朝からオナニーしてしまった。
気持ち良かったけど、これで一日だるいのかと考えると後味悪い。

398 :本当にあった怖い名無し:2007/12/27(木) 09:07:35 ID:dwtrXAYO0
朝オナニーすると1日だるい人なんているんだ。
読んでる女性の方、男はそういうもんだと
思わないでね。

399 :本当にあった怖い名無し:2007/12/27(木) 09:13:47 ID:nsb8EhKnO
目が乾いてきて、下半身もだるくなる。頭もボーっとする…。
女性の方、男性の朝オナニーや朝だち利用した朝からセックスはさせないで…息子がしてたらお母さんは止めてあげて。男をダメにする…。
ああ、眠い…。クソッ後味悪い。

400 :本当にあった怖い名無し:2007/12/27(木) 10:24:35 ID:AXHuomjI0
いや。普通にだるい。眠いしイライラする。
朝からするもんじゃないなーと思う。


401 :本当にあった怖い名無し:2007/12/27(木) 10:26:58 ID:yoFx0zJw0
なんか腰に力入らなくなるよな

402 :本当にあった怖い名無し:2007/12/27(木) 11:17:51 ID:PGC1sBOQ0
よくわからんが年だからじゃないの?

403 :本当にあった怖い名無し:2007/12/27(木) 11:20:12 ID:nsb8EhKnO
>>402
歳関係ねえよ。オナニーで体力と気力使わないなんて人間じゃない。
ああ、後味悪い!

404 :本当にあった怖い名無し:2007/12/27(木) 11:32:29 ID:RKsfcv6y0
俺もさっき寝起きでしたけど、>>397が言うほどの衝撃はないぜ。
まだ23だからかもしれんけど。

405 :本当にあった怖い名無し:2007/12/27(木) 12:08:46 ID:r/7uTZ96O
こいつら、どんだけ精液薄いもやしっ子なんだよ

406 :本当にあった怖い名無し:2007/12/27(木) 12:17:46 ID:nsb8EhKnO
>>405
阿呆かお前。
むしろムキムキやし、汁ドバドバ出たっちゅうねん。
部屋中栗の花の匂いがするわ。安らぐアロマみたいだ。
でも下半身だるい。目が乾く、頭が重い。朝からオナニー後味悪い。

407 :本当にあった怖い名無し:2007/12/27(木) 12:24:56 ID:UR0P6p+50
ていうかそりゃ後味悪い話じゃなくて気分が悪くなった話だろうがw

408 :本当にあった怖い名無し:2007/12/27(木) 12:42:50 ID:k7ZdQyL10
オナニーくらいで何故そんなに消耗する?

409 :本当にあった怖い名無し:2007/12/27(木) 13:14:39 ID:Zdxk3X8P0
うっかりするとセルフマーダーな
方法を思い浮かべてしまった。

410 :本当にあった怖い名無し:2007/12/27(木) 13:30:11 ID:C8cdU0QM0
>>408
始めると猿のように止められなくなるから

411 :本当にあった怖い名無し:2007/12/27(木) 13:52:01 ID:nsb8EhKnO
>>408
体力使わないんだったら、何するにしても気力入れる儀式としてやりまくるわ。
>>410
一応言っておくが、猿がオナニー止められないというのは都市伝説な。

412 :本当にあった怖い名無し:2007/12/27(木) 14:13:41 ID:C8cdU0QM0
>>411
良かった、ズリ過ぎて死んだ猿はいなかったんだ

413 :本当にあった怖い名無し:2007/12/27(木) 14:32:29 ID:Y/wyleHAO
そんなに消耗するのはやり方がおかしいよ
右手で5回コスったら左手で先端を3回ビンタする方式でやらないと

414 :本当にあった怖い名無し:2007/12/27(木) 14:57:25 ID:2S3A9AUy0
>>413
やり方がよく分かりません。模範演技を動画で見せて下さい。

415 :395:2007/12/27(木) 15:13:21 ID:+nNucrL90
>>396
> 1=1 ^ 0 ^ 1=1

……。
……。

_| ̄| . . ....○ コロコロ

416 :本当にあった怖い名無し:2007/12/27(木) 16:04:31 ID:l3y6MZSJ0
>>413
ジョイステックでコマンド入力!?

417 :本当にあった怖い名無し:2007/12/27(木) 16:08:41 ID:XNYiZzAL0
オナニーで目が乾いたりするか・・・?
単なる脱水症状のような気がするが、汗かきまくってるんじゃない?
ドバドバ出るのは羨ましいwどんだけ気持ちいいオナニーしてるんだw

418 :本当にあった怖い名無し:2007/12/27(木) 17:08:37 ID:fburprNO0
オマイら、オナニーねた引きずりすぎw
野間美由紀作の短編漫画 「フェイド・アウト」
大分前に読んだきりだけど、かなり暗くて後味悪なんで、うろ覚えだけど
書いてみる。

主人公の男子高校生は、幼稚園の頃まで住んでいて引越した街に戻ってくる。
主人公の近所には同じ年の双子の姉妹が住んでいて、よく一緒に遊んでいた。
姉妹は顔はそっくりだったが姉は勝気で活発、妹は大人しい性格で、
主人公は姉の方に恋心を抱いていた。主人公はその街を離れても姉のことを
忘れたことはなかった。
主人公はその街に戻ってすぐに姉と再会し、互いに恋心を抱いていたことを知り、
幸せをかみ締める。しかしまもなく、主人公は信じられない話を聞く。
双子の姉は幼い頃に交通事故で死に、今生きているのは妹だけだと言うのだ。
「しかし自分が姉を見間違えるはずがない、彼女も自分は姉だと名乗ってた。」
主人公が姉を問い詰めると姉は真相を語った。昔から家族は勝気な自分を
疎んじて、大人しい妹ばかりを可愛がってきた。嫉妬から自分は妹をトラックの
前に突き飛ばして殺し、自分が妹に成りすまして妹として生きてきた。
だからあなたがいると困る。と言うと姉は主人公をナイフで刺す。
倒れる主人公を前に姉は「でも、あなたが私と分かってくれて嬉しかった。
妹が死んだ時、家族は「こんなこと言ったらなんだけど、死んだのが姉の方で
よかった。」と言ってたのよ。今は家族に愛されているけど、でも私自身を
愛してくれているわけじゃない。それって悲しいわよね」と言い、去っていく。
主人公は姉の願いどおりにしてやろうと、自分に刺さったナイフを更に深く
突き刺す。

嫉妬で妹を突き飛ばして殺した挙句、自分自身を愛してくれた主人公まで
刺して悲劇のヒロイン気取りの姉、ヒドス。でも双子故の悲劇って、
漫画だといくつか思い当たるなあ。

419 :本当にあった怖い名無し:2007/12/27(木) 18:03:00 ID:t/rIc/w60
ジャンプの読みきりに似たような話あったな

420 :本当にあった怖い名無し:2007/12/27(木) 18:31:11 ID:5NdDMQ180
双子ってきたら大体、入れ替わりかテレパシーネタってのが相場だからな。

421 :本当にあった怖い名無し:2007/12/27(木) 20:26:55 ID:nsb8EhKnO
>>418
スマン、オナニー後が日常で俺が1番後味悪いと感じる瞬間なんだ…。

女性作家って後味悪い自己中書かせると上手いよね…。

422 :本当にあった怖い名無し:2007/12/27(木) 20:36:34 ID:iKaXu2lrO
そんな身勝手さに殉ずる男は後味悪いな。自分を刺すような
女より大事な物くらいあるだろ普通。死に方にしても究極に
くだらねー部類だな。死を前にすれば自己陶酔なんぞぶっとぶ
だろうに。

原文にはすげー深い男女の絆とか、男は学校でいじめられてて
女以外は生きてる理由がないとかあったのかな?
どちらにせよ納得できるもんじゃないが。

>>418
堪能しました。ゴチです。

423 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 00:20:51 ID:aG6/7Sag0
納得できない、もやもやするから後味が悪いっていうんじゃね
でも納得できても後味悪いっていうのはあるよな、ふしぎ!

424 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 01:20:01 ID:RY37/pknO
後者のほうが難易度高いね

425 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 01:36:06 ID:eRPR7hbBO
冷たい方程式みたいに、ロジカルな展開が必要だもんね。

426 :1/2:2007/12/28(金) 03:36:53 ID:9HjREj3f0
保守がてら投下。萩尾望都の短編漫画、帰って来た子(だったか?)。
人によっては後味悪くないかも。内容はうろ覚え。詳しいひと補完ヨロ。

主人公の少年は、何年か前の夏休みに弟を事故で亡くす。
だが母親は、まるでそこに弟がいるかの様に生活を続けている。
少年と違い、身体が弱く手がかかる弟を溺愛していた母。
季節ごとに服を揃え、本を揃え、おもちゃを揃える。
少年はそんな母親の行動に、積極的に参加しない代わりに、否定もしない。

少年の後ろを、いつもついてまわる弟だった。
そんな弟が疎ましく、少年は強引に踏切を渡る(この辺うろ覚え)。
弟は兄を追いかけ、列車に跳ねられてしまった。
少年は罪悪感を抱いたまま暮らしている。

ある日、少年は耐えきれなくなって家出する。必死になって探す両親。
発見された少年が言う。「僕が死ねば良かったんだ」
「2人ともそう思ってるんでしょう?」そう尋ねる少年を、父親はビンタする。
「馬鹿だな、馬鹿だなー」そう言って少年を抱きしめ、涙をこぼしながら頭を撫でる父。

母は言う。寂しくてつい、そこに弟が居る様に振る舞ってしまった事。
そうする事で弟がまだ生きている様に思えた事。だけどそれは妄想で、弟は居ない。
寂しい思いをさせてごめん。苦しませてごめん。あなたの気持ちを考えなくてごめんなさい。
そう言って母も少年を抱きしめる。

家族は落ち着きを取り戻し、現実に向かって歩み始める。
母親は弟の死を認め、もう弟がそこに居る様には振る舞わなくなる。

427 :2/2:2007/12/28(金) 03:38:33 ID:9HjREj3f0
少年が学校から戻って来る。もう居ない筈の弟が玄関の前に
ランドセルをしょって立っている。「お兄ちゃん」「お兄ちゃん」
そう言って、昔と変わらず笑っている。
家に入った少年が言う。「母さん、弟が居たよ」
母は寂しそうな笑みを浮かべ、少年の優しさを労る。
「本当に居たんだ、帰って来たんだよ」少年はそう言って涙を流す。

…これで終わりなんだが、最初の頃、母親と少年のまわりには
母親が話す通りの弟の姿が描かれている。
けれど、母親には見えていない様子。少年には見えていたのかは不明。
(見えていた様な描写があるにはあるが…母親に感化されて見ていた幻想?)
母親が弟の死を認めると、弟の姿は消える。
で、ラストに姿を現すが、成仏した様な描写は無かった。弟はなんで出て来たの?

これはホラーなのか?それとも思春期特有の不安定な精神を書いているのか?
家族愛の物語?カタルシス?

読解力が無いだけかも知れないが、読む度に不安になる作品だった。

428 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 03:40:16 ID:9HjREj3f0
ごめん。成仏した様な描写は無かった、は余計だな。
でも「さよなら」でもなんでもなく「お兄ちゃん」なのが謎。

僕はここに居るよー!忘れないでよー!にしては
屈託の無い、明るい姿で書かれていたし<弟
これが山岸涼子なら「こえええ!」で終わりなんだが。

429 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 03:59:53 ID:pRAkmSYm0
>>427-428
どっか読み違えてるんじゃないか?
後味悪いっていうより意味不明。

430 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 09:57:46 ID:/Wrh54/j0
母親が弟の妄想にとらわれてることが兄の罰だったのに、
それが許されてしまったから、今度は兄の精神の均衡が崩れたんじゃない?

431 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 11:17:26 ID:m+BdFCOZ0
さんざんガイシュツだとは思うが、楳図かずおの『おろち』

連作中、後味のいい話を探すのが難しいくらいだが「骨」のラストは後味悪い。
あと「眼」もヒロインは無事だったものの、後を引く終わり方だったなぁ。


432 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 11:53:54 ID:dncRCk3Z0
>>431
>>1


433 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 12:03:07 ID:m+BdFCOZ0
>>432

まとめ下手くそなんでリンクで勘弁してちょうだい

ttp://polaris.rati.info/orochi/

434 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 12:33:58 ID:dncRCk3Z0
>>433
とりあえずありがとう。

後味の悪さを体験したいけど、字間があいててちょっと読みづらいw

435 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 13:33:13 ID:1Nu6ve7gO
リンク先読んだが、説明があっさりしすぎて後味どころか、味すら感じない

436 :こむぎやき:2007/12/28(金) 14:22:33 ID:iMYf/9N7O
レディコミから

妻と死別し男の子を一人持つ男性と結婚した主人公。
夫となった男性は優しく、幼い継子も主人公に懐き慕ってくれている。
幸せと思える結婚であった、ただ一点を除いては…。

それは継子の祖父母、前妻の両親の存在であった。
新婚家庭であるにも関わらず、彼らは毎日のように主人公の家にやって来ては、
継子の事にやかましく口出しし、当然の事のように家族の食事に加わったりと我が家の如く振舞い干渉する。

孫かわいさに義息子家庭と一線を画すことの出来ない祖父母と、主人公はやがて継子の躾を巡り対立するようになってしまう。
思うように振る舞えなくなった祖父母は、娘が亡くならなければ孫ともっと一緒に居られたのに、
いやあの嫁が来なければ…と、恨みを主人公に向ける。

一方、主人公のストレスを目の当たりにしながらも、再婚するまで子が世話になっていたという負い目があり、
祖父母に強い事を言えなかった夫も主人公の妊娠を機に祖父母に対し距離を置く事を決意、宣言する。
やっとの思いで祖父母の干渉から解放されたのであった。

主人公の妊娠は兄弟が出来ると継子も喜んでくれた。
目立つようになったお腹をさすりながら新しい家族を思いしみじみとした幸せに浸る主人公。
突然そのお腹めがけ、バットが振り下ろされた。
傍らに立っていたのは、小さな両手でバットを握りしめ青ざめた顔をした継子であった。
何故と問う暇もなく何度もバットは振り降ろされ、主人公の足元に血溜まりが広がっていく。

…赤ちゃんが生まれればお前は捨てられるんだと、主人公への憎悪に凝り固まった祖父母に吹き込まれての凶行であった。


437 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 14:45:34 ID:eRPR7hbBO
うぎゃ

祖父母がシラを切ったり
「まさかこんな子だとは」とかてのひらかえすシーンが
浮かんで後味悪いです。

438 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 15:46:35 ID:mLqXxtFn0
久々の良スレ

439 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 16:50:53 ID:+75eASJw0
さすがレディコミは後味悪くていいな!
そんなレディコミ系からひとつ。

舞台は清朝末期中国。裕福な家庭に二人の娘がいた。姉は正妻の娘、妹は妾の娘。
政府高官の父はパリにいって娘たちに土産を買って帰る。
その中にあった西洋の手鏡をみた侍女が、娘たちに鏡占いの話を教える。
深夜に鏡を覗き込むと自分の将来が見えるというのだ。
そのとおりに鏡を覗き込む娘たち。しかし妹は子供がいて
身なりもよく幸せそうなのに、姉はやつれてみずぼらしかった。
占いに不安を覚えつつも、こんなの当たりっこないと否定する娘。
ほどなく姉には名門の御曹司からの縁談が舞い込む。
妹は妾腹なので、ほどほど中流の縁談。それぞれつつがなく嫁ぐ娘たち。
ところがほどなくして、父親のもとに、婿さんを国の将来のために
留学させないかという話が持ち込まれた。西欧文明を軽く見ている父親は
乗り気ではない。しかし大臣からの命令なので断れない。
やむなく、中流の婿さんである妹娘の夫が留学に行かされることになった。
しかし、結局のところ清朝は崩壊し、従来通りの勉強しかしてこなかった
姉娘の夫より、留学して新しい学問を修めた妹娘の夫の方が出世することになった。
父親も姉娘の夫も没落し貧しい暮らしとなった。そんな家族を助けるため、
妹娘は夫に頼んで実家を買い取ってもらい、一緒に暮らすようになる。
見下していた妾腹の妹に養われることに屈辱感を感じる姉娘は、
頼りにならない夫を見限って、妹娘の夫を誘惑することにした。
しかし全く相手にされない。むかついた姉娘は、隙をついて妹娘の
殺害をもくろむも、失敗して家を追い出されましたとさ。
そして妹娘と夫は仲良く暮らしましたとさ、で終わり。

どこが後味悪いのかって?
…このまま時代が進んだら、文化大革命だよな、留学帰りの夫なんて
いい標的だよな、と思った自分が後味悪いです。ハイ。

440 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 17:19:09 ID:eRPR7hbBO
>>439
しかし後のトウショウヘイ(16歳でフランス留学)は
4度の失脚と自称超能力者の暗殺未遂を切り抜け、
したたかにトップの座を守り続けた。

441 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 17:50:16 ID:VOZPYYwf0
誰の作品だか忘れたけど少女マンガだったと思う。

確か主人公は精巧なアンドロイドで、なんでも屋みたいなことをしてヤバイ仕事も
引き受けているんだったと思う。
あまりに精巧に作られてるので食欲を感じて食事もするし、しないとやせ細ると
いうくらいの超人間的仕様。
誘拐された女の子を助ける、とかそんな依頼で向かった惑星のジャングル内で
遭難してしまった彼は、カニバリズムをタブーとしない種族の少女と出会う。
確か我が身ひとつで獲物を狩って殺すというすごいワイルドな子だったと思う。
最初は主人公もカニバリズムや狩猟という野蛮な行為に恐れや嫌悪を感じるが、
彼女たちの種族にとって命を奪って食事するということはとても神聖な行為だった。

生命を糧としていただくときは長い祈りを捧げるしその様を人には見せない。
その子の父親を食べて母親は彼女を産み、母親も彼女の糧となって命となって
受け継がれていく。そして彼女もいつか誰かに我が身を捧げて命を引き継がれるのが
望み。無駄死にし朽ちていくほど彼女らにとって救われない、恐ろしいことはない。
そこで彼女たちが引き継いできた(糧にしてきた)命も終わってしまうから。
いつか愛する人が出来たとき、その身を捧げることが出来るのが至上の喜び。

442 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 17:50:37 ID:VOZPYYwf0
そんな文化を知らない主人公は彼女に食料を分けてあげたことでプロポーズされた
と見なされてしまう。明るく純真な彼女につきまとわれ、次第に親しくなっていくが
主人公は敵組織に捕まり身動きの取れない状態になってしまう。
そんな彼を助けに来る少女。自分の手では彼を助けられないと判ると、食事を与えら
れずにやつれている(仕様です)彼に、「待っていろ、きっと助けを呼んでくる」と
言い残した少女は彼が飢え死にしないように自分の片腕を切り落とし、与えていく。

もちろん彼には人の腕は食べられなかったし、食べても栄養になるわけではない。
朦朧としたまま腕が朽ちていくのを眺めるうち、結局味方の組織の救援が来て
主人公は救出される。
その後を良く憶えていないのだけど、燃えるOR壊滅するその一帯からヘリで脱出する
ときに彼女の姿を発見し、ヘリで同様に助け出そうとする。
なんとかヘリから降ろした梯子だかロープだかに掴まらせることに成功する。
しかし彼女は主人公を救出しようと必死に動き回って弱っており、その弱った身体を
支える腕は一本しかなかった。
力尽きようとする彼女は主人公を見つめて、「あの腕を食べた?ちゃんと食べてくれた?」
と尋ねる。答えられない主人公を前に、力尽きた彼女は落ちてゆく。

443 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 17:52:11 ID:VOZPYYwf0

うろ覚えなので知っている方がいたら補完してください。
最後落ちていく少女の絶望感が後味悪くて悪くて。

444 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 18:10:01 ID:YTfL5Xhp0
ぼっ亀した

445 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 18:12:11 ID:D+lS8+lW0
清水玲子の漫画だと思う。
タイトルは失念したけど、
少女は狩猟民族だから片腕をなくしたら生きていくことはできない、
でもそうまでして与えてくれた腕はアンドロイドである主人公にとっては何の意味もないんだよな

しかも主人公がガチホモなんだよな

446 :こむぎやき:2007/12/28(金) 18:21:35 ID:iMYf/9N7O
>>443
題名は覚えてないが、清水玲子(輝夜姫、月の子とかの人)の漫画なのはわかった。


447 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 18:39:52 ID:6qlczBahO
>>445
ガチホモワロタw
なら大して後味わるくねーじゃん。

448 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 19:15:27 ID:fmj0BQ5nO
多分その漫画は清水玲子の「20XX」。
そして主人公(ジャック)はガチホモではない…はず。
彼の恋人は男の子じゃないよ。(ロボットなので性別がない)

そしてこの「20XX」ですが、
ルビイ(狩猟民族の少女)を死なせてしまった上に
腕も食べてあげられなかった、よしんば食べていたとしても
アンドロイドなので命を引き継ぐこともできない(栄養にならない)
という事実に絶望したジャックは、帰国後自ら仕様変更を申し出、
ごはん食べないロボになったというオチです。

この作品のテーマはたぶん
「食べ物を粗末にしてはいけません」じゃないかと思っている。

449 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 19:53:20 ID:jBV1V2IA0
>>448
意味が解らんw
御飯を残す子供に聞かせる話じゃ絶対に無いぞw

450 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 20:05:41 ID:ab+9FY6O0
親切を押しつけるとよくない

451 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 20:09:16 ID:pRAkmSYm0
できるなら最初から食べないロボットになっとけよw
つか食べ物もらえないで弱るくせに肉は栄養にならないとかイミフだな。

452 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 20:09:22 ID:507M3aR30
おい、誘拐された少女は?食べちゃった?

453 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 20:28:43 ID:fW2YueNG0
既出かも知れないけど鉄腕アトムから一つ。

人間はほぼ絶滅し、ロボットが主人となった世界。
人間である主人公は、命を賭けた剣闘士としてロボットの目を楽しませるために生かされていた。
だが、ロボットの言う通りに生きることが嫌になり、同じく人間の女性と手に手を取って逃げる。
そして追われに追われ逃げるうち、博物館で「人間の味方」アトムを発見し起動
事情を知ったアトムは二人を助け、無人島に逃げ延びる。
しかし、今度は警察ではなく軍隊がその島までやってくる。

アトムは二人を守るために、軍隊を相手に戦いに赴く前に言う。
「人間とロボットが愛し合えるなんて、素晴らしい事です。いい時代になったようですね。何とか食い止めて見せますよ。」
恋人は実はロボットだったのだ。
アトムが去った後、主人公は彼女を殺し、アトムでも食い止められなかったロボット軍を相手に銃一本で突撃し、死ぬ。
西暦にして〜〜年頃の事である――という話。

この話だけでなく、アトムには色々な最終回がある。
しかし手塚先生は悲劇を描かせると凄い物が出てくるなあ。
後味はそこまで悪くないから書かないが、「地球を呑む」の畑を耕してた婆ちゃんの話とかも凄いね。

454 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 21:15:03 ID:0pobqBg8O
>>448
22XXですね

455 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 21:32:12 ID:wy4YQfPt0
>>448
清水玲子のジャックとエレナのシリーズの
エピソードのひとつですね<22XX
この作品以降新エピは出たんだろうか?


このシリーズ結構好きだけど、他のエピも
考えようによっては後味の悪いオチが多いような気が。




456 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 22:41:03 ID:AKVpEsWS0
確かジャックは自分をロボットだとは知らなくて、
一緒に閉じ込められた同僚が餓死しても自分は生きているってことで
ロボットだったんだって気付いてた。
で、ロボットだって気付いていなかったから同僚と最後の食べ物を分け合ってた。
その食料を全部人間である同僚が食べてたら同僚は死ななくてもすんだかも…という要素もあった。
余計後味悪い。

457 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 23:23:38 ID:XUJQipZO0
あー、そんで死んだ同僚の友人だかがジャックに復讐しようとして飢えさせるんだったか。
ルビィはそれに巻き込まれる形で無駄に命を落とし、ジャックは「食べたいものは彼女の腕
だけ」と、叶う事のない渇望を抱いたままで生きると。

「食べられることが自分の魂を繋げていくこと」「食べられなかった者は魂を繋げることが
出来ずに朽ちる」という宗教のルビィが、食べてもらえなかったことを知って絶望の表情で飛
行機から落下していく表情が忘れられん。

永遠に満たされることのない餓えを抱えてしまったジャックが、「こんなマズイ物食べられな
いしー」とか、気軽に食べ物を捨てる人間を見つめるラストも後味悪かった。

458 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 23:46:12 ID:wy4YQfPt0
>>457
ジャックに復讐しようとしたのは死んだ同僚の弟。
一連のシリーズ物の第一作でジャックが自分がロボットだと
解るシーンが出てくるんだけど、この話とは全く別の話なんで
パラレル設定なのかな?

いずれにせよシリーズの中でも後味の悪さ最強だな。

459 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 23:48:09 ID:ys0HpENr0
みんなして物凄い勢いで清水玲子していくスレ!
素晴らしいw

460 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 23:49:57 ID:X1cD9U0Y0
清水玲子の連載作品は後味悪いよなー。

「月の子」も、ハッピーエンドに見えるが後味が悪い。

チェルノブイリの原発事故が「この事故がきっかけで地球の全てが滅亡に
進む恐ろしい事柄」として予言されていて、なんだかんだで結局事故を回避
できて、主人公の女の子は好きだった男と上手く行ってハッピーエンド。

最後の最後で、女の子が原発事故や天安門事件のオゾンホールの拡大の
夢にうなされて飛び起きて、男が「それはユメだよ。もう一度よく眠って、もう
そんなこわいユメは忘れておしまい」と言っておしまい。

いや、そんなこわいユメが現実である私達はどうすればいいってのよ?



461 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 23:52:00 ID:Sp8hOcrW0
で、あれだ。
ヒロインが落っこちたところは食人族の死体捨て場。
食人族には誰にも食べれもらえないことが最大の恐怖。
だから罪人は食べられずに死体捨て場に捨てられる。
ヘリは真上を通っちゃってヒロインは恐怖で力が抜ける。
一番忌むべき場所で死んじゃうんだな。

この頃の作者はいいSF描いてたよなあ…

462 :本当にあった怖い名無し:2007/12/29(土) 02:04:34 ID:QGiS4Y/fO
読んでみたいんですがシリーズの中の一話なんですよね?シリーズ(作品)名はなんというのですか?

463 :本当にあった怖い名無し:2007/12/29(土) 02:23:52 ID:Riw0TMk/0
ジャック&エレナ

464 :本当にあった怖い名無し:2007/12/29(土) 03:39:53 ID:3i6SErXwO
>>433
おろちの「姉妹」が今度映画化されるんだが、なぜか設定が18歳じゃなくて30歳になってるのが後味悪い。
しかも絶世の美女姉妹の役が木村佳乃と中越典子。
この二人は美女ではないだろう…

465 :本当にあった怖い名無し:2007/12/29(土) 04:46:48 ID:eG/eSe4k0
そのツッコミはやめてやれよw
絶世の美女なんてリアルにはいないんだから
そう言う「設定」だと思って見ればいいのさ

466 :本当にあった怖い名無し:2007/12/29(土) 07:12:12 ID:2JsgWsvr0
>>464
30歳って…
なんとか家の女でなくても、30過ぎれば醜くなっていくだろうに。
争う必要ないじゃん…

467 :本当にあった怖い名無し:2007/12/29(土) 08:46:35 ID:ytLWUSCv0
>>465
美女でなくても18歳超えた瞬間に醜くなるのと
30歳超えた瞬間に醜くなるのでは重さが違う…

468 :本当にあった怖い名無し:2007/12/29(土) 10:19:02 ID:H9s6TFL90
>>462
シリーズの中の一話というより、シリーズのキャラを流用したパラレル作品
なので、他のシリーズを読む必要はないよ。
「22XX」を読むだけでおけ。

469 :本当にあった怖い名無し:2007/12/29(土) 13:51:36 ID:R+ffQ9eS0
>>464-467
「姉妹」のあらすじ教えて。
>>433見ても簡単すぎてイマイチわからん。

470 :本当にあった怖い名無し:2007/12/29(土) 13:56:20 ID:BOYgSRZY0
姉妹は「若さの絶頂期の18才で、これからもより美しく成熟するであろうはずが
もう後は醜いどころか人間にすら見えるかどうか…」が肝だしな。
ピークが30才じゃ、普通にそこらにいる人らもほぼそうじゃんね(容姿崩壊に限れば)。
つーか、30前でも既に…な人も結構いるっつうのに。
その二人の女優を起用したいが為だけに
その設定変更したんじゃないだろうな。
しかも、何かああいう「絶世の美女」な役って、
各自好みがあるし誰が配役でもいまいちだけどその二人はちょっとな〜。

471 :本当にあった怖い名無し:2007/12/29(土) 15:19:35 ID:5ZbFjj7g0
>>461
食人族は学校で見た
ビデオの調子が悪く、おまけに時間の都合もあって途中までしか見てないけれど
記憶にあるのは、毒蛇に足を噛まれた人を助けようと仲間たちが足を切断したシーン
あれはかなりトラウマになりました

472 :本当にあった怖い名無し:2007/12/29(土) 15:23:01 ID:5ZbFjj7g0
>>464
まあまあ、落ち着きなさい
うめずかずおの漫画に出てくるヒロインは決して美女という顔ではないしww
描写では美女扱いだろうけどさww

473 :本当にあった怖い名無し:2007/12/29(土) 16:40:41 ID:2JsgWsvr0
>>469
おろちっていうのは主人公の少女の名前。
なんか超能力のような魔法のような不思議な力を持ち、歳も取らない。
(なんでそうなのか作品中に説明はなかったはず。とにかくそういう人)
色んな人々の生活を覗いたり、気になった人の成長を見守ったりしてまわってる。

で、そのおろちがある豪邸に雨宿りに入り込む。
その家には美しい姉妹が2人で暮らしてたが、2人は18歳を酷く恐れている。
その家のお手伝いになったおろちは屋根裏に人間とも思えないような怖ろしく醜い女性が隠されているのを知り、
「竜神家の娘は18歳までは誰がみても美しいが18歳から怖ろしく醜くなっていく。
隠されている女性は姉妹の母親。2人は姉のエミが後1月で妹のルミは後1年で18になる。
18になったら2人も母親のように醜くなって隠れて暮らす」と聞かされる。
哀れに思ったおろちは2人が死ぬまでそこで暮らして見守ってやろうと考える。
ある日、姉のエミが18になる前に恋人に別れ話をしに行っている間に、母親が危篤状態になる。
おろちがエミを探している間に母親は妹のルミに何かを言い残して死んでしまう。
ルミは「母は姉は竜神家の娘だが、妹の自分はよその子供で竜神家の娘ではないと言い残した。
自分は姉のエミが可愛そうなので、ずっと姉の側にいてどんな我侭も聞いてやる。」と言う。
美しい2人姉妹だったのに自分だけが醜くなると知った姉のエミは、
半狂乱になってルミをいじめるが、ルミはあくまでもエミに尽くそうとし、おろちを追い出す。
エミは醜くなる恐怖のあまり「じりじりと醜くなるくらいなら、自分の手で醜くしてやる」と、
自分で自分の顔を焼いてしまう。
そうしてる間に1年がたってルミが18になった。
ルミはいきなり高らかに笑い始め、「実は母は姉のエミではなく妹の自分が竜神家の娘で、
エミの方が養女だと言い残した。自分は姉だけが美しいままのなのに耐えられなかったので嘘をついた。
ほら、もう額や手に斑点が出てきてる。でもこれで姉も醜いままだ」と宣言した。
エミは18になっても醜くなる事もないのに自分で顔を焼いてしまったのだ。
しばらくしておろちが2人の家に行くと、そこには人とも思えないような醜い女の死体と、
顔にやけどのある1人の発狂した女がいるだけだった。

474 :本当にあった怖い名無し:2007/12/29(土) 18:59:27 ID:puQT/Aan0
>>473
あれ? 死んだのは顔を焼いた姉の方で、
生き残ったのは醜くなった妹じゃなかった?

475 :473:2007/12/29(土) 19:02:58 ID:2JsgWsvr0
>>474
ごめーん、ほんとだ。
見に行ったのもおろちじゃなかった。
姉の恋人が見に行ったら、
狂い死にした姉と得体の知れない醜い女がいたってあったー

476 :本当にあった怖い名無し:2007/12/29(土) 19:35:00 ID:KCkrAqRb0
BJに頼めば、何とかしてくれたのかもしれないのに・・・

477 :本当にあった怖い名無し:2007/12/29(土) 20:48:08 ID:jLMPBxYh0
BJなら…BJならなんとかしてくれ(ry

478 :本当にあった怖い名無し:2007/12/29(土) 21:22:57 ID:Q4LDQyYC0
でも、おろちで小学生の時にその姉妹の話を読んだけど
18歳で醜くなってしまうという一族は子孫をどうやって今まで
残していたんだ?!っと激しく疑問に思ったものだけどなw



479 :本当にあった怖い名無し:2007/12/29(土) 21:36:18 ID:c/P1TQpJ0
18歳になるまでに跡継ぎ作らせてたんじゃ?
あと、だから養女とったのかも?

480 :本当にあった怖い名無し:2007/12/29(土) 22:29:37 ID:fP/DJRfY0
おろちの「姉妹」・・・シリーズの中で一番好きな話だ。

自分はおろちの中では「骨」っていうタイトルの話が
後味の悪さを感じる。


481 :本当にあった怖い名無し:2007/12/29(土) 22:30:30 ID:R+ffQ9eS0
今の時代の女性で、そんな恐ろしい家系に生まれたら絶対子供なんて
産みたくないだろうな。って18歳で醜くなるのって、女性限定なの?

482 :本当にあった怖い名無し:2007/12/30(日) 01:06:41 ID:TSFEZgWVO
母親も醜いみたいだし、女しか産まれない家系とか?

483 :本当にあった怖い名無し:2007/12/30(日) 01:08:39 ID:xdZlY7p70
基本18になっても大丈夫な男が生まれる確率が高いから子供を作る、
しかし女が生まれてしまうと・・・という状況ならまあ子供を作るのもわからいではないな。

484 :本当にあった怖い名無し:2007/12/30(日) 12:04:40 ID:428NBQVZ0
梅酢かずおの実写化に成功例ってあるか?
「漂流教室」なんて全滅だしな。

485 :本当にあった怖い名無し:2007/12/30(日) 12:25:06 ID:hkTJrw/EP
あれはあれで面白かったと思うぞ?

486 :本当にあった怖い名無し:2007/12/30(日) 12:35:28 ID:o4UhtwdM0
マンガの実写化で成功してるほうが少ない

487 :本当にあった怖い名無し:2007/12/30(日) 13:56:52 ID:xiWKutBS0
実写化は一部を除き誰も幸せになれない

まさにこのスレにふさわしい存在

488 :本当にあった怖い名無し:2007/12/30(日) 15:01:20 ID:Jp8S42Oh0
そもそも「漂流教室」そのものが漫画だからってノリで許されてる部分が多いからな。

489 :本当にあった怖い名無し:2007/12/30(日) 16:03:13 ID:wM9JHvKa0
漂流教室は立ち読みした時
洪水の前に人が立ちはだかって自分の面積分水が遅くなるとか言ってたので
読むのやめますた

490 :本当にあった怖い名無し:2007/12/30(日) 16:36:06 ID:TJSey+viO
流れぶったぎりでスマソ。

かなり前に読んだマンガなので、タイトル、作者名忘れました。

ある家で飼われている犬。
犬は飼い主の女の子の事が大好きで、女の子の方も「あなたが人間だったらよかったのに」などと言っていた。

ある日犬が洞窟に行くと、なぜか人間の姿になった(なぜだったかは忘れた)
犬は喜んで家に帰るが、何しろ姿は人間だが行動が犬のままなので女の子にも嫌われてしまう。
再び洞窟に行くも犬には戻れず、最後は人間の姿のまま野良犬達と生ゴミをあさっている場面でラスト

携帯から失礼しました。

491 :本当にあった怖い名無し:2007/12/30(日) 17:55:00 ID:tIcFKSJf0
さっき見た華麗な一族とかゆうキムタクのドラマが暗くて後味悪かった
多分ハッピーエンドならない

492 :本当にあった怖い名無し:2007/12/30(日) 17:55:24 ID:tIcFKSJf0
さっき見た華麗な一族とかゆうキムタクのドラマが暗くて後味悪かった
多分ハッピーエンドならない

493 :本当にあった怖い名無し:2007/12/30(日) 18:00:52 ID:xiWKutBS0
>>1も読まない馬鹿がいて後味悪い

494 :>< ◆6eFaqRxQhs :2007/12/30(日) 18:18:19 ID:ar9u2Kh2O
手塚治虫の作品に後味悪いやつ少なくないよ

495 :本当にあった怖い名無し:2007/12/30(日) 18:28:11 ID:tJulw/980
へ〜

496 :本当にあった怖い名無し:2007/12/30(日) 19:18:37 ID:aj7EfZrm0
既出かもしれないけど、レモニー・スニケット著の「世にも不幸なできごと」という児童書が後味悪い
この本のシリーズは、最初から最後まで不幸の連続。
ヴァイオレット(長女)、クラウス(長男)、サニー(次女)の三人きょうだいが主役で、
話は三人の両親が死んでしまったところから始まる。
まだ子供(長女ですら確か十二歳くらい。サニーはまだ乳飲み子)の三人は、
遠い親戚であるオラフ伯爵に引き取られることになったが、
そのオラフ伯爵は三人の遺産を横取りしようと企んでいた。
色々な方法でオラフ伯爵に殺されかけるが、
発明が得意なヴァイオレット、読書好きで博学なクラウス、
何でも噛んでしまう凄い顎を持つサニーのチームワークで、何とか逃げ出す。
そして巻ごとに違う親戚のもとへと行くのだけど、毎回その親戚や周りの大人たちは
頼りなくて、情けなくて、しかも何かしらオラフ伯爵とのつながりがある人物がいる。
(そのため、毎回命の危険にさらされ、他の親戚のもとへ逃げている)


497 :本当にあった怖い名無し:2007/12/30(日) 19:19:08 ID:aj7EfZrm0
どの巻も不幸ばっかりなんだけど、個人的に第四巻「残酷な材木工場」が後味悪い
三人は活気がない材木工場に預けられることになったのだが、
そこの工場長は意地悪で、着いた早々に三人はとても過酷な労働させられることとなる。
ご飯はろくなものが出ず、チューインガムだけが食事という事もあるくらい。
給料はお金ではなく、近所のお店の割引券など。
割引券だけを貰っても、お金がないから使えない……
しかも、その工場から出ることを許されないため、買い物さえ行けない。

三人は同じ工場でずっと働いているという男性と仲良くなり、
「どうしてこんな事されているのに、皆逃げ出さずに働いているの?」
と質問するが、「ここしか居場所はないんだ」と返される。
ある日、クラウスがかけているメガネが壊れてしまい、目医者に診てもらうことになった
しかし診てもらった日からクラウスの様子がおかしい。
まるで洗脳されているようだ。
原因を探すヴァイオレットは、工場内に、目玉のマークを見つけてしまった
この目玉のマークはオラフ伯爵のマークで、
やっぱりここにも彼が関係しているのだ、と、ヴァイオレットは確信する。
そしてあーだこーだやって、クラウスの状態をもとに戻し、
三人は工場と目医者がオラフ伯爵と関係していることを突き止める。
材木工場という場所を生かし、三人は知恵を絞ってそこから逃げ出しかけた時、
仲が良かった男性を見かける。
「ここから逃げ出そう!」と、その男性とも一緒に逃げ出そうとする三人だが、
男性は「ここからは逃げられないんだ」と、逃げることを諦める
結局その男性はその工場に残ることとなる。
金銭を与えられず、ただ使えない割引券を持ったまま。
三人は逃げ出したけれど、工場はまだそのまま続いている。

498 :本当にあった怖い名無し:2007/12/30(日) 21:04:13 ID:xiWKutBS0
>>497
乙。

どうみても不幸なのに変わることへの恐怖から
結局現状維持ってよくある話だよね。

499 :本当にあった怖い名無し:2007/12/30(日) 22:01:49 ID:fr9UxtAlO
>>497

おお!ちょうど、それの映画をDVDでこないだ見た。ラスト後味すっきりだったけどな

500 :本当にあった怖い名無し:2007/12/30(日) 22:19:51 ID:Y0DThRMI0
500

501 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 01:12:52 ID:GtLqXkUxO
兄弟自体はラスト救われるんだな

502 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 02:38:07 ID:x6qZ7AHJ0
ハリーポッターは後味の悪い話に入りますか?

503 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 04:37:29 ID:EERmFLlhP
ハリーポッターの作者は最終巻で主人公三人のうち二人が死ぬと言ったのにハリーもロンもハーマイオニーたんも生きてる
後味悪

504 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 15:10:47 ID:ySBsJMCm0
>>503のような人を後味の悪い人というのですね^^

505 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 16:20:43 ID:+yQ/Et2T0
>>503
あれは、「主人公3人組のうちの2人が死ぬ」じゃなく、
「死なせる予定だった人間のうち1人を止めにして、
生かしておく予定だった人間のうち2人を死なせる事にした。」ってのが、
伝言ゲームされてるうちに、「2人殺す事にした」→「主人公3人のうち2人を殺す事にした」に
誤解されちゃっただけだよ。



506 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 16:36:47 ID:HtyT6oaQ0
ハリーポッターって死人とか出るのか。
そういう話じゃないと思ってた。

507 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 18:02:28 ID:GK9mN/GP0
>>506
7巻で完結で、4巻あたりから暗い話になってくるらしい
3巻までは自分も読んだけど普通のファンタジーって感じだったから
そういうの読みたくて続き読んだ人は後味悪いかもね

508 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 18:50:13 ID:NptwgkeXO
とりあえず投下。『謎の話』っていう短編集より。

男が海外にいった時(?)、現地で仲良くなった女性から別れ際にメモを渡される。
 現地の言葉で書かれていたため男には読めずホテルや店の従業員に聞くと、メモを読んだ従業員は顔色を変え、内容は教えずただ出ていけと言う。


509 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 18:52:43 ID:NptwgkeXO
ぶぜんとしながらもますますメモの中身が気になる男は、自宅に帰ると妻に知り合いの話のように自分身に起こった出来事を話し、語学力ある妻にメモを見せる。
男の話を「あり得ない、おかしなこともあるものね」と笑いながら聞いていた妻だが、メモを読むと態度を変え離婚するといい、出ていってしまった。

510 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 18:53:52 ID:NptwgkeXO
やっぱりメモが気になる男は一番信用でき、会社の共同経営者である友人に全てを話し「何が書いてあっても君を信用する」と言った友人にメモを見せた。
しかし、やはり友人も態度を変え、さらには多めに会社の資産を分けるから共同経営をやめてくれとまで言う。メモの内容には口を閉ざしたまま。
金以外の全てを失った男は外国語を習い始めた。もちろん、メモを読むために。
しかし、その頃にはメモは汚れ、破れ、さらには読み解く前に紛失してしまった。
男は途方にくれる。あのメモにはいったい何が書いてあったのか。

解説によると後日、リクエストに答えて著者がメモの内容を発表したらしいけど、その短編集には書いてなかった。モヤモヤする。知ってる人教えて。

511 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 19:33:40 ID:W3Vami0z0
>>510
予想。「私はエイズです」

512 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 20:34:56 ID:ySBsJMCm0
エイズなだけで経営をやめようとか言うかなぁ・・・
まぁ不治の病だし、怖い病気ではあるけどそこまでされるかなぁと思う

513 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 21:07:02 ID:tcVn34+T0
ホモでつ

514 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 22:24:00 ID:yOT8QSAr0
>>513
真的吗?


515 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 22:29:09 ID:gVRlleWO0
「私は神だ」もしくは「私は宇宙人だ」「プレスリーは生きている」っていうのはどう?
頭おかしくなっちゃったんだと思われて、奥さんも友達も去っていったっつーの。

516 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 22:33:44 ID:GtLqXkUxO
他人のことのように語ったのに離婚されたってとこが気になる

517 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 22:43:32 ID:XomDuLdY0
>>508
作者は誰?

518 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 23:31:34 ID:Zw74b9Hf0
「この男は○○事件の犯人である」
とかね。
メモごときで信じる信じないはまあ置いといて。

519 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 23:34:31 ID:Ults1bbG0
海亀のスープみたい

520 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 23:50:57 ID:6yn3SYmL0
>>510
作者はオチ考えてなかったんじゃないかな。
謎は謎のままで不可思議さを楽しむ。

521 :>>510です:2007/12/31(月) 23:51:35 ID:NptwgkeXO
>>516だよね。謎だ。
>>517ごめん、謎をテーマにした色んな作者の短編集で、作者名は忘れてしまった。外国のだったと思う。図書館で見たやつなんで確認できない(三が日は休館だし、それ以降は行ってる暇ないんで)。
遅くても確認できたら報告するよ。

まだ、同じ短編集で似たような話あるけど投下する?

522 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 23:52:35 ID:BRPcvwNi0
ぜひ

523 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 00:02:23 ID:GNAJLvo90
「謎の話」で必死にぐぐってた俺は負け組

524 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 00:22:52 ID:kZnzUS2NO
>>520でも後日メモの内容発表してるよ。その短編では、謎は謎のままで であえて載せませんって解説にあったから知らんけど。
賛否両論 って書いてあった気がする。

>>522それじゃまた投下。


男は列車に乗っていた。懸賞で旅行券が当たって(?)普段乗ることのない列車の旅を楽しんでいた。
窓の外に広がるのは田舎の穏やかな風景や荒れ野原など。移りゆく景色を楽しんでいると、ふと、列車の進行方向とは逆の方へ走る人がちらほらと見えた。列車が進むにつれその数は増していく。


525 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 00:23:54 ID:kZnzUS2NO
はて、向こうで祭でもあったかと男は考えるが思いあたらない。何より、よく見ると走る人々の顔は悲壮や恐怖に歪んでいる。
さらには家財道具一式が積まれたらしい馬車まで現れた。列車に一番近い馬車にのった人は目を一杯に見開き男を見つめ、口を何事か動かし列車の進行方向を差し示した。
その頃には男は理解していた。人々は逃げていたのだ。この列車の行く先にある恐ろしいことから。
列車の他の乗客たちを見ると戦地に赴く兵士のように口元を悲壮に歪めながらも覚悟に満ちた表情を浮かべていた。
何がこの列車の行く先にあるのかはわからない。だが、男は他の乗客たちと同様の覚悟を決めた。

以上です。メモの話と似た感じ。謎過ぎる。何年も前に読んだやつなんで違うとこもあるかも。

526 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 00:55:19 ID:GNAJLvo90
それは死への列車ってことじゃないのかな
反対方向に走る人は死に物狂いで死から逃げてる(生きようともがいている)のではないか?

527 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 02:32:29 ID:OGlnSFpz0
>>510
微妙にラストが違うようだが、リドルストーリーの古典的名作と言われてる。
リーブランド・モフェットの「謎のカード」では無いだろうか。
ラストで主人公は、病気で危篤の女に会うことが出来たが、
女はカードの内容を言えないまま絶命、
彼がまたカードを見ると、いつのまにか白紙になっていた、って話だが。

それの続編だが、リドルストーリーをいろいろ紹介した本を書いた人の話では、
カードには悪魔の魂を描いた絵が書いてあった、という辻褄が合わない話だそうで、
作者も正解のことは考えていなかったのではないか、との事だった。

528 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 02:59:19 ID:2PpNLc/70
>>525
今年最初のもやもやをありがとうw
後味悪いだけじゃなくて何もわからない救われなさって印象だな。
その本読んでみたいね。

529 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 03:22:48 ID:t2yw2MivO
懸賞に当たるという偶然の吉事が結果的に不幸への入り口になっている皮肉がいいね

530 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 07:58:58 ID:Tj0uJJdp0
>>502
個人的には入学時のたった一回の適性検査で一生差別されるスリザリンが
作中でも差別されて当たり前になってるのが後味悪い

531 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 09:41:59 ID:kZnzUS2NO
>>527そうだ、それ!
すまない、忘れて自分で作ってしまったみたいだ。
悪魔だったのね。いやはやなんとも。
ありがとう。

532 : 【大吉】 :2008/01/01(火) 13:12:00 ID:dv1/man30
>>502,530
個人的には、皆に褒め称えられてるハリーの父親が
ホグワーツ生だったときに、いじめっ子のDQNだったことが後味悪い。
そして物語の終盤になって、ハリーもその血を引いているんだと思わせる奴になってきてること。
登場人物が無駄死にすること。など。

あと、油断していると2ちゃんねるのまったく関係ないスレで
最終巻のネタバレをかまされること。

一応スレのお約束なのでかんたんなあらすじ>ハリー・ポッター
悪の魔法使いヴォルデモートに幼い頃、優秀な魔法使いだった両親を殺され、おじさん一家に育てられたハリー。
やがて魔法学校ホグワーツに入学、ロンやハーマイオニーといった友達も出来る。
しかし復活を目論むヴォルの魔の手が学校に忍び寄り…。


533 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 14:56:58 ID:Syj1ocwi0
ぼっ亀してきた
前ふり上手いな

534 : 【大凶】 :2008/01/01(火) 15:53:52 ID:HWYax17y0
ハリポタは信者が痛いとおもた。
はじめは面白かったけど、あとのほうになると、
可愛そうな環境の、なんて可愛そうな僕!
みたいなのに辟易して、読めなくなったな。

535 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 16:40:34 ID:E1HlkvoV0
>>534
でも、かわいそアピールするわりには主人公補正で幸運に恵まれてるよな
最終的には532の言うようなDQNな所も見えてくるし
ハリーに感情移入出来ればそうでもないのかも知れんが
後味っていうよりは胸糞悪いかも

536 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 20:00:32 ID:qs3/BzOy0
主人公メガネだしのび太みたいないいやつなんだろうと思って読み始めたら
妙にひねたガキで運とか親の七光以外にいいとこもないしなんかがっかりした<ハリーポッター

537 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 20:07:30 ID:Dg8apovm0
ハリポタは最初の映画を見ただけだけど
どこかのスレであれは血筋と階級の物語だというレスを読んですごく納得した

538 :!omikuji!dama:2008/01/02(水) 06:18:13 ID:Sb8xVOFo0
ハリポタの一巻読むとさ、作者のローリングが離婚して周りからされた嫌なことを、
「見返してやる〜」と本の中で仕返ししてるように見えてきて笑えた。
なんか、気に食わない友達を私小説の中でフルボッコにしてご満悦の中二病みたいだった。

あと、あれが流行ってからテレビで発売日の様子を流してたりしたけど、
妙な教育ママゴン(古っw)みたいなおばちゃんが「うちの子たちは夢中で何度も何度も読みますザマス」
とか言ってて、あれもすごくヘン、というかバカっぽくて笑えた。

ありゃ、後味の悪い話じゃなくて、笑える話になっちまった。

539 :本当にあった怖い名無し:2008/01/02(水) 06:29:55 ID:uoncIa+s0
このスレだけでも信者とアンチの様相が垣間見えるのが後味悪いわw

540 :本当にあった怖い名無し:2008/01/02(水) 07:53:06 ID:mSnQDrZn0
ピクミンってゲームあったけど
あれの失敗エンディングが後味悪い。

「ピクミン」は、ある星に宇宙船が壊れて不時着しちゃった地球人が、
ピクミンという動く植物たちを使役して、星中に散らばった宇宙船の
パーツを一ヶ月で集めて宇宙船を修理し、地球に帰るのが目的のゲーム。

ピクミンは最初地面に生えてるんだけど、引っこ抜いてくれた人に
無条件に従うという特性を持っている植物。

で、パーツを集め切らないうちに一ヶ月がたってしまうと
脱出失敗エンディングになる。
とりあえず、宇宙船を組み立てて飛び立つものの
墜落してしまい、主人公爆死。

主人公の死体にピクミンがわらわら集まってきて
地面に植えつけてしまう。主人公ピクミンとして復活。
こんなの死んだ方がましだ!

http://www.nicovideo.jp/watch/sm137892

実際に見てもらったほうがあのもやもやを実感できるので
興味ある方は見てほしい。



541 :本当にあった怖い名無し:2008/01/02(水) 13:27:40 ID:VnuRBGVlO
ハリポタは名前を呼んではいけないとまで言われた人の一人称が「俺様」なので色々台無しでした

542 :本当にあった怖い名無し:2008/01/02(水) 13:54:42 ID:ngjqTSPD0
>>540

そのゲーム、ピクミンが可愛いキャラで子供たちも夢中だった。
といっても、ムーミンのにょろにょろ見たいな感じだけど。
じつは、バッドエンディングだとそんな死に方なのか。
初めて知った。


543 :本当にあった怖い名無し:2008/01/02(水) 14:14:41 ID:kOdg8+870
あの訳者、一巻の時はひどかった・・・

544 :本当にあった怖い名無し:2008/01/02(水) 14:18:01 ID:8bqiVrEX0
6巻までよんだけど、訳は全部酷いだろ

545 :本当にあった怖い名無し:2008/01/02(水) 16:18:45 ID:4XXw/izmP
ハリポタの訳は酷すぎる
六巻の後書きでは訳者が自分語りしまくりで引いた

546 :本当にあった怖い名無し:2008/01/02(水) 17:09:13 ID:nDsx6Ddq0
文句があるなら原書で読めばいいだけの話。

547 :本当にあった怖い名無し:2008/01/02(水) 17:27:45 ID:uxqR40k90
あれは児童書だと思ってたんだが、小学生とかが原語で読むの?

548 :本当にあった怖い名無し:2008/01/02(水) 17:45:58 ID:mSnQDrZn0
アマゾンのレビュー見る限り大人とか学生も普通に読んでるっぽい。

549 :本当にあった怖い名無し:2008/01/02(水) 19:47:35 ID:k5BB6RljO
>>546
その通り。とスティーブンキング好きで原書読み始めた俺が支援

550 :本当にあった怖い名無し:2008/01/02(水) 20:12:01 ID:lIyL6l4u0
>547
逆に言えば、英語圏の児童書だから、少なくとも専門書みたいな
難解な単語が出てくるわけじゃない。
最悪、辞書と首っぴきになれば子供でも読めないこともない。

551 :本当にあった怖い名無し:2008/01/02(水) 20:23:48 ID:fq86TfKlO
>>490
ホラーMとかそっち系で十年前後前の話じゃない?
読んだ記憶はあるが作者が思い出せない。

552 :本当にあった怖い名無し:2008/01/02(水) 20:49:46 ID:aAbPLauq0
俺にとっての後味悪い話はドラえもんしかないな
小学生の時に読んだんだけど『のび太の都合の良い未来に変える』って設定にドン引きした
「え?デキスギ君もしずかちゃんも可哀想じゃん」って純真な俺は思いましたよ
だけど漫画の中ではそのことには触れないでのび太の為だけの世界が書かれてるじゃん
未だにドラえもん嫌いだなあ

553 :本当にあった怖い名無し:2008/01/02(水) 21:19:55 ID:umtgIMnS0
のびたの都合のいい未来に変えることで誰かが不幸になるなら後味悪いが
そうじゃないなら別に後味悪くないだろ
って思う俺は不純なの?

554 :本当にあった怖い名無し:2008/01/02(水) 22:15:08 ID:jNCt2f4/0
ジャイ子と結婚する未来をねじまげて、しずかちゃんと結婚するように未来を変える…というのは怖かった
そのあたり552さんに同感
のび太の子供からしたら、お母さんが別人になるってことだし、もしかしたらその時点で別人になってしまうかもしれないわけで
後付けで、「ジャイ子と結婚するというのはドラえもんがのび太を脅して反省させるすための捏造」という説もありますね

555 :本当にあった怖い名無し:2008/01/02(水) 22:16:02 ID:uoncIa+s0
のび太としずかの結婚は後の話でちゃんと歴史改変じゃないって説明されてたと思う、覚えてないけど。

556 :本当にあった怖い名無し:2008/01/02(水) 22:55:11 ID:xOD2gmW20
誰かの幸せは誰かの不幸せって言う事例は確かに多い。
ただ、のび太は自分の努力によってしずかちゃんと結婚という未来を勝ち取ったのだから、
その辺は素直に祝福してあげたいと思う。

557 :本当にあった怖い名無し:2008/01/02(水) 23:19:41 ID:AgzktA7E0
セーラームーンがやっていた頃ぐらいに読んだ、なかよしの姉妹紙のるんるんに載っていた話。
うろ覚えだけど書いてみる。

主人公の少女は、母親が出て行ったか何かで父親と二人暮し。
でも父親は無関心でいつも主人公をうざがっているか、相手にしない。
クラスでも孤立していて友達もなく、いつも同じクラスの明るくて皆の人気者の優等生の女の子のことを
うらやんでいた。
ある日、片思いしている子がその優等生の彼氏だと知り、主人公はショックを受ける。
自分もあの子みたいに家族や学校のみんなに愛されるようになりたいと思いながら歩いていると、
不思議な店に来てしまう。
主人公はそこの店主から「刺された人が刺した人を愛するようになるナイフ」(怪我はしない)をすすめられ
買ってしまう。

家に帰って早速いつものように無関心な父親に使ってみると、それまでの態度が嘘のように主人公を
大事にするようになる。
これに気をよくした主人公はクラスメートや先生を手当たり次第に刺しまくり、主人公と優等生の立場が逆転する。

558 :本当にあった怖い名無し:2008/01/02(水) 23:21:29 ID:AgzktA7E0
そしてついに、片思いの相手を刺して自分のものにしてしまうが、その数日後優等生に呼び出される。
行くといきなり優等生がナイフを振りかざして「彼を返して!」と襲い掛かってくる。
幸い、人が来たおかげで主人公は肩に軽い怪我をした程度で済んだ。

しかし優等生が実は主人公と同じで母親に出て行かれ、いつも家ではつらい思いをしていること、
明るく振舞っていたのはそういうつらさを隠すための演技のようなものだったこと、
皆に慕われてはいたが親友と呼べる存在はいなかったため、幼馴染で事情を全部知っている彼氏だけが
心の支えだったことを知り、彼女が幸せな生活を送っているお嬢さまだと思い込んでた主人公は
自分がとんでもないことをした事に気づき謝りに行くが、ちょうど警察に連れて行かれるところだった
彼女に何の感情もこもってない目で見つめられ、何も言えなくなってしまう。
そのまま警察に連行されていく優等生。


優等生も主人公もどっちも不幸になっておしまいなのがなんか嫌だった。
今見ると主人公は自業自得のような気がしないでもないけど…。

559 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 00:11:10 ID:4aWiXg6jO
そのナイフ欲しい…

560 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 04:08:57 ID:H0Z5YlW40
これがドラえもんだったら、周りからかまわれすぎてプライバシーも何もなくなったのび太が自爆して終わるんだろうな。

561 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 09:28:50 ID:FqMTQe2XO
優等生も主人公と同じナイフ使ったってことか

562 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 09:42:13 ID:3laTtGi30
>>537
亀レスだけど
イギリス自体がそういう国だからね、作者が日本に来たとき差の小ささにびっくりしたそうだ。
でも日本もだんだん……

563 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 12:11:26 ID:NzoXg/bd0
>>561
切られた主人公が怪我してるんだから違うんじゃない?

564 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 13:07:02 ID:hMeff1iT0
>>561
もう一回読み返してみようね

565 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 13:24:59 ID:cM17jCwd0
>>557
掲載紙と不思議な店あたりから
上野すばるの幸福堂シリーズじゃないかな
るんるんで見なくなってからレディコミで描いてたみたい

566 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 13:44:46 ID:nBAGCUksO
>>558
主人公、不幸か?

567 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 14:28:10 ID:sljSrQZT0
>>554
ジャイアンやスネ夫はともかく、ジャイ子との結婚まで絶対に悪いことになっていて
ジャイ子との結婚も悪くないかってエピソードがあれば世界観まで壊れてしまうところが
スリザリンが絶対悪になってるハリーポッターと通じると思う
スリザリンはむしろ被害者だし、嫌な奴が多いとしても100パーセント環境のせいだと思うんだが

568 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 17:53:34 ID:D7WU6zrg0
ジャイ子は同じくマンガの趣味をもつ、のび太よりもかっこいい
彼氏が早々にできてたぞ。かなりラブラブだった記憶があるが。


569 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 18:23:45 ID:EDLph5IPO
関係無いけど、不細工と可愛くて頭弱い子は結婚早いよね


570 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 18:43:45 ID:X3xOq0gS0
ふーん・・・・

571 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 22:04:30 ID:Jd2+sJC70
>>567
スリザリンはきっとホグワーツの隔離スレなんだろうな。
他に悪影響を及ぼしかねない嫌な奴のゴミ箱。

572 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 23:39:18 ID:GobYVaOo0
びっぱか?と思ったけどぴっば褒めすぎになるし違うよな

573 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 00:01:20 ID:nBAGCUksO
>>567
のび太と結婚したジャイ子は極貧生活を強いられて
結婚しない場合はマンガ家として成功していたはず
ジャイ子としても願い下げだろ、のび太と結婚するのは

574 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 00:17:31 ID:cIDNKKvd0
そもそもドラえもんって教育に悪くないか?自分の子供には絶対に見せたくない。

自分の気に食わない相手にした悪戯の度が過ぎて困ったことになっても、
結局「ドラえもんに泣き付けばなんとかしてくれる、なんとかなる」って思考&展開。
自分のしたことの尻拭いを自分でしない、こんな奴ろくな大人になるか?
ジャイアンの方がよっぽどいいやつだ。

子供のころからこんな奴(のび太)みたいにはなるまいと思ってた。

575 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 00:42:21 ID:FCAsRnqn0
>>574
 じゃあお前にはいい方に働いたんじゃないか。
メディアが単にロールモデルとして働くと思う
のは間違い。
 ドラえもんは、コミカルながらもキャラクターを
深く描くことで、馬鹿、イヤミ、乱暴者をその特徴
から蔑むのではなく、多面的に愛することを教えるし、
>>574の言う「どうしようもなさ」を「じゃあ君ならどう
した、なにができた」という問いかけに昇華してる。
 ドラえもんが実在する、もしくは親とかをドラえもんと
同一視して自助努力を怠って生きるような奴は、
元々の素養がテッテ的に不足しているし、その手の
人間を慮っていてはこの世に漫画なんぞ一つも
存在できないだろう。
 それこそぐんくつの音のガイドラインですよ。

576 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 05:19:34 ID:eyhkhGem0 ?2BP(111)
>574
江川達也乙。

577 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 07:59:22 ID:/2OmIQcA0
ハリーポッターは宗田理みたいなもんで、
ぼくらシリーズで主人公サイドに(本筋に必要無くても)虐待される教師が
マルフォイやスリザリンだとしたら、子供が信者になるのも分かる気がする。
書いてるうちに思い出した後味悪い話
主人公サイドの中学生グループが自分たちが誘拐された偽装して、
拷問を受けるビデオを教師たちに送りつけて、「生徒たちを無事返して欲しければ丸坊主になれ」と要求する。
教師たちはDQN行為の目立つ大嫌いな生徒なので最初渋っているが、
拷問されるのを見て心が動いて丸坊主になる。
その後、DQN生徒たちとも和解して丸く収まったと思わせておいて、
卒業式に「仰げば尊し」を替え歌にした
「禿げれば尊し〜我が師の頭〜」と「全校生徒で」歌って父兄の前で笑いもにしてエンディング。
あくまでも本筋とは別の余興みたいな話だったと思うけど、
思い出すだけで興奮してきて読み返すのも嫌だったので、間違った部分があるかもしれません。
何が後味悪いって当時リア消だった俺は、
本棚にぼくらシリーズを十冊以上並べててファンだと公言してて
ぼくらシリーズの良さが分からないのは汚れた大人だって態度を
親にまでしてたってこと… orz

578 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 13:25:56 ID:7AA1+MNHO
>>574
ドラえもん読んでそこまで影響出るならチャンピオンなんてネクロノミコン並の魔導書だな

579 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 14:43:28 ID:W+qA21twO
まずスリザリンがなんなのかよく分からないのでなんとも

580 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 16:42:08 ID:p8zLgNzp0
>>579
スリザリンは寮。まあクラスみたいなもん
優秀だけど変人みたいな感じで妙に差別されてて
作中の悪役はみんなスリザリン生もしくは出身者。
性格面などから寮分けされるとはいえ
各寮定員もあるだろうにそれで差別されるってどうなん、とは自分も思った

581 :コピペ:2008/01/04(金) 16:59:59 ID:iHVfyInx0
その日、オレは転校を数日後に控え(東京の郊外に、父が家を持ったのだ)最も仲の良い友達とマッチを擦っていた。
その頃、幾らだったろうか。
最初はほんの悪戯心からだった、だが次第にマッチが造り出す炎に魅せられて、次第に大箱のマッチはその数を減らしていく。
友達と二人、魅入られたように、次々と炎を造り出していく。
12月の、冬枯れた薄の中に。

そのアパートの道、道という程のこともなく、舗装もされてない
脇には枯れたススキが生い茂る
その中央に人に踏みしだかれたみちのような路がある
かつて、太宰治が愛した道だ。
そんな所で、オレと友達はオレンジの、青い炎を見つめていたんだ。
オレ達は、親にいつも言われていたように火の後始末をちゃんとしたか?。

その晩、地方欄どころか全国版の社会欄に載るほどの大火事が起こった。
幸いにも?、その火事で亡くなったのは老婆一人だったようだ。
幸い、誰にとってか。

実は、この話、他スレにも書いた、あまりに遠い記憶だから、実在の話なのかどうか、確かめたかった。
アドバイスもらってぐぐってみた、なかった。
安心した。
中央図書館にいったら、あった、絶望した。

しかも、その後の記憶の通りなら、全ての罪を友達に擦りつけて、オレは逃げて、この町に来てしまった。


582 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 18:06:01 ID:ktIsWrf/0
そして死んだ

583 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 18:23:23 ID:pG31/u4C0
そして生まれ変わった

584 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 20:29:19 ID:eyVlbP2/0
スイーツ(笑)

585 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 21:42:35 ID:TllAyBpP0
タイトル忘れたけど前読んだ短編

自動車事故で病院に担ぎ込まれた男。本人はまったくの無傷だったが、
息子は担架にまず胴体を乗せて、それから頭を持ってくる状態、妻も
絶望的な状態だった。
妻の治療が行われている最中、男はこっそり病院を抜け出してある会社に向かった。
そこは量子コンピューターだかなんだかをナニして、過去のある時点で
「セーブ」をして、望んだ時にその時点にまで戻してくれるという会社だった。
そして男の望み通り、一ヵ月前のホームパーティーを行った日まで時が戻る。
パーティーの参加者は最近浮気が発覚して妻に捨てられた男、
ガンで闘病中だが芳しくない女性、今まさに不倫中で、テーブルの下で
手を握り合ってる男女・・・。
なんでこんな連中をもてなさないといけないのかとぶつぶつ文句を言う妻から逃げ出し、
姿の見えない息子を探しにいくと、涎を垂らしてウーアー唸る息子は参加者の
子供たちに虐められているところだった。

何かがおかしい・・・。その夜男は机の中を調べて、自分がセーブポイントまで戻った
ことに気がつく。そしてそのセーブデータがほんのちょっとだけ壊れていたことにも。
慌てて会社に電話してみたものの、その電話はもうつながらなかった。
そこへ妻がやってきて、「今日は楽しかったわね」と囁き、甘いキスをしてくる。
そして先に休ませてもらうわと部屋を出た次の瞬間、閉じたドアの向こうから
「早くあの汚らしいクソガキをベッドに連れてってよ!」というヒステリックな声が・・・。
妻が去ってしばらくすると今度は息子がやってきて、「ほらパパ見て」と
最近覚えたリンゴのジャグリングを披露するが、瞬きした間に再び涎を垂らし虚ろな目に
戻り、リンゴは次々に床に落ちていった。

息子をベッドに連れて行った男は考える。ひと月後、また自分たちは事故に会うのだろうか?
だとしたら、今度はもう少しアクセルを強く踏んでおくべきかもしれない、と。

586 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 23:16:55 ID:anOeNJIe0
スリザリンはまだ悪役的な存在として価値があるだけいいじゃんか。
ハッフルパフなんか、どうすんだろうと思うよ。
だめっぽいやつが入るところって位置づけじゃないですか。
賢者の石でスリザリンが優勝を逃すところがあるけど、あれは
スリザリンがかわいそう、じゃなくてやっとケツを免れたと思っていた
ハッフルパフが一番かわいそうだったよ。個人的にものすごく後味悪い。


587 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 23:37:15 ID:8Ee4PZZb0
一応ハリポタの寮の説明をのせておく
と言ってもwikiからだけど
物語の中の魔法学校に入学するときに4つあるどの寮に入るか魔法の帽子が決める
どの寮に入るかはある程度は家系で決まっているらしい

グリフィンドール
主人公たちの寮 勇猛果敢なものが集う寮

ハッフルパフ
愚直で心優しい者を求めているが他の寮に入れなかった生徒を受け入れるため、
劣等生の寮と言うイメージあり

レイブンクロー
知性を重視する傾向が強い
プライドが高く、自分たちの基準に合わない人間を見下す者もいる

スリザリン
悪いやつはほぼこの寮出身
差別思想を持ち、狡猾な者が集う

この区別けっこうひどいね

588 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 23:44:58 ID:8bNe1qAa0
ドラえもんで後味悪かったのはバイバインっていう薬の話。
これを振りかけた物体はしばらくたつと分裂して増えていく効能があるので
のび太はくり饅頭にかけて分裂させて皆で食べていたのだが、
ひとつだけ食べ残してしまう。
当然そこから分裂してまた増えていくが、全員腹いっぱいになって誰も食べない。
さらに増え続けるくり饅頭をどうしようもなくなって「もう宇宙に捨てるしかない」とか言って
ロケットで宇宙に飛ばして捨てるところで話が終わったが、

「そのまま宇宙で増殖しつづけたら、いつか宇宙がくり饅頭で埋め尽くされるんじゃ・・・?」
と考えてgkbrになった子供時代・・・orz

589 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 23:50:05 ID:ZOAkXDMN0
>>587
この学校最悪だな。
なんで、こんな話が世界のガキどもに受けるんだ。
日本のラノベの方がよっぽど面白いんじゃないんだろうか。

590 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 23:54:22 ID:39795Iwk0
>>588
ケロロ軍曹でパロられてて、宇宙の膨張率のほうが大きいから永遠に大丈夫って説明がついてたよwwww

591 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 23:56:38 ID:ZOAkXDMN0
>>588
これは問題ないはず。栗まんじゅう問題は有名で、宇宙に放逐すれば
特に問題はないと論証が済んでいる。栗まんじゅうには以下の
二通りの場合が考えられる。

1.自分の質量で圧縮されて核融合がはじまって太陽になる。
(太陽になったら、それはもう栗まんじゅうではないから増殖しない。
のびたに食べられた栗まんじゅうも胃の中で増殖していないから、
これは間違いない。)

2.太陽にならない場合、ブラックホール化する。
(この場合も、栗まんじゅうからブラックホールになるので増殖はしない)

ちなみにGS美神という漫画にも、同じようなエピソードがあった。
これは古代神の呪いで主人公の美人霊能者の体重がどんどん
増えていく話。詳細は、後味悪い話ではないので省略。


592 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 00:09:54 ID:UDYIxdBd0
>589
その元祖クソッタレ階級社会なイギリスの寄宿学校の生徒が

「ハリポタより、こっちの方が(イギリスの寄宿学校の生活を)
 ずっとリアルに描いてるよ。
 厳しい先生、嫌な同級生。まさにここの暮らしそのままさ」

と太鼓判を押した、日本のファンタジー作品がある

 F F 8 である

HNKの特番だったかな
プレステと一緒に衣装ダンスの中に大事そうに隠してた
(ゲーム、携帯は見つかると即没収)

非ゲーマーに説明するとFF8はファンタジーといいつつビバリーヒルズ風味
の学園ドラマ物で、主人公は孤児で寄宿軍事学校の優等生
中二病気質でオールバックの不良同級生に絡まれたり、父がお調子者
のトラブルメーカーだったりと、書き起こしてみると大体ハリポタと
どっこいだから困る

593 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 01:03:42 ID:iV2lunjJ0
FF8に厳しい先生って出てきたっけ?

594 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 01:51:15 ID:BmUcXFwaO
キスティスかシュウかカドワキ先生かシドかマスター
あとはモブっぽい個性のない先生がいたね

595 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 03:35:03 ID:lINUJp8x0
>>591
あれって残った一個を抱えてオタオタしてる暇があったら
細かく砕いて鍋でグズグズに煮るとかしちゃえば
よかったんだよな きっと

のび太って
道具の応用・運用にものすごいセンスを感じるから
きっと頭はいいんだろうと思うんだけどなあ

596 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 04:17:44 ID:UZrl285oO
もうハリポタの話はアンチスレとかでやれよ
あらすじを説明するってレベルじゃねえぞ
>>2よりワケワカラン

597 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 04:56:03 ID:2VI8ftOH0
てか、くり饅頭は食っちゃえば問題ないの?
胃の中でも増殖してたらそれはそれで後味悪いけど。
そもそも訳ワカラン薬品かけて増え続ける饅頭なんてよく食う気になるなぁ。

598 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 05:51:48 ID:Hn0ZrV7x0
>>577
その丸坊主にする計画を立ててる時に、女の先生は可哀相だから男だけにしようって
急に「良識的」なこと言い出してた
当時は「?」てなっただけだけど、どういうことか理解できると後味悪い
でも主人公サイドが女を拷問するシーンもある
泥棒の女を電気毛布でくるんでスイッチ入れて、女が( 。д゜)てなってるビデオを仲間に送りつける
仲間の男が「このままじゃあいつパーになっちまうぞ」と焦って罠に嵌って作戦成功
リア消だったから笑うシーンだと思ってたけど、
今思えば仲間の男は脳障害を心配して焦ったんだろうとか、性的な拷問の暗喩とも取れるシーンなのに
無邪気に面白がってたリア消の俺が後味悪い

599 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 06:02:37 ID:gtlMYuljO
それは児童書なのか?

600 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 07:05:42 ID:dKmin/CGO
おいハリーポッターの話してるクズ、スレチだからやめろな。

601 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 07:29:02 ID:N8El9PbA0
>>591
>>595
どの程度変質した時点で増殖が止まるのか、
曖昧なのも後味悪いよな。

生クリームでコーティングして、よく噛まずに
飲み込んだら腹ん中で増殖するのかな?
胃に入ってもあっというまに非栗まんじゅう化
するものでもないと思うし。

間違って皿とか無機物にかけたらどうなんだろ。
煮ても焼いても食っても「皿」だろうし。ifの不安も
煽ってくれて子ども心にぐずぐずと嫌な話でした。

栗まんじゅうは砕くだけでも良かったように思う。


 同じような話だと どらや菌があるよね。
色々な新種の菌を作って遊んでいたら、その内の
一つからどらやきが出てきてムクムクと膨れてくる。
のび太はドラえもんが喜ぶだろうとニヤニヤしてるが、
実は永遠に膨張して世界をうめつくす、悪名たかい
「どらや菌」(なにそれ)だった。世界の終わりが
予想されたが、部屋いっぱいになった時点でどら焼きは
消滅。作成中の菌の中にどらやきを気化させるものが
含まれていたらしい。ついでにドラえもんが店で
買ってきたどらやきも消滅してましたとさ。

未来の世界にPL法はないんですかねえ。
宇宙には増殖する食い物による恒星が無数に
あったりするのかしら。

602 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 08:07:01 ID:xLFiuGDc0
>>601
どこでもドア→覗き程度ならまだしも、こっそり相手の家に忍び込み
泥棒もなんでもやり放題。しかも証拠が残らない。

タイムマシン→歴史改変可能、一応タイムパトロールはあるが、
ジャイ子のび太カップルをしずかちゃんのび太カップルに改変しても
おとがめなし。

地球破壊爆弾→言わずもがなの大量破壊兵器。地球破壊というのが
大げさだとしても、ご町内破壊程度は十分可能だろう。きっと。

このようなものが普通に手に入る時点でドラエモンがいた未来の世界は
恐ろしくフリーダムであると考えられる。もう道徳も何もあったもんじゃなく、
強力な秘密道具を手にしたものはなにをやっても許されるという世界
ではないだろうか。
PL法なんかあるわけないwww。秘密道具の流通を牛耳る未来デパートは
ものすごい権力を握っていて、逆らおうものなら凶悪な秘密道具
の数々であっという間に抹殺されるような世界だぞきっと。





603 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 08:10:03 ID:2ls15H/O0
藤子先生は根がSF者だからなあ…

604 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 09:10:40 ID:+Yh4tvZ00
なんかの本で読んだが、ドラえもんが道具を買っている未来のデパートは2、3社ほどある。
安い値段で秘密道具を提供してくれる良識的な会社もあるが、その内の一つの会社がちょっと悪徳チック。
使い方を間違えたら色々とやばい道具を配達ミスを装ってドラえもんの元へ届けたり。

605 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 09:27:14 ID:belfi+UW0
バイバインふりかけた栗まんじゅうにタイムふろしきかぶせればよかったんじゃないの?

606 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 10:36:46 ID:7meetGVC0
>>602
>タイムマシン→歴史改変可能、一応タイムパトロールはあるが、
>ジャイ子のび太カップルをしずかちゃんのび太カップルに改変しても
>おとがめなし。

TPボンでは歴史を根本的に変えてしまわなければ多少の歴史改ざんは桶
ということになってるし、ドラのほうもそうなのだろう。

607 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 11:47:17 ID:gtlMYuljO
ドラえもんの世界の未来ってもう過ぎた?

608 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 11:56:10 ID:KWVva8Kh0
ドラえもんの素晴らしい所は
荒唐無稽なストーリーなのに、物凄い説得力があるところだよな。
特に食い物の描写が素晴らしい。
(スネオ家のメロンや、あばら屋のきんつばが美味しそうな事といったら!)
読むたびに、「正統派の子供向け漫画だよなー」と思う。

逆に、最近の漫画はどうにかならんのか。
後出しジャンケンみたいに、延々と必殺技を出してるSFチャンバラ漫画とかさ。
あれこそ、「子供だまし」だよな。




609 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 12:00:23 ID:W7/9FWdn0
>>608
> 後出しジャンケンみたいに、延々と必殺技を出してるSFチャンバラ漫画とかさ。

腐ればばあ大好き!テニスの王子様ですか


610 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 12:01:31 ID:WHbXfcmF0
中学生テニスで地球が爆発するんだもんなw

611 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 12:42:32 ID:uxSDRkzf0
漫画の目的を見失ってるよな
スレ違いだからこれ以上は言わないが

612 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 12:44:20 ID:4OC+iO3W0
テニスの王子てそんな話なのか。
昔の正統派スポコンじゃないの?キャプテンとかガンガレ元気とか。


613 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 13:05:30 ID:jZSnkfj40
>>612
寧ろアストロ球団の子孫かも、そう考えると少しいとおしいともいえる。

614 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 14:09:20 ID:aqbA3uyW0
>>612
ニコニコやようつべで映画版テニスの王子様の手塚の試合を見てくるんだ!
すごいよwボール打っただけで恐竜が出てきて、しかもその恐竜たちですら逃げ出すんだから。
テニスボール>>>>越えられない壁>>>>>>>恐竜

615 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 15:03:35 ID:+Yh4tvZ00
それはさすがにアニメだけの演出だが、それを除いても中々凄いからな。

616 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 15:14:18 ID:xLFiuGDc0
ジャンプはときどき超人スポーツ漫画を連載する。

たとえば、20年位前に連載された、コスモスストライカーというサッカー
漫画なんかもっとはっちゃけてる。これに比べたらテニスの王子様
なんか現実的すぎるよ。

以下、コスモスストライカーの素晴らしい必殺技の抜粋

アトラクトブラックホール:敵チームのキーパーの必殺技。
手のひらにブラックホールを生成し、あらゆるシュートを防ぐ。

セイクレッド・グラビュラフォーム:高速のボールが空間に歪を生み出し、
三次元空間内でその存在を無にするシュート、そのとき発生するエネルギー
は無限大、受け止めたものは素粒子の痕跡すら残さずに消滅する。

ブラッディー・サンダークラッシュ:超高速でジグザグにパスを繰り出し、
発生する衝撃波が敵のチームを切り裂く。敵は全員血まみれに
なることから、この名がついた。

SFとサッカーを結び付けようという華麗なる試みだったが、当然
打ち切り。

617 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 15:58:30 ID:dkDxWcjd0
それなんて少林サッカー?

618 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 16:04:58 ID:Kxatb1770
なんか、もう後味悪い話を超越しているような。

619 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 16:11:29 ID:W7/9FWdn0
後味悪いといえばテニスの王子様の影響で
実際の学生テニスのマナーが悪くなりすぎ、
ついに学テニ連が
「試合前、試合中、試合後の相手チーム、選手への煽り行為、野次行為、罵声挑発を
禁止します」と声明出したことだな。
戦う相手に対してのリスペクトを忘れないように、礼儀面をも指導者は徹底してください、とのこと。
とにかく今ひどいらしいよ、中高生の大会。
試合中、相手を罵倒しまくり、勝てば
「当然だろ。おまえが弱いから負けるんだよ」とかネットごしに
マジで、マジで言うんだよーー。漫画かよ!と実際見てゲラゲラ笑ってしまった。
ありえねーけどここまで進んでる。馬鹿の波。
声明はネットニュースにもなってるよ

620 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 16:14:33 ID:vr1rA2A60 ?2BP(111)
>619
スラムダンクの頃は、相手チームの監督に浣腸したり、
チームメイトを「どあほう」と罵倒するのが流行ったのかな。

621 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 16:25:09 ID:xLFiuGDc0
エラーしたチームのレフトを「クソレフト」と心の中で罵倒。

622 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 16:49:05 ID:aqbA3uyW0
その内わしのはどうきゅうは108式まであるぞなんて奴がリアルに出てくるかもなw

623 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 17:33:13 ID:uxSDRkzf0
>>622
中二病だな

624 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 18:03:33 ID:N8El9PbA0
個人的に

中二病は元々、
「因数分解が何の役に立つんだよ」
「大人は汚い」
本当の親友探しを始めたりする。
母親に対して激昂して「プライバシーを尊重してくれ」。
食事を終えた後、何の目的も持たずに夜中に外を徘徊する。
急に洋服のトータルバランスはそのままなのにジェルを使い出す。
「ジャンプなんてもう卒業じゃん?」って言ってヤングジャンプに軟着陸する。
エロビデオを持っていることに対するすごい自慢。
急にラーメンの美味い・美味くないを言い出す。
手淫の不思議なバリエーションに凝り出す。
乳首が星で隠れているような表現など、微妙なエロに反応し易い。
(wikipedia)

上記のようなものを意味していたのに、最近ではすっかり、
漫画、アニメ、ラノベキャラになりきってる奴を指すように
なったのが後味悪い。

言葉の意味なんてコロコロ変わっていくのは重々承知だけれど、
こういう発明された言葉は提唱者(この場合は伊集院)の意思を
尊重して用いるべきだし、なにより

邪気眼

という本質的にワッキーで愉快な言葉が、その座には永遠に
たどり着けなかったし、今後もとってかわることはないだろうと
いう事実に腹が立つ。

邪気眼のガイドライン 第二拾陸章「スベテガツマラナイ」
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/gline/1197635625/

625 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 18:07:19 ID:iVKDbaumO
10年位にやってた2時間ドラマの話。
実話を元に作ったそうな。


息子(5歳くらい)を近所のママ友に預けて買い物に行っている最中その息子が溜め池に落ちて死亡するところから始まる。

死んだ子供の母親Aは預けたママ友Bを裁判で訴えることに。
Aは「Bさんが子供を預かるから行ってきなよと言いだしたから安心して預けた。
なのに子供をちゃんと見ておかなかったせいでこんな事になった。Bのせいだ!」と主張し
Bは「預かるなんて言ってない。Aがこちらの予定も聞かずにいきなり無理やり子供を預けて行った、自分に全責任はない」
(実際はわからんがAにも非があるような回想シーンだった)と主張し平行線

この事件をニュースで取り上げたためBの元には「人の子供を死なせておいて責任逃れか」というような嫌がらせが殺到。


続く

626 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 18:08:45 ID:iVKDbaumO
Bは嫌がらせに耐えかねて逆にAを訴えることに。だが益々嫌がらせはエスカレート。
そんなときAがBに多額の慰謝料を要求していることがニュースで流れると
今度はAの元に「死んだ子供をダシに大金を巻き上げるのか」と嫌がらせが殺到。A旦那も会社で同僚や上司に白い目でみられる。
それが嫌になったA夫婦は弁護士に「慰謝料が欲しいわけではない。Bに誠心誠意謝っって貰いたいだけだ」と言うが
弁護士は「口で謝るだけなら嘘でも言える。お金を稼いで慰謝料を払っていくことは簡単なことではない。
だからこそ誠意があらわれる」みたいなことをA夫婦に言って裁判続行。

だがニュースで新情報が流される度にABに全国から嫌がらせ。
それに疲れ果てたAB両夫婦は和解にむけ話し合いを始めることで合意しドラマは終わり。



マスコミに踊らされ文句だけ言って結局他人ごとな嫌がらせ連中がなんとも後味悪く
最初のABどちらの主張が正しかったのかもわからず
ドラマだからかもしれんが死んだ子供が段々と二の次になっていくのがなんとも…


627 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 18:11:25 ID:iVKDbaumO
>>625
>10年位前
です。

携帯からなんでよみずらかったらすんまへん

628 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 19:20:53 ID:KWVva8Kh0
>>625-626
まさに2chそのものじゃんね


629 :1/2:2008/01/05(土) 19:27:27 ID:7BDgH9D70
テルマ&ルイーズ

ルイーズはカフェのウエイトレス、テルマは専業主婦で子供はいない。
どちらも30代中頃と思われる。二人とも結構いけてる。
この二人、なぜか旅行に出かける。何でなのかよくわからないが、そういうストーリーなのでしょうがない。
一日目の夜、立ち寄ったバーで二人はハーランといういかにも悪人キャラの男と知り合う。
旦那とうまくいっていないテルマは、ハーランのヤンキーナンパテクにメロメロ。そのうちに店の外へ。
なかなか帰ってこないテルマの様子を見にルイーズが店の外へ出てみると、なんとハーラン、テルマをレイープ寸前。
はやくやれ!はやくパンツを脱がすんだハーラン!
しかしルイーズにガンを突きつけられてハーラン(´・ω・`)ゝ”ションボリ
しかしハーランこのままでは終わらない。さすがだ。さすがにお約束のヤンキー魂。いらない余計な捨て台詞を言ってしまい、ルイーズにあっけなく射殺される。
旅行に出かけたはずが、なぜか逃避行。すごい。さすがアメリカ。なんでもありだ!
結局二人はメキシコに逃げることにする。

630 :2/2:2008/01/05(土) 19:27:57 ID:7BDgH9D70
さて、金に困ったルイーズは、恋人のジミーに連絡を入れる。ジミー、わざわざ6700ドル持って登場。いい奴だ。
ルイーズはその金をテルマに預ける。「絶対になくさないでね」と言いながら。
ここで金紛失フラグが立ってしまう。ここで全米が突っ込んだ。「おいリドリースコット、わかりやすすぎないか?」と。
しかしここはさすがアメリカ映画、大して考えずに話は進む。
ジミーとルイーズがモーテルで一発やっている間、テルマは昼間にナンパしておいたJ.Dと部屋でいちゃいちゃ。
しかし、なんせJ.Dはブラッド・ピットだ。やらないわけはない。テルマはもう凄く感じちゃう。
さすがはブラピ、顔がいいやつはセックルもうまい。テルマいっちゃう。ブラピは夜のホームラン王だ!
翌日、カフェで朝食を取っているルイーズ。そこにテルマ登場。髪が乱れている。
テルマ  「わたし、昨日はじめてイったわ(はーと)」
ルイーズ 「だれとやったの?」
テルマ  「昨日ナンパしたJ.Dよ」
ルイーズ 「それで、J.Dは今ひとりで部屋にいるの?お金は大丈夫なの?テルマ!」
勿論大丈夫な訳がない。
ブラピ金持ってトンズラ。さすがいい男はやったうえに金までゲット。アメリカンドリームだ。
お金なくなってメキシコにいけない。警察にも追われている。あーあ。

THE END

631 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 19:44:19 ID:TSAA8q+B0
テルマ&ルイーズは好きな映画の一つだわ。
最初にうたれた男は「Suck my cock!」みたいなこといったような。

ラストの、グランドキャニオンみたいなところから車でダイブするシーンは耽美だった

632 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 20:15:44 ID:9S6Hf7Cd0
その映画のモデルになった、実在の連続殺人の犯人、
アイリーン・ウォーノスの人生もかなり後味が悪い。
悲惨な子供時代、警察に通じていたレズの恋人に裏切られ、
騙され、警察に自首。
捜査に当たった刑事だか警官だかが、彼女の話をハリウッドに売る。
警察に捕まった後、彼女のサポーターだと言う一般女性と親しくなり、
養子縁組をするまでに至る。
その女性がアイリーンの弁護の為とか行って募金を集め、
又、女殺人鬼とのインタビューを望むレポーターからも
一回につき数百ドルづつだかを搾取。
結構世間を騒がせた事件なので、かなりの額になったはず。
で、その女性も、お金だけもってそのままドロン。

本人の性格もアレだけど、かなり皆から食い物にされた女性だね。

633 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 20:36:35 ID:5MmUJuQb0
>>624
中二病ですか?

634 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 20:37:57 ID:9kkgVrJC0
>>632
それって「モンスター」って映画じゃね?
同じ事件がモデルなのか?

635 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 20:50:57 ID:SUZ4qklNO
何年か前に民放で見た深夜映画。かなりウロなので間違いあるかも。
確かマオリウォリアーズとかそんなようなタイトル。長文になっちゃったんで先に謝っとく…。

主人公とその夫と息子二人、末に娘が一人の家族の話。
主人公である母親はマオリ族出身の女性。父親は仕事の続かないDV野郎で仕事を辞めてきては
妻と喧嘩になりぶん殴ったり酒浸りになったり。妻の部族も気に入らない様子。
上の息子は家を出ていて時々金をせびりにくる、全身マオリの刺青を入れたDQNぽい人。
下の息子はそんな兄をリスペクトしてグレた、家庭裁判所に呼ばれるようなプチDQN。
末娘は対照的に大人しい小説を書くのが好きな子。子供達は仲がいい。
夫婦はたまには仲良く家に友人を招いてホームパーティーなど開き、父親の弾き語りで
デュエットを披露したりして睦まじく過ごすがそのパーティー中、母親の夫友人への些細な言動が
父親の逆鱗に触れて母親ボコボコ→レイープ。パーティーの翌日は下の息子の家庭裁判所に行く日だったが、
母親はベッドから起き上がれず行けなくなってしまう。そのせいだかなんだか下の息子は少年院に入る事に。
仲の良かった末娘は会いたい一心で家を抜け出し、大事にしている小説兼日記のノートを抱えて兄に会いに行こうと試みる。
しかし結局会えず、夜遅くに家に戻ると父親が飲み仲間を家に呼んで酒盛り中。当然キレる父親。
場の空気が悪いのを気にした飲み仲間の一人が父親を宥めにかかり、
末娘に「さあ、おじさんにおやすみのキスをして二階に行ってしまいなさい」と優しく声をかける。

続く

636 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 20:52:14 ID:SUZ4qklNO
続き

しかし末娘はそれを激しく拒否。その態度にますますキレた父親は末娘を張り倒し、
「女の癖に小説なんか書きやがって!」と大事なノートを取り上げて真っ二つに破ってしまう。
絶望して家を飛び出す末娘。そのままいつまで立っても家に戻ってくる様子のない娘を心配した母親が
家の外に出ると、庭の木に見覚えのない影が。それは首を吊って庭木にぶらさがった末娘だった。
泣き叫ぶ母親とさすがにショックで呆然とする父親。
マオリの葬儀で娘を弔った後、母親が離婚を決意して荷物を整理していると、娘の遺品から
あの父親に破られたノートを発見。貼り合わせて読んだ母親の顔色が変わり、
酒場であの日の仲間と飲んだくれていた父親の所へ走ってノートを突き付けた。ノートを読んだ父親の顔が鬼の形相に変わっていく。
「○月×日 昨夜もあのおじさんがベッドに入ってきて体を触られた。〜〜……」
あの日娘に「おじさんにキスして」と声をかけて飲み仲間は、影で娘に継続的な性的暴行を働いていたのだった。
真っ青で弁解する飲み仲間の頭を酒瓶でカチ割り、椅子を叩きつけ血ダルマにして殴り続ける父親。多分殺してる。
最後、息子達と車に乗り込み故郷へ帰っていく母親のシーンを黒地に赤の文字のタイトルがバン!と塗り潰してEND。

全体的な救われなさと首吊りのショック、血塗れのおっさんにとどめを刺す父親の
物凄い形相が強烈に残ってる。数日くらい気持ちが沈んだ…。伝わらなかったらごめん。


637 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 21:28:46 ID:9S6Hf7Cd0
>>634
その映画見なかったけど、元の事件は同じだよ。

Wiki のリンクはっとく。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%8E%E3%82%B9

638 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 22:10:51 ID:pQZEQecb0
モンスターのモデルが、まさかテルマ&ルイーズのモデルと同じとは知らなかった。
というかテルマ&ルイーズって実在のモデルとかあったんだねえ。
しかし同じ題材でもかなり毛色の違った映画になったんだなあ。

ちなみに映画「モンスター」は>>632のモデルの話に忠実。
育ちも悲惨で売春婦のシャーリーズ・セロン(ブスメイク)と、
レズビアンで現実逃避気味のクリスティーナ・リッチとひょんなことから付き合うことに。
それまでの人生で男に憎しみさえ抱いていたセロンはリッチとなんだか共依存関係になっていく。
稼ぎもないリッチと暮らすために売春を続け、その内客にひどい暴力を振られ相手を殺してしまう。
それからはだんだん売春より殺しのほうがセロンの仕事になっていった。
ところがセロンが必死になればなるほどなんだかリッチはセロンに引き始め、
挙句違うレズビアンの女性とイイ感じになってしまう。
リッチはリッチで、セロンの暴力性に恐怖を感じ始め、セロンが逮捕されると警察に協力。
裁判の際にはセロンのほうも見てくれなくなってしまったのだった…。

639 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 22:28:20 ID:7BDgH9D70
>>635-636の映画、かなり後味悪そうで見たいんだけど、wikiとかで紹介してない?
マオリウォリアーズじゃヒットしなかったけど。

640 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 22:31:55 ID:kGavjYQI0
「モンスター」、リッチが裁判でセロンに不利な証言してるとき
"I'm sorry."ってリッチの心の声がしてたような気がするんだけど
空耳かな。
セロンはリッチを助けるために犠牲になることは納得してて
リッチの方もセロンの気持ちをありがたく受け入れて不利な証言したのだという理解で見てた。
どんだけ甘甘なラブストーリーだと思ってたよ。

641 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 22:39:58 ID:pQZEQecb0
>>640
あ、じゃあ私の解釈が偏ってたのかもw
顔に似合わず、悲惨な生い立ちのわりに甘い幻想をどこかで忘れられないセロンと、
現実逃避してるわりに意外と地に足ついてるリッチの温度差を感じてしまった。
返却期限差し迫って急いで見たから自信ないけど。

642 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 22:43:47 ID:pQZEQecb0
連投スマン、これかな?
「ワンス・ウォリアーズ」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=26649

643 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 22:59:27 ID:7BDgH9D70
>>642
マオリじゃなくてウォリアーズがキーワードだったとは・・・
家族の崩壊ってあるから、これっぽいですね。ありがとう!

644 :640:2008/01/05(土) 23:13:21 ID:kGavjYQI0
>>641
>顔に似合わず、悲惨な生い立ちのわりに甘い幻想をどこかで忘れられないセロンと、
>現実逃避してるわりに意外と地に足ついてるリッチの温度差を感じてしまった。

なるほど〜。そこには気づかなかった。確かにリッチはセロン程夢見てはいなかったね。
セロンは一人で自分の世界に逝っちゃってる気はするね。
人殺しにしろ愛にしろ彼女の世界だけだもんね。なんかちょっと解釈が広がった気がした。
ありがとう!


645 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 23:16:29 ID:aqbA3uyW0
稼ぎもないのにリッチか・・・

646 :640:2008/01/05(土) 23:23:37 ID:kGavjYQI0
>>645
リッチは女優さんの名前だからw
子供の頃からたいていの人は足下にも及ばないほど稼いでるw

647 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 00:00:36 ID:TKjshPth0
アダムスファミリーの末娘だよね。売れっ娘だ。

648 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 00:35:05 ID:zpJcG4quO
ムチムチした健康そうな女性だったのに、手術で胸を小さくしちゃったんだよね。


649 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 00:55:52 ID:ye4pc/QU0
なるほど、勘違いすまない

650 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 00:56:16 ID:ye4pc/QU0
すまん>>649>>645

651 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 01:21:45 ID:IN0crfpz0
胸をちっさくしただと!
もったいなさすぎる・・・。

652 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 01:31:47 ID:/jTL7PUb0
ハリウッドで貧乳ブームがあったんだよね、一時期。
豊胸してた女優もシリコン抜きまくったとかなんとか。
デミ・ムーアも胸小さくしたらしい。

653 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 01:53:03 ID:n1Q8Bip0O
>>598
読むのは子供だけど、書いてるのは大人って考えると、ますます後味悪くなるな。

654 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 02:51:58 ID:+AoBpKiC0
>>629
人によって本当に感性って違うんだなと思った 皮肉抜きで
俺もテルマ&ルイーズは最高に好きな映画のひとつだ
あのラストは一片も救いがないのに爽快って言う最高のラストだよ

DVDにはあのあと「反対側の岸に着陸して逃走」って言う
もういっこのラストが入ってるらしいけど
それが本当ならもう死んでしまえと思った

655 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 04:22:50 ID:RnRSWLKG0
>>654
観てないけどあまりの蛇足っぷりにワロタ<DVD
それはないわww

656 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 07:04:30 ID:znZcTizmO
私が幼稚園に上がる前〜小学校入学前の話だけど
母親に少しでも逆らうような態度をとると『○○○が憑いた』とか言って半狂乱で数珠?を持った手で叩かれてた
上の姉に聞くと当時の母親は父親の浮気が原因で?鬱気味で宗教もかかってたらしいから恨むようなことはない
けど今でも○○○って言葉を聞くだけで気分悪くなるし便所で吐いたりすることもある
吐いた後は消臭スプレー振ってるし中学の頃には音を漏らさずに吐けるようになってたから親達は知らないけど
じゃないと潔癖症もいい加減にしなさいとかトイレ近いねとか言えないと思うし
お酒の味は好きだけど弱いから酔って余計なこと言わないように嫌いだし飲めないで通してる
父親の浮気で傷付いてた母親をまた傷付けたくないし今の軽口を言い合える関係も好きだから
この事は私が墓場まで持っていきます
母親へ:もし私より先に死んだら吐くのだけでも治るように祈って下さい
父親が定年になったらと夫婦で色々な旅行プランを立ててるのを見ると涙が出るくらい嬉しいです

追伸:低学年の頃に蜜柑を一人で一山食べたからと両手両足を縛られたまま二階に転がされている時に聞いた
あなたたちの笑い声とTVの音は耳にまだ残っています

657 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 07:08:09 ID:6C4h48/N0
>>654
いやー、おれ>>629-630なんだけど、テルマandルイーズは好ですよ。
ブラピがトンズラしたところで終わったら後味悪いだろうなと思ったんで、あえて最後まで書きませんでした。
最後まで書くとスカッとしちゃうからw
キスして走り出すところとか、画がきれいなんだよね。

658 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 08:50:37 ID:MGPzytt+O
『ジャムおじさん』
俺、ジャムおじさんのパン工場で ジャムおじさんに ケツ掘ってもらって射精してます。
この前、アンパンマン号で俺相手のびんびんになったペニスにケツ穴沈め、
お互いびんびんに勃起しながらホモSEXしました。
その時、俺、腹が痛くなり、おまけに昨日から下痢気味だったことも思い出し、
俺、ジャムおじさんに「ちょっとヤバイ!」って告げたら、ジャムおじさんは俺が射精寸前と勘違いしたらしく更にガン堀りされました!
俺たまらず「で、で、出る」と言った瞬間、俺のケツ穴から下痢状のうんこが物凄い量、噴出しました!
ジャムおじさんは俺をアンパンマン号の外に突き飛ばしましたが俺はうんこが噴出するケツ穴を操縦席に向けてしまい
アンパンマン号内はおびただしい俺のうんこでめちゃくちゃ茶色になってしまいました。
そのアンパンマン号、パンを運ぶのに大事らしく、ジャムおじさんは相当頭を抱えていました。 俺はバイキンマンの城で置き去りにされ、下半身丸出しで途方に暮れていたところをバイキンマンに拾ってもらい
バイキンマンにも掘られて捨てられました。

子供たちに優しいイメージあるジャムおじさんがこんなことするなんて…ていうかバイキンマンにも助けられない主人公が不憫すぎる。

659 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 10:56:45 ID:T+zVHfeV0
>>658
二回抜いた

660 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 13:18:35 ID:cg3FYBf10
二年位だったか、テレビであるお店が映し出されて、
そこでは、番号が連番だか特殊だか、とにかく貴重なお札を売ってるって話だったの。
お札の保存状態も良くピン札同然で、その店の主人はそれをとても大事そうに語ってた。

話が終わると、その店に来た二人組の芸人(誰だかは失念)が主人からそれを買い取ったんだけど、
なんと次の瞬間、主人の目の前でそのお札を真っ二つに折りだした。
主人は「ああああ何やってんの」と二人を止めようとしたが時既に遅し、お札の真ん中にはキッチリ皴を残ってしまった。

そして芸人二人が「今からこれを売りたいんですけど、いくらになりますか?」と。
貴重なお札は折るとどれだけ価値が下がるかって特集だったんだ。

店の主人はこんなのいくらにもならないよと怒っていて、それを笑う芸人達。
マジで腹がたった。



661 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 13:58:07 ID:NnmCA4TW0
それはその趣味の人達全員を敵にまわしたな。


662 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 14:10:56 ID:6C4h48/N0
>>660
いい具合に後味悪いですね。
しかしテレビ屋ってΣ(´〜`;)・・・

663 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 16:00:42 ID:srKck+kO0
>>660

その話、あらかじめ店主に了解がとってあったと
聞いたけど。

664 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 16:41:16 ID:O+QLbNxW0
店主が了解してたかどうか以前にそんな企画を考えつくヤツの人間性を疑う。

665 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 21:22:26 ID:sShTdatS0
>>660
個人の好事家から買って目の前で折るとかならひどいかもしれんが
店から買ったものの使いみちは買った側の自由だろ

666 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 22:27:22 ID:On+Q5Wzm0
>665
何かそれ、ペットショップで買った動物を食材にするのは罪じゃない
みたいな言い分だな

667 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 23:22:52 ID:d8DBCFAZ0
>>663
それはオリラジのシールの話じゃない?
これはお札でしょ。

668 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 01:31:17 ID:/hebSIr5O
>>660
似た話で、昔の大みそか紅白の裏番組で男タレントのKが、
女性タレントの部屋に生でこっそり侵入する企画があった。
Kはタレントの飲みかけのジュース飲んだりお決まりのやりたい放題だったんだけど、
番組の中盤くらいで女性タレントの手編みのマフラー(作りかけ)を見つける。
その女性タレントは顔赤くして、Kに「誰かに作ってあげてるんでしょうかねえ」と言われほのぼのした空気に。
しかし、Kが急に「こんなもの!」と叫んで、思いっきり編んである糸引っ張ってマフラー台なし。
スタジオ大爆笑。女性タレント凍り付く。
うちの親戚誰も笑わないで俺も胸糞悪いだけだった。ヤラセだとしてもなぜあんなことしたのか問いたいくらい。

その時の女性タレントは見かけなくなって、Kは今もテレビ出てるけど、Kは今も嫌いだ。

669 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 01:42:19 ID:naFCm1Vd0
なんだか最近のテレビ業界全体そんな感じだよね。
誰かを傷つけて笑をとるって風潮良くないよ。
だけど一瞬、女性タレントに部屋で生でこっそり挿入する
って読んでしまった自分も良くないな。

670 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 02:55:54 ID:7fTmj1S60
>>668
Kって誰?

671 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 04:53:43 ID:NQ0mUY780
>>669
素人相手にイジメ芸で笑いとってるなら、イカンと思うけど、タレント同士なら
演出もあるだろうし、イジメられる方もおいしいと思ってるじゃないかな
テレビに一切出ることなく、消えていくタレントの卵なんかすごい数だろうし
そもそも、ある程度売れてなきゃ出してくれないんだからさ
イジメられ役でも、テレビに出てるだけ「運がいいタレント」だと思うけどなあ

672 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 05:47:46 ID:R15DhEotO
酷い世界だ…

673 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 05:51:27 ID:eUJgbiC70
>>671
そういう業界だからって、なんでもしていいってのは横暴だと思うんだよ。
笑いの方向としては、”俺たちにやれないことをやってのける!そこにシビれるあこがれるぅ”
的なものなんだろうけど、聞いただけで気分悪い。

674 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 06:02:55 ID:naFCm1Vd0
うんそうだね。
それにテレビって基本的に影響力の強いものだから子供だって真似するだろうし。

675 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 06:55:41 ID:1A37dORR0
そこにシビれるあこがれるならまだいいんだけどさ
たとえばヤクザやDQNの集団に喧嘩売って怒らせてから半笑いで謝ってみせたら
それはある意味立派だとは思うが
相手が強く出れないのを確認してからの「常識にとらわれない行動」は不快なだけだ

676 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 07:20:34 ID:zF9je0NsO
男性タレントKをkwsk

677 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 09:08:44 ID:yTylo2pY0
>>675
江頭の(ある意味)立派なところはそこだな。
あくまで自分の身をもっとも危険にさらすという。

678 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 10:05:41 ID:kqLA28kr0
江頭って水俣病の?
NHKアーカイブで見たけど「庶民が何を言うか!」みたいなこと言ってた。

679 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 10:24:09 ID:TtemMSUV0
ここまでお笑いタレントの話題が続いているのに
なんでいきなり江頭豊w

680 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 10:29:14 ID:NM+9MLX50
芸能人に対してのセクハラで強烈だったのが
山口美江をヌードコラで笑い物にした番組だったよ。

あの頃、山口はバイリンガルで高ビーさが売りの
確かに世間で反感買うキャラ(今ならふつーにいるレベル)だったけど
お笑い芸人達(全員男)が山口を囲んで、大きな絵画のベールを順に取っていくと
描かれているのは、全裸女性の顔部分を山口に挿げ替えたコラージュばかり。

多分、事前に知らされていなかったらしく、どうしていいか判らない山口に
向かって芸人たちが「山口さんもかこんないい身体なんですか〜?w」
「どうですかー名画になった気持は?(デヘヘヘ・・)」みたいな野卑なを
ずっと投げかけていて、山口がマジで傷ついて顔を引き攣らせているのを
笑い物にするという趣向だった。

当時、そのオンエアを見たのがまだ小学生の自分でさえ、こんな番組あり?!
完全にセクハラで犯罪じゃないのか?!って疑問に思ったし、こんな番組を
キー局が平気で製作して放映している事実に子供心にショックだったよ。

直接は関係ないかもしれないけど、山口美恵が精神的不安定から芸能界を
引退したのが、それから間もなかったので余計、後味悪い気持ちになった。

681 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 12:20:27 ID:x13sfU59O
>>679
秋篠宮の出生にいちゃもんつけられたからかな?

雅子の入内には子供ながらびびったけどね
その後の行動にも……

682 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 14:23:13 ID:/hebSIr5O
>>670
伏せ字にした意味なくなるけど、当時はとんねるず石橋のいじめられ役、
今はダウンタウンDXでホラ話を語るのが得意なKさん。
もちろん話術なんかは研鑽したのだろうけど、未だにあのとき口で毛糸引っ張ってた光景がムカつく。

683 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 14:28:46 ID:GDlNCQkDO
>>625-626実話の方、社会の資料集で読んだな。
どっちの主婦か忘れたけどそのうち「子供が死んだのはあの池が子供が入り込めるほど管理が甘かったせいだ」って言い出して市役所だか行政を訴えたんだけど、
訴えたその日から匿名の嫌がらせが続き、訴えを取り下げたら止んだらしい。

684 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 14:59:18 ID:gE14m1VF0
>681のレスが理解できる人いるか?

685 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 15:24:40 ID:aTUAdEGD0
>>684
江頭豊=雅子さんの祖父

686 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 16:43:40 ID:xWXUtXw9O
>>684
アンカーも満足に付けないおまいが理解出来ない

687 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 17:09:54 ID:o8oOD2vO0
>685 一行目の秋篠宮〜からして理解できない
>686 リンクも見られない携帯厨は黙ってろ

688 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 18:38:11 ID:xWXUtXw9O
小物が釣れました

689 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 18:40:52 ID:H0CzU6yBO
>>688
そう言うのは別のIDが言わなきゃ

690 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 18:47:38 ID:r3w5OWf/0
俺のPCでは>>684のアンカーは青くなってるし、ポイントするとポップアップするけど?

691 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 19:25:32 ID:p6IcTVGAO
昔は>だけの人も割といたなあ
アンカーすら鯖の負荷がとか言われてた気がする
いまはそれより専ブラ使えだね

692 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 21:08:58 ID:59ehW1MoP
古参リベラル派の俺から言わせてもらえば今日h抜きやsageも慣習にすぎないからやめればいいと思うよ

693 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 21:49:28 ID:cS0nFnmG0
>>675
そういった意味で、すすめ電波少年のデブの松本はすごいと思った。
カーセックスしている車に水をぶっかけ、逃げないで
「この様な場所でこの様な行為はいかがなものかと・・・」
と相手を説得していた。まあ、相手は納得いかないから
「責任者を出せ。」
と丁重にでも怒りオーラ満載で言っていたな。でも、あの番組の
プロデューサーはその場を逃げていなくなり、別件では韓国に愛人作って
韓国までの旅費を稼ぐために芸人を韓国で懸賞生活させたんだよな。
ほんとにテレビ局は腐っているよ。

>>684
江頭豊=雅子さんの祖父 =江頭2:50の親戚

694 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 21:50:19 ID:yc/K6AlT0
sage書きは通りすがりの頭のおかしいのに荒らされにくい、って利点は一応ある。
無駄に神経質になっていることも多々あるけどね。


695 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 22:28:35 ID:9Gy9tQ1R0
すぐ天皇家の話題出すのって女性週刊誌愛好してるババアみたいだよね

696 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 22:42:18 ID:NQzfTvJb0
鬼女とオカマは皇室ネタ大好きだからな

697 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 23:01:23 ID:R15DhEotO
女子高生とかいないかなー

698 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 00:51:09 ID:Af9XkbPqO
>>686
お前痛すぎw
まじで無知な携帯厨は書き込むなw
恥かくだけwプッ!
しかも小物が釣れましたとかw
やめてくれw腹いてぇwプッ!

699 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 01:08:41 ID:BYQHYmF50
ねぇ、君たちはほんとに他人を監禁する権利があると思って懲役刑を認めてるの?

700 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 01:08:46 ID:SW9dSCcw0
はいはい子供は寝る時間ですよ〜

なんかのギャグ漫画。うろ覚えだけども…
両親を召使いのように扱う兄。素直に従い、お茶やお菓子を運んだり
肩を揉んだりする両親。
が、ついに父親が切れ「いい加減にしろ!」 
そこで兄がぼそっと「3000万…」 
その言葉を聞いて父親は口答えできなくなってしまう。
実は兄は野球選手。球団との契約が決まり多額の契約金を得ることになったのだ。
「急にその気になったのでやらせろ」 
と母親に襲い掛かる兄。それを父が制止し、
「そうだ、お前の妹とやらせてやろう!母さん、妹を呼んで来い!」
呼ばれてきた妹は訳もわからず兄に襲われる。
と、そこへ現れた叔父が
「兄くん、球団契約おめでとう!さあ私と一緒に暮らそう!」
実は兄は母と叔父が浮気して出来た子供だったのだ。
途方にくれる父と妹を置いて、叔父と母親と兄は家を出て行くのだった…

どこが笑いどころなのか未だにわかりません。
こんなろくでなしの父親と置き去りにされる妹が可哀相。

701 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 01:17:28 ID:W2cbWYmA0
妹以外全員ろくでなしだな・・・・

702 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 02:36:59 ID:VxdnVI3O0
屋根裏部屋の花たち 作者 V・C・アンドリュース だったかな。
最悪で、しばらく食欲がうせるくらい後味が悪かった。

長男・長女・次女・次男という構成の4人の兄弟が、両親と幸せに暮らしていた。
しかし、ある日突然父親が死んでしまい、収入のなくなった母と兄弟は、母の実
家へと帰る事に。
実家は実はもの凄い資産家だった。
兄弟の両親の結婚を、ある理由で母の両親は許しておらず、帰ってきた今も、母の
結婚を許さなかった。
両親が許してくれるまで待ってと母に言われ、4人の兄弟は大きな屋敷の屋根裏部
屋に隠れて住む事になった。
最初のうち母はしょっちゅう、屋根裏部屋を訪れてはお菓子をくれたり、食事をも
ってきてくれたりしていたがやがて、屋根裏にやってくるのは、意地悪で、冷たい
祖母ばかりになってきた。
それでも我慢して過ごしていたが、一番末の弟が体調を崩し、枯れる様に死んだ。
ある時、長男と長女は意を決して母親に会いに行こうとするが、その途中で、兄
弟と兄弟の母の置かれた状況を知る。
4兄弟の父は、実は母の実の兄で、母の両親は結婚を許さなかったのだ。
しかも資産家の祖父が死んだとき遺言で、母が独身で兄との子供が居ない時、初
めて遺産が相続される。
母と祖母にとって、4兄弟が生きていては困るのだ。
弟が死んだのも、母親が持ってきた菓子パンに振りかけられていたヒ素が原因。
生き残った3兄弟は、夜中にひっそりと生きるために屋敷を逃げていく。

そういう話しだった。
しかも作中で、長男と長女は肉体関係を持ってしまったり。
読むのも苦痛、読まずに結末が解らないのも苦痛、結末を知って苦痛という
最悪な小説だったなぁ。

703 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 02:40:19 ID:VxdnVI3O0
×生き残った3兄弟は、夜中にひっそりと生きるために屋敷を逃げていく。
○生き残った3兄弟は、生きのびるために、夜中にひっそりと屋敷を逃げていく。

に訂正して下さい。


704 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 03:14:37 ID:M9bEHVVoO
映画版では屋根裏を脱出したあと母親の結婚式に乱入して母親を死に追いやるんだよな…

705 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 04:00:30 ID:AA6MP2M80
Kは勝俣かな?
彼はリアルで昔付き合ってた彼女を凹って、車のトランクに入れて山に捨ててきたとテレビで言っていた。
見ていて引いた。笑えないし。つーか殺人未遂…

706 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 04:23:17 ID:9fPE+0nc0
えええ??!後味悪いどころじゃねーぞ…

707 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 09:50:12 ID:yebYRu5+0
ボブサップはテレビの後味の悪い話に入りますか?

708 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 12:12:11 ID:nstkXFG90
>>705
それが本当だとしたら、相当のDQNだな
ちょっとショック・・・・
もうTVにでてこないでほしいもんだ・・・

709 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 17:48:13 ID:acgzQje30
>>707

詳細が分からないと、なんともいえません。


710 :1/3:2008/01/08(火) 18:24:00 ID:ZfCLZww/0
短編小説。作者はイーガンだったと思う。

主人公はボランティアのレスキュー隊員。
この世界では異空間が出現する災害が起こっていた。
ドーム状の異空間が突然現れ覆われた地域から脱出が不可能になる。
しかし外には逃げられないが異空間の中心へ向かうことは可能だ。
冷静に中心を目指す住民もいるが、恐怖にかられて外へ逃げようとする住民もいる。
主人公達ボランティアは外部から異空間に突入し中心を目指して歩いていく。
逃げ遅れた住民やパニックになった住民を誘導し、安全に中心まで運ぶ。

ルート選択には細心の注意を払う。
外部に向かった移動はできない。必ず内部に向かうルートを選ばなくてはならない。
中心にたどり着いた後は、ひたすら待つだけ。
異空間は突然出現し突然消えていく。

711 :2/3:2008/01/08(火) 18:24:31 ID:ZfCLZww/0
今日も異空間が出現した。
主人公も出動し、逃げ遅れた子供や子供を助けようと必死になっている母親を誘導する。
逃げ遅れがいないか探しているうちに奇妙な装置を発見した。
これは現実世界にある装置ではなく、異空間の中に存在するものかもしれない。
ひょっとしたら異空間を発生させている装置かもしれない。
この数年、何十回も異空間に入ったが初めて見る代物だった。
今を逃せば二度と遭遇できないかもしれない。
主人公は躊躇ったが装置を破壊した。

無事に中心へたどり着いた主人公。
ボランティア仲間や医療班、救助された多くの住民達が休んでいた。
今日も無事に終わったと一息つく主人公。装置のことをどう報告するかと悩んでいる。
1時間が経ち2時間が経った。異空間が消えない。
住民達が不安にざわめきはじめた。
ボランティアや医療班はなすすべもなく右往左往している。

712 :3/3:2008/01/08(火) 18:25:03 ID:ZfCLZww/0
主人公は考える。
あの装置は本当に異空間を発生させていた装置なんだろうか。
異空間を発生させる装置ではなく、移動させる装置だったとしたら…?
主人公は異空間を固定させてしまったのかもしれない。
答えが出せないまま主人公は待ち続けるしかなかった。

713 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 19:14:59 ID:oxWEXE3Q0
雰囲気で意味はわかるんだけど、
異空間の中心を目指す理由を明記してくれたらうれしい。

714 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 19:21:56 ID:A36jnTI10
そこに異空間があるから

715 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 19:49:11 ID:sXmxFWuj0
>>713
異空間が消滅する時に内壁から発せられる、
ソニックウェーブで身体が飛散してしまうから。

716 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 19:57:22 ID:l9++q4NUO
>>715
例えが悪いが、ペルソナか仮面ライダーspiritsの四国みたいな感じなんだな


717 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 21:47:05 ID:uFnue8Ud0

実話ナックルズ10月号 07/08/30発売


ウッチャン自殺未遂!?の影で高笑いする学会芸人

http://www.taiyohgroup.jp/index.php/module/Default/action/Detail?item_id=070629013



これはマジか




718 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 21:50:45 ID:dnzhAKGc0
>>717
ナックルのいうことは素直におもしろがった後で自然に忘れる、が作法だ。
真偽をいうのならナックルなんざ読まないほうがいい。

719 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 22:04:25 ID:OAwMfUfb0
富田勲のシンセザイザーの「惑星」のCDリーフレットの中に書かれていた
惑星を元にした短い話。

宇宙への移動が一般化した未来。
主人公のパイロットは今やすっかり古典的な方法になった
ロケット打ち上げを「宇宙行く時はやっぱりこれに限る」と愛用していて、
コクピットには宇宙で迷った時に位置がわかるように発信場所(地球)に
近づくと人類や友好的な宇宙人がお互い識別のために歌うメロディ
(木星のサビ部分)がオルゴールで流れる仕掛けがついている。

今日もいつものようにロケット打ち上げで勢い良く宇宙に上がり、
火星・水星・木星と順調に通過し、木星あたりで遭遇した
友好的な生命体と例のメロディで挨拶を交わして機嫌よく進んでいたら、
ブラックホールに遭遇して宇宙船ごと吸い込まれてしまう。
その先でアメーバみたいな生き物とか謎の機械仕掛けの部屋にいたり
かと思いきや洞窟の中で死んだ兵隊の大群が行進していたり、
意次元世界の奇妙なものにたくさん遭遇してしまう。

気がついたら元の宇宙船のコクピットに戻っていたが、
そこは周囲は星もほとんどまばらで超新星爆発の後のガスが
漂う全く知らない場所へ飛ばされてしまったらしい。
もう地球にも帰れないしショボーンとなっていたら、ここであの
オルゴールが鳴りだした。
え?ということはもしかしてここは未来の地球のなれの果て?!
とファビョる間もオルゴールはゆっくり流れ続け、
そしてピタリと止まった。

なんか猿の惑星のラストシーンみたいだな・・・ていうか
帰ってきてこの状態じゃどうしようもないじゃん。と思った。




720 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 22:35:27 ID:kxq+n3nN0
少女漫画のフルーツバスケットの作中で漫画のあらすじには関係ないけど、
バカな旅人の話ってのがあってその話がちょっと後味が悪いかなと思うんで投下。

バカな旅人が旅をしてて、なんでバカかというとすぐ人に騙されてしまう。
街の人の言うことを信じてその度にお金や服などを騙し取られてしまう。
でも旅人はバカだから「おかげで助かります」って言う街の人のウソにも
涙をポロポロこぼして「お幸せにお幸せに」って喜ぶ。
で、とうとう持っているもの全部騙し取られて素っ裸になって
さすがに恥ずかしくなった旅人は森の中を旅することに。
そしたら今度は森に棲む魔物に出会う。
魔物は旅人の体を食べたくて、言葉巧みに旅人を騙す。
もちろん旅人は騙されて腕を一本、足を一本と魔物にあげていく。
結局、旅人は頭だけになってしまう。そして最後の魔物に目をあげることに。
最後の魔物は目を食べながら「ありがとうお礼に贈り物をあげます」って置いていく。
でもそれもウソで贈り物は「バカ」と書かれた紙切れ一枚。
けど、旅人はポロポロ涙を流す。
「ありがとう ありがとう」
「初めての贈り物だ。嬉しい 嬉しい ありがとう ありがとう」と
もうない目から涙をこぼして。
そして旅人はそのままポックリ死んでしまいましたとさ。(完)

これ読んだときはちょっとテンションが下がったなww
まぁ読む人によっては「バカスw」の一言で終わるんだろうけど自分的には・・・

721 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 22:44:06 ID:+WABgDeJ0
監禁された女の子が「殺されそう、助けて」というメールを友達に打ったけど
顔文字入りだから普通にふざけているだけだと思われて無視
結局殺人事件になっていましたとさという話

この友達の立場にはなりたくないな

722 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 22:52:38 ID:bQPjaR/I0
>>721
被害者には申し訳ないが、何故そこで顔文字

723 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 23:11:31 ID:6rSaS7PR0
>>722
辞書登録とか予測変換とかじゃね?
時間がないからこそ、そのまま送っちゃったと。

724 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 00:34:44 ID:Z3Vj78N70
 ⊃ З 廾 яё `ノ ぅ †ニ £ レ† 〒

725 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 00:36:20 ID:oFKED+9h0
クサチュー語やめれw

726 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 00:52:02 ID:PiU81l8zO
>>722
犯人に監視されながら打ったメールだから普通の内容に見せかける必要があった


文章も「助けて」や「殺されそう」などではなく、当たり障りのない内容

727 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 01:46:45 ID:xcxbmPd40
>>720
その漫画知らないんだけど、その漫画の中でその話しがどういう紹介のされ方だったのかによって
後味悪く思うかもしれないし、そうでもないかもしれない

728 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 03:31:23 ID:iMhbaYTlO
メインキャラの一人が学校で聞いた物語だとか言ってなかったっけ
「他のみんなは旅人を馬鹿にしたけど自分はそうは思わなかった」みたいに言ってたような気がする
後味の悪い紹介のされかたではなかったよ

729 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 06:34:18 ID:4A2VR9We0
旅人本人は喜んで死んだんだから、そのまま放置されて死ぬよりはよかったんじゃない?
騙す騙される云々は旅人がバカ過ぎるし寓話めいたものにツッコんでもしょうがないんで後味とか感じない。

730 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 07:53:10 ID:TPfzO3GC0
連載中で知ってる人も多いだろうけど田村由美の「7SEEDS」はどこを読んでも
後味悪くてお勧め。

回避不可能な隕石衝突により、人類滅亡すら予測される。
各国政府は心身ともに健康な男女7名を選び出してコールドスリープさせ、
災害発生後にコンピューターが生存可能と判断したら覚醒させるという
プロジェクトを極秘に進めた。日本では春・夏A・夏B・秋・冬の5チームを作った。

なかでも夏Aの後味の悪さは逸品。
他チームの人々は何も知らされないまま選ばれて眠らされていたのだが、
夏Aはこの災害のために、生まれたとき、いや生まれる前から選別され集められた
子供達の中から選ばれた。幼いころから様々な技術をたたきこまれ、
未来に送られる7人になるため競い合う。
育っていく中で深い友情で結ばれていくが、不適当と判断された子供は
極秘に処分(機械に放り込んでミンチ)にされていた。
彼らが17歳になったとき行われた最終選考は山中でのサバイバルだったが、
さまざまな罠が用意されていた。
教官たちが最後の7名以外は見捨てることを知らない子供たちは、罠にはまって
大けがをしながら「先生助けて!未来に行けなくていいから助けて!」
と悲鳴を上げながら死んでいく。ある者は友を見捨て、または助けられなかったことを
悔み、ある者は死の瞬間まで友に未来を託してサポートする。
そうして決まった7人は、あまりのことにほぼ全員が抜けがら状態だった。
そして彼らは否応なく「未来」へ送られた。

そしてさら後味の悪い事に彼らを育てた「先生」の1人は幸せに結婚して
生まれた娘にサバイバル術を教え込み、娘の彼氏とともに未来に送ったのでした
(この娘が主人公の1人なんだけど)
「先生」もその奥さんも人々のためにそれなりに壮絶な最期を迎えたし
娘には罪がないけどなんか胸糞悪い

731 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 10:28:48 ID:7Ew8lZRPO
>>698
小物が釣れました

732 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 15:26:51 ID:JhBXwxC5O
>>731
しつけーよw

733 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 16:26:40 ID:fIOkYTiV0
隕石と言えばNHKの隕石衝突動画。
わかりやすく現代地球をモデルにシミュレートしてる。
自然すごすぎ。
あんなもんぶつかったら逃げ場どこにもないよ…
ttp://www.youtube.com/watch?v=hu-iYG-mgpo

734 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 17:12:13 ID:iMhbaYTlO
ニコニコでおもしろ改変されすぎててイマイチ恐怖を感じられない

735 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 18:07:45 ID:Sf8BGcQc0
衝突直後に
日本がバンソウコウはがすみたいに消滅してて笑った
ある意味 丸1日の執行猶予のあったブラジルより幸せかも試練

何て言うか
実際もう笑うしかないよな こうなったら
後味もクソもないよ

736 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 20:19:20 ID:lpumpmtS0
NHKと隕石と聞いて本社ビルが変形する奴かと思ったよ
あのCMは女子アナがスイーツみたいでなんだかNHKの限界を露呈してた気がする

737 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 20:23:47 ID:oFKED+9h0
>>734
ドリフの音楽に差し替えた奴見て爆笑したw

738 :沖縄県失業率全国一:2008/01/10(木) 03:25:14 ID:CWsfjTUw0
隕石の衝突により地表&地下の溶岩が気体化し高温の岩石蒸気と化し一日かけて
地球表面を焼き尽くす。最高の週末だな。隕石売れば最高の兵器になるぜ。

739 :本当にあった怖い名無し:2008/01/10(木) 04:35:17 ID:pGkcSG7s0
みさき速「特攻天女」

少年チャンピオンに連載されてた暴走族マンガなんだが
主人公・祥を囲む3人の大人、瑞希・遊佐・高村がとにかくクソ野郎。
昔、面白半分にカップルを拉致って暴行し、男の方に
「これからこの女をまわしてボロボロにする。
 それが嫌ならお前、ここで自殺しろ。そうすればやめてやる」
と提案。
男はその提案を飲んで自殺。
「本当に死んだよ」と感心感動半分、畏怖ドン引き半分で3人は約束どおり女を解放。
でも別に反省するでもなく、罪を償うでもなく、DQN生活を続ける。
そのカップルの女が復讐を仕掛けて来るも返り討ち。
祥は(正義感が強くて優しい筈なのに)、3人の過去を知るも、まあ結局は彼らを許す。

その後はと言うと
瑞希は恋人を追って外国の紛争地帯に去り
彼女に惚れていた遊佐も彼女を追って行って
共に勝手に野垂れ死に。
1人残った高村は祥とくっついてラブラブに。
で終わり。


何が後味悪いって、
そんな彼らを作者が肯定して、それなりにいい人生みたいに描いてるところ。
何ともやりきれない。

740 :本当にあった怖い名無し:2008/01/10(木) 07:17:27 ID:n0Lz+gT7O
>>739
その漫画は読んだ事無いけど、なんたらアルテミスって漫画を描いてる人にパクリで訴えられてなかった!?
全てがうろ覚えで申し訳ないorz

741 :本当にあった怖い名無し:2008/01/10(木) 11:44:27 ID:xxKAhVod0
「特攻!アルテミス」だな
確かに読んでると時々「あれ?今俺はどっちを読んでるんだ?」って
なるくらいは似てたな

ただあっちはここまで後味悪くなかった気がする
作者がメンヘラか正常人か の違いかも知れないが

742 :本当にあった怖い名無し:2008/01/10(木) 14:13:53 ID:3vSRvZYQ0
>>739
どいつが男でどいつが女なのかわからん
主人公の祥とやらは女なのか
男ならホモなのか

743 :本当にあった怖い名無し:2008/01/10(木) 14:37:44 ID:xxKAhVod0
祥と瑞希が女で同じチーム(レディース)
遊佐と高村が男で同じチーム

・・・だったと思う
なにせ昔のマンガなんでな

744 :本当にあった怖い名無し:2008/01/10(木) 15:46:08 ID:aCDSiJqR0
某いじめスレより引用

>>学生は何だかんだ言っても3年の辛抱だ。頑張れ!

問題は零細企業であった場合だな。
小さくて異動先がないから、上司に報告して人事異動もできやしない。

で、俺が行ってた会社は社長が率先していじめてましたw
いじめられてる人は定年間近のじいさんでした。
ただ、そのじいさんは新しい若手社員をその腹いせにいたぶる傾向がありました。
いじめられる側もちょっとなーと正直思ったね。

俺は怖くなってすぐやめたけど。

…いじめの連鎖は恐ろしい


745 :本当にあった怖い名無し:2008/01/10(木) 15:46:42 ID:XUk4eR7MO
男装してるキャラが通っている大学でイケメンとしてモテまくりだったけど
普通バレるだろって思った

746 :「有り得ない」と説得されると困るが。:2008/01/10(木) 17:15:04 ID:CreneETX0
少女漫画の「フルーツバスケット」で思い返される思い出。

じつは私は子供の頃 怪しいお子様集団(宗教系で私の親より地位の高い人物が集めた子供たち)の遊び相手として連れ出されフルーツバスケットさせられそうになった事が有る。
命令体質の主催者らしい奴が私にフルーツ以外の食べ物を指定し、私だけが仲間ハズレ状態になっていた。
はしゃぎ回る事の苦手な私は「ずっと腰掛けたままで無問題」な役が嬉しかったので集団の騒ぎを丸ごと無視して安堵の笑みを浮かべつつ窓の外を観察していたことがあった。

…この集会に呼ばれた子供たちの一人が 私の性格を「凄くお人好し」と勘違いしたまま(或いは他の人間にあの行動はお人好しの人物だと印象付けようとして)物語の設定を指定するスポンサーに成長していたりするかと思うと後味が悪い。

殺鼠剤的を盛られて鼻血が出ていたときは「鼻血ブーを笑ったり性的興奮だと決め付ける物語」が繰り返し情報としてメディアに流されていた。


又は、未だに怪しい新興宗教風儀式(実は裏社会の薬物パーティ)の繋がりがマスコミ内で継続していたりするかと思うと後味が悪い。

私が「俺の設定した(名前を付け行動を把握し指定している)アニメキャラ(獣的人格→ペットや奴隷・所有物的人間)」であると妄想している薬物中毒者を太古からの神憑り風習体現者と勘違いしていたり
私の行動が「恩恵を与える鍵になっている」と洗脳されているままだったりしているかと思うと後味が悪い。

因みにこの人達に反論を述べると放火されたり笑気ガス等を放出され記憶改ざんされたりする。彼らは「味方には警察関係者を操作する立場の人が居る」と自慢している。

747 :本当にあった怖い名無し:2008/01/10(木) 17:25:39 ID:j9LdmE8u0
【1087】家の中にストーカーがいます

748 :本当にあった怖い名無し:2008/01/10(木) 19:02:39 ID:5YOSh5ly0
・・・・これは下手につつかんほうがいいな

749 :本当にあった怖い名無し:2008/01/10(木) 19:51:01 ID:cYRBSG0CO
よくわかりません><

750 :本当にあった怖い名無し:2008/01/10(木) 19:58:03 ID:JRjcKJvAO
後味が悪いといえばウルトラマンダイナ

巨大なブラックホール的なラスボスを、スーパーGUTSとの連携で倒すんだけど、ウルトラマンもそのブラックホールに巻き込まれて消息不明に・・・・・

751 :本当にあった怖い名無し:2008/01/10(木) 21:47:33 ID:HWCihqY/0
ブラックホールなら、向こう側から抜けられるだろ

752 :本当にあった怖い名無し:2008/01/10(木) 22:58:53 ID:b8ZtMXtc0
>>751
抜けられたところで、地球人側からしたら消息不明は消息不明じゃね?
ウルトラマンだって抜けた所が何処かわかんなきゃ、帰りようも無いだろうし。

753 :本当にあった怖い名無し:2008/01/10(木) 23:20:19 ID:0m59U5XF0
3分たったら帰れるだろ

754 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 00:18:55 ID:ag0iuBbIO
キチガイはちゃんとスルーするお前らってほんとえらいな

755 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 01:30:32 ID:zZRC/vBQO
最近のヒーローものは無駄に欝展開や辛い過去話をもってきてストーリーを思慮深げにみせているからウザイ

756 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 01:30:47 ID:/ZawUCYU0
ウルトラマンコスモスは名前が後味悪くて、物語も打ちきりでさらに後味悪い。

ウルトラQの人間型宇宙人が怪獣退治を手伝ってくれた後、そのまま地球人となる
ラストの話があるが、そのまま終わればいい話なのに、実はあの人もこの人もその人も
あっちもそっちもこっちもみんな元宇宙人ですというオチだった。ある意味いい
ラストなのかもしれないけど別の意味で後味がものすごく悪いラストだった。
BGMも不安をあおるようなやつだったし・・・。

ウルトラセブンのキュラソ星人の話。これはキュラソ星人の犯罪者が地球で逃げ回る話で
キュラソ星人は友好的な宇宙人という設定。このキュラソ星人はガソリンが食料でそのため
ラストで大火事のど真ん中で焼け死んでしまうのだが、ウルトラセブンと戦う権利も消失
されて、モロボシダンにさわやかに
「君が火だるまになるのは自業自得なのだよ」
と言われて死んでいく逃亡犯のキュラソ星人があわれで後味が悪かった。


757 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 01:41:01 ID:gjWcf0n/0
たった今見たアニメ「墓場鬼太郎」
人間から隠れてほそぼそ生き延びてきた幽霊族の最後のふたりの夫婦。病気にかかって弱っている。妻の方は妊娠していた。
ある嵐の夜、近所に住む人間の男が行くと、ふたりとも死んでいた。
男はふたりを土葬したが、帰ろうとしたとき赤ん坊の泣き声が聞こえた。
土からはい出て男に這い寄ってきたその赤ん坊を男は怯えて投げ出して逃げる。
そのひょうしに赤ん坊は墓石で片目を傷つけ血を流し、大声で泣きじゃくった。
それを聞きつけた父親の幽霊の死骸から目玉が抜け落ちて手足が生え、子供のもとに向かい、鬼太郎と命名した。
目玉オヤジが裸の赤ん坊のためになにか探しに行っているまに、鬼太郎は人間の男の家に這っていった。
男は頼られて不憫に思い、赤ん坊を育てることにした。
鬼太郎はやがてどこか不気味な少年になった。近所の子供や男の母親に嫌われている。
夜中に目玉オヤジと出かけていることを後をつけて知った男は、彼が持っていた切符を取り上げるがそれは地獄への片道切符で、地獄送りにされてしまう。
男の母親は息子にあわせろと鬼太郎親子に詰め寄り、地獄行きの切符を渡される。
隙をついて鬼太郎を崖から突き落とし復讐する幻覚を見て、頭がおかしくなって墓場で笑う。
鬼太郎はにやりと笑って、人間っておもしろいですね、と目玉オヤジに言う。

758 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 02:01:14 ID:K43pkYgA0
後味が悪いと言ったら地獄先生ぬーべだろ
生徒の一人が妖怪の仕業で未来に飛ばされる そこでは主人公ぬーべーが妖怪
との戦いでの怪我によって廃人状態 結局生徒はぬーべーの最後の力によって
元の時代に戻れるが、この未来は変えられないという暗示を臭わして終わり

759 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 02:45:58 ID:Ja3rX0740
ああっ、くそっ、しまった。墓場の鬼太郎見忘れたっ!
今オレ最高に後味悪っっっw

760 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 03:12:13 ID:88rUrF+30
上の方で、笑いを取る目的とはいえテレビは何をしてもいいってわけじゃない、
誰かを傷つけて笑いをとる風潮は良くないって話が出てて、
それで思い出したんだけど、ガキの使いの企画もので『シュウマイ地獄の刑』ってのが軽く後味悪かったな。

ライセンスの藤原が、番組から派生したキャラ“大食い芸人バキューム藤原”として
大食いをさせられ、いじられるっていうシリーズ物のひとつなんだけど、
この回では、その前の企画で完食できずに逃亡した罰として
街のあらゆる場所に設置されたシューマイをひたすら食べさせられる。
もちろん藤原は大食いが特技ってわけじゃなく、
以前一度だけ、ご飯を何杯もおかわりしたことがあるってだけでそのキャラ設定。
そのキャラはダウンタウンや番組側から言い出したものなのに、
ダウンタウンや山崎たちからの「大食いって謳ってるからには食えるだろ!」との野次を聞きながらまた食べる。

本人もダウンタウンにいじられてガキ使に出演できておいしいって思ってるのかもしれないけど、
見てるこっちは笑いも何もなく不愉快なだけだった。
自分には、「芸人はいじられてなんぼ」って状況を利用したただのイジメにしか見えんかった。
終盤には藤原泣き出しちゃったし。
オチとして、ギブアップの藤原の車にのダッシュボードにもシュウマイが詰められてて、
車中に逃亡するんだけど、もちろん食べられない。浜田が怒鳴って車を蹴とばし、終了。

次の日、元同級生30人と集まる機会があってガキ使の話になったんだけど
ほとんどの人間が「すげー面白かった」って感想だったから、自分の方がおかしいのかもしれない。
そいつらにどこが面白かったのかと聞いたけど、ダウンタウンの笑いを理解できない奴は見なくていいよ。で終了してたのが、またなんとも後味悪かった。

自分も鬼太郎見逃した・・。
放送する時間まで起きてねーよと最初から諦めて忘れてたのだけど、
こんな時間までライセンス藤原について熱くなるくらいなら、見るべきだったwww

761 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 03:29:11 ID:DP0eFx/f0
>>760
俺も実際その番組見てたら青筋立ててただろうな。てか基本的にダウンタウンも嫌いだし。単に浜田がキレるだけでどこが面白いのか理解に苦しむ。あいつ超偉そうだし
お笑い番組好きだけど、芸人いびって笑い取るってのが嫌いなんだよな。そういう系を扱うのは見ないようにしてるけど、たまに目についちまうといつも後味悪いというか胸糞悪い

762 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 03:34:56 ID:L62Z9oEZ0
それは見ていないけど、分かるよ。
さっきみたとんねるずのおかげでした、では
FUJIWARAの原西が特に何も意味はなく、リモコンでぐるぐる回る椅子に乗せられて、
なんの罰ゲームでもなくひたすら回されていた。
途中から脂汗が出て、もう今にも吐きそうに見えた。
横になっているところに35kgの大玉(たぶん金属)を転がしたり、
安田団長がとんねるずに促される形でボディプレスしたりしていた。
大玉は原西の手の甲に二度も乗り上げて、下手したら骨折していたと思う。
とんねるずの二人はそれを見て大喜び。
団長は本当はやりたくなさそうな感じだったけど…
と言うか、「玉乗りしたまま原西に突っ込め」と言われたのを、
足のほうに迂回していって転んだ振りしてボディプレスしたから、団長は原西に気を遣ったのかも。
それはともかく、とんねるずの二人が遠巻きにゲラゲラ笑っているのが心底後味悪かった。

763 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 04:10:16 ID:hGSN2i5M0
お笑いなら若井おさむの過去とかチャバイと思った
あと藤原ノリカの旦那の陣内とかゆう奴の後輩いびりもかなりチャバイ気がした…どっちもお笑い板で知ったやけど…

764 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 04:48:48 ID:YDMi6it1O
>>760-762
すごくわかる。
全然笑えない。正月番組の浜ちゃん見た時は本当に悪魔かと思った。
同じ人間じゃないような気がして怖かった。
本物のお笑い芸人なら腹の底から純粋に笑わせて欲しい。

最近こんな番組ばっかりだけど、平成生まれの子達が心配です。

765 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 05:11:32 ID:My2zTs5P0
若井おさむマジ非道いな。朝っぱらからヘビーな話を見てしまった。

766 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 05:19:40 ID:UYVL0io5O
芸人アンチはチョン並のバカだな

767 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 05:22:17 ID:/RSr9Qde0
レイプした子に自殺されると凄い後味悪い。

768 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 05:40:11 ID:Nv5s1w27O
>>767
早く後追った方がいいよwww

769 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 06:00:41 ID:iV48xPvZO
自分超笑っちゃったけど…

770 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 06:27:38 ID:bd7SQjAAO
>>741
スレチだけど、特効アルテミス書いてる人が
うちの妹の知り合い?かなんかで全巻貰って
読んですごくおもしろかったから気に入ってたのに
妹が変な男と付き合って、そいつから実家に身ひとつで
夜逃げしてきたせいでそのマンガ全部捨てられちゃった。
他にも気に入ってマンガや妹と共有してた服とか全部・・・。
妹、後味悪いじゃなくて胸糞悪いわ。

771 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 08:07:55 ID:oUtaTh0YO
>>763>>765
>>1

テンプレ読まず、詳細を書いていかないお前等も十分後味悪いよ

772 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 10:58:07 ID:L8X0VEJF0
昔見たどっきりカメラで、
子ども用プールで仕掛け人役の子どもが、突然叫ぶ
「あー、うんちしちゃったぁー!!」

まあそういうドッキリなんだけど、
当時は何も考えず無邪気に叫んでた仕掛け役の子どもも今から思い出すとかなり恥ずかしいだろうなあとか
そして、いまだにプールにいくたびその映像がフラッシュバックするのが後味悪い

773 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 11:15:45 ID:g1B6CDuj0
何年か前の朝のワイドショーで、温泉が近い小学校の入学式を紹介していた
その小学校では入学式の後に、温泉を貸切にして新入生全員を男女混浴の温泉に入らせる
それ自体はいいとしても、入浴中の様子をテレビで流すのはマズイだろ常考
数十人の全身が同時に映るような構図はマズイだろ常考
あれはいったい何だったんだろうか

774 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 11:27:36 ID:Q86uqXi80
>>762
そこはボディプレスかましたのが
ヒロじゃなくて団長で良かったと安堵するシーンなのでは?

775 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 11:48:07 ID:GWxiYPln0
テレビで思い出した。
正月にやってた「今日だけ復活!チャチャ」とかってやつが後味悪かった。
40くらいのオッサン達集めて若い頃と同じ格好(昔のアイドルのツルツルした衣装)させて
踊らせて歌わせるんだけど、すさまじく音痴。
でも番組もわかっててやってるんだよ。
だからとくに音痴なところや踊り失敗したところでどっと笑い声を挿入している。
馬鹿にして笑いものにしようって企画なんだよね。

ああいうの見てテレビの意図通りに笑う人っているんだろうか?

776 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 12:14:07 ID:78F7wCS7O
黒バラだしああいうもんじゃないのか…?

777 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 12:46:59 ID:fp77WwC6O
>>755
仮面ライダー、キカイダー、ロボット刑事K
昔から見ていた人間の台詞ではないな

778 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 19:27:15 ID:RD2jHkN10
昔の特撮の方が精神的に来る鬱展開が多い気がする。初代ゴジラとか。
ウルトラQのラストのナレーションはいつも鬱だよ。

>>750
ウルトラマンダイナの最終回は欝だよね、作品全体が明るくてお笑いな雰囲気
だったし、どんな事があっても必ず生きて帰ってきたアスカ隊員があんな事で死んじゃって
死んだ父ちゃんが迎えに来て2人で光の中に消えていくラストはショックだった

779 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 20:22:53 ID:wnBzIa/Y0
>>778
>>1

なにこのゆとり大発生

780 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 22:21:57 ID:gVnv+HZhO
>>760

>そいつらにどこが面白かったのかと聞いたけど、ダウンタウンの笑いを理解できない奴は見なくていいよ。で終了してたのが、またなんとも後味悪かった。

お笑いの面白さを、理屈を立てて『これこれこうだから面白い』と説明するのは無粋と言うか、
面白いと感じるかつまらないと感じるかは個々の感性に依るものだろうから、
面白さの説明なんてのは出来ないし、またすべきでもないんじゃないかなぁ…

『理解できない奴は見なくていいよ。で終了』が正解だと思う。

781 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 22:25:19 ID:6mUDijdJ0
20年くらい前のどっきりTVだったと思うんだが、北島三郎の付き人の青年(演歌歌手志望)を、
デビューが決まったと言ってだますやつが後味悪かった。
北島三郎事務所の全面協力で、3ヶ月だったか半年だったかの長期にわたる騙しで、
その間、嘘のデビュー曲のレコーディングや、そのための稽古、地方での営業などをやらせた挙句、
嘘のデビューコンサートの本番のステージ上で、今までの数ヶ月間はどっきりでした〜、とネタバラシ。
その時の付き人君の呆然とした顔は可哀想だった。

TV局に騙されただけならまだしも、師と仰ぎ尊敬していたであろう、北島三郎やその他の兄弟子達
すべてに騙されていたのだから、きっと悔しかったろうと子供心にも思ったもんだ。
人の人生を左右するような騙しを、信頼している師匠自らが仕掛けるなんてと、北島三郎が大嫌いになったよ。

782 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 22:36:07 ID:88rUrF+30
その弟子はその後どうなったんだろう・・

783 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 22:42:11 ID:7vTVMnh/0
>>782
もしかして北島三郎弟子自殺事件ってそれ関係してる?

784 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 23:23:51 ID:88rUrF+30
>>お笑いの面白さを、理屈を立てて『これこれこうだから面白い』と説明するのは無粋と言うか、
>>面白いと感じるかつまらないと感じるかは個々の感性に依るものだろうから、
>>面白さの説明なんてのは出来ないし、またすべきでもないんじゃないかなぁ…

>>『理解できない奴は見なくていいよ。で終了』が正解だと思う。


なんだかなぁ・・
言いたいことはわかるけど、それじゃ思考の停止じゃね?

俺は笑いはアメリカンジョークのように極端じゃなくても基本万人が理解でき、説明がつくものだと思うけど。
つかないものはつかないもので、シュールさを引き出すことで笑いは成立してる。
まあお笑い論はどうでもいいんだよ。俺はDTは好きだけど、別にお笑いが好きなわけじゃないし。

これはさ、俺に笑いを感じ取り理解する能力がないのなら見なくても別によくね?って話じゃないんだよ。
面白さの説明なんてものは無粋だからするべきじゃない。だからしなかった、って話でもない。

「疑似イジメ・暴力の何が面白いの?」って疑問の問いかけに対して、
議論や説明をはなから放棄して、
DTなら全て素晴らしいんだよ!と盲目的な態度をとられたのが薄気味悪かったの。
ただDTが何かやってるから面白い、ダウンタウンは何やっても許されるってのが透けて見えて、怖かった。
たとえばコンクリ事件のネタコントをテレビで放送したとしても、面白かった!最高!!と言いそうで怖くなったと言うか。
・・たとが後味悪くてごめんなさい。

まあつきつめて言えば、
暴力を堂々と放送する芸人を否定したい自分を理解してくれなかった、それについて話すことすら許されなかったのが嫌だった って話になっちゃうのか。


それはそうと、北島三郎とかとんねるずとか、色々テレビでの後味悪い番組について書かれてるけど、
シューマイ地獄なんて軽かったんだなあとちょっと思った。

785 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 23:27:54 ID:0u+GWlWK0
>>758
あれはパラレルワールドだから、あくまでもこういう未来になる可能性もあるといった程度。

786 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 23:34:26 ID:a3SumiCN0
職場旅行でよしもと見に行く機会があったんだけど、笑わす技術がない奴ほど
誰かを馬鹿にする、貶めることで笑いを取ろうとするような印象だった。
トリの人達は、ネタの面白さと間の絶妙さで大笑いさせてくれたのにな。

しかし、そう言う技術を理解せずに、シモだのブスだののネタでしか笑わない奴が
多いのも嘆かわしいな。
お前ら小学生以下かよってな観客も結構いたしな。

787 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 00:30:21 ID:w5jMDtmF0
>>774
玉乗りをしている団長に玉ごと原西に突っ込めと言っているのに、
HIROが突然ボディプレスし出したりしたら、対応に困るw

促された団長が「そんなことしたら手が潰れます」と返したのに対して、
「原西はケガより笑いです」と藤本は言っていたけど、
手が潰れたら、笑えないだろ常考。
藤本は藤本で、とんねるずに気を遣ったのかもな。

788 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 00:51:58 ID:BhUL5LTz0
>>784
特にいじめ系のお笑いが不愉快だったり、
笑いのポイントがよくわからずにどこが面白いのか疑問に思ったりする事は私も良くあるけどさ、
特にお笑いやジョークを研究してるわけでもない素人が、
「どこがどういう風に笑えるのか?」って聞かれてもうまく説明できるものかなあ?
例えばチャップリンの有名な「雪山で遭難して、餓えのあまり革靴を食べる」ってのを、
見てない人や見てもわからなかった人にどこが面白いのか教えてって言われたら頭抱えちゃう。
チャップリンならまだ頑張って伝えてみようと思うかもしれないけど、
ダウンタウンのお笑いに無理に理解する必要も感じないし。

いや、でもほんとイジメっぽい不快なお笑いが多いのもわかるよ。
私もダウンタウンは普段は笑えても、落ち込んでる時に見ると凄く不快だったりするし。

789 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 01:10:38 ID:R2ZnJjU80
確か島田しんすけの番組で若手か売れない奴か忘れたけど、
寒い中ロケさせられて凍傷で指を切ったんだよね・・・

790 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 01:19:14 ID:PsxtwpgAO
藤田まことだ

791 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 01:25:49 ID:w5jMDtmF0
>>789
この人だね
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E7%A7%91%E4%BB%81
この事件は知らなかったけど、ロケだし、シンスケがさせたと言うよりは、
スタッフがやらせたっていう感じだろうか
舞台やTVで仕事をする人にとって、これはツライな

792 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 01:36:46 ID:l3nW/D8/O
藤子F不二夫の短編。微妙に間違ってるかもしれないけど大体こんな感じ。
主人公は幼い頃、知らない人に連れられてとある集まりに行った夢を見た。
そこでは連れてきた人を含めた四人が言い争いを
していて、主人公は部屋の隅で泣くだけだった。
その事を忘れた頃、主人公は大学生になり一人暮らしを始めた。
そこへ突然見知らぬ若い男が現れて「自分は未来の君だ」と言う。
驚く主人公に「これからとある客がやって来て君の人生は大きく変わるが、心配しなくていい。
僕がちゃんとアドバイスしてやるから」と言う男。
そして数分後、本当に客がやってきて、主人公は莫大な遺産(土地)を手に入れた。
男は「すぐに土地を売って金にするんだ。金は使わないと意味が無い」と言う。
すると突然、今度は中年男が現れた。
中年男も更に未来の主人公で、土地を売るなという。
中年男の時代では、土地の価値が凄まじく上がっているらしい。
口論になる男と中年男。
すると今度は老人が現れ、土地を売れと言う。
その老人も更に未来から来た主人公で、その時代では土地が国有化されて取り上げられてしまうらしい。
土地をどうするかで揉めた結果、主人公・中年男VS若い男・老人に意見が分かれてしまった。
それなら過去の自分に聞いてみようということになり、幼い頃の自分が連れてこられる。
自分の欲の為だけに幼い自分の前で言い争う主人公たち。
幼い頃の主人公は、これが未来の自分の姿なのかと絶望し、窓から飛び降り自殺する。
その瞬間、言い争う四人の自分たちは消え、部屋には誰もいなくなった。

793 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 01:38:34 ID:Vih2WUoGO
>>792
過去が変わるのは変だな

794 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 02:15:24 ID:V5EvK2Ih0
>>792
ドラえもんの設定を、原作者自らが意地悪に描いてみたって感じが面白いな

795 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 05:41:23 ID:KsAIs6Tj0
俺がドン引いたのはお笑いじゃなくて、去年ゴールデンタイムにやってた番組でのダイエット企画だな。
確かTBS系列。

デブ女数人が合宿先でダイエットするんだが、
その生活に慣れ始めた辺りで「ご褒美」(旅館の人の好意だったかも)として豪勢な食事を出すんだよ。
「彼女達はこの誘惑に耐えられるか!?」的なことでは一切無く。

当然ダイエットしてんだから食べるわけにはいかない。でも食いたい。
デブ女数人は、言い合いの果てに泣きながらいつもの節食メニュー食べるわけ。

わざわざ慣れ始めた辺りでそんなもん出す意味がわからん。
そして、そういうのを感動シーンとして処理するわけですらなく、基本嘲笑。

目の前に出された豪勢なメシを食う食わないで
ガチ議論するデブってのは確かに滑稽ではあるんだが、
テレビ側でそういう演出するのはマズいんじゃないか?

これが、豪勢な食事を「試練」として出したうえで
彼女らのガチ議論を感動的場面として処理するならまだわかるんだよ。
やってることは同じと言えど、真意をオブラートに包むだけの節度を感じられるから。
でもこれはなあ。

796 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 08:13:34 ID:mpECHCO30
>788
>特にお笑いやジョークを研究してるわけでもない素人が、
>「どこがどういう風に笑えるのか?」って聞かれてもうまく説明できるものかなあ?

素人が「どこがどういう風に笑えるのか」説明できないネタがあるとしたら
そのネタをやった芸人のミスだと思うけど?
素人に伝わらないネタなんて意味ないよね。

797 :789:2008/01/12(土) 08:22:39 ID:R2ZnJjU80
>>791
しんすけの番組ってだけで本人が悪いんじゃないね。
言い方が悪くてごめん。

今はもうみないけど前に舞台で見たときは手袋してたなぁ…。

798 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 08:35:02 ID:AgIgYce70
>素人が「どこがどういう風に笑えるのか」説明できないネタがあるとしたら
>そのネタをやった芸人のミスだと思うけど?
>素人に伝わらないネタなんて意味ないよね。
何でもいいから、自分が「これは面白い」と思うネタを、
「ここがこういう風になってるから、これは笑える」と説明して見せてくれないか?
芸人のネタでもおもしろコピペでもいいから

799 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 08:44:51 ID:wfITD+MI0
>>781
多分同じころだったと思うけど、ドッキリの番組で
とある芸人さんを「長年の功績をたたえて、あなたの銅像を作ります」とだまして
やっぱり何ヶ月もいろいろ準備したあげく
除幕式で嘘だとバラすっていうのがあった。

芸人さん、除幕式のときに感激して泣いてるんだよ
その映像に、スタジオゲストの笑い声がかぶってて、
ドッキリとわかって芸人さんが絶望の表情になるところで大爆笑。
見ていてつらくて、以後ドッキリ番組は一切見なくなった。

800 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 10:26:32 ID:UuXvVq+F0
俺も昔はダウンタウンの信者だったけど、
十年位前、ごっつええ感じでゴレンジャイが電磁波倶楽部に変わった頃、
ガキの使いでロケだけでトーク無しが増えた頃、
ヘイヘイヘイで番組5分くらい前の予告でネタをやらなくなった頃から
ダウンタウンは急に変わった気がする
なんというか、絶妙なバランスが急に崩れたというか
似たように感じた人いますか?

801 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 11:00:58 ID:sqg/o9Px0
>>800
後味もクソもないんだが?
単純にネタ頼みからアドリブが利くようになっただけだろ。
成長と受け取って、オンエアバトルで新人でも見とけ。

802 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 12:26:49 ID:HAHLt5wd0
>>760
の「そいつらにどこが面白かったのかと聞いたけど」
という一文によって妙な誘導がなされてしまったけれど、
多分問題は
「素人が笑いの要素を説明できるのか」
ではなくて
「弱いものいじめの面白さを説明できない」
点にあるんではないか?

もちろん、笑いのセンスは人ぞれぞれ違うのだけれど、
一方は笑い、一方は不快感を覚える「笑い」というのは
やはり「個人差」と片付けず、客観的な議論が成される
べき。
「革靴を食うチャップリン」
突き抜けた悲壮感とは裏腹のビジュアル面での滑稽さ、
このギャップで笑わない人間もいるだろうが、不快感を覚える
人間はかなり特殊なバックグラウンドの持ち主だと思う。
「弱いものイジメ」
という古今東西「卑しい」とされてきた行いを、ひたすらに
やりぬくことの非日常間が笑いを誘うのだろうが、その根底に
ある「タブーを破る爽快感」の更に奥にある「嗜虐心」を
刺激するという「芸」というにはあまりに原始的な儀礼に近い
エンターテインメントを是とするお前らは何者なのかという、
一見センスを問うようで実に恐ろしい話だと、俺は思うんだが。

おまんこ。

803 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 12:32:25 ID:m1SgTczA0
なんかもうみんな芸人板にいけ

804 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 13:24:39 ID:9Uo/d9J3O
冬休み終わんないとこいつらは消えないと思う

805 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 13:29:57 ID:+2CtY3IYO
ただ話が読みたいだけなら本よめばいいだろ。
話しあえるから続いてるスレだってことが
わからんアホが多いな。

あ、ちなみに「限度がある」ってのはお前が
決めることじゃないから。
俺はまだ話して良い話題だと思ってるよ。

806 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 13:36:36 ID:aQCSRUJ+O
話していいけどいつものパターンでスレタイからずれていくだけだよ

807 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 13:46:49 ID:dm1UXn8W0
軌道修正しようとするから続いてるんだと思うがね

808 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 14:09:55 ID:9YU2pG870
なんかムカツク

809 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 14:11:56 ID:AAlebxNj0
降谷かよw

810 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 14:13:16 ID:5ZtI6cPb0
確かに芸人話といえばガンダム芸人の若井おさむの話はすごかったね
いまだに後味悪いわ…

811 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 14:15:24 ID:Fk7D4/Hw0
>>804
まだ冬休みのとこあるのかww

812 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 14:21:28 ID:Om7kuauV0
>>810
誰だよそれ

813 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 14:31:56 ID:iV9Gu0MZO
スレッドの趣旨とは大きく外れるからスルーしてくれ。

>>760
あなたとは違うかもしれないけど、少し分かる。
私は食べ物を粗末にする企画が大嫌いで、汚く食い散らかしながらプロレスごっこをする芸人たちに吐き気を催した。
妹に「あの面白さが分からないなんて・・・」と言われたが。

今はダウンタウンも視聴率落ち目だとか。ギャラが二人合わせて400万円と高額なため、番組の継続が難しいんだとさ。
ニュース速報板かどこかで見た。

814 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 15:09:49 ID:YkACuQvn0
禿胴。きっと同じ日本人がいじめられているから、気分を害するんだよね?
でも相手がガイジンだったら、全然平気だよ笑えるじゃんw

正月恒例のたけし軍団の深夜特別番組は笑っちゃったよ
ゾマホンに○○をクリアできたら一千万円って企画、
本物の一千万円を目の前にして「これだけあったら子供たちに文房具を買ってやれる」って、
ゾマホンいったいどんだけ子だくさんなんだよーwww
もちろん簡単にはクリアできないような内容のゲームで、目をギラギラさせてやるんだけど、
当然のごとく全部失敗、最後はすごすごと楽屋に引き上げていく後ろ姿、
と思ったら、楽屋からパンツ姿で反転して一千万円へ猛ダッシュ、
警備員とつかみあいになってずっころんでんのwww

来年は三千万円でやるんだってさwww

815 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 16:05:12 ID:pAXlLzps0
>>814
いや、外人だろうと日本人だろうと同じだとむかつく物はむかつくと思うぞ。

816 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 16:22:38 ID:i5NU2W57O
>>814
ゾマホンは子沢山なんじゃなくて、自分の国に学校を作ったからその生徒たちに文具やら教材を買ってやりたかったんだと思う。

そうやって考えると、ますます後味悪…('A`)

817 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 16:48:37 ID:LrFcrK4o0
このスレ見てて思い出した。かなりウロな記憶だけど。
10年くらい?前の「ごっつ」で対決ゲーム(内容は忘れた)を始める時
松本が「ポルポト派にも大人気ーなんとかゲーーム」と言ってチャララチャッチャーみたいに、にぎやかに始まった。
まだ子供でポルポト派がよくわからなかった(「最近なんか聞いたことある」程度には認知)ので
「こんなふざけたコーナーで真面目な時事ネタ出すまっちゃん面白い」的感覚で笑ってたが
一緒に見てた親は「これはちょっと…」とドン引き。
ポルポト派の内容が多少は理解出来るようになった今、ちょっとじゃ済まないほどマズーだとわかった。

ダウンタウンにはそういう不謹慎ネタが多かったかも。いい悪いは別として。
「これは笑っちゃまずいってw」「笑っちゃいけないのって余計笑えるw」みたいなネタ多かった。
その振り幅で人によっては止まらない程爆笑、違う人は体温下がるほどドン引きになる。







818 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 16:48:41 ID:VupoZbCOP
なんで?
他のドッキリの話は後味悪かったがゾマホンのはいい話だろ常孝
あの程度のゲームで一千万
普通に働いて一千万手に入れるのにどれだけかかると思ってんだ

819 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 16:57:09 ID:LrFcrK4o0
連投スマソ。もうひとつ思い出した。これもごっつでやってた。
カラフルな子供部屋。ベッドに子供(浜田)が寝てる。部屋の電気は消えてる。
部屋のあちこちからおもちゃの格好した東野たちが嬉しそうに登場。
「子供〜は寝まし〜た〜」とミュージカル調で歌い出すが、その声のバカでかさに浜田起きて
「おどれらヒトの家で何さらしとんじゃ!」とモロDQNでブチ切れ。
「あ!見つかっちゃった!」「おもちゃの世界へようこそ!」と楽しそうにはしゃいでたおもちゃ達だが
浜田があまりにヤクザなので、だんだん消沈&おどおどし出す。
さらに浜田、おもちゃ達に暴力を振るう。悲しげに抵抗するおもちゃ達。
エスカレートして一人のおもちゃを足蹴にする浜田を「やめてください!」と止める今田(ピンクのウサギの着ぐるみ)
今田を突き飛ばす浜田。今田、後頭部から倒れ、変な角度に頭を打って、ぴくりとも動かなくなる。
「ピンキー?(←今田こんな役名だった。ウロ)」「…ピンキー…ええ…?」
半泣きでそっと今田を囲むおもちゃ達。
浜田、さっきまでの勢いがスッと消えた妙な無表情(←リアルに「やってしまったDQN」な感じ)で離れた場所からおもちゃ達をぼーっと眺めている。

じわじわ後味悪さが増幅していくネタだったが、これは見た時は笑ってた。
なんていうか、「テラヤバスWWW」くらいにしか思ってなかった。
なんで面白かったかって本当に説明に困るけど、十代だったからかな。
幼児だとこれ見たら泣きそうだし、大人だと不快になる。
反抗心が出てきて、言われるがままに守ってた社会ルールを破る方がカコイイ!と思うような時期で、だからといって視野が広まったわけではなく、親の保護下にいて自分では何もしなくても生活が可。
この時期が一番不謹慎なネタ面白かった時期かも。


820 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 16:58:07 ID:h2auPyf90
ドッキリと言えばQ様のコンビの片方が解散を言い渡すのが最悪だ

821 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 17:13:34 ID:iV9Gu0MZO

>>818
芸能人の一回の出演料を知ってるかな?
一回につき、80万円〜300万円。境雅章は300万円〜400万円。
小島よしおの月収は一月七百万。
どう考えたって、異常だ。日本人でも同じ事が言えるな。



822 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 17:24:03 ID:hPjsaDZ80
TVは大体台本なんだからそんなもん真に受けて後味がどうこうとかいうレベルじゃない。

823 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 17:28:55 ID:sqg/o9Px0
>>822
見た上での感想だろ?
ヤラセですって書いてあっても後味は人それぞれ。
お前がどうこういうレベルじゃない。

824 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 17:40:58 ID:7Uv0HLxl0
別に若井おさむの事件も芸人いじめも歌手だましも何とも思わない
そこまで他人のことにいちいちショック受けてウダウダ言いあう暇は無いしね
自分がそれなりに修羅場を経てきているから強くなってしまっただけかもしれないが…
同情したりできるのは余裕がある証拠だろうね


825 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 17:52:16 ID:SoqaL8xQ0
かぁっこいい事言うなあ

826 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 18:03:26 ID:1nfJhSeqO
>>824
お前に余裕が無いのはわかったが、後味悪く感じる人間も多数いて、そんな中で自分はそう思わないってわざわざ主張する意味がわからん

黙ってスルーしとけばいい話
お前の不幸自慢には興味無い


827 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 18:15:03 ID:8c5N7ohT0
肛門まみれのうんこ。

828 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 18:17:44 ID:SyTu8yvxO
>>781ー783
これ関係あるの?

829 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 18:19:05 ID:GVmuOpzb0
一気にクソスレ化したな

スレ違いの指摘されたら自分はいいからいいんだとかいっちゃう池沼とか
相変わらず>>1も読まずに後味悪いよねーとか話を振るゆとりとか
自分がいかに後味悪さを感じないかをいちいち自分語りするおっさんとか

830 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 18:30:23 ID:HbHN9t+u0
ストレートにアンカーつけて意見しろよ嫌らしい

831 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 18:30:37 ID:zAHbzdmP0
>>824
若井おさむの事件って?
wikiで兄弟や母親に虐待されてたって書いてあったけど、それのこと?

832 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 18:43:25 ID:GVmuOpzb0
>>830
馬鹿が多くて面倒だから嫌


833 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 19:03:41 ID:sqg/o9Px0
>>832
お前が一番バカっぽいよ?

834 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 19:09:15 ID:a+V7HqsgO
mixi毒入りケーキ事件の後味の悪さは異常

835 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 19:29:52 ID:HbHN9t+u0
そうだよ馬鹿>832

836 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 19:51:01 ID:HAHLt5wd0
明文化された「スレ違い」の定義もないのに、
>自分はいいからいいんだとかいっちゃう池沼
っていうんなら、
自分が駄目だから駄目とかいっちゃうの池沼なのに、
なんで気づかないんだろう。

自分の「俺はこう思う」は人のそれを凌駕する権威を持つと
思う思考回路が不思議。

837 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 20:07:56 ID:GVmuOpzb0
なんか思ったとおりのレスが返ってきてるなw

>>836
> 明文化された「スレ違い」の定義もないのに、

まあ、そういうなら住民から罵倒され荒らし扱いされても同じ態度で延々と議論してれば?w


838 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 20:14:08 ID:mJ5X67aO0
>>837
惨めだからやめたら。

839 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 20:21:35 ID:GVmuOpzb0
結局その程度捨てセリフかw

840 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 20:21:45 ID:+2CtY3IYO
>>837
キチガイレスの見本だな。

「大多数が俺と同じ意見」って思い込み。

841 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 20:24:17 ID:GVmuOpzb0
>>840
>>805のことか?

842 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 20:32:30 ID:+2CtY3IYO
>>841
>>805
自分の考えを絶対視しないほうが良いよってレスだよ。
それに対して「こっちが大多数だ!」って
いいはってるのがお前。

つかキチガイレスの見本市だな。

「オマエガナー」
なんて小学校までだよ。しかも的外れだし。

ばからしいからもう消えるノシ

843 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 20:33:43 ID:mJ5X67aO0
なんか思ったとおりのレスが返ってきてるなw




なんて恥ずかしくて俺には言えん。

844 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 20:39:21 ID:GVmuOpzb0
>>843
惨めだからもうやめたら?w

845 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 20:46:49 ID:SjQ1RZZU0
>>844
さっさと死ねチンカス

846 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 20:46:57 ID:mJ5X67aO0
結局その程度捨てセリフかw




なんて思っても恥ずかしくて書けん。

847 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 20:48:45 ID:GVmuOpzb0
>>842
他所の大抵のスレだったら嫌がられるわけだが。
じゃあこのスレで議論と延々と続けていいんだな?
>>805みたいなことを偉そうに書くぐらいの住民様だったらもちろんわかるんだろw

スレ違いの定義がないとかいうんなら、俺が日記書いたり
スレ違いのレス延々としたりしていいんだよな?
議論していいかげんウザイとか文句いわれても開き直って延々と議論していいんだよな?


いいかげんお前ら自重しろ。

848 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 20:59:02 ID:lnHE9ev8O
と、その時!!


849 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 21:00:03 ID:HAHLt5wd0
>俺が日記書いたりスレ違いのレス延々としたりしていいんだよな?
これは「荒らし」「コピペ厨」とかって行為で、削除ガイドラインに
定義があるんじゃない?

つかもうやめようよ。このスレは「新たな話」or「話に関する話」でのみ
構成されてるんだぜ?新しい話が出てこない鬱憤を、「話に関する話」を
している奴にぶつけても、新しい話が出てくるわけじゃないだろ。

「話に関する話」によって「新しい話」の登場が阻まれるわけでもなし。
読み流せばいいじゃないか。

850 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 21:01:15 ID:N8RDpAGI0
>>847
大丈夫、誰もおまえの日記について議論はしない
NG登録して穏便にスレは続くから。
おまえが引っ込んでれば丸く収まるっつのに気付け。

851 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 21:02:17 ID:lnHE9ev8O
と子猫さんは言いました(´Å`)

852 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 21:11:43 ID:lnHE9ev8O
皆 仲良くね(・Å・)
こっからいつものスレ↓

853 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 22:10:27 ID:7dGV5/TBO
こち亀123巻収録のハムスターの話。

レモン(両津の親戚の園児)が通う幼稚園でハムスターを飼うことになった。
数日後、その幼稚園に厨房グループが空き巣に入って、金品の盗難のついでにハムスターを惨殺。

結局犯人は両津がボコって逮捕したけど、死んだハムスターは返ってこない・・・・・・・


文章じゃわかりにくいかもしれんから、実際に読んでみ

854 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 22:14:22 ID:TwNLjo5M0
若井おさむ事件て何????

855 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 22:14:46 ID:XorrmNMK0
パンおいしいねん

856 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 00:03:45 ID:ztBhvagc0
他スレに投下されてたのをコピペ

220 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/01/11(金) 15:47:59 ID:0XHj3wU+0
夫の両親は「おっとい婚」で一緒になった。
おっといとはつまり強姦の事で、
昔姑は舅とその弟達に無理やり舅の家に連れ込まれ、
最初は舅と、舅が済むと次はおすそわけで弟達に・・・と輪姦された。
その地域では昔はよくある事だったそうだ。
で、キズモノにされた姑は、その時代の他の被害女性達と同じように
舅に「どんなことでもしますから、嫁にしてください」と土下座した。
それから姑は舅家族の家畜として生きてきた。
舅の弟達はもう姑を女として扱うことはなかったが、
9ヵ月後、子どもが生まれた。それが私の夫だ。
夫は舅の子として育ったが、祖父母からも舅からも見向きもされなかった。
舅は姑に全く関心を示さなくなり、外で愛人を囲い家に帰らなかった。
姑は舅の両親に仕え、舅の祖父母の介護をし感情を押し殺し奴隷生活を続けた。
ただ一人の息子を守るために・・・・。
息子は舅に似ず、頭の良い子で塾に行ったわけでもないのに
常に成績はトップクラス。
東京の国立大学に合格し、家を出た。
姑は息子が自慢で生きがいだった。
自分のこれまでの不幸も全てを帳消しにしてくれる、
あの子を産むために、自分は生まれ生きてきたんだ・・・と、
離れている生活は寂しかったが、大学を主席で卒業し、
エリート街道を突き進む息子が愛しかった。
しかし、息子が28になると、彼女から息子は奪われた。

857 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 00:04:22 ID:ztBhvagc0
221 名前:2 投稿日:2008/01/11(金) 16:00:48 ID:0XHj3wU+0
息子が「結婚したい人がいる」と連絡してきた。
彼女はショックだった・・・・・。
舅の両親は他界し、舅は相変わらず愛人の家にいりびたりだった。
息子が結婚したのは、都会育ちの女だった。
言いたい事ははっきり言う、遠慮もない、
「何か手伝う事ありませんか?」なんて言ったことも無い。
息子が嫁をつれて帰省してきても、いつも息子とべったりで
お客さん顔して座っている。

息子が席をはずす度に、姑は嫁の私に言った。
「自分の立場をわきまえなさい。」
「何様のつもりなの」
私は返事もせずにフンと横を向いた。
あるとき姑は私に平手打ちをした。その時台所に舅が入ってきた。
私が舅にむかって「助けてお義父さん!」と駆け寄る。
舅は姑を殴り倒した「この不感症が!」

そしてその夜、夫と共に舅から姑との結婚のいきさつを聞かされた。
夫は自分が強姦で生まれた子と知り、ショックを受けていたが、
舅やその弟達との絶縁を決心した。

858 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 00:05:06 ID:ztBhvagc0
223 名前:3 投稿日:2008/01/11(金) 16:11:08 ID:0XHj3wU+0
姑はそれから毎日のように、私達の家にやってきた。
そして私の家事にケチをつけたり、露骨な意地悪をしたり、
夫とわざとコソコソ話をしたり、私が出て行くように仕向けた。
このままでは夫と別れさせられる・・・・。
そう危機感を感じ始めた。
そしてある時、夫のいない時に姑に反撃を試みた。

「お義母さん、レイプされて結婚してもらったんですってね、
 お義父さんの弟さんたちにもやられたんですか?
 それで頭を下げて結婚してくださいって?
 よく生きてられますね、女として恥ずかしくないんですか。
 これからはレイプ嫁さんって呼んであげますよ。 」

姑は泣き崩れた、そして二度と私達の家に来なくなった。
一月後、舅から電話があった。
「おかあさんの様子がおかしい。それから・・・・おかあさんと離婚して、 
新しいひととこの家で暮らしたい。おかあさんをそっちで引き取ってくれ。」

私は目の前が真っ暗になった。冗談じゃない、姑と同居だなんて負け組じゃないか。
そして誰もいない昼間、姑に毎日電話をかけた。

「お久しぶり、レイプ嫁さん・・・・・。ウチにきたら、毎日レイプの感想とか聞かせてもらいますよ」

「お義父さんと弟さんたちと・・・だれが一番よかったですか?
だって、4人にいきなり輪姦されたんでしょう・・・・」

2月後、姑は死んだ。多分自殺・・・・。

859 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 00:05:42 ID:ztBhvagc0
224 名前:4 投稿日:2008/01/11(金) 16:16:43 ID:0XHj3wU+0
そして、大晦日の夜、
なんだか胸が苦しくて目が覚めた。
金縛り・・・、全く身体が動かせない。
まっくらな部屋の中、ぱしっぱしっと音がする。
夫を呼ぼうにも、声が出ない。
誰かが布団の上に乗ってきた、
鬼の形相の・・・・姑。

「ゆるさない、お前をゆるさない・・・・」

私に向かって真っ赤な目をしてつぶやき続ける。

なんだ、あの馬鹿か・・・・、拍子抜けした。そうしたら身体が自由になった。
私は起き上がり

「なにか用?レイプ嫁さん。レイプの思い出話をしにきたの?
で、だれが一番感じた?」

姑は消えた、あれ以来一回も現れない。
現れてくれればいいのに、またネチネチ聞いてあげるのにね。

-----------------------

姑の人生は凄くかわいそうだけど、嫁を威圧したりしてあんまり同情できない。
でも嫁は嫁で反撃の仕方が陰湿でこれまた同情できない。
内容から察するに嫁は最初から姑を嫌っていたわけではなさそうだし
少しやり方が違えば2人とも上手くいけたんじゃないだろうか
なんて思うと後味が悪くてたまらない。

860 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 00:10:06 ID:qZBnfUsR0
乙。レディコミっぽいね。
姑がとにかく悲惨に書かれてる方が受けるのかな。

861 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 00:36:55 ID:FCBRIymoO
>>760
ダウンタウンとかマジで警察に通報して潰すべきじゃね?

>>767
大半のお笑い芸人は(以下略)

862 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 00:38:59 ID:FCBRIymoO
>>802
弱者を虐待することがタブーを破る快感だと?
死ねよキチガイ!
犯罪予備軍は精神病院に隔離されて死ね!

863 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 00:40:36 ID:FCBRIymoO
>>813
そのクソ妹フルボッコにしてやれよ
お笑いオタクなんか日本から追放しろ

864 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 00:42:43 ID:FCBRIymoO
>>817
笑っていいことか悪いことかすらわからないバカなんだろ



865 :映画ドッグヴィル 1:2008/01/13(日) 00:46:30 ID:iAQi00dn0
ドッグヴィル(犬の町)という名の小さな山に囲まれた、貧しい時代の貧しい町。
そこに住む自称物書きの青年トムはある冬の夜、町の外れで銃声を聞く。
そして、しばらくすると町の入り口に一人の女性・グレースが現れた。
彼女は何者かに追われ、発砲されたらしい。追手らしい車が現れ、トムは彼女を隠す。
車にはギャングらしき男たちが乗り、後部座席のボスのような男がトムに女を見なかったか、見たらここに電話を、
と名刺を渡した。理想主義で哲学者気取りのトムは彼女を匿うことにする。
人数の少ない町だから、隠すより町全体で彼女を匿おう、そして町の人たちにも「寛大さと受容」を学んでもらおう、
そう思ってトムは町の集会で彼女を紹介し、町の人たちの仕事を彼女に手伝わせ受け入れてもらうよう画策する。
閉鎖的な町なので最初は誰もが彼女を警戒し距離を置こうとしていたが、
「今まで私は傲慢だった、誠実さをここで学びたい」とトムに打ち明けていたグレースは、
ひたむきに町の人々の仕事を手伝った。やがて、人々は彼女の「友人」とも言えるようになっていくかのように思われた。


866 :映画ドッグヴィル 2:2008/01/13(日) 00:47:52 ID:iAQi00dn0
季節が春から夏へと移り、人々と打ち解けたかに思えたグレースだが、
街のほうから警察が行方不明者の手配書を持ってきてから少しずつ町の人々の態度は変わり始めた。
彼女に雑用をさせることは当たり前となっていき、そのくせあくまで彼女をよそ者とみなすことは変わらなかった。
そしてある時、事件が起こる。果樹園をやっているチャック(子沢山)がグレースを通報をネタに脅してレイプした。
果樹園の手伝いを経て信頼関係を築いたつもりだったグレースはショックを受けた。
グレースに好意を持っていたトムは彼女の様子がおかしいので問い詰め、その事件を知る。
しかし彼女は事を荒立てることは望まなかった。だが、そのことでチャックと関係しているところを第三者に目撃され、
彼の妻に詰られる。チャックの妻はやがて彼女からではなく、夫から迫ったのだと悟るが、怒りを鎮めることはなかった。
人々の態度はより硬化しグレースに辛くあたる。グレースはトムに相談し、ドッグヴィルを出ることにする。
ドッグヴィルの運送業を担うベンに、友人として謝礼で10ドル渡して荷台に隠れさせてもらうのだ。
10ドルなんて報酬の少ないグレースにはなかったが、トムが自分の父に借りて用立てると言ってくれた。
かくしてベンのトラックで町を抜け出すグレースだが、しばらくして突然車が停まる。
そして何故かベンが荷台に入ってくる。道に警察がいる、お前は危険な積荷だ、10ドルじゃ足りない、
要はやらせろ、的なことを気弱な態度でくどくどと迫るベン。なだめようとしても聞きやしない。
またもレイプされてしまうグレースだが、「神が彼女に与えた前だけを見ようとする才能」のおかげで、
その後目的地に着くまで新しい街で生活することを思い馳せながら眠りに着く。
またトラックが停まり、荷台のカバーがはがされる。そこはドッグヴィルだった。
チャックが「お前が逃げそうだからベンが怪しいと思った」、ベンが「見つかったから戻るしかなかった」と言い、
挙句逃亡前日、グレース以外の町の人間が集会中、トム父の金が盗まれたことがわかったという。


867 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 00:47:52 ID:zUTzy00U0
>>856-859
じっとりと陰湿でなんと後味の悪い。

868 :映画ドッグヴィル 3:2008/01/13(日) 00:48:24 ID:iAQi00dn0
当然のようにグレースに疑いがかかるが、それはトムが父親から無断で拝借してグレースに渡した10ドルだった。
トムを思い、沈黙を守るグレース。町の人々はグレースにベル付きの首輪、長い鎖、その先に鉄の車輪をつけ、彼女の自由を奪った。
トムは理想論という名の言い訳で、父に借金すると断られると思った、自分が盗んだとは言えないと言った。
グレースの自由が奪われたことにより町での労働はさらに過酷になり、
さらに夜な夜な町の男が彼女の家を訪れた。グレースは容易に凌辱されることとなり、彼らにとってそれは最早性的行為ですらなかった。
この事態に及んでも、トムはグレースと肉体関係になかった。グレースが「愛してるあなたとは自由の身になってから結ばれたい」と言ったのだ。
トムはグレースを集会に呼び、ここに来てから何があったか真実をすべて話すことを計画する。
トムの指示通り、感情的にならずできるだけ明快に真実を集会で語るグレース。
しかしグレースが退室すると、人々は「ウソだ」「トムはこの町とあの女のどっちの味方だ」と罵る。
さすがのトムもこの反応には呆れ、「なんて心の狭い人間たちなんだ」と集会所を後にする。
グレースの家を訪れたトムは、「町を捨てて君を選ぶ、明日、もう二人とも殺されるかもしれない」などと囁き、
彼女に関係を迫る。
「でも私たちの愛のためには今こうなることは間違ってる。あなたがしたいならしてもいい、
警察に通報すると脅せばいいのよ」グレースはトムを静かに諭した。
一旦は納得し、散歩をすると言って外に出たトムは考えた。トムは何かに怒りを感じていた。
彼女に対して?いや、彼女が正しいことを言って自分の考えが見透かされていたことに、だ。
若き哲学者(自称)である彼にとって、彼女はその瞬間に危険な存在となった。そして彼はいつかもらった名刺を探した。



869 :映画ドッグヴィル 4(おわり):2008/01/13(日) 00:48:56 ID:iAQi00dn0
翌日、グレースは仕事から解放された。町の人々も口々に「休養が必要よ」と言う。
トムは「あの後またみんなで話し合った、君もゆっくりするといい。ところで小説書き始めたんだけど〜」と自分語り。
何かおかしな気配を感じるグレース。案の定、トムはギャングに電話したのだ。
それどころか「ギャング来たときに彼女が自由にしてるより、監禁してあるほうがよくね?」と提案し彼女の家の鍵を外から閉める。
そして数日後、真夜中にギャングたちの車が数台やってくる。
客人をもてなそうとするトムだが、ギャングはグレースはどこだと手荒い。
ギャングはグレースの鎖を急いで外させ、ボスの車に乗せた。
「謝礼なんてもらえないですよ、そりゃ是非にといわれたら考えますけどw」なんて言ってる場合じゃない、
トムは完全に空気が読めてなかった。グレースは、ギャングのボスの娘だったのだ。
ボスは娘に発砲を謝り、あのときお前に言われたことがすごく頭にきたのだ、と語った。
グレースは神の与えた権利(命)を奪うパパは傲慢だ、と父親を批判し、ギャングの家督を継ぐことを拒否して逃げたのだ。
だがボスにしてみれば、他人の罪を許す、人が悪いんじゃない、環境のせいだ、そんな口を叩くグレースのが傲慢だと言う。
戻ってきてほしいといボスを車内に置いて、グレースは外に出て町を見渡す。
私もこの町で育って、私のようなよそ者がきたら、彼らと同じことをするんじゃないか?そう考えるグレース。
しかし、そのとき月明かりに町全体が照らされた。月明かりでさらけ出された町は、
薄汚れて汚く、町の人々も同じように醜かった。彼らの罪を許すことで自分に彼らが救えるというのか?
今自分が許したことで、またいつか自分のような目に遭う人間が生まれるのでは?
決意し、グレースは父に言った。「この町を消して」ギャングたちは町の人間を撃ち殺し、火を放った。
トムは、グレースが撃った。町を去ろうとすると、ドッグヴィルの町の番犬モーゼスの鳴き声がした。
焼け跡の中、奇跡的に犬だけが残ったのだった。

870 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 00:55:21 ID:zUTzy00U0
>>ID:iAQi00dn0氏
投下の邪魔してスマヌ

>映画ドッグヴィル
後味が悪いというよりザマーミロと思ってしまった俺。

871 :強きものを屈伏させてこそ究極のドS。:2008/01/13(日) 00:55:20 ID:Y+bZj/a3O
基本的にはダウンタウン好きだけど、弱者虐め系(?)のものはチャンネル変えます。

浜田のやっていることはカスなことが多いと思ってます。

でも浜田がケツ叩かれてたりするのは見ますがねwwww



872 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 00:56:17 ID:dMyXiDHEO
>>869
主演はニコールキッドマンだったね。
最後のオチ、ニコールキッドマンが権力を手にする姿が好きだったな。
映画というより演劇だったね。

873 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 00:58:01 ID:e+cJeITAO
聞いてくれ
http://live23.2ch.net/test/read.cgi/livetx/1200138114/
懲りずに殺人予告。これ以上犯罪者を出したくない!
これを最後にするために、通報と警告を

874 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 00:58:50 ID:iKgjgMdyO
レイプ嫁さん…。
久々に後味ワロス。ガクブル。

婆ちゃんカワイソス。



875 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 01:00:22 ID:1H9N6N9l0
>>856
後味悪いな。つかラストの嫁の強さにちょとワロタ。


ゴルゴ13 「スキャンダルの未払い金」

ゴルゴは車椅子の老人から狙撃の依頼を受ける。
  (依頼内容は後味と関係ないので割愛)
だがゴルゴの態度を快く思わない老人は部下に
ゴルゴの殺害を命令する。もちろん作戦は失敗し、
突如寝室に現れたゴルゴに老人は狼狽する。

老人は埋め合わせとして「倍払おう」と返事も聞かずに
銀行に電話をし、入金の手続きを済ませる。その間、
ゴルゴは黙って老人を見ている。いざ老人に銃口を
向けると「倍支払ったんじゃぞ!」と逆ギレ。

そこに最愛の孫が部屋に入ってくる。
「おじいちゃんを殺させはしないぞ」と壁にかかっていた
剣を抜く。孫を援護しようと老人は槍を投げるも避けられ、
壁に弾かれた槍は孫の胸を貫く。
「おのれ、よくもー」
と槍を持って襲い掛かるが、かわされた後、車椅子では
バランスを取りきれず転倒した弾みで槍が刺さって死亡。
ゴルゴは無言で立ち去る。

 勝手に倍額振り込んで孫を殺して自殺してる老人が
意味不明なのと、「倍額振り込む」と言われれば、
許しはしないけどとりあえず振り込まれるまで待つ
ゴルゴもイメージとあわなくて後味悪い。

876 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 01:02:23 ID:FCBRIymoO
>>873
スレに関係なさそうで関係あるといえばある

877 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 01:06:35 ID:iAQi00dn0
>>870
いや、私も正直ザマアミロと思った!
ただもや〜んとするね、今さっき見終わったばっかりなんだけど。

ちなみに有名な話ですが「ドッグヴィル」は地面にチョークで町内見取り図を描き、
最低限な小物・家具等を置いたセット内で全編撮影されてます。
町内は壁がいっさいなく、スケスケ状態。それが「演劇っぽい」「舞台みたい」と評されてる。
特にチャックにグレースがレイプされる場面は
わざわざカメラが引きまくって、「何も知らずに日常を送ってる人々」なめ「グレースが犯されてる」、
という悪趣味かつ効果的な演出となっとりました。
集団内のことをいちいち把握したがりつつ、自分たちの醜い面とかからは目を背けてるのが浮き彫りとなっとります。

878 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 01:14:45 ID:qZBnfUsR0
>>865
乙。面白かった。
自分も後味の悪さより>>870みたいに思ってスッキリしたw
元ネタは旧約聖書かな。


879 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 01:23:07 ID:az8AIaTF0
>>875
老人あわてすぎゴルゴちゃっかりしすぎで笑った

880 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 01:25:03 ID:hcpM4zcTO
ドッグヴィルの続編も出てたよ
タイトルも役者も違うけど後味の悪さはこっちかな
そうだ思い出した「マンダレイ」だ、親父役がウィレム・デフォーになってた

881 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 01:28:48 ID:tNxs7ZjG0
>>856の元ネタの方が後味悪いかと。

ttp://www26.atwiki.jp/suka-dqgaesi/pages/916.html



882 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 01:50:59 ID:qZBnfUsR0
>>881
うは…レディコミだと思ってたのに。

ネタかマジかしらんけどこれはひどいな。胸糞杉だ。
他にもあるようだけどちょっと読めねぇw

883 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 01:52:38 ID:aTJJWxM1O
ドッグヴィルがグッドウィルに見えた…


884 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 01:55:15 ID:sRL7cwd6O
どっちも後味悪いな

885 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 02:06:33 ID:l944rHubO
グッドウィルは働いてる人に非は無いからなぁ……

886 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 05:24:46 ID:FCBRIymoO
>>760
しつこいようだが、弱者を虐待して笑いをとるなんて理解できなくて当然だし
ダウンタウンなんかで笑うような奴が圧倒的多数派という腐った世の中には絶望するしかない
ダウンタウンとその信者どもは日本から追放するべき

887 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 05:47:30 ID:8XG3rszG0
言っていることには全く反対と言うわけではないのだが、
これは流石にKYと言わざるを得ないw

888 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 05:50:24 ID:FCBRIymoO
>>816
たけしも最低だな
死んでほしいよ
こんな露骨な人種差別するようなゲス野郎がカンヌとかふざけんな

889 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 05:58:29 ID:qZBnfUsR0
>>887
まあ、オカ板だしw

890 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 06:06:05 ID:FCBRIymoO
>>822
おまえ完全に洗脳されてるよ
メディアリテラシー能力のないバカは死ね

891 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 06:08:20 ID:FCBRIymoO
ID:GVmuOpzb0も死ね

892 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 07:10:22 ID:zRbkp2N00
ID:FCBRIymoO

893 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 07:17:20 ID:ztBhvagc0
>>881
うっわぁ。元ネタありの改変だったのか。
しかも限りなく姑有利な改変で
姑かわいそかわいそさせたいのがまるわかりで後味悪い。

嫁をいびる姑も、DQN返しした嫁もどっちもどっちだと思うのだけど。

894 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 07:27:48 ID:5bCiavg30
ていうか改変後でも別に姑に同情できないぞ。

895 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 07:43:17 ID:unXVxWPdO
>>875
ワロタw

896 :,:2008/01/13(日) 12:20:19 ID:lUdHQuGNO
>>886 いや俺は面白い 学校で罰ゲームやるって時に『やりたくない』って誰かが言ったら俺が代わってやってやったら今まで罰ゲームとか嫌いだった奴等も『あ、罰ゲームってオイシイんだ』って気付いて今じゃ罰ゲームを取り合うただのドM集団になっちゃったけど

897 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 14:38:41 ID:krSu4DGY0
>>773
十年以上前の年末か年始の夕食時に放送された番組
一言でいうとお色気番組なんだけど内容がすごい
一般募集の素人女性数十人(女子高生含む)が
全裸にバスタオル一枚でいろんなゲームをする
もちろん素人女性のすっぽんぽん続出(女子高生のすっぽんぽん含む)
優勝賞金は百万円。安すぎだろ
一般募集というのが本当なら、
夕食時に顔も隠さずに放送されることに同意していたのか気になる(特に女子高生)

898 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 15:16:34 ID:l944rHubO
>>897
後味悪く無いな
昔は野球拳やパンチラ、温泉レポートなどにおおらかだった

俺としては、水泳大会にはお色気担当がいるとか、AV女優だったとかの方が後味悪かった

899 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 18:19:08 ID:FCBRIymoO
>>892
死ね

>>896
死ね

900 :1/4:2008/01/13(日) 19:30:50 ID:EG763iYd0
「しゃにむにGO」という少女漫画の一キャラの生い立ちが後味悪い。

主人公は天才陸上選手で陸上界期待のホープ。
しかしテニスやる女の子に一目惚れしてあっさりテニスに転向。
最初はへたくそなものの天才っぷりを発揮してめきめき実力をつける。
そんな彼に立ちはだかる最大の壁が高校テニス界の王者。
この王者の生い立ちがやたらに重い。

連戦連勝、国内高校テニスに敵なしの王者は子供の頃からプロを目指していた。(以下プロ男)
幼い頃から強かった彼は天才ともてはやされるが、彼は自分が天才でないことを知っていた。
天才ではないから人の何倍も練習して強さに磨きをかけていた。
が、そんな国内高校テニスで無敗の彼も世界に出ればまだまだ。
プロになるため世界各地のテニス大会に出場するが、ぼろぼろに負けたりしている。

901 :2/4:2008/01/13(日) 19:31:46 ID:EG763iYd0
プロ男の家は代々続く地主の家で大金持ち。家には専用コートまである。
家の実権は厳格な祖母が握っていた。
祖母はお家第一でプロ男が家を継ぐこと条件にテニス活動を認めていた。
祖父は養子で優しいが祖母に頭が上がらない。父は何でも祖母に従っている男だった。
そんな中に嫁いできた母は神経を病み完全電波メンヘラ化。妹はスルーしてプロ男だけを溺愛した。
幼い頃から母親に拘束され続けたプロ男は、それを異常と思わず耐え続けた。
夏休みに家族旅行を計画しても嫌がって家に引きこもる母。「プロ男ちゃん、行かないで!」と
すがる母を引き離せず、家族旅行も諦めてずっと母の側で耐えて育ってきた。
テニススクールにもついて回ってべたべたと息子にまとわりついても、それでも耐えていた。

が、そんなプロ男も中学になって彼女(以下A子)ができた。
やっと幸せな時間を過ごせるようになるが、息子に女ができたと察した母親はA子に会いに行き
「私からプロ男ちゃんを奪ったら呪い殺すから」と宣言する。
中学生のA子はgkblになってプロ男に別れを告げる。
直後、A子は事故にあって一生脚が動かなくなる。「これは呪い…?」と考えてますますgkblするA子。
見舞いに来るプロ男も追い返してしまう。

902 :3/4:2008/01/13(日) 19:32:20 ID:EG763iYd0
急なA子の変化にとまどいながらも、あれは絶対母親が何かやったに違いないと確信するプロ男。
家に帰って母親を問いつめるがメンヘラ電波の母親は「プロ男ちゃんラブ」しか言わず話にならない。
ぶち切れて「俺に母さんは必要ない」と言ってしまうプロ男。
プロ男の言葉を聞いた母親は屋根に上って飛び降りた。
一命を取り留めたものの植物人間になった母親。
母親に目の前で自殺されたこと、自分がそのきっかけを与えたことで更にゆがむプロ男。
見舞いに行っては「プロ男ちゃんは私を捨てるのね。私を捨ててあの子をとるのね」と
腕に爪を立てられる幻覚を見るほどトラウマになる。

A子にふられても密かに彼女を思い続け、淡々とテニスに打ち込むプロ男。
しかしそんなプロ男の前にライバルが現れる。それが冒頭の主人公。
高校に入ってテニスを始めたのにめきめき実力を伸ばし、肉薄してくる主人公。
さらに主人公はA子と同じ学校で同じ部活で、A子に一目惚れしてそれを隠そうともせずラブラブアピール。
A子も楽しそうでプロ男は気が気でない。

903 :4/4:2008/01/13(日) 19:34:11 ID:ff6qIbp50
せっぱ詰まったプロ男は別れて以来、滅多に会話もしてないのにA子にプロポーズしてしまう。
A子はA子でプロ男との関係を気にしていたが、一足飛びに結婚の話が出てきて混乱する。
プロポーズ以来積極的にメールしたりデートに誘われるが、楽しいと思うより泣きそうな気持ちになるA子。
やがてA子は自分の気持ちに気づいてしまう。A子は小さい頃からプロ男に同情していた。
メンヘラ母親の犠牲になり、基地外じみた愛情のはけ口にされているプロ男が可哀想だった。
本当はプロ男の父親や祖父母がメンヘラ母親と向き合って助けたり病院に連れて行くべきなのに、
大人達は何もせず放置してプロ男ばっかり酷い目にあっているのが許せなかった。
だから告白もオケした。プロ男への気持ちが愛情でないとA子は気づいた。

で、以下連載中で結論は出ていないけどA子の恋愛フラグは完全に折れている。
少女漫画なので丸く収めると思うけど、A子とくっついてもふられてもプロ男は幸せになれそうにない。
プロ男もメンヘラ気味。母親が危篤になっても「母親の死に目よりテニスの試合」と会いに行かず
結局母が死んでお悔やみを言われても、笑顔で「やっと肩の荷が下りたよ」と言うような性格になってしまった。
一応プロ男に惚れてる美少女テニスプレイヤーが用意されてるけど
この子はこの子で過保護母親のせいでちょっとメンヘラっぽく(宮沢りえのよう)どうかなあと思う。

904 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 19:45:41 ID:5hwyGngn0
なんかプロ男君は吹っ切れた感じで、別に後味が悪いとも
思えないんだが。むしろさっぱりした。
メンヘラっぽいけど美少女に惚れてもらえてるし。

それで後味が悪いなら、いまだに一度も女の子とつきあった
ことがない俺の人生のほうがよっぽど後味悪いですよ?

905 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 20:05:43 ID:Yd0SBzrz0
泣いた・・・・・・。

906 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 20:08:33 ID:ff6qIbp50
吹っ切れてないんだよね…
プロ男のA子への気持ちも恋愛っつーより母親と同じような執着っぽい感じがする。
「A子さえいてくれれば他に何もいらない」とプロ男の不調を心配する友人も突き放してしまう。
妹にも「この家はお兄ちゃんだけいればいいのよ。私はいらない子」とか言われてしまう。
メンヘラ母親に育てられたせいかメンヘラを惹きつけやすく、美少女メンヘラに懐かれても突き放せず。

さらに彼がプロになる前の目標としてた三年連続インターハイ優勝は無理だと思う。
たぶん負ける。
主人公側のエピの都合上、プロ男は準決勝で負けないと話が収まらない。

907 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 20:18:41 ID:ETzBe1P70
ていうかしゃにむにGOってまだ連載してたのか

908 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 22:52:32 ID:JzmCSj2X0
A子って一生足が動かなくなったのに
テニスしてるの?
車椅子テニスの人なのかな。
ごめん、自分がなんか読み落としてるのか?

909 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 23:05:45 ID:KDFQj7nH0
A子が楽しそうにしてる時点で後味が今ひとつ悪くないな。
これで植物状態の母親がなおも二人を苦しめているだと、
解決しない問題だけにぐっと、「いやなもん」みちゃった的になるのに。


910 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 23:11:13 ID:oeBjkOGo0
>>908
横から補足。確かに言葉が足りてないw
A子ちゃんは片足だけが一生動かない、って事なんだわ。
だから松葉杖ついて普通に暮らしてる。

911 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 23:12:37 ID:PxorKUY20
>900-904
「あの世でわび続けろオルステッドー!」まで読んだ

912 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 23:46:58 ID:tNxs7ZjG0
>>908
車椅子テニスを始めたんだよ〜。

913 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 23:50:11 ID:IeYXzMcs0
高校の時の英語の副本から

ハロウィン前日に引越してきた主人公。
トントンとドアをノックする音がしたのでドアを開けると乳母車を押した子供が
「Trick or treat」と言って笑いながら立っていた。
相手せずに追い出したら、次の日の朝玄関のドアに古ぼけたお人形が頭に釘で打ち付つけられていた。
主人公は、昨日の子供の乳母車に乗せていたお人形だったのを思い出したので
お菓子を貰えなかった腹いせに悪戯したなと思った。
そしてハロウィンの夜
ドアを叩く音が。開けると、その子が本物の赤ちゃんをいれた乳母車を押して
「Trick or treat」と言って笑いながら立っていた。

いくら義務教育が終わったからと言って、こんな話を掲載する出版社が後味悪い。



914 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 00:12:11 ID:IaRkIQIx0
>>913
ブラックユーモア効いてて面白いじゃねぇか
菓子をやらんかったら、その「本物の赤ちゃん」がどうなるか想像できて
そこは笑うところだぞ

・・・ただ、今どきのゆとり世代って、マジで真似しかねんがな・・・

915 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 00:17:03 ID:rZR4x2FV0
>>913
アメリカ人が大好きな悪趣味ジョークをそのまんま掲載しちゃったみたいだね。
教科書に載せる話じゃないよな。ジョークにしたってつまらないし。

916 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 00:29:06 ID:HeicAFJJ0
何だ、アメリカンジョークだったんだ。ホラー小説からの転載かと思った。
その副本には他にも

ある町に仲睦まじい老夫婦が住んでました。
お互いを労わり合う姿を町民は微笑ましく思っていました。
その後、夫は若い愛人をつくり老いた妻を捨てました。
そのことを知った町民は理想の夫婦像を壊した夫に怒り狂い、呪いをかけようと・・・。

教科書はここで終わり。
・・・で、続きは???という話もありました。

誰か続き知りませんか?

917 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 00:30:17 ID:H3hMJTlC0
ジーさんの死体が壁から出てきてDJやるやつか?

918 :913:2008/01/14(月) 00:30:53 ID:HeicAFJJ0
すいません、916は913です。

919 :913:2008/01/14(月) 00:34:34 ID:HeicAFJJ0
リロってなかった。すみません。

>>917
その小説の題名教えて下さい。

920 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 00:43:13 ID:YVmG9LHL0
しゃにGOがこのスレに登場するとは思わなかったww

921 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 00:49:17 ID:2SOSAQ+GO
少女マンガなのか


922 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 01:06:20 ID:ITjqp2FkO
そういうのあるよな。
自分が普通に読んだり見たりしてたストーリーが後味悪いって紹介されてるの見ると、すごく新鮮だな。

923 :1/2:2008/01/14(月) 01:18:17 ID:DhxSOD890
>>919
917ではないがこれだろう。
----------------------------------------------------------------
長年連れ添った仲の良い老夫婦がいて
「片方が先に死んだら、さみしくないように壁に埋めよう」
と言い交わしていた。
しばらくして、婆さんが先に死んだ。
爺さんは悲しみ、約束通り婆さんの死骸を壁に埋めた。
すると、ことある事に壁の中から「じいさん、じいさん…」と婆さんの呼ぶ声がする
爺さんはその声に「はいはい、爺さんはここにいるよ」と答えていたが。
ある日、どうしても用事で出なくてはいけなくなったので村の若い男に、留守番を頼んだ。
男が留守番をしていると、壁の中から婆さんの声がする

「じいさん、じいさん…」
男は答えた。
「はいはい、じいさんはここにいるよ」
最初のうちは答えていた。
けれどしかし、婆さんの声はなんどもなんども呼んでくる。
「じいさん、じいさん…」
やがて、男は耐えきれなくなって叫んだ。
「うっせえ! じいさんはいねーよ!」
すると、壁の中から鬼の形相をした老婆が現れ、「じいさんはどこだあ!」と叫んだ。

924 :2/2:2008/01/14(月) 01:18:48 ID:DhxSOD890
すると突然、まばゆいばかりのスポットライトが飛び出したばあさんを映し出す
「JI-I-SA-Nは」「どこだ!」ステージにばあさんの声が響く
詰め掛けたオーディエンスはばあさんの久々のステージに期待で爆発しそうだ
今晩も伝説のリリックが聴ける。ストリート生まれヒップホップ育ち。本物のラップが聴けるのだ
キャップを斜めに被りオーバーサイズのTシャツをきたじいさんがターンテーブルをいじりながら目でばあさんに合図する
重たいサウンドがスピーカーから響く。ショウの始まりだ
「 ここでTOUJO! わしがONRYO! 鬼のGYOUSO! ばあさんSANJYO! 
 違法なMAISO! じいさんTOUSO! 壁からわしが呼ぶGENCHO!
 (ドゥ〜ン ドゥンドゥンドゥ〜ン キュワキャキャキャッキャキュワキャ!)
 年金減少! 医療費上昇! ボケてて大変! 食事の時間!
 冷たい世間を生き抜き! パークゴルフで息抜き!
どこだJI-I-SA-N老人MONDAI! そんな毎日リアルなSONZAI!
 SAY HO!(HO!) SAY HO HO HO HO!」
じいさんのプレイも好調だ。オーディエンスの熱狂はこわいくらいだ
まだ俺らの時代は始まったばかりだ、そんなメッセージがマシンガンのようにばあさんの口から飛び出していく
本物のヒップホップ。それがここにあるのだ

925 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 01:44:41 ID:+0i5DPPMO
ちょwww

926 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 02:02:32 ID:X+VGs/MO0
ちくしょう
笑ってしまった

927 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 02:12:07 ID:tY95V4+F0
くそっwwwww

928 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 02:15:23 ID:QbfWMr0O0
バッキャローww

とりあえず保存したww

929 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 02:18:29 ID:HKLY7LO70
>>923-924
そのコピペ大好き

930 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 02:22:20 ID:iF48vQCB0
後味が悪いのの決定版なのは 「ヒッチコック劇場(30分の短編映画)」だろう。
女囚の話とかは凄い。

931 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 03:49:09 ID:rc0kc7Iz0
ま た か

932 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 04:45:30 ID:HcL5GbKO0
はいはいすごいすごい

933 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 12:06:12 ID:VMpxvdV80
>>930
あれはラストに驚愕しました…
ひどすぎ

934 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 13:02:40 ID:CiBO0BEk0
昔チャンネル回してたらケーブルテレビでやってた短編
5分位の短編のオムニバス形式
ベッドに男と女がいる。女は寝ている。
電話が鳴る。「お前ら二人に毒を飲ませた。解毒剤を飲まないとすぐ死ぬ。解毒剤はベッドの下に一人分」
男は女を起こし、「飲め。いいから飲め」女は飲む。安心する男。女は死んだ。END

935 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 13:33:26 ID:vSJpLdKO0
>>916
ん〜たぶんそれもアメリカンブラックジョークかと
笑いどころ・・・というよりは、突っ込みどころかな?は、
不実な夫の「若い愛人をつくり老いた妻捨てた」事に怒らず、
「理想の夫婦像を壊した」事に対して怒っているところ。
捨てられた妻より自分達の為に怒ってるって・・・
おいおい、怒るとこずれてねぇ?と。

なんにせよ、アメリカorイギリスって国は、
マザーグースが童謡になる国だからなー(ブラックてんこ盛り)

936 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 14:30:10 ID:LTKrD/6E0
>>935
普通の日本人だと、””理想の夫婦像を壊した”
に、妻かわいそうだろ、的な感情が含まれているものと解釈するだろうな。
だから、わかんねーんだな。

937 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 14:41:15 ID:nvQsItB/0
>>923前半の話、まんが日本昔話で見た(後半は違うがw)

http://mannichi.hp.infoseek.co.jp/episode/0679.shtml

ばあさんの「じいさん、おるかい〜」の声とか、ばあさんの顔にトラウマww



938 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 14:42:35 ID:TeOlonO00
極度に人見知りな女の子が爽やか先生に「人と仲良くなるには自分から歩み寄らないとダメ」と言われて
少しだけ前向きになった矢先に男に道を尋ねられて先生の言葉を思い出しながらホイホイついて行っちゃって
そのまま拉致されて行方不明→三日後に惨殺死体になってしまったというお話。救いがない。

939 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 15:24:03 ID:6PXPT2Em0
>>938
ゆとり杉だろう、それはw

940 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 15:54:29 ID:2SOSAQ+GO
実話ですか?

941 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 17:30:10 ID:Gc8h2mBv0
沙村 広明・著「ブラッドハーレーの馬車」

貴族のブラッドハーレー家の持つ歌劇団の
スターになる事を夢見る
孤児院の美少女達は胸躍らせながら、迎えの馬車に乗り込む

馬車の本当の行き先は凶悪犯達の住まう刑務所で
ある娘は犯され、ある娘は体中を切り刻まれ、
みんな1週間と持たずに死んでいくという話

作者のコメントで胸糞悪さが倍率ドン

942 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 17:42:16 ID:iIioAkD00
ちょっとはしょりすぎでは。

貴族のブラッドハーレー氏は戦時中ながらブラッドハーレー家の力を維持するため、
多発する刑務所での暴動を抑止することを目的とした法案を議会に提出。
その内容は、年に一回、実験的に複数の刑務所に少女を送り込み、
囚人たちのストレス・暴力衝動を発散させるというもの。
少女たちは秘密裏に孤児院から調達し、その隠れ蓑としてブラッドハーレー歌劇団に入団させると謳う。
中には本当に歌劇団に入れる少女もいたりする。

という概要で、いろんな少女たちがブラッドハーレーの馬車に乗る話のオムニバス漫画。

943 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 17:53:31 ID:Vh3VliR80
んで作者があとがきで「次は女子高生でやりたい☆」ってコメントしてるわけか。

944 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 18:22:21 ID:jlfditZW0
>>941942
面白そう。
読んでみるかな。

945 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 19:36:22 ID:dLoJFfzUO
>>944
ちょwww超ロングパスww

946 :913:2008/01/14(月) 20:48:34 ID:HeicAFJJ0
すっかり遅くなりましたが
>>935 解説ありがとうございます。お蔭様ですっきりしました。
>>936 そうなんですよ、そんな風に解釈したので訳が分からなくなりました。
そして
>>923 935の解説がなくても、このコピペ見れただけでも本望だと思いました。


947 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 21:25:01 ID:Oj0fJ2450
8年前くらいにやってた竹野内豊主演の日テレのドラマが後味が悪かった。
たしか一話完結のストーリーでいつも後味悪かったが、その中で一番悪かった
のを紹介 あんまし覚えてないから間違えてたらすまん

盲目の少女とその世話をする優しい貧乏な大道芸人が主役 この大道芸人は
盲目の少女の家族ではないが良心から少女の世話をしていた 
ある時、少女の目が見えるようになる手術があることを知り、
苦労してお金を貯めてついに少女は目が見えるようになる 
最初は単純に喜び大道芸人に深く感謝する少女だが、目が見えるように
なった少女は自分の美しさを知り、やがで貧乏でブサイクな大道芸人を
疎ましく思うようになる。
そして、少女は裕福で容姿端麗な青年と知り合い大道芸人は捨てられる。
ラストは大道芸人が雨の中道端でピエロの格好をして踊ってる
姿で音楽が流れて終わり。
ちなみに、確か少女は手術を受けることをあまり望んでなく、大道芸人の男が
少女のために強く望んでそれで少女が手術を承諾したような気がした。ここ
ら辺は本当にあいまいでよく覚えてないが。

948 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 21:30:06 ID:kCrYOD2x0
>>947
その少女は主治医と付き合いだすんだよね。

949 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 21:40:47 ID:Oj0fJ2450
>>948
確かそうだった 今くぐったら題名「世紀末の詩」だそうだ。
俺が消防の時に見たドラマで毎回欝になったけど面白かった

950 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 21:53:33 ID:TeOlonO00
つか世紀末の詩はスレ変わる毎に毎回来るのなw
しかもこの盲目の話ばかりw

951 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 22:07:05 ID:fWihe63W0
>>947
生まれてからずっと目が見えてなきゃ、
不細工もイケメンも関係なくね?
そのあたりを突っ込んだ描写もあるのか?

952 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 22:26:00 ID:ZfNqR8TC0
そこで少女マンガ「悪魔の花嫁」の美子の話になる

高校でもみなに馬鹿にされているブスの美子のたった一つの楽しみは
近所の空き家に忍び込んでそこに飾られている美青年の肖像画を眺めてウットリすること
ところがそれを知った同級生のいい子チャンが知り合いの悪魔に頼んで
美青年を実体化させてしまう
空き家にいた美子の前に突然現れた美青年は美子をブス扱いせず「友達になってくれてありがとう」と
美子は毎日空き家を訪れて夢のような日々を過ごす

そしていい子チャンの余計なお世話で高校の文化祭に一緒に行くことになるんだが
その直前に美青年がふっと漏らした言葉
「ずっと家に籠っていたから世話をしてくれてた婆やと君以外のひとに会うのは初めてなんだ」
高校には美人がいっぱいいる 一目彼女たちを見たら私は簡単に捨てられるだろう
それで美子は手近にあったハサミを美青年の両目に突き刺し美青年は苦しみながら絵の中に戻って
美子は「美青年を連れてくるって言ったのに」と再び同級生にいじめられる毎日に戻る

953 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 22:32:21 ID:fWihe63W0
>>947
俺が後味悪くないように、改変してやるよ。

大道芸人の男は、凄まじく醜い外見に異様にコンプレックスを
抱いていた。常人よりも遥かに頭がよく、肉体も強いのに、外見の
せいで親にも嫌われ学校もろくに学校も出させてもらえないし、
職につこうにも、醜い外見のせいで、理由なく嫌われてしまう。
そんな男がやっとつけた職が大道芸人であった。

日銭を稼ぎながら、男は世間に対する激しい憎悪を募らせていた。
「ただ外見が醜いだけで、畜生畜生。貴様らみんな呪われてしまえ」

そんな男の唯一の楽しみは美しく、裕福な人間を不幸にすること。
持って生まれた知能の高さと強靭な肉体を駆使して罠をはり、
多くの人間を不幸にしていった。

男は盲目の少女に目をつけた。
「こいつは使えるな・・・」


954 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 22:32:39 ID:fWihe63W0
盲目の少女をかいがいしく世話をし、信頼を勝ち取り、金をため、
手術まで受けさせて少女の目を開かせる。 
最初は単純に喜び大道芸人に深く感謝する少女だが、目が見えるように
なった少女は自分の美しさを知り、やがで貧乏でブサイクな大道芸人を
疎ましく思うようになる。 だが、それも男の計算づくだった。
男は盲目の少女が高慢で移り気な気質を持っていることを見抜いていたのだ。

少女は裕福で容姿端麗な青年と知り合い当然のように大道芸人は捨てられる。

「辛いけれど君の幸せのためなんだから辛さをみせずに別れるよ。」という演技で
別れる男。内心は小躍りせんばかりであった。

955 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 22:33:40 ID:6cC0a0WY0
ブスなのに美子って・・・・。

956 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 22:34:49 ID:fWihe63W0
裕福で容姿端麗な青年は浮気性で浪費家のもと盲目の少女のせいで借金を
しょいこみ破産。美しい外見など見る影もなくなり、路上でごみをあさる毎日。
大道芸人の男はそれを見て満足げな顔。

ラストは30年後におばさんになった盲目の少女が物乞いをしているところ。
若く美しかったころは男も寄ってきたが、ただれた生活を繰り返し、
容姿も色あせた初老の女など誰も相手にしない。
寒い雨の夜に哀れっぽく恵みを請うもと盲目の少女。
そこに大道芸人の男が通る。今では若い頃から芸で稼いだ金をしっかり投資
して、不自由のない暮らしをしている。
男に気づいた、もと盲目の少女は嬉しそうに声をかける。この人は昔
あたしを助けてくれた。あたしを好きだったんだから、きっと助けてくれる。

男は答える。
「薄汚いババアが近寄るな。服が汚れる」

愕然とする表情のもと盲目の少女と最高の笑顔のもと大道芸人の男。

957 :953:2008/01/14(月) 22:36:16 ID:fWihe63W0
これで後味すっきりなストーリーになったと思う。

助けてくれた男を振るような女なんか地獄に落ちなきゃ
ダメですよね?

958 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 23:02:43 ID:LGkdau5Y0
>>957
それをテレビで放映してくれるのならGJと言ってあげよう。
まあ、
>助けてくれた男を振るような女なんか地獄に落ちなきゃ
>ダメですよね?
は全面賛同なんだけどそうじゃないからこのスレがあるのであって・・・

959 :1/2:2008/01/14(月) 23:05:06 ID:rM98oqFp0
西村寿行の「症候群」を、中学生の頃に図書館で読んだが未だにトラウマ。
あの頃は、小松左京や松本清張のようなミステリーを求めていたなあ。

金持ちの老人が、人里離れた山荘で、忠実な下男と共に暮らしていた。
ある日、幼い兄妹が迷い込んできたので、二人を飼おうと思いついた。
飼育用の巨大なガラス製の檻を造り、全裸の兄妹をそこに放り込んで観察を開始。
暴行や陵辱を行わないが、人間扱いもしない。
全く言葉をかけず、食事を与えて、定期的に檻を掃除する。

数年後、兄と妹が交尾を始めた。老人はワクワクしながら観察するが、もはやこの二人は
動物と同じで、想像していたよりも面白くない。
そこで、老人は考えた。今度は大人の男女を飼ってみたい。

下男は、数組のカップルを拉致し、彼らを全裸にしてガラスの檻に放り込む。
拉致された人々は、何とかして脱出しようと努力するが、全く不可能。
何日経ったかも分からない状況下で、絶望のあまり狂いそうになる。

960 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 23:05:36 ID:ZfNqR8TC0
>助けてくれた男を振るような女なんか地獄に落ちなきゃ

コンクリ事件思い出した
あれ野郎1が帰宅途中の被害者にからんでそこを野郎2が助けてやって恩に着せて自宅連れ込み
てストーリー作ってたんだよね

961 :2/2:2008/01/14(月) 23:08:15 ID:rM98oqFp0
拉致されたカップルの中で、リーダータイプの冷静な男が、自分の妻にセックスを
しようと提案する。何かに没入していないと狂ってしまうことは確実だった。
一組が始めたことで、たががはずれたようにセックスをするカップル達。
それが、乱交に変わるのも早かった。

その状態がマンネリ化してきたので、老人はカップル達の檻に兄妹を入れてみた。
この時点になると、誰にも理性は残っておらず、ただただ新しい刺激を楽しむだけ。

ある時、下男の不注意で檻の扉が開いた。それを見てもリーダーは反応出来なかったが
妻はその瞬間、脱兎のごとく逃げだした。夫は逃げていく妻を見て感心する。
理性など無くしてしまったと思っていたのに女は強い。
これで助けを呼んでもらえる。

しかし、助けは来なかった。
妻は車道に出たところを、がらの悪い男達に捕まりレイプされ発狂。
そのまま行き倒れ死亡。
警察が、事件の聞き込みで老人宅に来るが、監禁とは結びつけられない。

月日が経過して、飼育された人々は狂って死んでゆく。
生き残ったのは、結局兄と妹だけだった。

終了

当時、ラストには必ずカタストロフィがあるはずだと信じて疑わなかった。
兄妹は飼われたままで、老人は元気。
理不尽さに納得がいかない。

962 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 23:08:57 ID:6cC0a0WY0
盲目なのをいいことに、美人と付き合えると計算した不細工男が馬鹿だっただけだと思う。

963 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 23:10:58 ID:ZfNqR8TC0
>959,961 折角書いてくれたのに割り込んでスマソ

>しかし、助けは来なかった。
妻は車道に出たところを、がらの悪い男達に捕まりレイプされ発狂。
そのまま行き倒れ死亡。

ここでなんだかワラタ 蛭子や山野一の漫画みたい

964 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 23:20:56 ID:iKBaQ/XsO
なぁ、後味の悪いゲームのまとめサイトがあった気がするんだけど、URL解る人居る?
確か悲鳴のあるゲームのまとめも併設してあったと思うんだが失念してしまった…

965 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 23:23:28 ID:iIioAkD00
>>959
このスレ定番の男根様だっけ?の人か。

966 :959:2008/01/14(月) 23:33:12 ID:rM98oqFp0
スマソorz
やぱりガイシュツでしたか。
台詞では、少年様だけ憶えている。

967 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 23:36:38 ID:iIioAkD00
あ、ごめんね、ガイシュツって意味じゃなくて、たぶんこの話は初出だと思うよ。
西村作品が常連になってる。
そして少年様ってwまたも西村節が…。

968 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 23:37:33 ID:ZfNqR8TC0
男根様おとこ様…

969 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 00:09:35 ID:nICCTLeH0
>>今自分が許したことで、またいつか自分のような目に遭う人間が生まれるのでは?

超亀だけど、ドッグヴィルのここにうんうん、と肯いてしまった
少年犯罪や性犯罪にもいえるかも
安易に許すことは、必ずしもいい結果を生むとは限らないというか

小学生の頃、学校で『人は罪を犯すもの。許すことが大事だ。』ということを学び、俺たちはとても感銘を受けた
その放課後、露出狂の痴漢に出くわした
上級生の男子が捕まえ、先生を呼ぼうとしたのだが、『許すことが大事だ』という教えも心に残っていた俺たち
また、いい歳した男が(大学生だったらしい)土下座してガキに泣いて謝るので可哀そうになり、
「二度としないでね」と解放し、いいことをした、これで良かったとご満悦な俺ら

数ヶ月後、そいつは違う学校の小学生をレイプして捕まった


後味悪い話が好きな先輩が言ってた話だからつくってるっぽいけど、なんとなく思い出した

それはそうと、野島伸司脚本ドラマは後味悪くて大好きだったな
今日も久しぶりにドラマやってるけど、ぜひ後味悪くて救いのないやつをガツンとお願いしますよ

970 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 00:26:17 ID:FJOsl0AL0
江口洋介と宮崎葵が出てる
第三狂人

971 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 00:33:39 ID:qVwo7bug0
>>961
>誰にも理性は残っておらず
>檻の扉が開いた

男どもが老人と下男襲ってアーッなんかと。

972 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 00:38:50 ID:oRLrXOSH0
>>961
見事にカタストロフィじゃねーか

973 :こむぎやき:2008/01/15(火) 01:56:32 ID:jiczqvMEO
盲目の少女を助ける話はもーれつア太郎でもあったなぁ。

盲目の美少女に一目惚れしたニャロメは、その手術代を稼ぐ為に奔走する。
手術を終え包帯を外す少女の前に、ドキドキしながら立つニャロメ。
…いくら人語を喋ってもニャロメはぬこ。
お定まりのニャロメの失恋で終わるんだが、
後味悪くはないけど子供ながらに切なく心に残った。


974 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 02:06:15 ID:5jl2zFCjO
志村けんもそういう役やってなかったっけ


975 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 02:25:44 ID:+PyvMiNn0
立てた〜

後味の悪い話 その81
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1200331440/


976 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 02:55:11 ID:GLoJkzD+0
>>975
乙〜!

977 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 07:05:27 ID:ON7DER8f0
つーか助けたら無条件で付き合わなきゃいけないとか何言ってんだw
童貞きめえwww

978 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 07:19:27 ID:BhWEKNHcO
>>972
カタルシスって書きたかったんだろ

979 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 14:32:22 ID:6smHVgQY0
へえ

980 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 15:10:21 ID:0behUz900
カッタル〜い

981 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 15:17:40 ID:QOIQEQjl0
>>972
老人にとってのカタストロフィがなかったってことじゃね?

982 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 16:27:58 ID:iA8Gb7L90
>>489
それ、劇中では小学生の発想だからさ…。
子供ならではの信念や発想力で、様々な困難を乗り切って
サバイバルするような内容だよ。

あれのドラマ化は、これまでの映像化の中でも一番、
ありえねーって思ったな。
原作では、子供と大人の差異と言うか、子供だからこそ
生き延びられたと言う点がテーマになってると思う。
高校生とか置き換えると、明らかに子供のカテゴリではないしな。
劇中の名台詞をそのまま高校生や教師に喋らせても、
全く生きて来ないんだよ…。

983 :パラノイア・スター:2008/01/15(火) 16:38:16 ID:SFMj7y0L0
>>974
!!!よく覚えてるな!!
あれだろ!カトちゃんケンちゃんご機嫌テレビ!だろ

志村が盲目の少女のためにボクサーになって金かせいで
治す奴だろ
あれ、何かよくて、覚えてるもんだなー

984 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 17:48:30 ID:VLHqF0wE0
>>973-974
チャップリンの映画「街の灯」が元ネタっぽいね。
こっちはそれなりにハッピー・エンドっぽいのだけど。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%97%E3%81%AE%E7%81%AF

985 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 19:38:27 ID:6smHVgQY0
バナジウムって汚染物質なの?
ttp://pds.exblog.jp/pds/1/200412/13/71/b0034471_19592824.jpg

986 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 19:41:54 ID:7Lomoenc0
柴田昌弘の「回転扉」。
最期は主人公も、主人公を慕っていた妹(の心)も、刺客として登場した娘も死んでしまう。
残るのは悪の心の姉だけ。

987 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 20:20:43 ID:UM2CJija0
>>985
素敵な歌詞だ。
見事に60年代のアカってかんじ。こういう感覚に囲まれて育つとピースボートとかに行っちゃうんだろうな。

988 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 21:00:11 ID:VoLbvGqQ0
つーかその歌詞の中にある元素の半分は
人間の身体にとって必須のものだったりもするんだがな。

同じ単語を何個も続けられると、なんか後味っていうより気味が悪い。


989 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 21:15:51 ID:8H4bllXo0
>>972
トロフィーさんの優勝です!!これすなわち「勝たすトロフィー」・・・

>>986
姉の愛人親父も生き残ってるじゃないか!!

990 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 22:20:21 ID:zxetg/ww0
>>973
はだしのゲンの作者もそういう話書いてたよ。
その話でもやっぱり目が見えるようになると金を工面したさえないチンドン屋の男(主人公)
を振ってハンサムで金持ち風の男と付き合うんだけど、
実はその男は若い女の子に近づいてはヤクザに売り飛ばしていた事が判明。
それを知って逃げ出した娘は主人公のところへ戻ってくるが、
「目が見えたために私は汚れたもの見てしまった」とか言って
包丁で自分の目を傷つけて再び盲目になる。

その後主人公と娘は二人でチンドン屋をやってます。ていうオチだった。




991 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 00:26:55 ID:Y12CTtZt0
ゴジラ自体、
60年代のみならず戦後を体現する
左翼芸術と言えるでしょう

992 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 01:08:45 ID:mUC8wJT3O
>>959

1/2までは凄く面白そうなのに
2/2でのつまらなさに愕然とするね。


993 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 01:43:46 ID:sxWyk0Qq0
助けてやったんだから俺と付き合うのが当然
って言う心理が後味悪い
見返りを求める善意は最早善意じゃないし
金を出したんだから俺の物になれってのは
ある意味人身売買と同じだよ
恩義は感じるべきだが愛情はまた別問題だろ

994 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 01:53:04 ID:t6/76RgN0
いしだ壱成はグリーンピース系のコミューンで育ったわりには薬もやるし、なかなか漢だね。

995 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 02:13:50 ID:Q5tSD/M70
>>974>>983
カトケンの方は少女がほんとに小さい子で、
さえないオッサンが頑張る! って感じだったし、相方(カトチャん)の存在もあって
そう後味悪くなかった。

以前このスレッドで上がってただいじょぶだあのコントの方が凄まじく後味悪い。
サイレントなので想像も入ってるけど

喫茶店のウェイトレス(この時点では健常者)に男(志村)が一目惚れ→
思いを言い出せず通い続ける→ウェイトレスの交通事故事故現場(ひき逃げ?)に遭遇→
ウェイトレス失明し看病する男→男は自分の目を移殖してくれと、渋る医者に無理に頼む→
手術室で並んでベッドに横になり幸せそうに微笑む男→

無事回復して職場復帰し、別の男のプロポーズを受けて幸せそうなウェイトレス。
それを店の片隅で以前と同じようにコーヒーを飲みながら見つめて(?)いる
目に包帯をぐるぐる巻きにした男のカットでEND。

996 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 02:20:09 ID:FopsS+uC0
>>973
おそ松くんでもイヤミ主演で似たような話があったと思う

997 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 02:43:11 ID:76KDAOVvO
金返してから去ればいいのにな

998 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 03:03:37 ID:NhtrVGAe0
2GET!

999 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 03:04:09 ID:NhtrVGAe0
誤爆・・・


1000 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 03:05:17 ID:NhtrVGAe0
じゃ
1000・・・

1001 :1001:Over 1000 Thread
                      γ
                      (
                      _ノ

                   /
                __
             ,、'"   .  `' 、
             i`ー  _    ',
.             l| !|      i""!|
                 }: }i    |{  !j
               〈| 'J |!   }j  :}
            _ノ;し  i}  {J  |
         ,、-,、'         ハ- 、
         ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
        ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
        (  _   ,、'"    ̄
         `ー--─'"
千本目の蝋燭が消えますた・・・
新しい蝋燭を立ててくださいです・・・

371 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)